「世界保健機関」とは?

関連ニュース

ユニセフとWHO、予防接種に関するデータ発表:乳幼児2,000万人が免疫不十分【報道参考資料】 - 07月17日(火)17:28 

[公益財団法人日本ユニセフ協会] [画像: https://prtimes.jp/i/5176/1183/resize/d5176-1183-326447-0.jpg ] 【2018年7月16日 ニューヨーク 発】 ユニセフ(国連児童基金)とWHO(世界保健機関)が本日発表したデータによると、2017年に、世界...
カテゴリー:

【IEEIだより】福島レポート 「老人力」でエネルギー溢れる復興の街へ(越智小枝) - 07月17日(火)07:00 

「高齢化、高齢化、って騒がれると、自分らが帰還しちゃいけない、って言われている気になるよね」 高齢者の健康問題についてお話しした後、あるお年寄りが苦笑いしながら言われました。 全国の多くの地方と同じく、被災地では急速な高齢化がしばしば社会問題として取り上げられます。いわゆる「生産年齢」ではなくなり、近い将来要介護者になる住民が多い社会。私たちの中には、そういう社会に対する漠然とした不安感があると思います。 (参考 復興の形:「暴走老人」の開く道) 「暴走老人、大募集」と帰還呼びかけ...... たしかに被災地に真っ先に帰還した方の大半は、60代以上の方です。ではそれは、 「ほかに行くところがなく、仕方なく戻ってきたお年寄り」 の姿なのでしょうか? これまで復興の地を見ていると、それは逆ではないか、と感じることがよくあります。 津波と原発事故にすべてを奪われた街で、がれきの山に向かって一歩を踏み出す強さ。それは何よりもまず「長い年月を生きる」ということを知っている者にしか持てない力だったのではないでしょうか。その能力を持った人が真っ先に戻った結果、たまたま高齢化が進んだだけ。エネルギーに溢れる復興の街をみると、そう感じます。 2017年3月末に避難指示が解除された飯舘村に、いち早く帰村したのは60代のYさん。元々冷害の多かった飯舘でこれ以上米を作るよりはと、水田を牧草地に変えて放牧を...more
カテゴリー:

【朗報】内閣府「トランス脂肪酸は体内で蓄積しない、 それ自体が危険な物質ではない。食べてもいい - 07月14日(土)00:54  news

 トランス脂肪酸は脂質に含まれる不飽和脂肪酸の一種だ。マーガリンの製造工程で水素を添加するときに副生成物として生成される。 食品添加物だと勘違いしているケースも見られるが、トランス脂肪酸という油が売り買いされているわけではない。  マーガリンのほか、ショートニングにも含まれ、それらを使った菓子類やパン類、揚げ物など数多くの加工食品に使われている。 人がトランス脂肪酸を摂取したときの体内の動きについて、化学物質の代謝などに詳しい内閣府・食品安全委員会の山添康・前委員(東北大学名誉教授)は「体...
»続きを読む
カテゴリー:

西日本豪雨「子どものための心理的応急処置」の活用と周知を - 07月10日(火)19:30 

 セーブ・ザ・チルドレンは2018年7月9日、西日本豪雨(平成30年7月豪雨)による被害の拡大を受けて、西日本豪雨緊急支援対応チームを設立し、岡山県倉敷市真備町を中心に、子どもたちの状況やニーズの調査や「子どものための心理的応急処置」の周知活動を開始した。 西日本豪雨緊急支援対応チームは、東日本大震災や熊本地震、九州北部豪雨の緊急支援に対応した職員などにより構成される人道支援チーム。被災した地域の子どもたちの状況やニーズを把握し、子どもたちの支援に尽力するほか、子どもたちのための安心・安全な空間「こどもひろば(Child Friendly Space)」を避難所などに開設できるよう準備を進めている。 チーム立上げにあわせ、Webサイト内に「子どものための心理的応急処置」特設サイトを開設。災害時のストレス下にあるすべての年齢の子どもたちが示す一般的な反応や、認知発達段階によって一般的に子どもが示すストレス反応、災害などの緊急時にストレスを抱えた子どもの心を傷つけず対応するための行動原則などを紹介している。 「子どものための心理的応急処置(子どものためのPFA)」は、緊急時にストレスを抱えた人に対して誰もが安全に心理社会的ケアを提供できるよう、世界保健機関(WHO)などが対応をまとめたマニュアル「心理的応急処置(PFA)」を、セーブ・ザ・チルドレンが2013年に子どもと親や養育者に関わ...more
カテゴリー:

【企業】ゲーム依存対策の検討開始 CESAが作業チーム立ち上げ - 07月09日(月)09:34  bizplus

 コンピュータエンタテインメント協会(CESA)が世界保健機関(WHO)が認定したゲーム依存症に対する対策の検討を始めたことが6日、分かった。CESAの会員でない任天堂なども参加し、専用の作業チームを立ち上げた。今後は、ゲーム依存症の実態を把握し、業界としての対応策をまとめる。  ゲームへの依存をめぐっては、WHOが6月、ゲーム障害を依存症の一つとして「国際疾病分類」の最新版に加えた。ゲームをしたい衝動が抑えられなくなり、日常生活よりゲームを優先し、健康を損なうなど問題が起きても続けてしまう特徴があると定義し...
»続きを読む
カテゴリー:

【ゲーム】ネット依存、中高生52万人 ゲーム業界が対策検討[07/15] - 07月17日(火)10:58  moeplus

 ゲームにはまるのにはわけがある。ユーザーが飽きそうになると、 制作会社はすかさずゲーム上で特典を与える「イベント」を仕掛ける。 より多くのユーザーにより長く、よりお金を使ってもらう仕組みだ。バージョンアップし続けるネットゲームに終わりはない。 スマホゲームイベント、19歳が熱中 元社員が狙い告白  厚生労働省研究班の2012年度の推計では、ゲームを含むネット依存症の疑いがある中高生は全国に約52万人いるとされる。 日本の業界団体「コンピュータエンターテインメント協会(CESA)」によると、 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【医学】ゲーム依存、うつのリスク 専門家「自殺率高くなる」[07/15] - 07月16日(月)13:58  scienceplus

日常生活に支障がでるほどにスマホでゲームやSNSにはまってしまうネット依存の子どもたちが増えている。 中には、エコノミークラス症候群寸前で命を落としそうになったり、睡眠不足で生活が乱れて、 うつのような状態になったりする子もいる。  ネットゲームやSNSにはまり、スマホが手放せず社会生活に支障が出るのがネット依存症だ。 世界保健機関(WHO)は6月、このうちゲーム依存症を「ゲーム障害」として国際疾病分類の改訂案に加えた。 韓国では2002年、20代の男性がネットカフェで長時間ゲームを続けてエコ...
»続きを読む
カテゴリー:

ゲームの開発者はゲームの中毒性に対して法的責任を追わなければならないのか? - 07月12日(木)07:30 

2018年6月に世界保健機関(WHO)が、ケガや病気を分類する国際的なガイドライン「疾病及び関連保健問題の国際統計分類」の第11版(ICD-11)で、日常生活に支障が出るほどゲームに夢中になってしまう「ゲーム障害」を新しい病気として追加しました。ゲームに中毒性が認められた場合、ゲームの製作者やアプリの開発者に法的責任が問われるのか、インターネットやゲーム業界の法律的な問題を扱うブログInternet&Social Media Law Blogで弁護士のアリソン・セリック氏が言及しています。続きを読む...
カテゴリー:

【乳】米国が母乳育児推進の決議案に抵抗、賛成国に報復示唆か 米紙報道 - 07月10日(火)04:18  newsplus

https://www.cnn.co.jp/world/35122141.html 米国が母乳育児推進の決議案に抵抗、賛成国に報復示唆か 米紙報道 2018.07.09 Mon posted at 12:44 JST ワシントン(CNN) 今年5月に開かれた世界保健総会で、母乳育児を推進する決議案に米国代表団が強い抵抗を示し、賛成国への報復も示唆していたことが分かった。8日付の米紙ニューヨーク・タイムズが伝えた。 同紙が複数国の代表団の話として伝えたところによると、決議案は母乳育児の重要性を認め、母乳代用品を売ろうとして誤解を招くような試みの阻止に努めるとの内容だっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ニュース解説】アメリカでペスト感染 「黒死病」は過去の伝染病ではない - 07月08日(日)22:14  newsplus

◆アメリカでペスト感染、「黒死病」は過去の伝染病ではない  ~実はアメリカでは毎年、感染者が確認されていた ■米アイダホ州は6月12日、エルモア郡在住の少年が腺ペストに感染したと発表した 同州保健局の報告によると、少年はその後回復に向かっている。 アイダホ州で人のペスト感染が確認されたのは26年ぶり。 保健局の広報担当クリスティン・ピアソン氏は取材に対し、「本件は腺ペストとみられます。少年が高熱を出したため両親が医療機関へ連れて行き、検査と治療を受けています」とメールで回答した。 少年の氏名などは...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「世界保健機関」の画像

もっと見る

「世界保健機関」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる