「世界一」とは?

関連ニュース

蛭子能収のゆるゆる人生相談「上司が鼻をかんでうるさい」 - 06月18日(月)16:00 

昨年秋、“世界一ゆるい70歳”となった蛭子能収(70)。大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)を刊行したばかりの蛭子が、読者からの相談に答える!   【Q】「隣に座っている上司の鼻をかむ音がとてもうるさいのです。『ブー、ブー』と、豚の鳴き声のような音を、毎日のように聞かされています。蛭子さん、どうしたらいいでしょうか?」(豚の鼻さん・34・OL・岡山県)   【A】「湯船に入るのを嫌がっていたら、背中にカビが生えていた」(蛭子能収)   これはもう放っておくしかありません。というか、オレに相談されても、どっちかというと、この男性上司の立場でものを考えてしまいますね。ちなみに、オレも笑いすぎると「ブンガー、ブンガー」と鼻が鳴ってしまいます。   でも、番組で一緒になった(笑福亭)鶴瓶さんは「蛭子さん、豚みたいやで」とおもしろがってくれました。アナタも34歳だったら「この人は豚だから、しょうがない」という感じで、楽しんでいたほうが、アナタ自身にとってもいいと思いますけどね。   最近は清潔にうるさいですよね。オレも今の女房と結婚してからは、なるべく臭いで迷惑をかけないように気をつけています。それまでは下着を1週間着ても平気。なぜみんなは毎日替...more
カテゴリー:

にっぽんど真ん中祭りが20年目に突入! 生みの親が語るどまつりが名古屋にもたらすものとは? - 06月18日(月)13:10 

名古屋の夏を盛り上げる一大イベントとして定着してきた「にっぽんど真ん中祭り」。8月最後の週末になると、お揃いの衣装と派手なメイクでバッチリ決めた人々が街に溢れかえる。栄の久屋大通公園を中心に、生き生きと踊る参加者たち。パレードやステージには、多くの見物客が詰めかける。そんな「にっぽんど真ん中祭り」通称どまつりも、今年でいよいよ20回目!節目となる開催を前に、どまつりの今までとこれからを生みの親である水野孝一さんに直撃インタビュー!! 第1回どまつり開催時の様子。第1回には26チーム、約1500人が参加。約30万人を動員した ■ にっぽんど真ん中祭りとは? 昨年開催時は3日間で220万人以上を動員した、日本最大級の踊りの祭典。街中にステージやパレード会場を設け、世界中から集まった約200チームが躍りを披露する。 ---どまつりとはどんな祭りなのですか? 「大きく2つの特色があります。まず1つは、参加チームは地元の民謡で踊り、その土地ならではの魅力を表現していること。もう1つは、観客動員ゼロ、つまり全員参加型の祭りをコンセプトにしていることです」 ---踊っている人たちは、地元愛を表現しているのですね! 全員参加型とはどういうことでしょうか? 「参加チームの踊りを見て楽しむことはもちろんですが、どまつりの楽しみ方はそれだけではありません。最終日の夜に総踊りというのがありまして、誰でも当...more
カテゴリー:

日本でもおなじみのブルックス・ケプカ、29年ぶりの連覇に貢献したのは親友のDJの存在 - 06月18日(月)10:25 

<全米オープン 最終日◇17日◇シネコック・ヒルズゴルフクラブ(7,440ヤード・パー70)> 貫禄の大会連覇だった。118回の歴史の中で「全米オープン」を連覇したのは史上7人目。ブルックス・ケプカ(米国)が1988、89年のカーティス・ストレンジ(米国)以来の快挙を成し遂げた。 【連続写真】全米オープン連覇達成 飛ばし屋ケプカの最新スイング 「勝つ自信がある」と大会前から話していたその言葉に、ウソはなかった。首位タイ発進で迎えた最終日。5番までに3バーディを奪い、波に乗った。6番でボギーを喫したが、10番パー4ではセカンドショットを1メートルにつけてバーディ。続く11番では、「グレートボギーだった」と、ダブルボギー以上もありうる状況を乗り越えた。 その11番は、打ち上げのパー3で159ヤード。左からのフォロー風に対して、ピッチングウェッジで離れたボールは「軽めに打とうとして体が止まってしまった」と、グリーン左の短く刈られた傾斜を滑り落ち、「出すのも困難な状況だった」ほど深いラフに潜り込んだ。グリーンへは打ち上げで、ピンなど狙えるはずもなく、右サイドのバンカーを狙ったボールは狙いどおりバンカーへナイスインした。 ここまではプランどおり。このバンカーショットを3.5メートルに寄せ、「ダブルボギーを覚悟していた」パットは、カップの反対側に当たってカップイン。ボギーでしのぎ、勢い...more
カテゴリー:

巨大回転アイスリンクを手作り! 直径130メートル超え - 06月17日(日)19:00 

 アメリカ、メイン州の北部にある村シンクレアで、住民が手がけた巨大回転アイスリンクが完成した。約100名のボランティアが制作したアイスリンクの大きさは直径130メートル。住民たちは世界一の大きさだと期待を寄せている。海外メディアABCNewsやBangor Daily Newsが伝えた。【写真】思ったよりでかい巨大回転アイスリンク 凍った池にアイスリンクを作るこの企画のオーガナイザーの一人、マイク・シールは「回転させることができました!」と回転を宣言。船外ボート用のモーターを4つ使い、4月7日にリンクを回転させるに至った。 またシールは、このアイスリンクが世界記録を塗り替えるサイズだとする。現在の世界記録はフィンランドの街で打ち立てられたもので、シンクレアでも測量が行われるとのこと。 1300以上の穴を掘るために、ボランティアは採掘機やチェーンソー、その他の装置を使用。池の氷の厚さは約76.2cmにものぼるという。リンクを回転させるために、住民たちは暖かな季節になるまで待っていたのだそうだ。果たして世界一の大きさとなるのか、測量結果が待たれる。 ■関連記事 アンコウの繁殖行動に研究者愕然「こんなの見たことない」<フォトギャラリー>英警察が掲出した指名手配犯の画像がツッコミどころ満載<フォトギャラリー>アメリカでタランチュラバーガーが30ドルで発売英警察が掲出した指名手配犯の画像...more
カテゴリー:

坂上忍が明かした「世界一好きな食べ物」にジュニア「まだCM欲しいの?」 - 06月17日(日)12:13 

6月16日放送の「おしゃべりオジサンとヤバイ女」(テレビ東京系)で、古舘伊知郎、坂上忍、千原ジュニアの3人が食べ物に関する話題で盛り上がる一幕があった。 【写真を見る】それぞれ「人生で一つのものしか食べられないとしたら」という質問に回答 この日の放送ではカレー研究家の一条もんこ氏がゲスト出演。年間800食もカレーを食べている一条氏の生活スタイルを紹介した後、もしもこの先の人生で一つのものしか食べられないとしたら何を選ぶか、という話題に。東京出身の古舘は悩みながらも「無理矢理言ったら蕎麦かな」と回答し、それに続いて関西人のジュニアは「俺うどんです」と答える。 その後、坂上が「俺は(これしかないから)もうわかっている」と言って挙げたのは「ケンタ(ケンタッキーフライドチキン)」。 「ウソ!? ケンタ1ヶ月超えても大丈夫!?」と驚く古舘をよそに、坂上は「世界一好きなの」と断言。ジュニアが「まだCM欲しいの?」「そのうち人形になって店頭に立ってるんじゃないですか?(笑)」とツッコむと、坂上は「(そうなったら)思い残すことない」と話しながら満面に笑みを浮かべていた。 次回、6月23日(土)の「おしゃべりオジサンとヤバイ女」には姑と嫁のコンビ・平野レミと和田明日香がゲスト出演する。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・凶悪犯罪者たちが持つ“トーク力”に千原ジュニア「スゴい芸人になってたかも」 ・...more
カテゴリー:

W杯見ながらロシアの食を 開催地の定番ダイエットフードは… - 06月18日(月)14:04 

 ズバリ、そばだ。先週から寝不足が続いている~というサッカーファン、せっかくだからワールドカップ開催国ロシアのダイエットフードを食べながら観戦…はいかが? ロシアは意外にも、世界一の「そば」の消費大国だそうだ。 ロシアの食べ物といえば、ボルシチとかビーフストロガノフ、ピロシキといった印象が強いが、サニーヘルス(東京)が公開した調査レポート「W杯開催国ロシアの定番ダイエットフードはそば⁉」によると、蕎麦も、ロシアの“国民食”といえるほど消費されている。日本では、そばの実を製粉し麺にして食べるのが一般的だが、ロシアではそばの実をまるごと食べるのだそうだ。そばの実をいってから煮て、塩とバターで味つけをした「カーシャ」と呼ばれるそばがゆが、ロシアの朝食定番メニューとか。 そしてこのそば、ダイエットフードとしても優秀。穀類の中でも太りにくいのはなぜか? その指標、GI値についての詳しい説明はマイクロダイエットのホームページへ。
カテゴリー:

世界一シンプルな瞑想「#OneSilent」~1万人の瞑想~ 日本最大規模!総勢1万人が3回深呼吸するだけのシンプルヨガ 6月21日「国際ヨガデー」に全国370店舗超LAVA全レッスンで開催! - 06月18日(月)12:00 

[株式会社ベンチャーバンク] [画像1: https://prtimes.jp/i/21292/88/resize/d21292-88-894323-0.jpg ] LAVAが2017年に立ち上げたチャリティヨガプロジェクト『ヨガまるプロジェクト』の一環として行うチャリティ企画「#OneSilent」は、そ...
カテゴリー:

東京の交差点もぜんぶこれにして!「世界一スマートな交差点」をデトロイトが導入 - 06月18日(月)07:10 

Image: Moivision 大都市ほど有効そう。時代遅れの道路インフラや破綻しかけのシステム、そして人材不足に直面していたアメリカのデトロイト。交通課の人たちはがんばって市の交通ネットワークを維持していましたが、それで精一杯。市民からの苦情で交通の問題を認識しているような状態だったそうです。もちろん予算も不足。そんな中でデトロイトは、市内5カ所に「世界一スマートな交差点(The World’s Smartest Intersection)」を設置。世界一スマートな交差点とは、通過する車両や付近の歩行者を認識し、周囲のコネクテッドカーや交通局の管制システムと共有できる交差点のことです。 Image: Moivision 交差点内(歩道を含めた半径20〜30mくらい?)の歩行者を検知して、近くのコネクテッドカーのコンソールに情報を共有する様子が紹介されていました。交差点内での事故を減らしてくれそう。 (左)スマート機能をオフにした交差点、(右)スマート機能をオンにす...more
カテゴリー:

【医療】医療用漢方薬の市場10年1.5倍 - 06月17日(日)15:02  bizplus

医師の処方による「医療用漢方製剤」の市場が伸びている。2007年度におよそ1000億円だった市場規模は17年度には1500億円超に拡大した。医療用医薬品全体に占める割合は1.4%ほどだが、医師が漢方薬を積極的に使い始めたことの表れと言える。なぜ今、漢方薬が医療現場で多く使われるのか。理由を探ろうと、漢方最大手「ツムラ」(本社・東京都港区)の茨城工場(茨城県阿見町)を訪ねた。【毎日新聞医療プレミア・鈴木敬子】  ◇ここ10年で漢方薬の生産量が倍増  JR東京駅から電車で約1時間。周辺は新興住宅地...
»続きを読む
カテゴリー:

連覇が見えたけど怒り心頭のブルックス・ケプカ「午後に4アンダーなら史上最高のゴルフ」 - 06月17日(日)12:00 

<全米オープン 3日目◇16日◇シネコック・ヒルズゴルフクラブ(7440ヤード・パー70)> 世界一過酷な戦いといわれてきた「全米オープン」がそのタフさをあらためて証明した。といっても、大会を主催する全米ゴルフ協会(USGA)が弁明する騒動になるほど、今回は“想定外”。午後から急速に強まった風が、選手を心身ともに苦しめた。 問題行為のミケルソン、試合後は大挙した記者に囲まれる 大会は4人がトータル3オーバーで並ぶ大混戦。スリリングな最終日になりそうだが、選手たちには恐怖しかないようだ。自然相手のゴルフとはいえ、地獄のようなラウンドを振り返る選手には怒りの表情が浮かぶ。 トップ4人の一角に入っている昨年覇者のブルックス・ケプカ(米国)も「今日の午後に4アンダーで回れたらゴルフ史上最高のプレー」とまでいいきった。最終4組の8人で合計「46オーバー」。対して、イーブンパー以上で回った5人は全員午前組。午前と午後でコンディションが激変した。 「せっかく、昨日にいいゴルフをしたのに、今日の午後の遅いスタートになってしまったがためにこんなことになるなら、ギリギリのスコアで予選通過をして、早い時間にスタートしておけばよかった」とは、この日のワーストの「84」をたたいたリッキー・ファウラー(米国)。「ゴルフの調子も良くなかったけど…」と珍しく愚痴をこぼすほどだった。 「風を読み間違えた」...more
カテゴリー:

もっと見る

「世界一」の画像

もっと見る

「世界一」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる