「不当廉売」とは?

関連ニュース

中国、豪産大麦輸入で反ダンピング調査開始 - 11月19日(月)13:11 

中国商務省は19日、オーストラリアから輸入する大麦について、反ダンピング(不当廉売)調査を開始したと発表した。同省によると、2017年10月1日から18年9月30日までの期間についてダンピング行為があったかどうか調査する。14年1月1日から18年9月30日までの国内産業への影響についても調査する。
カテゴリー:

Twitter「月7万の赤字を出しつつ500円で食べ放題のババアの店って不当廉売だろ、こんなもん称賛すんな!周囲の迷惑も考えろ」 - 11月10日(土)09:53  poverty

しめ鯖in中国@コミティア・う48ab(新刊チェコ共和国編有 @zz_saba 月額7万の赤字を出しつつ500円で食べ放題の飯屋をやってる老婆のお店が賞賛されてたけども。 それってハンドメイド界隈では定職もってて食うに困ってない人が「やりがい目的」で採算の取れない価格で活動を行い、 価格崩壊起こして界隈を苦しめる存在でしかないんじゃないのだろか。褒めちゃダメだ。 2018年11月9日(金) 12時10分21秒 リツイート: 5,611お気に入り: 8,016 先を考えない経営方法で生きていけるお婆さん本人とその店の客は幸せかもしれません...
»続きを読む
カテゴリー:

米商務省、中国産アルミニウム板材に反ダンピング関税=関係筋 - 11月08日(木)10:30 

[ワシントン 7日 ロイター] - 米商務省が中国産アルミニウム板材に対し96.3─176.2%の反ダンピング(不当廉売)・反助成関税をかける方針であることが、関係筋の話で明らかになった。 関係筋によると、税率は4月と7月の当初導入時(198.4─280.46%)から引き下げられた。米国際貿易委員会(ITC)は今年1月にこの問題を巡る調査着手を決定しており、12月20日に最終決定を行う。 米アルミ
カテゴリー:

中国:日系5社の調査開始 工作機械でダンピング疑い - 11月16日(金)19:10 

 中国商務省は16日までに、ファナックなど日本の工作機械メーカー5社などに対して、反ダンピング(不当廉売)関税を課すかどうかの調査を始めた。中国の工作機械メーカーからの申し立てによるもので、2019年10月までに調査を終え、対応を決める。
カテゴリー:

米商務省、中国産アルミニウム板材に新たな反ダンピング関税 - 11月08日(木)12:54 

米商務省は7日、中国産アルミニウム合金板材に対し96.3─176.2%の反ダンピング(不当廉売)・反助成関税をかけると発表した。
カテゴリー:

「不当廉売」の画像

もっと見る

「不当廉売」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる