「不合理」とは?

関連ニュース

「後退あり得ない」=非正規格差、最高裁判決に期待-同様訴訟の原告ら - 05月27日(日)15:46 

 正社員との格差是正をめぐる最高裁判決には、非正規雇用で働く多くの人が注目している。日本郵便を相手取った訴訟で、住居手当などの格差を違法とした一審判決を勝ち取った契約社員の浅川喜義さん(47)は「後退はあり得ない」と、最高裁の判断に期待を寄せる。 浅川さんは、郵政民営化された2007年に採用。「正社員になれると思っていたが、ハードルは高かった」と振り返る。6カ月の契約更新を重ねる中、同じ郵便配達の仕事をしている正社員との格差に不満が募った。 13年施行の改正労働契約法の20条で、不合理な格差は禁じられたが、会社の対応は変わらない。「裁判を起こすしかない」と心を決めた。東京地裁は17年、住居手当について、「転勤予定のない正社員には支給されているのに、契約社員に全く支払われないのは不合理だ」と判断。年末年始勤務手当などの格差も違法と認めた。 喜びもつかの間、18年春の労使交渉で、判決が指摘した「転勤予定のない正社員への住居手当」が廃止されることが決まった。浅川さんは「正社員の中でも、弱い立場が狙われた」と憤る。 控訴審判決は、今回の最高裁判決後に言い渡される見通しだ。「安定して働ける正社員化を進める方が大事。企業側が『正社員の方が得』と思うくらい非正規の賃金を高くするべきだ」と話した。 非正規労働者を支援する「派遣ユニオン」の関根秀一郎書記長は「何年働いても有給休暇をもらえないアルバイ...more
カテゴリー:

首都高からひっそりと消える2つの料金所。その理由は? - 05月26日(土)08:52 

 日本橋付近の地下化が近ごろ話題の首都高だが、それについては別に筆をとらせていただくこととし、今回は大変地味な話題です。  去る5月20日、首都高湾岸線東行きの「大井」と、羽田線上りの「平和島」、計2か所の本線料金所の運用が停止された。現在はまだ料金所ブースは存在するので、通行車両は相変わらず狭いゲートをすり抜けているが、首都高によると、「平成31年度中までに料金所を順次撤去予定」とのこと。 「それが何か?」と思われるだろうが、平和島はともかく、湾岸線東行き大井料金所の撤去は、首都高研究家としては見逃せないポイントだ。なぜなら、この料金所を先頭にした渋滞が恒常化しているからだ。  大井料金所渋滞の主な原因は、料金所のすぐ先で起きる織り込み交通にある。料金所を通過してから大井JCTの分岐地点までのわずかな距離(約200m)で、湾岸線本線(東行き)とC2外回りに向かうクルマが左右に交錯し、流れを阻害している。本線料金所がなくなれば、もっと手前から分岐に備えて車線変更しておくクルマが増え、流れはかなり良くなるはずだ。  大井本線料金所撤去の目的もまさにそこにある。首都高のHPには、「よりスムーズな通行を可能とするため」と謳われている。  なぜ本線料金所を撤去できるかというと、現在は距離別料金制なので、ETC車はすべて入口と出口で通信を行っている。つまり大井と平和島の本線料金所は...more
カテゴリー:

弁護士が説く「ジブン時間」の見つけ方 - 05月24日(木)06:00 

日々、大量の仕事に追われてプライベートの時間がとれない。こう悩んでいる方も多いことでしょう。でも、その忙しさはどれだけ時間をかけて行うものなのでしょう。何が言いたいかって、もっと効率的に仕事する方法があるはず。こう考えたことはありませんか?この記事の中で、忙しい日々の時間の捻出方法を解説するのは、弁護士の原和良さん。『明るい失敗』(クロスメディア・パブリッシング)の著者でもあります。弁護士の説く仕事の効率化、考えさせられます。そもそも、「忙しい」とはどういう状態?忙しいとは心を亡くすと書きます。どちらかというと「心に余裕がない」、「切羽詰まった生活をしている」といったネガティブな言葉として用いられることが多いようです。あるいは、「本来やりたいことができない」、「やるべきことがやれていない」。その結果、「理想とするようなワーク・ライフバランスが取れない」などの場合に使われる状態のことです。もし自分の生きたい人生を他人に妨害されて「意味のない人生」を歩まされているのだとしたら、その忙しさはやはり問題でしょう。そこから少しでも逃れる方法を考えなくてはなりません。しかし、自分の選択(自ら選んだ仕事や趣味など)によって忙しさが生じているのであれば、それも良しとしていったんは受け入れなければなりません。充実した人生を送ろうとすると時間が足りなくなります。その結果の忙しさは、自ら選択した忙しさな...more
カテゴリー:

外媒关注中美经贸谈判获进展:中方拒美不合理要求 - 05月20日(日)10:44 

  原标题:外媒关注中美经贸谈判获进展:中方拒绝美不合理要求   参考消息网5月20日报道 外媒称,据了解中美贸易谈判情况的人士说,美国与中国18日结束了第二天的会谈。北京同意购买更多的美国商品和服务,但拒绝了把巨额贸易赤字减少一半以上的要求。   据美国《华尔街日报....
カテゴリー:

【話題】なぜ法律デマは出回るのか 約13万件、弁護士への組織的な懲戒請求 「不安な人ほど、自信満々の非専門家を信じる」★12 - 05月16日(水)14:05  newsplus

弁護士に対し、組織的に大量の懲戒請求がなされている問題をめぐり、提訴の動きが進んでいる。神原元弁護士は5月9日、請求者らに損害賠償を求めて東京地裁に提訴。佐々木亮弁護士と北周士弁護士も訴訟の準備に入っており、5月16日に記者会見する予定だ。 この問題は、「余命三年時事日記」というブログが発端になったもの。朝鮮学校の無償化や補助金交付などを求める各弁護士会の声明に反発したもので、懲戒請求のテンプレートが配布されていた。 日弁連によると、2017年だけで全国の21弁護士会に約1000人から約13万件の請求があった...
»続きを読む
カテゴリー:

非正規格差、初判断へ=手当と定年後賃下げ-最高裁、来月1日判決 - 05月27日(日)15:41 

 有期雇用の契約社員や定年後に再雇用された嘱託社員が「仕事内容は変わらないのに正社員と賃金格差があるのは違法だ」として、雇用先に是正を求めた2件の訴訟の上告審判決が来月1日、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)で言い渡される。いずれも労働条件の不合理な格差を禁じた労働契約法20条の解釈が争点で、最高裁が判断を示すのは初めて。 厚生労働省によると、非正規雇用(短時間労働者を除く)の賃金は、正社員より4割程度低く、格差をめぐる訴訟は各地で相次いでいる。最高裁は、格差の不合理性の考え方などについて、統一見解を示すとみられる。 政府は「同一労働同一賃金」を掲げ、今国会に関連法案を提出しているが、最高裁の結論は、今後の議論に影響を与える可能性がある。 判決が言い渡される訴訟のうち、1件は物流会社「ハマキョウレックス」(浜松市)の契約社員の運転手が「住宅手当などが正社員にのみ支給されるのは不当だ」と訴えた裁判。一審大津地裁彦根支部は2015年9月、通勤手当の格差のみ違法と認めたが、二審大阪高裁は16年7月、無事故手当や給食手当などの格差も不当と判断した。 もう1件は、運送会社「長沢運輸」(横浜市)を定年退職後に再雇用された運転手3人が「定年前と同じ仕事なのに給与が引き下げられたのはおかしい」と是正を求めた。一審東京地裁は同年5月、「再雇用制度を賃金コスト圧縮手段に用いるのは正当ではない」と判断。...more
カテゴリー:

契約社員:夏期冬期休暇なしは違法 正社員との格差で - 05月24日(木)23:21 

日本郵便に損害賠償など求めた訴訟の福岡高裁・控訴審判決  日本郵便(東京)の契約社員だった男性が、正社員と同じ業務内容なのに待遇格差があるのは違法だとして、損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、福岡高裁は24日、「契約社員に夏期・冬期休暇がないのは不合理で違法」と判断した。その上で、この部分の請求
カテゴリー:

【岩手】「重い罪を受けてほしい。真実が分かればいい」塩中毒死初公判 女児の両親会見 - 05月23日(水)22:05  newsplus

 盛岡市の認可外保育施設で下坂彩心(あこ)ちゃん=当時(1)=が塩化ナトリウム中毒で死亡した事件で22日、盛岡地裁で開かれた初公判。業務上過失致死罪に問われた元施設経営者の吉田直子被告(34)は黒のスーツ姿で出廷し起訴内容を認めた。彩心ちゃんの両親は閉廷後の会見で、「娘に与えられた塩はあり得ない量。危害を加えようとしたのは間違いない」と憤りを露わにした。  公判で検察側は吉田被告が乳幼児用飲料に食塩を溶かし、彩心ちゃんに飲ませたと指摘。彩心ちゃんの胃の中が荒れて出血があり、高濃度の食塩水が与え...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】なぜ法律デマは出回るのか 約13万件、弁護士への組織的な懲戒請求 「不安な人ほど、自信満々の非専門家を信じる」★13 - 05月16日(水)16:31  newsplus

弁護士に対し、組織的に大量の懲戒請求がなされている問題をめぐり、提訴の動きが進んでいる。神原元弁護士は5月9日、請求者らに損害賠償を求めて東京地裁に提訴。佐々木亮弁護士と北周士弁護士も訴訟の準備に入っており、5月16日に記者会見する予定だ。 この問題は、「余命三年時事日記」というブログが発端になったもの。朝鮮学校の無償化や補助金交付などを求める各弁護士会の声明に反発したもので、懲戒請求のテンプレートが配布されていた。 日弁連によると、2017年だけで全国の21弁護士会に約1000人から約13万件の請求があった...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】なぜ法律デマは出回るのか 約13万件、弁護士への組織的な懲戒請求 「不安な人ほど、自信満々の非専門家を信じる」★11 - 05月16日(水)11:09  newsplus

弁護士に対し、組織的に大量の懲戒請求がなされている問題をめぐり、提訴の動きが進んでいる。神原元弁護士は5月9日、請求者らに損害賠償を求めて東京地裁に提訴。佐々木亮弁護士と北周士弁護士も訴訟の準備に入っており、5月16日に記者会見する予定だ。 この問題は、「余命三年時事日記」というブログが発端になったもの。朝鮮学校の無償化や補助金交付などを求める各弁護士会の声明に反発したもので、懲戒請求のテンプレートが配布されていた。 日弁連によると、2017年だけで全国の21弁護士会に約1000人から約13万件の請求があった...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「不合理」の画像

もっと見る

「不合理」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる