「不動産業界」とは?

関連ニュース

今夜いよいよ日本が初戦!サッカーW杯が不動産業界に及ぼす意外な影響 - 06月19日(火)21:30 

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会がいよいよ開幕しました。 本日は、日本が初戦の相手、コロンビアと熱戦を繰り広げています。 多くの国民が関心を持つ世界的スポーツイベントであり、W杯はサッカーだけにとどまらず様々なジャンルに影響を及ぼします。 今回はW杯が不動産業に対して及ぼした意外な影響を、筆者の実体験からご紹介します。 W杯の日本戦が始まると、水道の使用料が大きく変化する! 「ある意外なものの変化を通じて人々の行動がつかめる」という話があります。 1952年から1954年までNHKで放送されたラジオドラマの「君の名は」は、主人公の真知子と春樹が再会しそうになると不都合が起き、「会えそうで会えない」という事態が何度も繰り返される物語から、空前の人気となりました。 そのため「番組の放送時間になると銭湯の女湯から人が消えた」というエピソードが今でも伝わっています。 サッカーW杯も同様の人気イベントであり、多くの人が同時にテレビを見たことにより、試合中に水道の使用量が大きく変化したことがテレビで取り上げられたことがあります。 大勢の人が同時に水道を使用すると水圧が落ちて水の出方が悪くなり、それによってトラブルが起きる恐れもあり、東京都水道局では使用量や水圧の変化を24時間体制で監視し、水圧や給水量をたえず調整しています。 W杯の日本戦の際は試合開始とともに水道の使用量が急速に低下...more
カテゴリー:

ゴミ分別のルールが管理会社にとって頭痛の種である理由 - 06月17日(日)21:30 

今回はゴミの分別についてお話します。 先日ニュースで福岡県うきは市の指定ゴミ袋のことが取り上げられていましたが、中央に大きく記名欄があり「お名前は必ずご記入ください」と書かれていたことが話題になっていました。 ゴミ分別のルールを徹底するためのもので「強制ではなく、あくまでお願い」ということですが、住人が地元紙にとまどいの声を寄せたのがきっかけに、賛否の意見が数多く寄せられているといいます。 記名式にした理由 福岡県うきは市では「燃えるゴミ」を処理施設で固形燃料に変えていますが、分別が不十分で金属の塊が混入することにより処理施設の破砕機が壊れる事例が過去12回発生し、毎回約50万円かけて部品を交換していました。 「記名式でゴミ出しに責任を持ってもらえば違反の抑止にもなる」ということで導入されたのがこのごゴミ袋です。 記名がなくても分別がなされていれば回収するということですが、ゴミ出しルールに違反していたら市職員が中身をあらため、郵便物などから名前が判明すれば注意を促します。   誰がゴミ袋を開けているのか? テレビでは女性アナウンサーが「ゴミ袋を開けられていたことがあったので、個人情報があるものは必ずシュレッダーにかけている」と発言したことから「誰がゴミ袋を開けているのか?」という方向に話が変化していました。 分別が不十分なゴミ袋は収集してもらえないため、明らかにおかしなゴ...more
カテゴリー:

シンガポールの不動産ビジネスで数々の成功を収めた起業家が「FXTFグループ」のM&Aを実施 - 06月12日(火)17:00 

数々の名誉ある賞を受賞しているシンガポールの起業家エリック・チェン(Mr. Eric Cheng、以下、エリック)が、「FXTF HOLDINGS PTE. LTD.」およびグループ会社である「ビットトレード株式会社」のM&Aを実施したことにより、支配株主となり、実質的な経営権を取得した。FXTFグループの新たな支配株主となるエリックは、これまで起業家として輝かしい実績を残しており、それに裏付けられた資金力を有している。今回の経営権の取得を機にFXTFグループへの出資を行っていく方針であり、経営の安定性を高めることが可能となったとのこと。また、エリックは、これまで培ってきたシンガポール・香港、その他アジア諸国のフィンテック起業家との広範なネットワークを活かしたビジネス面での幅広いサポートを行い、グループ一体で取り組んでいるフィンテック事業の成長を、これまで以上に加速させていく。今後、これまで培ってきたリスク管理や顧客管理などのノウハウを最大限に活かし、法定通貨・仮想通貨の“二刀流”でクオリティーの高いオンライン取引サービスをワンストップで提供するべく努めていくとのこと。また、グループ全体のリスク資本を拡充するため、年内にグループ全体で総額3億円相当の資本増強策を実施予定だ。創業10年を迎えたFXTFグループは、新たな成長フェーズに差しかかり、次の10年に向け、より一層フィンテック事...more
カテゴリー:

「スマートロック」にしたら鍵の閉め忘れが完全になくなった! - 06月11日(月)17:50 

IoTが当たり前になり始めてきた今日この頃。 スマートスピーカーやグーグルやテスラが開発中のスマートカーだったりと、進化してきましたね。 その“スマートなんちゃら”の中でも発表されてからずっと期待していたのが「スマートロック」でした。 工事も工具も不要!ドアに貼り付けるだけでOK スマートロックはドアの既存の錠に取り付けるデバイスで、それによってスマホなどで簡単に解錠・施錠ができるようにするモノです。 つまり、どこからでも鍵が解錠・施錠ができるということです。 スマートロックが登場して数年が経ち、ある程度評価や評判も落ち着きはじめたので、もう一度熟考してみました。 工事などが面倒そう、と敬遠されがちなのですが、スマートロックの大半は、工事も工具も一切不要。 ただドアに貼り付けるだけ、というシンプルなものです。 スマートロックには様々な機種がありますが、その中でも機能面で重視したのが以下の4つです。 停電時などでも既存の鍵で開けられる 室内にいても鍵の開閉が見た目でかわる どこでも鍵の開閉ができる・確認できる 一時的に友人や知人にロックを委ねられる そこで、以下の3つの製品に絞って検討しました。 NinjaLock2 Akerun Qrio+Qrio Hub なぜこの3つに絞ったかというと、どの製品も日本の会社だからです。日本の鍵やドアに合うことや、セ...more
カテゴリー:

業界を変える日本一の不動産エージェントは誰だ!?「第2回 Real Estate Agent Awards」開催決定! - 06月18日(月)13:19 

[株式会社クラスコ] [画像1: https://prtimes.jp/i/6823/407/resize/d6823-407-750261-4.jpg ] [画像2: https://prtimes.jp/i/6823/407/resize/d6823-407-548275-3.jpg ] 不動産業界は、業務の属人化やIT化の遅れ、就職希望先ラン...
カテゴリー:

「ホームインスペクション」って?中古住宅の購入前に絶対オススメな理由 - 06月14日(木)17:50 

2016年5月、宅地建物取引業法改正案が国会にて成立しました。 これにより、2018年4月から中古住宅取引の際に「ホームインスペクション」(住宅診断)の説明が義務化されることになりました。 中古住宅の購入前には絶対にオススメしたいホームインスペクションについて、ご紹介いたします。 ホームインスペクションって、そもそもなに? ホームインスペクションとは、住宅に精通した「既存住宅状況調査技術者」の資格を持つ建築士が、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所などを見きわめ、わかりやすくレポートにまとめてアドバイスを行なう業務のことを言います。 屋根裏・天井裏や壁の中などの確認できない箇所や部位などもありますが、目視により劣化状況・欠陥確認そしてその推測を行なう事もできます。 わかりやすく説明すると、今までは当然知る必要があるのに、専門的な知識が少ない購入者では知りえなかった住宅の情報を購入前に知ることができる、ということなんです。 中古マンションや中古の一戸建てを購入することを躊躇していた方も、建物のコンディションを知ることでより安心して中古住宅を購入することができます。 リスクを払拭できない箇所はどうしても存在しますが、確認できる範囲で建物のコンディションを把握したり、推測することができるので、売買の判断材料にしたり、リスクを減らして取引を行うことができます。 アメリカでは1990年...more
カテゴリー:

【経済】ついに始まった!「高級マンション」投げ売りから暴落の悲劇、逃げ遅れれば、あなたのマンションも… - 06月11日(月)19:33  newsplus

都心の高級物件は即完売。転売されてもすぐに買い手がつく。それが常識だった。 だが、潮目が変わった。億ションが売れ残っている。そうなると、価格を下げるしかない。 不動産崩壊の序曲が聞こえる。 ■買い手がつかない 東京屈指の高級住宅街・番町(千代田区)。江戸時代から続くお屋敷街で、 域内には名門小学校として名高い番町小学校や美智子妃も通った雙葉小学校がある文教地区でもある。 そのうえ、JRや地下鉄の駅も至近で、生活は便利なのに閑静。都内に住む人間にとって憧れの住宅地だ。 その高級住宅地で異変が起こ...
»続きを読む
カテゴリー:

【不動産】ついに始まった!「高級マンション」投げ売りから暴落の悲劇。逃げ遅れれば、あなたのマンションも… - 06月08日(金)20:12  bizplus

都心の高級物件は即完売。転売されてもすぐに買い手がつく。それが常識だった。だが、潮目が変わった。億ションが売れ残っている。そうなると、価格を下げるしかない。不動産崩壊の序曲が聞こえる。 買い手がつかない 東京屈指の高級住宅街・番町(千代田区)。江戸時代から続くお屋敷街で、域内には名門小学校として名高い番町小学校や美智子妃も通った雙葉小学校がある文教地区でもある。 そのうえ、JRや地下鉄の駅も至近で、生活は便利なのに閑静。都内に住む人間にとって憧れの住宅地だ。 その高級住宅地で異変が起こっている...
»続きを読む
カテゴリー:

「不動産業界」の画像

もっと見る

「不動産業界」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる