「不動産会社」とは?

関連ニュース

現役不動産営業マンの本音「値引きしたくなる客」の条件3つ - 07月14日(土)21:30 

多くの人にとって、住まいの購入は一生で最も大きな買い物です。 いざ購入となれば、他人よりも良い条件で購入したいと思うのが当たり前。 私は現役の不動産営業マンであり、現在は複数の営業マンを束ねる立場にあります。 その立場から言える最も大切なことは、担当営業マンに「値引きするならこの人に」と思わせることです。 営業マンは「売主」と「買主」をつなぐキーパーソン 物件の値引きをするかどうかを最終的に決めるのは、物件の「売主」です。 新築物件であれば「売主・事業主」と言われる企業であり、中古物件であれば物件を所有する個人になります。 営業マンの立ち位置は買主とこれらの売主との間にあります。 通常、売主は買主と直接交渉することはありません。 売主は買主の情報を、営業マンを通じてのみ知ることができます。 売主が「値引きしてでも物件を売りたい」と思う相手は「トラブルなく、スムーズに購入してくれる人」であることが大前提です。 そして売主がそう判断するかどうかは、営業マンの提供する情報次第。 これは営業マンが買主に抱く印象に大きく左右されるものです。 たとえば、顧客が商談中に大きなあくびを何回も繰り返していたとします。 担当した営業マンが売主に「多忙で寝不足の中、わざわざ物件見学に来られた」と伝えるか「物件に興味がなく、人の話を聞いていない」と伝えるかでは、売主の抱く印象はまったく異なります。 営業マ...more
カテゴリー:

丸源ビル脱税事件、経営者に懲役5年罰金3億円求刑 - 07月13日(金)17:08 

 「丸源ビル」の名前で東京・銀座などに多数の貸しビルを展開する「丸源グループ」傘下の不動産会社による脱税事件で、法人税法違反の罪に問われた同グループの経営者、川本源司郎被告(86)の論告求刑公判が13…
カテゴリー:

「LIFULL HOME'S」のサービス向上と業務改善を支える機械学習の自動化 - 07月12日(木)07:00 

不動産・住宅に関する総合情報サービスを展開するLIFULLは、「LIFULL HOME'S」を利用するユーザーの利便性を高め、同時に情報入力を担う不動産会社の業務効率も改善するという両面からの課題解決を図るため、人工知能(AI)の活用に乗り出した。
カテゴリー:

【実話で研究!男の恋愛観】お金が無くても見栄は張るのはなぜ? - 07月11日(水)20:00 

こんにちは。美容室オアシスのオーナー、小泉です。このコラムではアラサー男子のリアルな恋愛エピソードを通じて、男子特有の考え方や感性をご紹介していきます。 これを読んで、是非あなたの恋愛に役立ててくださいね。 今回は、久しぶりに彼女ができた常連客、I君が理想と現実の間で葛藤するエピソードです。 <今回の男子> I君(32歳)、不動産会社勤務。 ルックス:★★★☆☆ スタイル:★★☆☆☆ お洒落度:★★☆☆☆ 年収  :★★☆☆☆ モテ度 :★☆☆☆☆ 特徴  :お金がない割に見栄っ張り。真面目で頑張り屋。恋愛経験が少ない。 ◆「やっと彼女ができました!」 訳あってお金がなく、そのせいかこの数年彼女がいなかったI君にもやっと春がきました。お相手は26歳の清楚なお嬢様風女子です。 I君「久しぶりに彼女ができたけど、やっぱり恋愛っていいですね」 そう嬉しそうに語りながらI君はネックレスや指輪のパンフレットを観ています。 小泉「お!良かったねぇ~。で、プレゼント選び中なのかい?」 I君「今度、彼女と旅行に行くんですよ。丁度3ヶ月目の記念日だからプレゼントも用意しようと思って」 小泉「ほぉー、旅行にプレゼントまで!そりゃあ彼女も喜ぶだろうだねぇ」 (大好きな彼女ができるとプレゼントしたくなる、それが男子というものです) こんなやりとりをしたのが今年の3月でした。 ◆I...more
カテゴリー:

シェアハウス訴訟延期に=スマートデイズ破綻で賠償請求-東京地裁 - 07月11日(水)11:47 

 女性専用シェアハウスを運営し、経営破綻した不動産会社「スマートデイズ」の旧経営陣らに対し、投資家13人が計2億円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論について、東京地裁(原克也裁判長)は11日、9月に延期することを決めた。同日午前に開く予定だったが、一部の元役員に訴状が届いていなかったという。 訴状などによると、13人はスルガ銀行(静岡県沼津市)から融資を受けて土地と建物を購入したが、資産価値は購入額の3~5割程度にとどまっていた。物件はスマート社が一括借り上げし、「かぼちゃの馬車」の名称でシェアハウスを運営していたものの、一回も賃料の支払いを受けていない投資家もおり、「明らかな詐欺的スキームだった」と訴えている。 【時事通信社】
カテゴリー:

習主席のポスター撤去指示か=個人崇拝批判を警戒-中国 - 07月14日(土)15:17 

 【北京時事】中国当局が、習近平国家主席の写真を使ったポスターなどを撤去するよう求めたことを示す文書がインターネット上に拡散し、波紋を呼んでいる。中国では7月に入って20代の女性が習氏の写真に墨汁をかけて批判する動画が流れたほか、国営通信社・新華社のサイトに、習氏への個人崇拝を暗に批判する文章が一時掲載された。当局が習氏を標的にした体制批判を警戒している可能性がある。 文書は北京市の不動産管理会社が入居企業に宛てた12日付で、地元の派出所からの緊急通知として「習同志の写真や画像を含むポスターなど宣伝材料を直ちに撤去する」よう要求。結果を48時間以内に報告することも求めている。 上海市内では4日、不動産会社に勤務する女性が「習近平の独裁・暴政・専制に反対する」などと叫びながら、習氏が描かれた看板に墨汁をかける自撮り動画を公開。女性はその後、行方不明になった。 香港メディアによると、11日には新華社が「華国鋒は罪を認めた」と題する文章を掲載。毛沢東の死後、最高指導者になった華国鋒元共産党主席が、自ら座った椅子を博物館に展示するなどの動きを個人崇拝だと認めたという内容だった。文章は間もなく削除されたが、転載され、「昔話を借りて、今を当てこすったものだ」「トップは華国鋒に学べ」などのコメントが相次いだ。 共産党規約は、毛沢東が発動した文化大革命の反省を踏まえ、個人崇拝を明確に禁じている。た...more
カテゴリー:

各メディアの“大忖度”で窮地を免れた華原朋美 - 07月12日(木)21:03 

先週発売の「フライデー」(講談社)で、歌手の華原朋美(43)が大手不動産会社・飯田GHD(グループホールディングス)の代表取締役会長・森和彦氏(73)との不倫疑惑を報じられたが、すっ...
カテゴリー:

【東京】アパート購入契約を一方的解除 東京千代田区の不動産会社「ガヤルド」を提訴へ アパートのオーナーたちはスルガ銀行から融資 - 07月12日(木)05:22  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180711/k10011528631000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_059 アパート購入契約を一方的解除 東京の不動産会社を提訴へ 2018年7月11日 17時52分 東京の不動産会社とアパートの購入契約を結んだオーナーたちが、建物が未完成のまま一方的に契約を解除されたとして、賠償を求める訴えを起こすことがわかりました。オーナーたちはシェアハウスのオーナーへの融資で問題になった静岡県のスルガ銀行から融資を受けていて、今後、スルガ銀行の責任も追及していきたいとしています。 東京...
»続きを読む
カテゴリー:

前伊東市長:保釈 収賄罪で起訴 - 07月11日(水)19:50 

 静岡県伊東市が購入したホテル跡地の売買を巡り、便宜を図った見返りに建設・不動産会社から1300万円を受け取ったとして、収賄罪で起訴された前市長、佃弘巳被告(71)は11日、保釈保証金1000万円を納付し、勾留先の警視庁原宿署から保釈された。東京地裁が10日に保釈を認める決定をしていた。(共同)
カテゴリー:

シェアハウス訴訟で初弁論 物件購入者が賠償請求 - 07月11日(水)11:44 

 女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営していた不動産会社「スマートデイズ」(東京、破産手続き中)が、実現不可能な高利回りをうたって投資を募ったとして、物件の購入者13人が同社の元役員らに計約2億円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が11日、東京地裁で開かれた。
カテゴリー:

もっと見る

「不動産会社」の画像

もっと見る

「不動産会社」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる