「下町」とは?

関連ニュース

明るさとクールさが混在する岡山男性は、恋愛も駆け引き上手 - 06月19日(火)11:00 

地域によって方言や名物があるように、男性にもご当地の特徴があるのでは……? そんな疑問を調べてみました。今回は岡山県の男性についてご紹介します。岡山県といえば、桃太郎。2018年の3月、岡山空港が「桃太郎空港」に名称変更したと話題になりました。穏やかな気候の地域で育った岡山男性は、どんな性格と恋愛傾向を持っているのでしょうか? 県民性研究の第一人者、岩中祥史さんに伺いました。 ■意外にクールで冷淡? 理屈っぽさもある岡山男性 岡山といえば、「果物の王国岡山」と称されるように、白桃やシャインマスカットなどのブランドフルーツで有名です。おいしい果物がとれる温暖な気候では、桃太郎のようにわんぱくに育つような気がしますが、岡山男性の性格はどうでしょう? 「雨の降る日が少ないことにかけては全国トップ※1であることから「晴れの国」とも呼ばれる岡山県。さぞかしカラッとした気質なのではないかと想像したくなりますが、明るく開放的な一方で「クール」「冷淡」という声も多いようです。実は岡山県は子どもの頃から勉強への関心が強く、江戸時代は寺子屋の数では長野県、山口県に次いで3位でした。※2。理屈っぽい男性が多いのは、勉学の場で知識を競い合う風土が影響しているのかもしれません。当然、弁も立つ人が多く、岡山男性を言い負かすのは大変そうです。 交通の要衝で、瀬戸内海には古くから内外の船が行き来していたの...more
カテゴリー:

【高論卓説】災害に強い街づくりに工夫を みどりあふれる空間で生活豊かに - 06月19日(火)06:15 

 25年以上も前のことだが、ドイツから街づくりを学びに来日していた留学生と仲良くなった。ある大学が主催するセミナーで私の隣の席に座り、休憩時間にひと言、ふた言、言葉を交わしたのがきっかけだった。その彼が、「東京の下町を案内してくれないか」という。
カテゴリー:

リアリズム徹底是枝監督→ネトウヨ「日本には万引きで暮らす家族なんていねえよ!嘘つきが」→ありました! - 06月17日(日)13:58  news

リアリズム徹底、不思議な輝き 是枝監督に聞く https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a =20180617-00000009-kyt-cul 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞「パルムドール」を受賞した是枝裕和監督(55)の「万引き家族」が京都など全国で公開されている。徹底したリアリズムで描かれる「犯罪でしかつながれない家族」が、血のつながりを超えて不思議な輝きを放つ。 家族を通して現代の絆を問い続ける是枝監督に、受賞作に込めた思いを聞いた。  「家族が海の底に集まっている魚で、きらきらの水面を見上げている。そんなイメージが...
»続きを読む
カテゴリー:

長瀬智也×ディーン・フジオカ「空飛ぶタイヤ」に込めた揺るがぬ信念 - 06月17日(日)12:00 

「下町ロケット」「半沢直樹」などで知られる直木賞作家・池井戸潤氏の“初の映画化”作品となった「空飛ぶタイヤ」。数々の著作に通底する「抑圧された人々の大逆転劇」は、まさに“痛快”の一言が相応しい。...
カテゴリー:

渡辺直美の腰振りの速さに千鳥ノブ&大悟も驚愕! - 06月16日(土)11:30 

千鳥の冠特番「テレビ千鳥」 (テレビ朝日系)が6月15日に放送され、ゲストに渡辺直美が登場。得意の腰振りで驚きのワザを見せた。 【写真を見る】驚異の腰振りをみせた渡辺直美/2013年ザテレビジョン撮影 渡辺は、2016年にニューヨーク、ロサンゼルスで行ったワールドツアーでは、チケットがわずか4分で完売、インスタグラムのフォロワーは800万人超で日本一。 「最近知ったのが、海外ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』の主人公のサラ・ジェシカ・パーカーっているじゃないですか。あの人が(自分を)フォローしてたんですよ」と明かす渡辺。 そこで、世界で活躍する渡辺のスゴさをひもといていこうということで、ノブが「やっぱり腰振りじゃない?」と提案。 渡辺も「ビヨンセのダンスが腰を振るので。それはもう12年続けている」と同意し、渡辺の腰に歩数計を着け、30秒間の腰振り回数を計測することに。 すると、なんと134回という記録が。「1秒に4回やんか!」と、これにはノブも大悟も驚きの表情を。 「前後じゃないんですね?」とノブが尋ねると、「そうですね、やっぱり横も入れるというか、ダンスになるんで。ただ腰を振るだけじゃなくて、見てて美しいというものに」と渡辺がその秘密を解説した。 「確かに。それで面白いんや」「セクシーさも確かにある」とノブも大悟も感心した。ちなみに、大悟が腰振りに挑戦した結果は56回と、渡辺...more
カテゴリー:

大物感満載!地方別、旦那さんのニックネーム対決! - 06月19日(火)10:00 

世間的に認知されると、自分の名前以上にひとり歩きするニックネーム。分かりやすいところで言うと、「下町の玉三郎」と呼ばれる俳優の梅沢登美男さんであったり、「浪速のエリカ様」と呼ばれる元衆議院議員の上西小百合さんであったり。野球界で言えば「ハマの大魔神」佐々木主浩投手や「平成の怪物」松坂大輔投手など、そのニックネームを聞くと、だいたいその人がどのような人なのかが分かります。 ママスタBBSに集まった「旦那のニックネームを付けるとしたら」という投稿から、集まる集まる素晴らしい異名をもつ旦那さん(笑)。読んでいると、会ったこともないのにリアルな人物像が浮かんでくるようです! ニックネーム命名のポイントは、最初に地名や時代を入れ、その後にズバッと人柄を表すひとことを添えること。 さぁ、地名を入れた日本全国地区対決でお送りします。一番オモシロいニックネームをもつ旦那さんは、何地方かな? 北の国からこんにちは【北海道】 『十勝のゴリラ牛』 新種の牛に聞こえますね。 『札幌のシャクレ王』 道庁所在地・札幌を代表するしゃくれっぷりっとは、相当なもの! 『札幌の生ハゲ』 札幌っ子も黙るなまはげ……いやいや、リアルハゲ……? 冬場に強いみちのくの旦那さん【東北】 『東北の湿度100%デブ』 相当ジトジト、湿っぽい性格……ということ? それとも単なる汗っかき? 『山形の裸の王さま』 山形県民が、ひ...more
カテゴリー:

長瀬智也「もうアイドルに戻らなくていい」と俳優・長瀬を後押しする監督からの手紙に感動 - 06月18日(月)09:30 

映画『空飛ぶタイヤ』公開記念舞台挨拶が6月16日に丸の内ピカデリーで行われ、主演の長瀬智也をはじめ、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、寺脇康文、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、六角精児、本木克英監督が登壇した。 本作は、人気ドラマ『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』などの原作者として知られる池井戸潤の初となる映画化作品。トレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長の赤松徳郎(長瀬智也)が自社の無実を証明すべく、製造元の自動車会社がひた隠す不正を暴く闘いに挑む姿を描いた大逆転エンターテインメント作品だ。 長瀬は「ようやくみなさんに見ていただけることを嬉しく思います。今回は、社長役という自分とはかけ離れた役柄だったので、非常に学ぶことが多かったです。素敵なキャスト、スタッフの方々に囲まれて幸せでした」と挨拶。長瀬と対立する大手自動車会社社員の沢田悠太役を演じたディーンは「1人ひとり違う立場から作品を見てもらうことで、大きなドミノみたいに繋がって1つのムーブメントになってくれれば」と語った。 また、グループ会社の経営計画に疑念を抱く銀行員の井崎一亮役を演じた高橋も、ディーン同様「“正義と悪”が混在するメッセージ性の高い作品となっている」と本作の意義を熱弁。本作が初の映画出演となった長瀬の後輩である阿部は、公開初日にグッズを買い込んだエピソードを語ると...more
カテゴリー:

長瀬智也×ディーン・フジオカ「空飛ぶタイヤ」に込めた揺るがぬ信念 - 06月17日(日)12:00 

 「下町ロケット」「半沢直樹」などで知られる直木賞作家・池井戸潤氏の“初の映画化”作品となった「空飛ぶタイヤ」。数々の著作に通底する「抑圧された人々の大逆転劇」は、まさに“痛快”の一言が相応しい。座長を務めた「TOKIO」の長瀬智也と、劇中で火花を散らしたディーン・フジオカは初共演ながらも深い信頼関係を築き上げ、同等の熱量を持った“魂”を作品に封じ込めてみせた。(取材・文/編集部)  「超高速!参勤交代」シリーズの本木克英監督がメガホンをとった本作は、ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故を契機に物語が展開。トレーラーの所有主である赤松運送の社長・赤松徳郎(長瀬)、製造元である大手自動車会社・ホープ自動車のカスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン)、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)が事故を追っていくさまを描き出す。大企業による“リコール隠し”という巨悪――おぞましい事実を目の当たりにした各キャラクターの胸に去来するのは「正義とはなにか、守るべきものはなにか」という究極の問いかけだ。それぞれの立場で起こした行動という“点”が、1つの“線”として結びつく時、反撃の狼煙が上がっていく。  ディーンの魅力について問えば「止まんないですよ? 褒め殺しますよ?」と前のめりになる長瀬。「同年代」「音楽」という共通点に親しみを感じ「最初から溶け込みやすさはあった」と振り返り「ずっと...more
カテゴリー:

蔵前駅から徒歩2分のアーティスティックなカジュアルビストロ - 06月16日(土)19:00 

昔から玩具屋文具の問屋が多いことで知られる素朴な下町・蔵前。最近は“ものづくりの街”として知られ、クラフトマンシップに惹かれた若者も集う街として注目を集めている。都営大江戸線蔵前駅から徒歩2分の場所にあるカフェ&レストラン「シエロ イ リオ」も、かつて楽器店の倉庫だったビルを活用。フルリノベーションして建てた複合商業施設「MIRROR」の1階と3階に店を構え、蔵前の人々の憩いの場になっている。 【写真を見る】天井が高く、開放的な1階の店内 ■ アート写真に囲まれた店内 入り口の扉を開けてまず目に飛び込んでくるのは、壁一面を覆うほど大きなアート写真。この印象的な一枚をはじめ、店内には大小さまざまなアート作品がそこかしこに飾られている。料理を待つ間や食後のひとときに、作品を眺めながらのんびりとした時間が過ごせそうだ。 3階に上がると、白い壁に覆われた明るい空間が広がり、1階とはまた違った雰囲気。窓の外を覗けば、店の裏を流れる隅田川、そして高くそびえる東京スカイツリーの姿が見える。 「イメージしたのは、ロンドンのテムス川かパリのセーヌ川沿いなどヨーロッパにあるようなカフェ。ロンドンで買い付けたアンティーク家具など、食事を邪魔しないインテリアで『いつの時代でも愛される店』を目指しています」と語るのは、広報担当の福地恵理さん。椅子やテーブルもさまざまな種類があり、今日は窓側で、次はゆったりソ...more
カテゴリー:

天皇陛下、町工場へ 電動車いすをご見学 - 06月16日(土)07:41 

天皇陛下、町工場へ 電動車いすをご見学:天皇陛下は15日、東京の下町にある板金工場を視察された。...
カテゴリー:

もっと見る

「下町」の画像

もっと見る

「下町」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる