「三菱自動車」とは?

関連ニュース

途上国に技能広めるはずが… 形骸化する実習制度 - 06月20日(水)21:58 

 外国人技能実習制度の不正行為が三菱自動車と日産自動車で発覚した。日本の技能を途上国に広める「国際貢献」を掲げる制度なのに、両社は一部の実習生を技能が学べる現場に充てていなかった。国は新法で制度の厳格…
カテゴリー:

大阪地震 三菱自、京都、滋賀の工場でライン停止 - 06月18日(月)12:00 

 大阪北部を震源地とする地震を受け、三菱自動車は、エンジンを生産する京都製作所の京都工場(京都市右京区)と滋賀工場(滋賀県湖南市)で、製造ラインを停止した。「設備に大きな被害は出ていないが、精査している」(同社)という。
カテゴリー:

累計135万台を誇るミニバンSUVが刷新。三菱デリカ50周年のすべて - 06月15日(金)15:00 

ミニバンの広さと、SUVが持つ機動力を融合した三菱のデリカが、今年50周年を迎えた。ここまで愛された理由はどこにあるのか。歴史をふり返りながら、秘密を探った! ■誕生50年を支えた三菱自慢の走り! 今年7月で誕生50周年を迎えるデリカは、ミニバンながら悪路も余裕で走破するワイルドカーだ。その証拠に真冬のパリからスタート、地中海を渡ってアフリカ大陸へと向かうダカールラリー(通称パリダカ)で、デリカは市販状態のまま7000kmの行程をサポートカーとして完走した実績を持つ。 “世界で最も過酷なモータースポーツ”を平然とこなすミニバンなど、世界中を見渡してもデリカだけだ。パリダカで2002年と03年に総合優勝を飾った経験を持つ、増岡浩氏はデリカのポテンシャルとその魅力についてこう話す。 「オフロードの走破性という点で唯一無二。単に家族で移動するだけでなく、ドライバーにとって運転という作業が楽しく感じられるクルマ」 他社のミニバンとは一線を画し、独自進化を続けるデリカは1968年7月、600kg積みの商用車「デリカトラック」として誕生し、高度経済成長時代の物資輸送の役割を担った。ちなみに名前の由来は、デリバリーカーである。そして翌年に9人乗り乗用車の「デリカコーチ...more
カテゴリー:

日産、ルノー、三菱 相乗効果57億ユーロに - 06月14日(木)05:00 

日産自動車とフランス大手ルノー、三菱自動車の3社連合は13日、コスト削減などで、2017年度に合計約57億ユーロ(約7400億円)の相乗効果があったと発表した。…
カテゴリー:

三菱「ミニキャブトラック」一部改良--誤発進抑制機能を全車標準装備 - 06月09日(土)11:36 

三菱自動車は6月7日、軽商用車「ミニキャブトラック」全車に予防安全技術の誤発進抑制機能(前進・後退時)を標準装備し、全国の系列販売会社を通じて販売を開始した。ソナー(車両の前後各2箇所)によって障害物を検知し、衝突被害を軽減する誤発進抑制機能(前進・後退時)により、安全性を向上している。
カテゴリー:

三菱自動車、従業員のクラウドコンテンツ管理ツールとしてBoxを導入 - 06月19日(火)10:26 

三菱自動車工業は、従業員のクラウドコンテンツ管理ツールとしてBoxを導入した。。
カテゴリー:

【プロジェクト最前線】三菱自動車 SUV「エクリプスクロス」 - 06月18日(月)05:00 

 三菱自動車が3月に国内投入した小型スポーツ用多目的車(SUV)「エクリプスクロス」。5月末までの約3カ月間で月販目標の約7カ月分に相当する6700台を販売するなど好調だ。三菱自の持つ技術をふんだんにつぎ込んで開発を進めたが、途中で燃費不正問題が発覚し、会社は一時、存亡の危機に立たされた。逆風の中、最後までベストを尽くすように開発者を突き動かしたのは、「新車の成功を会社の復活につなげたい」という思いだった。
カテゴリー:

会社ナビ :『KIRIN(キリン)』は日本ビール産業の始祖から繋がる、総合飲料メーカー! - 06月15日(金)11:59 

KIRIN(キリン)といえばやっぱりビール。それとも若い世代にとってはサッカー「キリンカップ」のイメージも? 日本を代表する総合飲料メーカーのひとつ『KIRIN』の歴史とブランドを探ってみよう。 キリンは2013年夏、JR中野駅前の大型ビル「セントラルパークサウス」に移転。都内各所に散らばっていたグループ会社を一ヵ所に集結させた! ■キリンビールの原点は横浜、日本ビール産業発祥の地 明治時代のはじめ、横浜港が開港してまだ10年そこそこの時代。ノルウェー出身のアメリカ人、ウィリアム・コープランドは、ビール醸造所「スプリングバレー・ブルワリー」を設立した。   当時、横浜にはほかにもいくつかビール醸造所があったようだが、数年で廃業するところが多い中、「スプリングバレー・ブルワリー」は、14年も事業を続け、のちに日本人好みのビール醸造をするなど、大きな功績を残した。“日本ビール産業の始祖”と呼ばれる所以だ。   当時の醸造所跡地はいま、キリン公園と名付けられている 横浜の外国人墓地にはコープランド夫妻のお墓が。なお関係者以外は立入禁止。 「スプリングバレー・ブルワリー」は、順調に発展したが、経営不振に陥り、コープランドは醸造所を公売に出すことになった。この時、この跡地を引き継いだのが、キリンビールの前身会社「ジャパン・ブルワリー・カンパニー」だ。この会社は、外国人...more
カテゴリー:

三菱自動車工業のフィスコ二期業績予想 - 06月10日(日)11:24 

※この業績予想は2018年5月27日に執筆されたものです。
カテゴリー:

累計生産500万台を達成! なぜ三菱自動車はタイに強いのか - 06月08日(金)08:00 

1961年にタイに進出した三菱自動車工業は、同国における累計生産台数で500万台を突破したことを記念し、益子修CEO出席のもと式典を開催した。タイで初めての自動車輸出を行うなど、同国における三菱自動車の存在感は非常に高いものとなっている。
カテゴリー:

もっと見る

「三菱自動車」の画像

もっと見る

「三菱自動車」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる