「三浦貴大」とは?

関連ニュース

石原さとみ越しの芳根京子! 贅沢過ぎるひょっこりに「ハイ!癒やされました」 - 06月17日(日)12:30 

7月11日(水)よりスタートする、石原さとみ主演ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系)の公式Instagramが6月16日に更新。石原と妹役の芳根京子による、ぜいたくな“ひょっこりはん”姿が公開され、ファンから「豪華なひょっこりはん!」「表情が絶妙過ぎるw」と話題を呼んでいる。 【写真を見る】石原さとみの困惑顔に、“最上級の癒やし顔”芳根京子のおちゃめなツーショット/※画像は「高嶺の花」(takanehana_ntv)公式Instagramのスクリーンショット 同ドラマは、石原主演×野島伸司脚本で描く純愛エンターテインメント。 華道の名門・月島流の本家に生まれた主人公・月島もも(石原)は、美しく華道家としての才能も豊かな令嬢であり、何一つ足りないものなどはない“高嶺の花”だ。 そんなももだったが、婚約者・吉池(三浦貴大)に裏切られ、深く傷つき、自身も才能も揺らいでしまう。ところがある日、自転車店店主・風間直人(峯田和伸)と運命的に出会い…というストーリー。 芳根が演じるのは、月島流本家の次女で、ももの異母妹・月島なな。 圧倒的な才能を持つ姉を大いに慕い、素直に敬意を表する心優しい21歳の女の子だ。 結婚破談で傷ついたももの再起を願って支えるが、やがて家元の地位を巡る後継争いに巻き込まれ、華道家としての自尊心や新興華道家・宇都宮龍一(千葉雄大)への恋心が生まれることで、姉・ももを追い詰め...more
カテゴリー:

石原さとみ、主演ドラマの主題歌「ラヴ・ミー・テンダー」と知り『震えました』 - 06月13日(水)07:00 

7月11日(水)スタートの日本テレビ系新水曜ドラマ「高嶺の花」(夜10:00)の主題歌がエルヴィス・プレスリーの名曲「ラヴ・ミー・テンダー」に決定した。エルヴィス・プレスリーの楽曲が主題歌として起用されるのは、日本で初。 【写真を見る】石原さとみの華道家姿が「美しい……」と話題に!/(C)NTV ■ 「高嶺の花」ってどんなドラマ? 本ドラマは石原さとみ主演×野島伸司脚本で描く純愛エンターテインメント。 華道の名門・月島流の本家に生まれた主人公・月島もも(石原)。美しく華道家としての才能も豊かな令嬢のももは、何一つ足りないものなどはない“高嶺の花”。そんなももだったが、婚約者・吉池(三浦貴大)に裏切られ、深く傷つき、自身も才能も揺らいでしまう。ところがある日、自転車店店主・風間直人(峯田和伸)と運命的に出会う。 ■ 脚本・野島伸司×外国曲はテッパン! 脚本を手掛ける野島といえば、「人間・失格~たとえば僕が死んだら」(1994年TBS系)でサイモン&ガーファンクルの「冬の散歩道」、「未成年」(1995年TBS系)でカーペンターズの「青春の輝き」、「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」(2001年TBS系)でアバの「チキチータ」、「雨が降ると君は優しい」(Huluで配信中)でボズ・スキャッグス「ウィーア・オール・アローン」など、印象的な外国曲を主題歌に起用し、数々のヒットドラマを描いて...more
カテゴリー:

椎名桔平、グレーゾーンの主人公を熱演 WOWOW『不発弾』インタビュー - 06月10日(日)06:00 

 俳優の椎名桔平(53)がWOWOWの『連続ドラマW 不発弾 ~ブラックマネーを操る男~』(10日スタート、毎週日曜 後10:00、全6話※第1話無料放送)で、大手企業・三田電機の1500億円の不適切会計の裏で暗躍する金融コンサルタント、古賀遼を演じている。コメディーからシリアスまで数々の幅広い役柄をこなしてきたが、「現在と過去を行ったり来たりする役は初めてでした。高いハードルを感じましたが、その分、やりがいがありました」と撮影を振り返る。 【動画】『連続ドラマW 不発弾 』第1話の冒頭を先行配信  食肉偽装問題が題材の『震える牛』など、社会の闇をえぐり出す小説で注目を集める相場英雄氏の小説『不発弾』(新潮文庫)をドラマ化。物語は、 「不適切会計」を「粉飾」と疑う、捜査二課の管理官・小堀弓子(黒木メイサ)の追及とともに、古賀の過去が紐解かれていく。  古賀遼という男は一体何者なのか? 古賀はなぜ大企業の不正にかかわるに至ったのか。それはある種の「復讐」だった。金と男にだらしない母親の下、貧しい炭鉱町で育った古賀。妹を救うために東京に連れ出したい一心で、先に上京し、証券会社で働き始める。上司・中野哲臣(奥田瑛二)にノウハウをたたき込まれ、のし上がっていくが…。数年後、ある出来事を機に古賀の人生が変わってしまう。  「高校生から30歳頃までの古賀は三浦貴大くんが演じているんだけ...more
カテゴリー:

未完成映画予告編大賞グランプリ作「高崎グラフィティ。」ビジュアル&場面写真公開! - 06月15日(金)10:00 

 堤幸彦、大根仁、平川雄一朗ら気鋭の映画監督を輩出してきた映像制作会社オフィスクレッシェンドが、次代を担うクリエイターの発掘・育成を目指して2017年に立ち上げた映像コンテスト「未完成映画予告編大賞」の第1回グランプリ受賞作「高崎グラフィティ。」の公開日が決定し、あわせてキービジュアルと場面写真が公開された。 ・「高崎グラフィティ。」場面写真はこちら!  同作は、群馬県高崎市を舞台に、高校の卒業式を終えた5人の男女の数日間を描く青春群像劇。監督は今作が長編デビューとなる川島直人が務め、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の佐藤玲、「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の萩原利久、「あさひなぐ」の岡野真也、「土佐の一本釣り 久礼発 17歳の旅立ち」の中島広稀、「映画 暗殺教室」の三河悠冴ら若手俳優が、新生活を待ちわびるなかでトラブルに見舞われてしまう幼なじみを演じる。  このほど公開されたキービジュアルは、美紀(佐藤)、優斗(萩原)、寛子(岡野)、直樹(中島)、康太(三河)のメインキャラクターが、真剣な眼差しで正面を見つめる姿を切り取ったデザイン。タイトルロゴを挟んだ下部には、「オヤジが入学金を持って逃げました。」「将来の夢って決めなきゃいけないんですか。」など、5人それぞれの前に立ちはだかる不安や葛藤、大人への不信感が言葉となって記されている。  美紀たちがそれぞれに問題...more
カテゴリー:

芳根京子&千葉雄大「高根の花」で黒いキャラに挑戦! 放送1カ月前から期待の声続々 - 06月10日(日)07:00 

石原さとみ主演×野島伸司脚本で送る新水曜ドラマ「高嶺の花」(毎週水曜夜10:00、日本テレビ系)が、7月11日(水)にスタート。石原が華やかな世界に生きる主人公の名門華道家・月島ももを、銀杏BOYZ・峯田和伸がももの「運命の恋」に落ちる相手となる自転車店主・風間直人を演じる。 【写真を見る】主演・石原さとみの和服姿に千葉雄大は「お着物がとってもお似合いになる」と赤面/(C)NTV 先日、芳根京子、千葉雄大、升毅、十朱幸代、戸田菜穂、小日向文世ら共演者が発表になり、ネットでは放送を待ちきれない声が上がっている。 芳根が演じるのは、月島流本家の次女で、ももの異母妹・月島なな。圧倒的な才能を持つ姉を大いに慕い、素直に敬意を表する心優しい21歳。結婚破談で傷ついたももの再起を願って支えるが、やがて家元の地位をめぐる後継争いに巻き込まれ、華道家としての自尊心や新興華道家・宇都宮龍一(千葉)への恋心が生まれることで、姉・ももを追い詰める存在へと反転していく。 そして、千葉が演じるのは、新興流派「宇都宮龍彗会」を率い、華道界を席巻しつつある31歳のクールなイケメン華道家・宇都宮龍一。PR戦略に長け、生徒を増やすなど、ビジネス感覚に優れている。しかし、拭い難い亜流コンプレックスから月島流の乗っ取りを企て、直人と心を通わせていくももに近づき、同時に、ななの心をもざわつかせていく……。 さらに、長い病...more
カテゴリー:

「三浦貴大」の画像

もっと見る

「三浦貴大」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる