「三宅民夫」とは?