「一龍斎貞弥」とは?