「一昨年」とは?

関連ニュース

恐るべし「手土産」 廃止した商社の株主総会は閑古鳥 - 06月22日(金)17:04 

 22日に株主総会を開いた大手総合商社の三菱商事。昨年までと違って、会場は空席が目立った。一昨年、昨年は6千人を超す株主が訪れたが、今年は995人。どうやら株主への手土産をやめたことが影響したようだ。…
カテゴリー:

「パパ活始めたけど全然稼げない…」パパ活女子が増えすぎてパパ争奪戦が加熱 - 06月22日(金)15:51 

 若い女性が経済的に余裕のある男性(パパ)を見つけ出し、食事やデートをすることで金銭的援助を受ける「パパ活」。その関係が“一線”を越えることもあるためグレーな存在として一昨年ごろからネット上で散見されたワードだが、昨年にはドラマの題材にもなったほか、今年に入ると「パパ活するなら○○!(某マッチングアプリ)」と書かれた巨大な看板広告も都心随所に登場。世間の認知度が日に日に増しているなか、「私もパパ活やりたい!」という“パパ活希望女子”も増え続けている。 ◆パパ活を始めても、全然稼げない女たち 「私も今年に入ってからマッチングアプリでパパを探し始めました。パパ活やってるコは前から大学にそこそこいたけど、派手なグループのコたちだったし『私には縁がないかな』ってずっと思ってたんです。でも、昨年末ごろから一番仲が良い友達までもがパパ活を始めて、『何度か食事に行ったらコレ買ってもらっちゃった~』ってブランドモノのピアスを見せびらかされて……。『えっズルい! やっぱ私もやる!』ってすぐにアプリに登録しました。(笑)」  そう語るのは、都内有名私大に通うアミさん(21)。友人に負けじとパパ活を始めてみたものの、いまだにブランドモノを買ってくれるような羽振りのいいパパとは一度も巡り合えていないという。 「食事に1回行って1万円もらえるかどうか。5000円のときもありました。『ホテル行ってくれ...more
カテゴリー:

若者に流行った「大麻リキッド」とは?「会社で吸ったこともある」 - 06月22日(金)08:52 

昨年1年間の大麻事件の摘発者が過去最多の3000人を超えた。警察庁の意識調査によれば、摘発者のうち大麻に危険性があると答えたのはわずかに約3割。カジュアルな気持ちで大麻に手を出してしまう若者たちの実態にせまる。 ◆「大麻リキッド×電子タバコ」若年層でのブームは終了?  近年、大麻ユーザーの間で話題となっているのが、電子タバコ「ベイプ」で吸う大麻リキッド。外見は普通の電子タバコで、大麻草に比べて臭いも薄く、急速に普及した。 「居酒屋で飲みながら吸うのが好きなんです。周りには『いつもより酔ってる?』と聞かれる程度で、全然バレない。会社の喫煙所で吸ったこともあるぐらいです(笑)」  悪びれる様子もなくこう語るのは、一昨年大麻リキッドを吸い始めたという緒方良雄さん(仮名・29歳)。しかし、若年層でのブームは終焉を迎えつつあるんだとか。 「大麻リキッドの値段は1g3万円程度で、コスパは悪くないんです。ただ、まとめて8~10gぐらいしか買えないので、割高に感じる。あと、はやりすぎて品薄になったのか、最近はプッシャーに聞いても『ない』と断られることも増えました。もっとお金があれば手に入るのかもしれませんけど」  そう目を細めながら、「給料上がらないかな……」とぼやく緒方さん。現在はタバコの巻き紙を使って大麻草を吸っているそうだ。言うまでもないが、大麻所持は大麻取締法違反となり、5年...more
カテゴリー:

坂井一郎「泣いてもうた!」新曲ライブで完全復活 - 06月21日(木)18:59 

 歌手の坂井一郎(56)が21日、大阪市内で、新曲「男の日記帳」発売記念のスペシャルライブを行った。  一昨年に患った大病からの復帰となる舞台だったが、元気な姿をファンの前で披露。笑いあり涙ありのステージで、完全復活を印象づけた。  終…
カテゴリー:

田中圭、ブロス最新号で表紙&ムダにいい体を公開 異例の発売前増刷決定 - 06月21日(木)13:52 

 俳優の田中圭が、あさって23日発売のテレビ情報誌『TV Bros.』2018年8月号の表紙を飾ることがわかった。今月2日に最終回を迎えた主演ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)が“この春いちばんピュアな恋愛ドラマ”として大きな話題を呼び、一昨年12月に発売された写真集『田中圭 PHOTOBOOK「KNOWS」』は、発売から約1年半を経て2度目の重版が決定。“おっさんずロス”の声も広がる中、同誌では「気になりすぎて眠れない! 完全保存版 いまこそ、田中圭」として全18ページにわたって大々的に特集。注文が殺到しているため、異例の発売前増刷を決定するなど、発売前から注目を集めている。 【写真集カット】洋服を着たままお風呂に入る田中圭  特集では、田中が現在の正直な心境を語った1万5000字にも及ぶロングインタビュー、「ムダにいい体」を惜しげもなく披露するグラビアを掲載。また、クランクアップまでに再度密着した「『おっさんずラブ』にまだまだ恋してる」コーナーでは、吉田鋼太郎のコメントやライター・横川良明氏のコラムを掲載。これまでの活動を振り返り、俳優としての魅力を考察する企画や、ゆかりのある白井晃、ko-dai(ソナーポケット)、鈴木おさむ、徳尾浩司、大九明子からの「田中圭にまつわる5つの証言」など、盛りだくさんの内容となっている。  そのほかにも「サカナクション山口一郎が語る音...more
カテゴリー:

25年とあの人気男優が共通項!今夏復活の『ツイン・ピークス』『X-ファイル』 - 06月22日(金)17:00 

近年、人気の海外ドラマが続々復活を遂げている。昨年『24 -TWENTY FOUR-』と『プリズン・ブレイク』が復活してファンを沸き立たせたのは記憶に新しいが、この夏は二大ミステリー作品がよみがえる。【関連記事】『ツイン・ピークス』新作を引っさげて来日のカイル・マクラクランに直撃インタビュー!まず7月4日(水)にリリースされるのは、日本でも社会現象を巻き起こした『ツイン・ピークス』の最新作『ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ』。鬼才デイヴィッド・リンチが引き続き手掛けた本作は、オリジナルシリーズの最終回でローラ・パーマーがクーパー捜査官に「25年後に会いましょう」と告げた、まさにその25年後の世界を描いている。一つの完成された脚本を元に編集により全18章に構成された本作は、その独創的な世界と衝撃的な映像表現でツイン・ピークス・ワールド全開だ。クーパー役のカイル・マクラクランをはじめとしたオリジナルキャストが多数再登場するほか、ローラ・ダーン、アマンダ・セイフライド、ナオミ・ワッツらが新たに加わり、総勢200人を超える豪華な出演者も必見だ。続いて7月18日(水)よりリリースとなるのは『X-ファイル 2018』。一昨年に完全復活するや否や世界記録を樹立した『X-ファイル』シリーズの最新シーズンだ。前シーズンからの続編となるエピソードと、一話完結型のバラエティに富んだエピソ...more
カテゴリー:

「パパ活始めたけど全然稼げない…」パパ活女子が増えすぎてパパ争奪戦が加熱 - 06月22日(金)15:51 

 若い女性が経済的に余裕のある男性(パパ)を見つけ出し、食事やデートをすることで金銭的援助を受ける「パパ活」。その関係が“一線”を越えることもあるためグレーな存在として一昨年ごろからネット上で散見されたワードだが、昨年に […]
カテゴリー:

【脱力タイムズ・リレーインタビューVol.8】有田哲平、キャスターとしての心得 相方・上田晋也とのコンビ仲の秘けつも公開 - 06月22日(金)06:00 

 お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平がMCを務めるフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)が、今春から4年目に突入している。メインMCのアリタ哲平(有田)を筆頭に、同局の小澤陽子アナウンサー、全力解説員、ゲストコメンテーターが“報道番組”という枠組みを使って見せるドタバタ劇。お笑いファンから熱視線を集める人気番組の魅力を探るため、ORICON NEWSでは出演者やスタッフへインタビューを行い、リレー形式で毎週掲載していく。 【写真】きょう22日のゲストはノンスタ井上&大原櫻子  ラストを飾るのは、MCとして番組の舵を取る有田哲平(47)。キャスターとしての説得力を醸し出す一方で、いきなりはしごを外して思わぬ方向へと番組を進めていく“破壊と創造”で笑いを生み出す有田に、“キャスター”としての心得、常に番組の鮮度を保ち続けるための工夫、さらには高校時代からの付き合いである相方・上田晋也(48)とのコンビ仲の秘けつまで語り尽くしてもらった。 ■4年目突入に本音「こんなに続くとは…」 報道番組の“研究”で気付いたこと  もちろん、まだまだ続けていきたい番組なんですが、正直なことを言わせていただくと、こんなに続くとは思っていませんでした。どう考えても、番組と番組のつなぎとしか考えてなかったものですから(笑)。もちろん一生懸命やっていましたけど、訳...more
カテゴリー:

芸人・永野の違和感を斎藤工&金子ノブアキが長編映画化 タイトルは『万力』 - 06月21日(木)18:16 

 俳優で映画監督としても活躍する斎藤工、芸人の永野、ミュージシャン・俳優の金子ノブアキ、映像ディレクターの清水康彦氏が21日、都内で行われたアジア最大級の国際短編映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018』(略称:SSFF & ASIA)のスペシャルイベント「チーム万力presents ショートフィルムの未来地図」トークセッションに参加。完全自主制作したショートフィルム3本を初公開した後、来年公開予定でオリジナル長編映画『万力』を制作することが発表された。 【写真】オリジナル長編映画『万力』に出演する斎藤工  この日初公開されたオリジナルショートフィルムは、永野のコント「イカになった先生」を原案に制作された『LOHAS』、同じく「焼きそばしかないキャバクラ」を原案に制作された『ZERO-焼きそばしかないキャバクラ』、素人の青年・宮本から発想し制作された『宮本』の3本。さらに、一昨年発売された永野のDVDに収録されている斎藤と金子が友情出演している映像作品「手から光を出す魚屋さん」も特別に上映された。  永野は自身のコントがショートフィルムになったことについて「衝動的というか、感覚って言うと、みんなから笑われちゃうんですけど、本当にそういうものを表現するにはショートフィルムがちょうどいいなということは感じましたね」としみじみ。斎藤も「永野さんがおっしゃったよ...more
カテゴリー:

【インド】ガンジーもタージマハルも… インドで進む歴史書き換え - 06月21日(木)05:47  newsplus

インドのモディ首相が就任して4年。この間、自国の歴史の書き換えが進んでいる。ヒンドゥー教徒以外はインド人ではないとの考えに傾き、神話と史実を混同する。イスラム教徒など少数者に対する排外意識を強めかねない。(ニューデリー=奈良部健)  インド西部ラジャスタン州で一昨年、公立校の社会科教科書から初代首相ネールの記述が削除された。建国の父、ガンジーの暗殺も触れられていない。  「ガンジーとネールは最も時間をかけて教わったものです。子どもたちにしっかり学んでほしいのですが」と同州アジュメールの主婦ミ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「一昨年」の画像

もっと見る

「一昨年」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる