「一場面」とは?

関連ニュース

志尊淳、丸山桂里奈にアゴクイ! 丸山デレデレ「上手ですね」 - 06月16日(土)18:23 

 俳優の志尊淳が、16日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系/毎週土曜12時)に出演。志尊の“アゴクイ”に女性陣が大興奮した。【写真】志尊がアゴクイ、映画『先輩と彼女』の一場面 番組ではまず「アゴクイは志尊淳が流行らせた?」という噂が紹介された。一同どよめく中、志尊は「これはいろいろありまして…」と切り出し、「アゴクイという言葉が流行ったときに、ちょうどその年にアゴクイをやった作品が僕の作品だったんですよ」と説明した。 つまりアゴクイをするシチュエーションが描かれた作品はあったが、ちょうどブームのピークだったときに、志尊の映画が公開されたため、その象徴として言われるようになったという。志尊は続けて、「僕が主役でやった『先輩と彼女』っていう映画でアゴクイをやっていたので、その映像が流行語のときとかに使われていたという…」とも語った。 司会の久本雅美が、「だからアゴクイ王子と呼ばれていたんだね」と言うと志尊は、周囲からは「アゴクイの人、アゴクイの人」と呼ばれていたとも告白。さらにテレビに出演すれば「アゴクイお願いします」と何度も求められていたとも振り返った。 ここで、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧とアゴクイ対決をすることに。同じくゲストで来ていた元なでしこジャパン・丸山桂里奈を相手に、自分なりに考えたセリフで披露した。伊野尾はBGMが鳴り出すと、いきなり彼女のアゴをつかみ、...more
カテゴリー:

【クールビズ反対】 ネクタイ産地が動画製作 富士吉田商議所 - 06月11日(月)21:11  newsplus

https://mainichi.jp/articles/20180612/k00/00m/040/046000c クールビズ反対 ネクタイ産地が動画製作 富士吉田商議所 毎日新聞 2018年6月11日 19時20分(最終更新 6月11日 19時22分)  富士吉田商工会議所(堀内光一郎会頭)が伝統産業である織物業をPRするユニークな動画を製作した。山梨はネクタイの生産が日本一。しかし、初夏から秋にかけて軽装を促す「クールビズ」を取り入れている官公庁や企業が増えていることから、PR動画で「クールビズ反対」を訴えている。  富士吉田市のキャッチフレーズは「織物と観光のまち...
»続きを読む
カテゴリー:

【インタビュー】「生中継!第72回トニー賞授賞式」井上芳雄「よくも毎年こんなに魅力的な作品が生まれるな」 - 06月08日(金)17:09 

 映画界のアカデミー賞に匹敵する、演劇・ミュージカル界の最高峰のタイトル、トニー賞。ブロードウェーで上演された舞台作品に贈られ、世界が注目する賞の授賞式が、今年もWOWOWで生中継される(6月11日(月)午前8時~午後1時)。日本のスタジオから、井上芳雄がその模様をナビゲートする。  「初めてトニー賞の授賞式の中継に関わらせてもらったのが4年前。番組に関わらせてもらうようになって感じるのは、よくも毎年こんなに魅力的な作品が生まれるなということ。次々と生まれてくる新しい才能と、手を変え品を変えの斬新な視点やアイデアに驚かされます」  ノミネートされた作品の一場面が舞台上で披露されるなど、単なる授賞式ではなくショーとしても楽しめる演出となっている。  「日本にとどまらず、世界中で中継されていますから、ノミネートされた側にとっても、ここでパフォーマンスができるというのは、とても誇らしんですね。ワンシーンへの気合と熱量はすごいですし、見ているだけで楽しいです。今年でいえば、『アナと雪の女王』のミュージカルのような大バジェットで作られた大作がある一方で、何年もトライアウト(試演)を重ねて、ようやくオン・ブロードウェーに上がってきた作品があったり、『マイ・フェア・レディ』のような名作のリバイバルもある。番組では、授賞式の合間にそれぞれの作品の背景を紹介しているんですが、そういう事前情報を...more
カテゴリー:

【夏休み】教育関係者が選ぶ、親子社会科見学のすゝめ「観光地編」 - 06月14日(木)16:15 

 2018年の夏休みまであと少し。家族旅行や帰省の予定でいっぱいの家庭も多いだろう。長期休暇は、普段は行けないエリアまで足を伸ばすチャンス。せっかくなら、子どもの学びを豊かにする旅を計画したいものだ。 教育・受験情報サイトの「リセマム」は、大学教授、学校教諭、塾・予備校やその講師、教育業界関係者の協力を受け、教育関係者オススメの子どもの学びに役立つ「観光地」や観光名所をリストアップした。まだ行ったことがない場所はもちろん、すでに見たことがある場合も、見学のポイントや保護者の「声かけ」ポイントをおさえ、再訪してみたくなること請け合いだ。 教育関係者への質問事項および回答は、(1)その観光地を選んだ理由、(2)学びに生かせる見学のポイント・見どころ、(3)保護者の「声がけ」のヒント、(4)事前学習に役立つヒント・教材の4つ。特に(3)については、実際に現地を回りながら子どもにかけるとよい質問やアドバイスをまとめてもらった。なかには中学受験や高校受験、大学受験で頻出のエリア・キーワードもあるため、受験を考える親子にはぜひ、活用していただきたい。 なお、オススメ観光地の対象はおもに小学3年生以上を想定している。ただし、子どもの興味関心は無限大。学年や年齢にこだわらず、自由な発想で旅行計画を立てていただければ幸いだ。教育関係者がオススメ!親子で行きたい夏休み社会科見学「観光地」編 目次◆皇居...more
カテゴリー:

【ドラマ】半分、青い。:“恋愛ドラマの神様”の真骨頂? 「容赦ない筆致」で視聴者を翻弄 - 06月09日(土)08:37  mnewsplus

2018年06月09日 半分、青い。:“恋愛ドラマの神様”の真骨頂? 「容赦ない筆致」で視聴者を翻弄  永野芽郁さん主演のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」は、第9週「会いたい!」から第10週「息がしたい!」にかけ、鈴愛(永野さん)、律(佐藤健さん)、正人(中村倫也さん)、清(古畑星夏さん)による恋愛模様が描かれた。「朝ドラに恋愛要素はいらない」などの意見がある中、6日放送の第57回では平均視聴率21.9%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)と番組最高を記録。この2週は“恋愛ドラマの神様”の異名も持つ脚...
»続きを読む
カテゴリー:

基地があるがゆえの歪みや苦悩 沖縄の山城さん映画作品「土の人」 世界で大絶賛 - 06月01日(金)10:36  news

美しいユリ畑のあちこちから伸びる土にまみれた手。印象的です。 世界各地の映画祭で今、絶賛されている県出身の女性監督の映画「土の人」の一場面です。 作品では、基地問題にさらされ続ける沖縄の今が象徴的に描かれていました。 沖縄戦などの記録フィルムに似合わない音楽と戦争を想像させる抽象的な場面が続く短編映画「土の人」。 監督したのは那覇市出身の美術家で映像作家の山城知佳子さん(42)。 今月8日、60年余りの歴史を誇るドイツの「オーバーハウゼン国際短編映画祭」で、女性監督に贈られる「ゾンタ賞」を受賞...
»続きを読む
カテゴリー:

「一場面」の画像

もっと見る

「一場面」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる