「一個人」とは?

関連ニュース

国民民主・柚木「じゃあお前らが国会議員やってみろよ!」 ネット民の「膿はお前」という指摘に発狂 - 05月26日(土)16:10  news

「そもそも膿のもとは総理ご自身」野党が追及強める(2018/05/24 18:47) http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000127973.html  国民民主党・柚木衆院議員:「安倍総理は膿(うみ)をすべて出し切ると言われましたが、そもそも膿のもとは安倍総理ご自身ではないでしょうか。 文書改ざんの目的が『昭恵夫人隠し』、つまりは『安倍総理隠し』であることがより鮮明となりました」 柚木みちよし@yunoki_m 衆議院本会議での趣旨説明の場面が報道されています。日大監督・コーチ会見が国民の批判を受けてるのは、選...
»続きを読む
カテゴリー:

【パヨク画報】立民と国民「法的処置も辞さず」 加戸前愛媛県知事「受けて立つ」 - 05月25日(金)13:44  news

夕刊フジ報道部 @yukanfuji_hodo 「一個人の言論を封鎖するのは、マンガです」。法的措置も辞さずとする野党に、 加戸前愛媛県知事が「受けて立つ」の気骨。 【関連スレ】 【加計】立憲民主と国民民主、加戸守行前愛媛知事に法的措置検討 「献金契機にブレーキ」発言 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1527158445/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

ジェーン・スー、父との関係を書籍化したわけ ラジオでの大活躍も謙そん「まだまだ、つかめてない」 - 05月18日(金)08:00 

 作詞家、コラムニスト、ラジオパーソナリティー…“生粋の日本人”であるジェーン・スーの肩書きは実に多彩だ。これまで、いろんな事象に的確に言葉を当てはめてきた彼女が次のテーマに選んだのは、自身の“家族”について。笑ったり、しんみりしたり、ほっこりしたり…読み手をいろんな感情にさせる書籍『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮社)をきょう18日に発売するジェーン・スーに、執筆のきっかけや自身の活動などを聞いた。 【写真】ジェーン・スーと鶴瓶の対談が実現 ■家族をテーマに書いたわけ 連載時の原稿料は「全部、父にダイレクト」  20代前半で母を亡くしてから、一時は絶縁寸前までいった父との関係を描いた同作。このタイミングで筆を取った理由をたずねた。「実際に書く仕事をしてみると、エッセイでは特に自分自身のことを振り返ることが多くなってきます。そうすると、私の人生の中で母が亡くなったことはどうしても避けられない事実で、その後の父親との関係の再構築は非常に大きなテーマでもあり、ここは避けて通れないというのはありました。『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』を書いた時に、父との関係も書いたのですが『あそこが面白かった』と言っていただくことが多くて、やっぱり父親との向き合ったものを私自身の棚おろしとしても書いた方がいいだろうなと考えていました。それで『波』での連載のお話をいただいた時に、機が熟したん...more
カテゴリー:

日大に薄い危機感=真相解明に主体性なし-アメフット - 05月25日(金)21:19 

 社会問題となったアメフットの危険行為から20日近く。日大の大塚吉兵衛学長が大学の責任者として初めて謝罪したが、危機感はいまひとつ伝わってこなかった。 焦点となっているのは、明確にけがをさせる意図で反則プレーの指示があったか否か。選手と指導者の主張が食い違うことの見解を問われた学長は、調査を第三者委員会に任せる方針を強調し、「現時点で日大の見解と言われても困る」。大学として主体的に真相を解明することを、放棄したと言ったに等しい。 24日にはスポーツ庁と文部科学省が日大関係者に事情を聴取。25日午前には林芳正文科相が「大学が責任を持って対応する必要がある」と述べた。このタイミングでの学長会見は、国が乗り出した異例の事態に申し開きをしただけだった。 内田前監督らの一連の対応は遅く、釈明会見は批判を浴びた。学長は「(当初は)部と部の問題だと考えた」と言ったが、大阪府警に被害届が出された21日になっても、大学としての対応はなし。反則行為をした日大選手は一個人として顔を出し、22日に記者会見を開くしかなかった。 日大トップで、大きな影響力を持つ田中英寿理事長が記者会見を開くべきではとの質問に、学長は「学生運動部の統括が私。理事長の対応は考えていない」。肝心の第三者委のメンバーも決まっていないという。関学大が納得するような道筋は全く見えない。 [時事通信社]
カテゴリー:

21世紀初頭に「人々のライフログを収集する」計画が軍によって進められていた - 05月24日(木)07:30 

Facebookのユーザーデータがコンサルティング企業であるケンブリッジ・アナリティカに利用されていた事態を受けて、SNS上にユーザーが投稿してきたデータが収集されれば、「一個人の詳細なライフログ(人生の記録)」が入手できてしまうのではないかと危険視する人も現れています。そんな中、「アメリカの国防高等研究計画局(DARPA)は21世紀初頭に全人類のライフログを収集する計画を進めていた」と報じられています。続きを読む...
カテゴリー:

「予期せぬ悪いことは誰にでも起こり得る」 若き経営者がダブルキャリアを推奨する理由 - 05月14日(月)18:00 

どんな業種でも「楽しんで仕事をしている人」と「楽しみを感じず仕事をしている人」がいる。それは給料の多寡、企業のブランドや知名度、年代や経験年数にかかわらない。では「楽しく仕事をする」ためには、一体何が必要なのか。そもそも仕事における「楽しさ」とはなんなのか。これは、社会人一年目から企業経営者に至るまで、働く人すべてに共通するテーマだろう。多くの社会人や経営者がその答えを出せない中、徳島県・香川県の地方エリアでシンプルなデザイン住宅の販売などの不動産事業を展開する株式会社プラザセレクトは、その答えを出し、社員も経営者も楽しみながら仕事をしているという。しかも、同社は創業1年で社員1人当たり1億円以上の売上を出すという高い成果も上げている。そんな株式会社プラザセレクトの代表取締役社長であり、『楽しく生きよう よく遊び よく働け 想いを形にする仕事術』(現代書林刊)を上梓した三谷浩之氏にお話をうかがった。インタビュー後編となる今回は、三谷氏に経営者の立場から楽しく仕事をするために必要な考え方や姿勢についてお聞きした。(取材・文:大村佑介)――本書は、「一人のビジネスパーソン」「経営者やリーダー」という二つの視点から仕事についての考え方が書かれていますが、どちらにも欠かせない仕事に対する姿勢として、もっとも大切なものは何だとお考えですか?三谷浩之氏(以下、三谷):誠実さです。ここでいう「誠...more
カテゴリー:

「一個人」の画像

もっと見る

「一個人」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる