「一人称」とは?

関連ニュース

幼い子に病名を告知する? 難病の子たちのリアルを撮った女性監督にインタビュー - 07月14日(土)15:45 

 命に関わる大病を患いながらも明るく懸命に生きる子どもたちの姿を追ったドキュメンタリー『子どもが教えてくれたこと』が公開中です。  監督は、自身の娘を病で失った経験を持つジャーナリストのアンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン。娘との日々を綴った本『濡れた砂の上の小さな足』(講談社)は世界でベストセラーを記録しています。本作でも高い評価を得ているアンヌ監督に話を聞きました。 ◆子どもたちに発言権を与えたかった ――子どもたちの元気いっぱいの愛らしい笑顔と、達観したような姿、両極端な姿が印象的でした。 監督:そうしたコントラストにビックリされる方が多いと思いますが、子どもというのは大抵がそういうものなんです。すごく軽やかな部分とシリアスな部分の両面を持っています。そして本作の子どもたちは、人生がそんなに簡単じゃないことを特に分かっている。でも同時に人生を愛することができる。無邪気というよりも、悩まず無頓着になれる瞬間があるというのが、子どもたちの特徴かなと思います。 ――監督ご自身、娘さんを病気で亡くされ、本を出されています。今回、ドキュメンタリー映画として世に出そうと思ったのはなぜですか? 監督:映画にすることは、子どもたちに発言権を与える唯一の方法であり、重要なことでした。自分の体験については、一人称の形で本を出しています。私という存在を消して子どもたちに発言権を与えることがで...more
カテゴリー:

「今、最もチケットの取れない講談師」神田松之丞が落語ではなく講談の道を選んだ理由 - 07月10日(火)15:54 

「今、最もチケットの取れない講談師」と呼び声も高い神田松之丞の周辺がにわかに騒がしくなってきた。『ENGEIグランドスラム』や『ダウンタウンなう』など人気番組への出演で世間の知名度が急上昇。アニメ『ひそねとまそたん』『未来のミライ』では声優に挑戦し、今月20日には著書『神田松之丞講談入門』を刊行する。かつて「演芸会の絶滅危惧種」とも称されていた“講談”。その若き担い手に、熱い注目が集まる理由を探ってみた。  取材当日、インタビューの前の口演は、右手の張はり扇おうぎで釈しゃく台だい(机)をパンパンと叩きながら、3席を披露。圧巻、の一言だった。 ――1席目は大いに笑わされたんですが、2席目と3席目はどちらも「義理」をテーマに据えたシリアスな時代モノでした。実は、こちらが講談の本質なんでしょうか? 松之丞:そうですね。3席目の「赤穂義士伝より『天野屋利兵衛(あまのやりへえ)』」は、いわゆる忠臣蔵の話でしたが、赤穂義士は「四十七士」、四十七人が吉良邸討ち入りに行ったわけですよね。でも、もともと浅野家の家臣は三百人ぐらいいたらしいんです。残りの二百五十何人は、人間ってやっぱり弱いですからね、逃げちゃったんですよ。講談と落語の違いはってよく聞かれるんですが、討ち入りに行ったほう、つまり自分の義とか信念を貫くような人間が、講談の主人公になるんです。逃げちゃったほう、本来なら主人公になり得な...more
カテゴリー:

【PCゲーム極☆道】第二十三回:『Hot Lava』ストレイフができれば君はヒーローだった?ノスタルジーに浸れる一人称ジャンプアクション - 07月08日(日)16:44 

ノスタルジーに浸れる一人称ジャンプアクション あなたのまだ知らないであろうPCゲームの世界を紹介する「PCゲーム極☆道」。今回紹介するのはカナダ・バンクーバーに拠点を置くインディゲームデベロッパーKlei Entertainmentが開発中の作品。
カテゴリー:

DeepMind人工智能攻克围棋后 又学会了《雷神之锤》 - 07月04日(水)21:51 

  新浪科技讯 北京时间7月4日晚间消息,谷歌旗下人工智能部门DeepMind两年前凭借人工智能程序AlphaGo战胜世界围棋冠军而一举成名,如今,该部门开发的人工智能程序又学会了第一人称3D游戏《雷神之锤》(Quake)。   DeepMind是谷歌2014年以4亿英镑(约合4.97亿美元)收购的人工智....
カテゴリー:

『返校』のRed Candle Gamesによる新作一人称サイコホラー『還願 DEVOTION』のティーザートレーラーが公開 - 07月02日(月)19:13 

「家」にまつわるストーリー 台湾のRed Candle Gamesの『返校 Detention』に続く新作、『還願 DEVOTION』のティーザートレーラーが公開された。 本作は80年代の台湾をイメージしたアートスタイルや土着の宗教などにインスパイアされた儀式的なサウンドトラックを特色としている、一人称視点のサイコホラーだ。 80年代、台湾、古びたアパートの一室に暮らす3人の家族。突如悪夢のような空間に変貌した幸せでいっぱいだったはずの家。プレイヤーはそんな空間を探索、パズルを解き明かしながら謎の真相へと深く深く近づいていく。 「還願」、「Devotion」は礼拝などを意味する語。詳しいストーリーやゲームプレイなどは未だ明かされていないが、宗教的な要素がストーリーに深く関わってくることは間違いないだろう。『返校』で見せてくれたようなあのアジアンカルトな雰囲気がまた楽しめそうだ。 前作『返校』。 サイドビューのポイントアンドクリックスタイルだった前作とは打って変わって一人称視点のサイコホラーとなる本作。前作の雰囲気や演出が素晴らしかっただけに、この視点ならではの演出なども期待したいところである。前作のレビューはこちら。 具体的な発売日やプラットフォームなどは今のところ不明。続報が楽しみな一作だ。公式サイトはこちら。 ...
カテゴリー:

マイクロドローンによるHD撮影がアーティストのMVで初の実用化 見たらやっぱり凄かった! - 07月13日(金)14:30 

ガジェット通信では以前、マイクロドローンを使ってHD撮影を実現したテスト映像を紹介しました。 撮影手法に革新をもたらすマイクロドローン映像が凄い! 30gの機体で見たことのないカメラワークを実現 http://getnews.jp/archives/2034706 本格的な実用化に注目が集まっていましたが、ボーカル&ダンスグループJ☆DeeʻZ(ジェイディーズ)のミュージックビデオで、このマイクロドローンを使った撮影を実施。MVでは世界初となるマイクロドローンの起用が実現しました。 未来飛行 / J☆Dee’Z(ジェイディーズ) https://youtu.be/2dceR6Ya79w 公開されたのは、7月25日リリースのシングル『未来飛行』のMV。冒頭、FPVカメラを搭載した縦横110mmほどの超小型ドローンが、校舎の窓から教室へと入っていきます。メンバーの一人が飛ばした紙飛行機の一人称視点を表現しているんですね。 廊下に出て移動するシーンでは、メンバーの顔の近くを飛行したり、わずかなスキマを難なくすり抜けたり、マイクロドローンならではの映像を提供。 エモーショナルなダンスパフォーマンスで注目を集める平均年齢17歳の3人組と、マイクロドローンによる撮影技法が見事に融合し、ダイナミックで新鮮な映像を実現。テスト映像の実績を活かしつつ、さらにグレードアップした内容となっています...more
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】筒井康隆のシャバドゥビから、宇宙駆ける仏寺スペースオペラまで - 07月10日(火)12:43 

 年刊日本SF傑作選の十一冊目。  ぼくがこのアンソロジーを楽しみにしている理由のひとつ(もっとも大きなひとつ)は、ジャンル作品以外の「こんな小説を書くひとがいたんだ!」という出逢いだ。本書のなかでは「山の同窓会」を書いた彩瀬まる。  ありふれた同窓会の雰囲気だが、はしばしに異様な言葉があらわれる。「クラスでまだ一回も卵をつくっていないのは、ニウラを入れて三人だって」「より衰弱の進んだひと、より山に還る日が近い人ほど美しく見える」「乳母とは、大体一クラスに一人ぐらいの確率で生まれる卵の世話係のことだ」......。読み進むうちに、この世界と異なった生殖システムのうえに築かれた社会だとわかってくる。男女の性意識も異なっており、ひとことでいえば穏やかだ。しかし、だから平穏とも限らない。この作中世界ではほとんどの女性は卵をつくる本能を備えているが、主人公のニウラはそれがない。また、乳母でもない(乳母は乳腺が発達する)。まわりはそれを不思議に思ってそう口にするが、この世界ではそれがハラスメントというわけでもない。ただ、ニウラ自身は、三回の卵を産み終えてこの世を去って行く友だちを見送る、そこはかとない寂寥感がある。しかし、その感情が直接に描かれるわけではなく、たんたんとした叙述のなかに立ちのぼるのだ。この文章が非常にうまい。さらに興味深いのは、先述したように乳母になる者のほか、わずかながら海...more
カテゴリー:

日本の田舎を描いた『NOSTALGIC TRAIN』開発者は、海外AAAタイトル制作に参加する背景クリエイターだった──風景に“意味”を込める極意を聞く - 07月06日(金)11:38 

日本の田舎を描いた『NOSTALGIC TRAIN』開発者は、海外AAAタイトル制作に参加する背景クリエイターだった──風景に“意味”を込める極意を聞く今年5月、トレイラーが公開されるやいなや、郷愁を誘う日本の田園風景が注目を集め、国内で大きな反響を呼んだ『NOSTALGIC TRAIN』。 ゲームエンジン「Unreal Engine 4」で開発された同作は、“夏霧”と呼ばれる無人の村を探索する、幻想的な一人称視点アドベンチャーゲームであり、ウォーキングシミュレーターだ。 6月13...
カテゴリー:

「七夕さよなら、またいつか」長濱ねるインタビュー 「カメラの奥に誰かがいると思って演じています」 - 07月04日(水)05:00 

日本テレビでは、欅坂46・長濱ねるが主演を務めるドラマ「七夕さよなら、またいつか」(夜1:05-1:35ほか)を、7月7日(土)、14日(土)の二週にわたり放送する。 【写真を見る】長濱ねるとの「疑似デート体験」に、ファンならずとももん絶必至!?/(C)NTV 本作は、遠距離恋愛がテーマの「究極のバーチャルリアリティ恋愛ドラマ」。「願い」や「約束」といった七夕らしいモチーフを踏まえた切ない恋物語を、脚本家・鈴木おさむが描いていく。 本作の最大の特徴は、ヒロイン・ねる(長濱)と付き合う「先輩」の一人称視点で物語が進行していく点。視聴者は「先輩」として、ねるとのデートなどを疑似体験できる内容となっている。 また、7月7日(土)開催の「LIVE MONSTER LIVE」にて、ドラマと連動したスペシャル企画も実施。けやき坂46(ひらがなけやき)のライブに長濱がゲストとして参加し、一夜限りのスペシャルパフォーマンスを披露する。 今回、本作で主演を務める長濱にインタビューを敢行。自身の役柄や撮影の様子だけでなく、「LIVE MONSTER LIVE」に向けての意気込みなどを語ってもらった。 ■ 「違う自分になっているという感覚はあまりないかも」 ――今回はお一人で演じるシーンが多いですが、実際に演じられてみていかがでしょうか? ドラマを一人でやらせていただくは今回が初めてで。以前はメンバーと...more
カテゴリー:

再現不可能だと思う巻き髪女子キャラランキング - 07月02日(月)11:30 

創作作品で特に現実とは違って特色を出しやすい髪型。さまざまなカラーリングもそうですが、中には完全に物理法則を無視したような髪型まで存在していますね。 まるでドリルのようなボリュームがあったり、螺旋階段のようにきれいな巻き髪だったり、現実では到底実現できないような髪型もちらほら。 そこで今回は「再現不可能だと思う巻き髪女子キャラ」をアンケート、ランキングにしてみました。 1位 竜崎麗香(お蝶夫人) 2位 巴マミ 3位 ベアトリス ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『エースをねらえ!』の「竜崎麗香(お蝶夫人)」! お嬢様キャラの雛形にもなっている、『エースをねらえ!』の「竜崎麗香(お蝶夫人)」が堂々の1位に輝きました。 作中でちょいちょい髪型が変わっているのですが、基本的には非常にボリューミーな縦巻きロールが何本も連なっているように見える髪型をしており、多い時は6本以上の極太縦巻きロールをなびかせながら美しいテニスプレイを見せていますね。 一人称の「わたくし」や「よくってよ」など、独特な気品を感じさせる言葉遣いや雰囲気が非常に印象的で、この雰囲気と縦巻きロールをオマージュして作られた他作品キャラクターも少なくないほど魅力的なキャラクターです。 2位は『魔法少女まどか☆マギカ』の「巴マミ」! 衝撃シーンでおなじみ、『魔法少女まどか☆マギカ』の「巴マミ」が2位を獲得しま...more
カテゴリー:

もっと見る

「一人称」の画像

もっと見る

「一人称」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる