「ワールドプレミア」とは?

関連ニュース

ホンダさん シビックタイプR(450万円)が売れなかったので安物モデルを追加へ もうN-BOXタイプR作れよ - 07月19日(木)06:28  poverty

ホンダが誇る高性能ハッチバック『シビック タイプR』をベースとした謎のプロトタイプ2台をキャッチした。 まずレッドボディのプロトタイプだが、現行タイプRと同じフロントバンパー、ブレンボ製ブレーキ、リアには、センター出しトリプル・エキゾーストパイプが見て取れる。 フロントグリルには「タイプR」エンブレムも確認できる。注目すべきはコンパクトなリアウィングが装着されていることだ。これは3万ドル以下で 発売されると噂される、廉価モデルの可能性が高い。 続いてホワイトボディのプロトタイプだ。こちらは、偽装...
»続きを読む
カテゴリー:

トム・クルーズが23度目の来日!「6週間で現場に戻った」骨折の裏話を披露 - 07月18日(水)13:19 

シリーズ全世界累計興行収入3000億円を超える人気スパイ・アクションシリーズの6作目『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が8月3日(金)に公開されるのに先がけて、トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督の4名が来日。18日、都内で記者会見を行った。 【写真を見る】命がけのアクションに挑戦!抜群のチームワークを誇る4人が来日 回を重ねるたびに難易度と激しさが増していくアクションを、トム・クルーズ自らがノースタントで挑むことで大きな話題を集める「ミッション:インポッシブル」シリーズ。本作では高度7620mから降下する“ヘイロージャンプ”や、アクロバティックなヘリコプター操縦、さらには撮影中にトムが骨折をしたことで世界中を騒然とさせたビルジャンプなどのアクションが盛りだくさん。 2年ぶり23度目の来日を果たしたトムは「ハロー!」と笑顔で手を振りながら挨拶すると「日本に戻ってこられて嬉しいよ。まるで家に帰ってきた気分だ」とコメント。命がけの撮影をともに乗り越えた仲間たちと談笑を交えながら会見に臨んだ。 冒頭から、撮影中の骨折について質問されたトムは「壁にぶつかった途端に、折れたなと思ったよ。痛かったけれど、芝居をしなければいけないからカメラの前を全力で走った」と、その瞬間のことを振り返る。そして「6週間で現場に戻ったんだ(笑)」と、これ...more
カテゴリー:

リトグリ ロンドン・ワールドプレミアでABBAと夢の共演が実現!歌声にグラミー賞受賞女優も絶賛!! - 07月18日(水)11:59 

[株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ] 女性5人組ボーカルグループLittle Glee Monster(通称“リトグリ”)が『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』の世界公開を前に、超豪華キャスト陣が集結するワールドプレミアが盛大にジャパン・アン...
カテゴリー:

リトグリのアカペラ「Dancing Queen」をAbbaが称賛 - 07月17日(火)22:39 

映画「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」のジャパンアンバサダーを務めるLittle Glee Monsterが、昨日7月16日にイギリス・ロンドンで開催されたワールドプレミアに出席した。
カテゴリー:

EXILE小林直己主演作「荒野の忍」プチョン映画祭でワールドプレミア上映! - 07月17日(火)18:00 

 「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」の小林直己が主演を務め、「下衆の愛」「獣道」の内田英治監督がメガホンをとった短編映画「荒野の忍 Return of Ninja」が7月15日(現地時間)、韓国・プチョン国際ファンタスティック映画祭2018でワールドプレミア上映された。韓国初訪問となった小林は、2日間にわたって滞在。現地の若手監督や俳優たちと積極的に交流し、上映後には内田監督とともにティーチインに臨んだ。 ・【フォトギャラリー】「荒野の忍 Return of Ninja」  「サムライフ」の監督を務めたことでも知られる森谷雄氏がプロデューサーを務めた「荒野の忍 Return of Ninja」は、内田監督と小林の出会いから製作がスタート。昨年夏、米国での映画撮影に思いを馳せていた内田監督と、英語での演技トレーニングを積んできた小林はすぐに意気投合し、企画発足からわずか1カ月でクランクイン。ロサンゼルス郊外の砂漠で現地スタッフと撮影が行われ、内田監督ならではのシニカルさとコメディセンス、80年代の“アメリカンニンジャ映画”へのオマージュをちりばめた意欲作が生み出された。  ロス郊外の砂漠。B級ニンジャ映画を撮っている映画監督のスティーブンは、「俺はこんな作品に出るような役者じゃない」と主演俳優・ジョニーに嫌味を言われながらも“本物の忍者映画”を撮ろうと撮影...more
カテゴリー:

ホンダ シビックタイプR に安物モデル登場!?これでも十分 謎のプロトタイプ2台を目撃 - 07月19日(木)05:41  news

ホンダが誇る高性能ハッチバック『シビック タイプR』をベースとした謎のプロトタイプ2台をキャッチした。 まずレッドボディのプロトタイプだが、現行タイプRと同じフロントバンパー、ブレンボ製ブレーキ、リアには、センター出しトリプル・エキゾーストパイプが見て取れる。 フロントグリルには「タイプR」エンブレムも確認できる。注目すべきはコンパクトなリアウィングが装着されていることだ。これは3万ドル以下で 発売されると噂される、廉価モデルの可能性が高い。 続いてホワイトボディのプロトタイプだ。こちらは、偽装...
»続きを読む
カテゴリー:

トム・クルーズが来日会見 骨折も笑い話に「人生を映画作りに捧げてる」 - 07月18日(水)12:36 

 米俳優のトム・クルーズ(56)が18日、都内で行われた映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(8月3日公開)の記者会見に出席。約2年ぶりにして、通算23回目の来日を果たし「日本に戻ってこられてうれしい。家に帰ってきた気がしますし、仲間と一緒に『ミッション:インポッシブル』を届けられることをうれしく思う」と笑顔であいさつした。  同作のアクションシーンを撮影中に右足首を骨折し、一時撮影を中断するアクシデントにも見舞われた。当時は全治数ヶ月の重症と診断されたほどだったが「足首をくじいて、骨を折りました。とっても痛かったです」と笑い飛ばすと「壁にぶつかった瞬間に『あ、折れた…』と。しかし芝居上、我慢して立ち上がって、カメラの前を走り抜けた」と回顧。  続けて「病院に行ったら『手術がいらない』と言われて、ひと安心しましたね。保険のカバーが効かないので」とジョークを交えて笑いを誘いつつ「(完治には)9ヶ月くらいかかると言われていたけど、私は6週間で現場に戻りたいと言った。やっぱりちゃんと6週間で現場に戻れて、それから11週間は走りっぱなし。骨折はそのままで痛みも感じていたけどね」と役者魂を垣間見せ、報道陣を驚かせた。  メガホンをとったマッカリー監督も「僕もそれ(骨折したこと)をすぐに分かった。かなり腫れていたからね」と振り返りながら「映画を半分まで撮り終えていたけど、脚...more
カテゴリー:

【音楽】リトグリ、ABBAの前で「ダンシング・クイーン」をアカペラで熱唱 - 07月18日(水)05:21  mnewsplus

2018.7.17 22:21 リトグリ、ABBAの前で「ダンシング・クイーン」をアカペラで熱唱  スウェーデンの男女4人組、ABBAのヒット曲で構成されるミュージカル映画「マンマ・ミーア!」の続編「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」(オル・パーカー監督、8月24日公開)のワールド・プレミアが16日(日本時間17日)、英ロンドンで開催された。  会場には前作に引き続きオリジナルメンバーの米女優メリル・ストリープ(69)ら主要キャストから、製作総指揮の米俳優トム・ハンクス(62)まで、豪華な面々が集結し、1...
»続きを読む
カテゴリー:

お前らの好きな映画を教えてくれ AVは無し - 07月17日(火)18:46  news

https://eiga.com/news/20180717/15/ EXILE小林直己主演作「荒野の忍」プチョン映画祭でワールドプレミア上映! [映画.com ニュース] 「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」の小林直己が主演を務め、「下衆の愛」「獣道」の内田英治監督がメガホンをとった短編映画「荒野の忍 Return of Ninja」が7月15日(現地時間)、韓国・プチョン国際ファンタスティック映画祭2018でワールドプレミア上映された。2018年7月17日 18:00 ...
»続きを読む
カテゴリー:

EXILE小林直己主演作「荒野の忍」プチョン映画祭でワールドプレミア上映! - 07月17日(火)18:00 

「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」の小林直己が主演を務め、「下衆の愛」「獣道」の内田英治監督がメガホンをとった短編映画「荒野の忍 Return of Ninja」が7月15...
カテゴリー:

もっと見る

「ワールドプレミア」の画像

もっと見る

「ワールドプレミア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる