「ワードローブ」とは?

関連ニュース

最高級オーダーメイドクリーニング「WARDROBE TREATMENT」初の関西進出 2018年11月7日(水)より期間限定ポップアップショップを西宮阪急にオープン! - 11月08日(木)12:15 

株式会社ジャパン(所在地:福井県福井市、代表取締役社長:寺前 陽一郎)が展開する最高級オーダーメイドクリーニング「WARDROBE TREATMENT(ワードローブ トリートメント)」(所在地:東京都目黒区青葉台)は、2018年11月7日(水)~2018年11月20日(火)の期間、西宮阪急3F「トゥールナージュ前イベントステージIII」(所在地:兵庫県西宮市)にポップアップショップを開催します。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/170520/...
カテゴリー:

「イケメンなのにダサい男性」にファッション改善を促す一言9パターン - 10月29日(月)09:00 

顔の造りは悪くないのに服装が壊滅的にダサい男性が身近にいたら、なんとも歯がゆい気持ちになってしまうもの。そんな「惜しいイケメン」にファッション改革を促すには、どうやって背中を押してあげるといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『イケメンなのにダサい男性』にファッション改善を促す一言」をご紹介します。 【1】マネキンや広告を指さして「ああいう服を着るとモテるよ」と耳打ちする 「モテるっていうのは効くみたいですね」(20代女性)というように、具体例を示してファッション改革を促すパターンです。一度だと「またまたー」と流されるかもしれないので、くり返し伝えたり、第三者に賛同をもらうなどしてその気にさせましょう。 【2】「イケメンなんだから、もうちょっと頑張れば?」ともったいない感を出す 「イケメンと言われて悪い気がする人はいないはず」(20代女性)というように、素材の良さを指摘してファッション改革を促すパターンです。「メガネを取ったら…」「髪型を変えたら…」と仮定して、誰か芸能人に似ていると言うのも説得力があるでしょう。 【3】「ここを変えればもっとカッコいい」とアイテムの入れ替えや別の着こなしを提案する 「ちょい足しじゃないですけど、ちょっとした努力で見違えるってことを理解させる」(20代女性)というように、意外とオシャレは楽ちんだと教...more
カテゴリー:

《視点》ECでも当たり前 - 11月08日(木)06:23 

 ECでも試着ができる、試着ができて当たり前だという価値観が消費者に浸透していきそうだ。 アマゾンは10月、プライム会員向けの新サービス「プライム・ワードローブ」を開始した。プライム会員はアマゾンで販売しているレデ...
カテゴリー:

「ワードローブ」の画像

もっと見る

「ワードローブ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる