「ワシントンポスト紙」とは?

関連ニュース

サウジ記者は皇太子の「目障り」? 弾圧や改革を批判 - 10月20日(土)22:03 

■サウジ人記者ジャマル・カショギ氏殺害疑惑の背景 カショギ氏は昨夏に渡米し、サウジの言論弾圧や隣国イエメンで続く内戦への介入について、ワシントン・ポスト紙への寄稿などで厳しく批判してきた。 今年5月、…
カテゴリー:

【悲報】欧米の菜食主義者、犬にまでビーガンを強要してしまう - 10月19日(金)23:44  news

 近年欧米でビーガンが増えている。イギリスでは過去10年に360%増え、約54万2千人が新たにビーガンになった。 彼らは肉を家の中に持ち込みたくないと、自身のペットまでビーガンにする傾向がある。 その動きは個人の犬にとどまらず、施設で保護されている犬をビーガンにという動きまでアメリカで出てきている。 ◆ロスの先進性をセールスポイントに  ワシントン・ポスト紙によると、ロサンゼルス市動物衛生委員会で、 市内6つのシェルターで保護する33,000頭の犬を肉食から菜食に変えるべきという提案があった。 このアイデア...
»続きを読む
カテゴリー:

失踪サウジ記者「最後のコラム」掲載 表現の自由を訴え - 10月18日(木)18:08 

 ワシントン・ポスト紙は17日、在トルコのサウジアラビア総領事館で入館後に失踪したサウジ人記者ジャマル・カショギ氏の「最後のコラム」を、同紙のインターネット版に掲載した。5日には、紙面に掲載予定だった…
カテゴリー:

ジャーナリスト不明、サウジ皇太子が拘束指示か - 10月11日(木)14:15 

 サウジアラビア政府を批判してきたジャーナリストがトルコで行方不明になっている問題で、アメリカのワシントン・ポスト紙はアメリカ情報当局からの情報として、サウジアラビアのムハンマド皇太子が拘束を指示していたと報じました。
カテゴリー:

イーロン・マスク、ヤバすぎる 「黄色嫌い。工場で黄色線を禁止」「安全靴禁止」「フォークリフトの音が嫌。禁止」→ケガ多発 - 10月09日(火)22:07  poverty

“Tesla without Elon Musk?  How a once-unthinkable idea became unavoidable." 8月27日付 ワシントン・ポスト紙 今春、テスラの工場の記事を読み、 自動車会社のコンサルティングを長年してきた私はhorrified(ゾッとした)。 テスラCEOイーロン・マスクは黄色が嫌いと、工場でレーンを示す線を禁止。 安全靴や後ろ向きに動くフォークリフト音も嫌だと禁止に。 当然、従業員の怪我は多発した。 生産現場の専門家ではないのに、そこまでのマイクロマネジメントはいかがなものか。 それまでマスクに好感を抱いていたが、...
»続きを読む
カテゴリー:

【欧米】ビーガンである飼い主はペットの犬もビーガンにする傾向 [10/20] - 10月20日(土)18:15  newsplus

・犬もビーガンにする欧米のトレンド 犬にとって幸せなのか?  近年欧米でビーガンが増えている。イギリスでは過去10年に360%増え、約54万2千人が新たにビーガンになった。彼らは肉を家の中に持ち込みたくないと、自身のペットまでビーガンにする傾向がある。その動きは個人の犬にとどまらず、施設で保護されている犬をビーガンにという動きまでアメリカで出てきている。 ◆ロスの先進性をセールスポイントに  ワシントン・ポスト紙によると、ロサンゼルス市動物衛生委員会で、市内6つのシェルターで保護する33,000頭の犬を肉食...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】サウジ記者失踪の容疑者、交通事故で死亡 - 10月18日(木)22:39  news

トルコ新暁新聞が伝えるところ、メシャル・サアド・アルボスタニはサウジ首都リヤドの交通事故で死亡した。 複数の報道によると、失踪したジャマル・カショギ記者がトルコにあるサウジアラビア領事館を訪れた時、アルボスタニもそこにいた。 スプートニク日本 アルボスタニは、カショギ記者と同時に領事館にいた15人の容疑者の1人。 アルボスタニは2日、カショギ氏が領事館に入り、行方不明になったその日にトルコを後にした。 報道によると、トルコはカショギ氏が領事館で殺されたと疑っている。 トルコ警察は領事館の建...
»続きを読む
カテゴリー:

サウジ記者の失踪事件、Appleウォッチに注目集まるが手がかりにはならないかもしれない - 10月12日(金)10:18 

サウジアラビアのジャーナリスト、Jamal Khashoggiが失踪した事件を調べている警察当局は、失踪前のKhashoggiの健康データや位置情報を入手しようと同氏が身につけていたAppleウォッチを探している。しかし、TechCrunchが新たに入手した情報では、ウォッチがそれらデータを示すのは無理かもしれない。 サウジで生まれ米国に居住し、そしてワシントンポスト紙のコラムニストであるKhashoggiは先週、伝えられているところによると、結婚に関する書類を取得するためにイスタンブールにあるサウジ総領事館に入った後に行方不明になった。Khashoggiが結婚するはずだった女性はKhashoggiのiPhoneを持って総領事館の外で待っていた。 Khashoggiは総領事館から出てくることはなく、捜査が行われている。確認はされていないが、Khashoggiは総領事館の中で殺害されたと伝えられている。ワシントンポスト紙は、サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子がKhashoggiをサウジにおびき寄せて拘束しようとしていた工作の通信を米国が傍受した、と報道している。 Khashoggiはサウジアラビア政府に対し批判的だった。同政府はKhashoggiの失踪への関与を否定している。 水曜日、ロイターはトルコ高官の話として、捜査当局はKhashoggiが総領事館に入るときに身につけてい...more
カテゴリー:

中国国家安全省の経済スパイ逮捕、航空宇宙企業を標的=米司法省 - 10月11日(木)09:54 

[ワシントン 10日 ロイター] - 米司法省は10日、GEアビエーションなど米国の航空宇宙企業数社から企業秘密を盗もうとした疑いで中国国家安全省の経済スパイを逮捕、起訴したと明らかにした。 逮捕されたのは江蘇省の国家安全省で次官を務めるYanjun Xu被告で、4月にベルギーで拘束され、10月9日に米国に身柄が引き渡された。ワシントン・ポスト紙によると、米国の工作員によりベルギーにおびき出
カテゴリー:

「ワシントンポスト紙」の画像

もっと見る

「ワシントンポスト紙」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる