「ロバート」とは?

関連ニュース

TOSテレビ大分では開局50周年を記念して「トスキー体操」の映像を“新たに制作 TOSアナウンサー出演!動物たちも登場!世代を“超えて ”踊ろう - 12月10日(火)15:00 

2005年、TOSテレビ大分 開局35 周年を記念して誕生したキャラクター「トスキー」。そのキャラクターとともに、佐藤弘道氏と速水けんたろう氏を起用し「トスキー体操」を制作。放送を通じて多くの県民に親しまれてきました。 2019年 開局50周年をPRする「BE4ND推進部」に着任した・お笑いトリオ「ロバート」が今年6月「ロバート版 トスキー体操」を制作し放送。視聴者から「なつかしい」「是非、復活を!」という声を頂いた。そこで、新たにTOSの若手アナウンサー6人による「トスキー体操」の映像を制作。最初のリリースから約14年。体操の動きや楽曲は当時と同じ。世代を“超えて ”、いまの「子供たちに体操を覚えてもらおう!」というコンセプトで、放送を通じてお披露目する運びとなりました。是非ご覧ください。
カテゴリー:

パリコレモデルになりきるロバート秋山の「世界観」 - 12月10日(火)05:00 

パリコレトップモデル“アルセーヌ・ダルタニアン”を取材した。 今パリコレ界から最も注目される神スタイルを持つダルタニアンは背景の暗幕をもった黒子を引き連れ「お前達もっと先回りして動け。背景が大事なんだ!」など檄(げき)を飛ばしながらサイ…
カテゴリー:

【NBA】ルカ・ドンチッチがマイケル・ジョーダンを上回る19試合連続20得点、5リバウンド、5アシスト以上を記録 - 12月09日(月)16:34  mnewsplus

  ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチが、1試合20得点、5リバウンド、5アシスト以上の連続記録でマイケル・ジョーダンを上回り、NBAとABA(American Basketball Association)が統合された1976年以降としては最長の記録を樹立した。 (中略) ジョーダンは、1989年の3月に18試合続けて同様のスタッツを記録。トリプルダブル達成回数で歴代1位の記録を持つオスカー・ロバートソンは、1964-65シーズンに29試合連続、1963-64シーズンに25試合連続、1961-62シーズンに19試合連続で20得点、5リバウンド、5アシスト以上というスタ...
»続きを読む
カテゴリー:

ロイ・ハーグローヴ、ロバート・グラスパー、クリス・デイヴに継ぐNYジャズの大器カッサ・オーバーオール、BIGYUKI参加の新曲「I Know You See Me」公開 - 12月09日(月)11:00 

世界中のDJとアーティストに大きな影響を与え続けてきたイギリスを代表するDJであるジャイルス・ピーターソン率いるBrownswoodが新たに、ロイ・ハーグローヴ、ロバート・グラスパー、クリス・デイヴに続くニューヨー...
カテゴリー:

【避妊ピル】月1回の服用で済む経口避妊薬、その画期的なメカニズム カギは「ヒトデ型」の構造 - 12月07日(土)19:10  newsplus

https://wired.jp/2019/12/07/a-once-a-month-birth-control-pill-is-coming-heres-how-it-works/ 2019.12.07 SAT 18:30 月1回の服用で済む経口避妊薬、その画期的なメカニズム 毎日定刻に飲むことで効果を発揮する経口避妊薬。女性が自ら妊娠をコントロールできる比較的手軽な手段である一方、飲み忘れも多いのが難点だ。この欠点を克服すべく、米国では1カ月に1回の服用で効果を保つ「ヒトデ型」ピルの開発が進んでいる。その画期的なメカニズムとは? TEXT BY MEGAN MOLTENI 米国では、1,500万人以上が経口避妊薬(ピル)を...
»続きを読む
カテゴリー:

賛否がなくても、「良質な空間」は生まれる。ロバート キャンベルさんとの会話から - 12月10日(火)11:44 

日本文学研究者のロバート キャンベルさんといえば、近世・近代日本文学が専門で、テレビ番組「スッキリ」のコメンテーターとしておなじみだ。研究でも、テレビでも、いつも「ちょっと違った視点」を私たちに与えてくれる。ハフポスト日本版は先日、キャンベルさんをお招きして、ある「実験」をしてみた。東京・新宿区の早稲田大学に読者200人近くを集め、賛否両論の「過激な」アート作品を見ることにしたのだ。ところで、アートといえば、2019年の後半は日本にとってあまり良くないニュースが起きたばかりだ。あいちトリエンナーレの展示作品をめぐって「過激だ」「反日的だ」という批判が起き、一時中止や文化庁の補助金ストップにつながった。アートによって、政治的な対立が浮かび上がることは必要なことだと私は思うが、それもそのあとに、「議論が深まってこそ」である。あいちトリエンナーレでは、「右派」と「左派」のお互いの敵意が激しくなっただけだ。不快に思える作品を「二度見」するどうしたら良いのだろうか。メディアとしてこの問題にどう取り組んだらいいのだろう。自分たちで考えるだけでなく、憲法学者からアート関係者まで、ありとあらゆる人に会って考えてみた。そこで、あるキーワードが浮かび上がってきた。「二度見」である。自分にとって不快に思える作品でも、少しだけ時間を置いて、一回だけでなく二回見ることによって、印象は変わるのではないか。そし...more
カテゴリー:

トニー・アイオミとロバート・プラント、空港で遭遇 - 12月09日(月)21:11 

トニー・アイオミとロバート・プラントが、最近、米ナッシュビルの空港で遭遇したそうだ。◆投稿された写真ブラック・サバスのファン・サイトBlack Sabbath Onlineが先週終わり、その2ショットをTwitte...
カテゴリー:

「エンドゲーム」「スカイウォーカーの夜明け」などアカデミー視覚効果賞対象20作品が発表 - 12月09日(月)11:00 

映画芸術科学アカデミーが、アカデミー賞視覚効果賞の対象作品20本を発表した。「アベンジャーズ エンドゲーム」や「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」といった超大作から、ロバート・デ・ニー...
カテゴリー:

Netflixが支えた『アイリッシュマン』と、マーティン・スコセッシの「理想」とのギャップ:映画レヴュー - 12月08日(日)18:00 

マーティン・スコセッシが監督したNetflixの映画『アイリッシュマン』は、アル・パチーノやロバート・デ・ニーロなどの大物俳優による圧倒的な演技によって素晴らしい作品に仕上がっている。だが、スコセッシが意図したように映画館の大スクリーンで観る人がほとんどいないなら、その構想を実現することにどんな意味があったのだろうか──。『WIRED』UK版によるレヴュー。
カテゴリー:

【週刊ポスト・読者1000人アンケート】人気マフィア映画アンケート 圧倒的な支持を集めた作品は? - 12月07日(土)15:26  mnewsplus

   主演はロバート・デ・ニーロとアル・パチーノ、監督はマーティン・スコセッシという、往年のファンが歓喜する最新マフィア映画『アイリッシュマン』が話題だ。そこで本誌・週刊ポストは読者1000人に「好きなマフィア映画」のアンケートを実施した。 1 ゴッドファーザー 72年 2 アンタッチャブル 87年 3 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 84年 4 ブラック・レイン 87年 5 ゴッドファーザーPART? 74年 6 ヒート 95年 7 スカーフェイス 83年 8 パルプ・フィクション 94年 9 フレンチ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ロバート」の画像

もっと見る

「ロバート」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

こんなの見てる