「ロックンローラー」とは?

関連ニュース

リチャード・ストールマン(RMS)は最高のロックンローラー – TAKASU Masakazu – Medium - 06月17日(日)09:29 

リチャード・ストールマン(RMS)は最高のロックンローラー – TAKASU Masakazu – Mediumメイカーフェアバルセロナで見たストールマン面白すぎるwww 話の内容はまったく参考にならなかったんだけど、 なぜかすごい爽快感があるww 40分の講演でアタマの10分、持ち込んだLaptopの解像度が合わなくてスライドが出なくてコーディングを始め、 「フリーでないソフトウェアは全部マルウェア、俺は携帯も持たない! IoTはInternet of Stinkだ!パーキングメータが車のナンバー認識させ...
カテゴリー:

クリス・ジェリコ ロックンロール・レスラー――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第95話> - 06月11日(月)08:31 

 クリス・ジェリコにはなりたいものがふたつあった。ひとつはプロレスラーで、もうひとつはロックンローラー。  どちらの道に進もうかずいぶん迷ったけれど、19歳のときにオーエン・ハートの試合に衝撃を受けて「いましかトライでき […]
カテゴリー:

ダイアモンド☆ユカイの不愉快さは異常 - 06月07日(木)06:09  news

 ロックシンガーのダイアモンド✡ユカイ(56)が7日、都内で行われた第37回『ベスト・ファーザー「イエローリボン賞」』(日本メンズファッション協会主催)発表・授賞式に出席。 17日の父の日(毎年6月第3日曜日)に先立ち開催された同賞で、日本を代表するお父さん“ベスト・ファーザー”賞の芸能部門に選出された。  ロックンローラーとして一時代を築いたが、父になり、曲調も生活スタイルもガラッと変わったという。 ユカイは「47歳のときに授かりました。夜型ロッカーだったんですけど朝方ロッカーになりました。人生...
»続きを読む
カテゴリー:

クリス・ジェリコ ロックンロール・レスラー――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第95話> - 06月11日(月)08:31 

 クリス・ジェリコにはなりたいものがふたつあった。ひとつはプロレスラーで、もうひとつはロックンローラー。  どちらの道に進もうかずいぶん迷ったけれど、19歳のときにオーエン・ハートの試合に衝撃を受けて「いましかトライできないこと」としてプロレスを選んだ。  プロレスをずっとつづけていたら、ごほうびみたいな感じで手を伸ばせば届くところまでロックンロールが近づいてきた。ちょっと欲ばりかもしれないけれど、ジェリコはプロレスもロックも手に入れてしまうことにした。  ジェリコがリード・ボーカルをつとめるバンド、FOZZYはライブ・アルバムを含め、これまでに8枚めのCDをリリースした。  デビューCD“FOZZY”(2000年)は名曲のカバーだけでつくったアルバムで、2枚めのアルバム“ハプンスタンスHappenstance”(2002年)は収録11曲のうち5曲がオリジナル、あとの6曲がカバーという構成だった。  3枚めの新しいアルバム“オール・ザット・リメインズAll That Remains”(2005年)は全曲FOZZYのオリジナルで、ジェリコもそれまでの2枚のアルバムで使っていたマーングース・マックイーンという変てこな偽名を捨てて、プロレスラーのクリス・ジェリコのままバンドのフロントマンとして収録全10曲を歌った。  オリジナル・マテリアルだけでアルバムをプロデュースしはじめ...more
カテゴリー:

80年代幻の名作「スパイナル・タップ」34年を経て日本初公開:最高に笑えるロック映画の裏側 - 06月09日(土)10:00 

ローリングストーン誌が選ぶ「バンド映画ベスト25」で1位を獲得した、1984年に全米公開された幻のロック映画「スパイナル・タップ」。34年の時を経て、6月16日より日本で初公開されることが決定した。本作は、「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー監督の初監督作品であり、架空のロックバンド「スパイナル・タップ」の全米ツアーに密着し、当時隆盛を極めていたハード・ロック/ヘヴィ・メタル文化や音楽を痛烈に風刺したカルト的人気を誇るロック・モキュメンタリーだ。ここでは、1984年当時のローリングストーン誌の記事をお届けする。1984年5月24日ローリングストーン誌掲載記事映画『スパイナル・タップ』のクリエーターは、架空のヘヴィメタル・バンドの裏側を風刺を効かせて描いたリアルなフェイク・ドキュメンタリーを通して、最近は現実と作り話の境界線が曖昧になっていると言いたいようだ。ロサンゼルスのクラブMusic Machineで、この架空のバンド、スパイナル・タップが演奏したこともその一つと言える。クラブは鋲付きの黒い革のジャケットをまとったファンでごったがえした。「僕が会場に入ったら、みんなが『ナイジェル!』って叫びだした。ヘヴィメタル・ファンらしいクレージーな表情で『ナイジェルだ! ナイジェルが来た!』って叫ぶんだよ」と、ナイジェルが言う。短髪で育ちの良さそうな外見をしたこの男の本名はナイジェルで...more
カテゴリー:

「ロックンローラー」の画像

もっと見る

「ロックンローラー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる