「ロケ地」とは?

関連ニュース

浜松 聖地巡礼マップ作成 - 05月27日(日)19:40  news

浜松市内でのテレビやドラマ撮影の誘致に取り組む浜松フィルムコミッションは、ドラマのファンがそのロケ地を訪れる「聖地巡礼」などに役立ててもらおうと観光マップを作成 しました。 http://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/3035020591.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

シェイプUPガールズ・中島史恵が50歳とは思えない驚きのボディを披露! - 05月26日(土)22:30 

 女優やタレントとして活躍している中島史恵が26日、自身の最新写真集『Cinqante!』の発売を記念したサイン会に出席。作品の出来や、今後の抱負にてついて語った。  タイトルの「Cinqante(サンカント)」とは、フランス語で「50」という意味。今年6月で50歳を迎える中島そのものを表している。  写真集の内容について聞かれた中島は、「今までにない自分をたくさん引き出していただいた作品になりました」と答え、「いつもはナチュラルな自分を見せる写真が多いんですが、今回は50歳の節目ということもあって、作りこんだメイクや衣装で魅せる写真集にしていただきました」と満足そうに語った。  今作の見どころの一つが、中島が披露する空中ヨガ。ロケ地であるグアムのビーチを背景に、驚きのポージングを決める写真が刺激的だ。  年齢からは想像できないその美しい肉体は、自身が社長を務める「avity代官山」という美容スタジオで培われたもの。そこでは、自らハンモックを使った空中ヨガも指導している。  これからの目標を聞かれた中島は、「50歳の私のカラダに興味を持っていただいた方に、私自身も変われた『健康の秘訣』を伝えていけたら」とコメント。  益々磨きがかかった中島史恵の魅力が詰まった最新写真集『Cinqante!』(双葉社)は全国の書店等にて絶賛発売中。ファンならずとも手に取ってみ...more
カテゴリー:

ディーン、主演映画が仏など4カ国で公開へ「世界を駆けてほしい」 - 05月26日(土)15:55 

俳優のディーン・フジオカが主演する映画「海を駆ける」が5月26日、全国24スクリーンで封切られた。ディーンは共演の太賀、鶴田真由、阿部純子、深田晃司監督と東京・テアトル新宿で初日舞台挨拶。ロケ地...
カテゴリー:

山崎賢人、7月新ドラマでサヴァン症候群の小児外科医に フジ初主演 - 05月26日(土)07:00 

 俳優の山崎賢人が、7月よりスタートする連続ドラマ『グッド・ドクター』(フジテレビ系/毎週木曜22時)で主演を務めることが発表された。山崎は「伝えたいメッセージがたくさん詰まった作品です。毎週、見た人の心が温かくなるように、ひたむきに小さな命と向き合っていけたらなと思います」とコメントしている。【写真】まだ幼さの少し残る山崎賢人 本作は、2013年に韓国で放送され、2017年にはアメリカでも連続ドラマ化された同名ドラマを基に、日本に0.3%しかいない小児外科医の世界を舞台にしたメディカル・ヒューマンドラマ。自閉症スペクトラム障がいでコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊が、研修医として小児外科の世界に飛び込み、偏見や反発にさらされながらも、子どもたちの命や心と懸命に向き合う姿を描いていく。山崎は主人公・湊役でフジテレビ初主演を務める。 今回のドラマで初めて医師を演じる山崎は「医療は僕にとって、とても未知な世界でした。大きなプレッシャーを感じています」と語り、続けて「小児外科医がドラマを通して少しでも多くの方に注目されるように、新堂湊を通して深く潜り込んでいければと思います」と意気込みを語っている。 さらに障がいを抱えた複雑な役柄に挑むことに関しては「特別な意識を持たずに素直に演じたいです。僕にとってもまだまだ未知数で、無限の可能性...more
カテゴリー:

今、最も勢いのあるくびれスト川崎あやが過去最大級露出を暴露!「あれ? 私、服着てない!?って…」 - 05月24日(木)21:00 

5月13日、新宿・歌舞伎町「週プレ酒場」にて、グラビアアイドル・川崎あやのトークイベントが開催された。 『週刊プレイボーイ』21号(5月7日発売)のセンターグラビア登場を記念し開催されたものだが、名実ともに“今、最も勢いのあるグラドル”となった彼女と一緒に本誌未公開カットの数々を鑑賞しつつ、お酒が楽しめるという全“くびれスタ”垂涎(すいぜん)のトークショ-。沖縄で行なわれた今回の撮影では、本人いわく「手ブラより恥ずかしい」という◯◯◯◯も撮られていた!?という舞台裏まで告白…。 そこで、そんなキワど~い話を担当編集Tが聞いた現場の模様をリポート! * * * ―今回はグラビア定番の南国・沖縄ロケでしたが、いかがでしたか? 川崎 それが東京より寒かったんですよ! 雨は降るし雷は鳴るし、帰りの飛行機だって悪天候でなかなか飛ばずに「ひょっとして帰れないんじゃ?」って心配になったぐらい。私、かなりの“雨女”なんですけど、この撮影した月は2回沖縄ロケ行って2回とも豪雨でしたからね。 ―海辺でのカットはかなり露出度が髙い衣装ですが、撮影中はどんな心境なんですか? 川崎 今回、かなり露出してますよね! 私も撮られてて...more
カテゴリー:

映画『HURRY GO ROUND』 生駒里奈がhide愛熱弁「泣いちゃいました」 - 05月26日(土)22:43 

 今年5月、没後20年が経過したX JAPANのギタリストhideさんのドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』の初日舞台あいさつが26日、東京・角川シネマ新宿 シネマ1で行われた。石川智徹監督、映画でナビゲーターを務めた矢本悠馬、hideさんの共同プロデューサーI.N.A.(hide with Spread Beaver)に加え、かねてよりhideさんのファンと公言してきた元乃木坂46の生駒里奈がスペシャルゲストとして登壇した。 【動画】映画『HURRY GO ROUND』予告編  同作はhideさんが急逝して20年のプロジェクト“hide 20th Memorial Project”の一環として制作されたもので、亡くなる直前の3ヶ月を追うドキュメンタリー。今作のナビゲーターを務めた矢本は「hideさん初心者」として撮影に臨んだものの、「ピンク スパイダー」のロケ地に入ってテンションが上がったといい、「途中から完全にhideさんのファンになっちゃって、ロサンゼルスでははしゃいじゃったりもしていて、自分で見てちょっと恥ずかしかったですね、少年に戻ったみたいな感じになっていて」と撮影を振り返った。  撮影をきっかけに、遺作となった「HURRY GO ROUND」のボーカル別テイクバージョンが発見されたことにについて、I.N.A.は「映画に出演するにあたって、20年ぶ...more
カテゴリー:

ディーン、主演映画が仏など4カ国で公開へ「世界を駆けてほしい」 - 05月26日(土)15:55 

 俳優のディーン・フジオカが主演する映画「海を駆ける」が5月26日、全国24スクリーンで封切られた。ディーンは共演の太賀、鶴田真由、阿部純子、深田晃司監督と東京・テアトル新宿で初日舞台挨拶。ロケ地のインドネシアからセカール・サリも駆け付けた。  深田監督が、インドネシアのバンダ・アチェを訪れた際に抱いたイメージを脚本化したオリジナルのファンタジー。現地の海岸に突然現れる謎の男を演じたディーンは、「不思議な世界観で、見た人それぞれの人生観、死生観が問われると思う。それぞれの考えを話し合ってほしい」と訴えた。  現地では、「アザーンというイスラム教の礼拝の時間が1日に5回くらいあって、インドネシアのスタッフはじゅうたんを敷いてお祈りをしていた。その間は仕事をしてはいけないので、日本人はしない振りをしながら仕事をしていました」と新鮮な体験を告白。食事など撮影の合間には、インドネシアのスタッフが歌い出すと全体に広まって大合唱になったそうで、「日本代表(で参加したの)は、太賀でした」と明かした。  さらに、「現地の人がどうやったら成功するかを真剣に話していて、デビュー話もあった」と暴露、その太賀は「いけんじゃねえか、とちょっと思った自分を反省しています」と苦笑い。現地の言葉で甘えん坊を意味する「マンジュ」と呼ばれて愛されていたそうだが、サリは「顔が面白いので、笑いをこらえるのが大変でし...more
カテゴリー:

観光地のココにがっかり……。大阪城のエレベーター、鳥取砂丘にサボテンがない! - 05月26日(土)08:00 

旅先に期待することは、日常ではおよそ浸ることのできないその場ならではの世界観。しかし実際に脚を運んでみると、事前に抱いていたイメージと違い、少々がっかりしてしまうことも。「観光地のココが残念だった……」について、ヒトメボ読者に聞いてみました。 観光地にあるコイン式の双眼鏡、みんな何を見てるの? ●大阪城にエレベーターがある 「修学旅行で初めて大阪城に行ったのですが、エレベーターがあってちょっと幻滅……。せっかく歴史的な建物の雰囲気を楽しもうと思ったのに、エレベーターはないよなぁ」(栃木・28歳男性) 歴史的な建造物をなるべくそのままの形で保つとともに、多くの来場者に楽しんでもらうことも大事な使命のはず。高齢者や脚の不自由な人への配慮が設置理由のひとつなのでしょう。 ●鳥取砂丘にサボテンがない 「漫画『ONE PIECE』のアラバスタをイメージしていたのですが、思ったより普通に日本だなーって感じでした。サボテンもないんですね(汗)」(神奈川・25歳女性) そもそも「砂漠」と「砂丘」は別物のよう。サボテンの代わりに、初夏の日中に花を出す〝ハマヒルガオ〟や、青紫色の花が目を引く〝ハマゴウ〟などの植物が生息しているようです。 ●札幌市時計台がビルに囲まれている 「結構ネット上で騒がれていますけれど、やっぱり札幌市時計台。ガイドブックで見た写真では、青空を背景に下から見上げる...more
カテゴリー:

【18年4月期ドラマ満足度】「花晴れ」がぐんぐん上昇、第4話は初の80Pt台をマーク(5月8日~5月14日放送分) - 05月25日(金)17:00 

 週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』による、ドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」。18年4月期ドラマの5月8日~5月14日放送分の調査では、杉咲花が連ドラ初主演を務める火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)の第4話が83Ptを獲得。同作は話数を重ねるごとに、右肩上がりで満足度を伸ばしている。 【一覧】18年4月期オリコンドラマバリュー(~5月14日放送分)  “花男”こと『花より男子』(神尾葉子著/集英社)は、セレブが集まる高校・英徳学園を舞台にした人気恋愛漫画。TBSでは05年10月期、07年1月期に井上真央、松本潤らキャスト陣で連ドラ化、08年6月には映画版『花より男子ファイナル』が公開された。  放送中の『花のち晴れ~』は、その“新章”となり、映画版から10年後の学園を舞台に、江戸川音(杉咲花)、神楽木晴(平野紫耀)、馳天馬(中川大志)ら登場キャラクターによる、新世代ストーリーが展開されている。  前作とはキャストも設定も異なるため馴染めない人が多かったのか、初回の満足度は48Ptだったが、道明寺司役の松本潤、花沢類役の小栗旬ら前作キャスト陣の友情出演、前作『花より男子2』に続く宇多田ヒカルによるイメージソング、“なつかしい”ロケ地でのシーンなど、前作ファンをくすぐる仕掛けに加え、新しい個性豊かな登場キャラの魅力が話...more
カテゴリー:

車いすで龍門司坂に挑戦 「西郷どん」ロケ地に感激 姶良市加治木 - 05月24日(木)20:20 

 車いすの障害者と介助者が観光を楽しむ「ありば探検」が19日、姶良市加治木の龍門司坂であった。車いす補助装置を使って段差のある石畳を登り、NHK大河ドラマ「西郷どん」ロケ地に到着。オープニング映像で流れる杉を触り、感激していた。
カテゴリー:

もっと見る

「ロケ地」の画像

もっと見る

「ロケ地」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる