「ロケット」とは?

関連ニュース

中国、初の民間商用ロケット打ち上げに成功 - 05月24日(木)05:59 

 中国の重慶零壹空間航天科技有限公司はこのほど、小型ロケット「OS-X重慶両江之星」の打ち上げに成功した。国内で初めて民間企業が自主開発した商用弾道ロケットで、民間企業が自主開発した商用ロケットによる衛星打ち上げへの基礎を築いた。
カテゴリー:

国際的な約束事を破り捨てるアメリカ――中東の混迷を深めているトランプ外交が世界に与える影響 - 05月23日(水)06:00 

3週間後に迫った米朝首脳会談のカギは、アメリカがいかにして北朝鮮の核廃棄を約束させるかだ。 だが、そのアメリカ自身が国際的な「約束」を軽視する動きを続けている…。これは何を意味するのか? 『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが語る! * * * アメリカのトランプ大統領がイラン核合意からの離脱を発表しました。米英仏独中ロの6ヵ国とイランが、オバマ政権時代の2015年に結んだイラン核合意は、経済制裁を解除する代わりにイランの核開発能力を大幅に制限するという内容ですが、トランプは大統領選の頃からこれを「不十分だ」と批判してきました。今秋の中間選挙に向け、自身の支持層に対して「約束は守ったぞ」とアピールする狙いもあるのでしょう。 ただし、この発表で中東情勢は一気に不安定化。イランがイスラエル軍の拠点をロケット攻撃し、イスラエル軍もシリア領内のイラン軍の拠点を報復攻撃するなど、軍事衝突も勃発しています。これが本格的な戦争の予兆なのかどうかはまだ判断がつきませんが、イスラエルが「どうせ戦うなら、イランが核保有国となる前がベター」と判断しても不思議ではありません。 ...more
カテゴリー:

Sprocket(スプロケット)、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と連携開始。広告閲覧・流入、自然検索と連動したWeb接客が可能に - 05月22日(火)11:00 

[株式会社Sprocket] [画像1: https://prtimes.jp/i/32195/4/resize/d32195-4-651593-0.jpg ] ■ サイト来訪前後のデータをもとに、より精度の高いOne to OneのWeb接客が可能に 「AD EBiS(アドエビス)」は広告の効果測定をはじめ、...
カテゴリー:

失敗からよみがえる不死鳥 - ロシアの新型ロケット「ソユーズ5」 - 05月22日(火)09:57 

ソビエト・ロシアの伝説的なロケット「ソユーズ」は、60年以上にわたって宇宙開発の第一線で活躍し続けてきた。しかし近年、老朽化や失敗などによって、その輝かしい歴史にかげりが見え始めた。そこでロシアは起死回生をかけ、新型ロケット「ソユーズ5」の開発に着手した。コードネームは「フェニックス」(不死鳥)。はたしてソユーズの名を継ぐこのロケットによって、ロシアのロケット産業は、不死鳥のようによみがえることができるのだろうか。
カテゴリー:

中国が月の裏側探査へ通信衛星打ち上げ成功 今年末に世界初の軟着陸計画 - 05月21日(月)17:44 

 【北京=西見由章】中国当局は21日、四川省の西昌衛星発射センターで、国産運搬用ロケット「長征4号C」を使用し、通信衛星「鵲橋(じゃくきょう)」の打ち上げに成功した。中国は今年末、世界初となる月面裏側への軟着陸を計画しており、鵲橋は地球上との通信を中継する役割を担う。
カテゴリー:

スペースXの新型「ファルコン9」ロケット - その全貌を解き明かす 第3回 革新性か、安全性か - ブロック5にのしかかる課題と、その未来 - 05月23日(水)09:02 

イーロン・マスク氏の宇宙企業スペースXは2018年5月12日(日本時間)、主力ロケット「ファルコン9」を大きく改良した最新鋭ロケット「ファルコン9 ブロック5」の、初めての打ち上げに成功した。連載第3回では、ブロック5にのしかかる課題と、ブロック5の今後の展望について取り上げる。
カテゴリー:

中国の民間企業、衛星ロケット打ち上げに成功 軌道に投入 - 05月22日(火)16:50 

17日、中国の民間企業OneSpace Technology(零壱空間)のロケットOS-X(全長9m、固体燃料)が中国北西部の基地から打ち上げられ、衛星の軌道投入に成功したようだ。
カテゴリー:

SpaceX、明日NASAの重力観測衛星を打ち上げへ――地球の水循環をモニター - 05月22日(火)10:35 

明日(米国時間5/22)打ち上げが予定されてSpaceXのFalcon 9ロケットには5基のIridiumコミュニケーション衛星と2基のNASAの観測衛星が搭載される。Iridium衛星の高度は800キロだがNASAの衛星は480キロ前後なのでFalcon 9は複雑な機動をする必要がある。NASAのGRACE-FO衛星は地球の重力を精密に測定して水の循環をモニターするのが目的で、いわばレーシングカーがシケインを抜けるような動きをする。 もちろん宇宙にシケインなどはないし、衛星のスピードも時速何万キロと桁外れに速い。しかし速度が変化する点は同じだ。 Falcon 9からNASAの衛星は一つが上方に、一つが下方に分離される。2つの衛星が220キロ離れたとき、下方の衛星が加速して他方の衛星の軌道に同期する。この動作には数日かかるが、Falon 9自身はNASAのGRACE-FO衛星を放出すると10分後にはIridium衛星打ち上げのためにエンジンを再点火する。 GRACEはGravity Recovery and Climate Experiment(重力取得による気候実験)の頭文字でFOはフォロー・オンの意味だ。Gravity Recovery and Climate Experimentはドイツの地球科学研究センターとの共同プロジェクトだ。オリジナルのGRACE衛星は2002年に打...more
カテゴリー:

噂:『フォートナイト』ウイーク5のアップデートでジェットパック登場? - 05月22日(火)07:22 

ジェットパックがあったらロケットライドがほしい人は? 『フォートナイト』の“ソロ頂上決戦コンテスト”のLTMモードが本日終了。datamineに新しいジェットパックの登場の情報。
カテゴリー:

1ラウンドで圧倒10バーディ 44歳・ブランスドンが初の海外メジャーへ - 05月21日(月)17:34 

最後はもたついて詰め寄られるも、午前中のリードは最後まで効果を発揮した。兵庫県にあるジャパンメモリアルゴルフクラブで行われた「全米オープン」最終予選会。オーストラリアのデービッド・ブランスドンが、トータル7アンダー・2位で通過し、海外メジャーへの切符を手にした。 【LIVE写真】スコアブックを手に天を見上げる石川遼 前半18ホールでライバルを引き離した。アウトの1組目で出たブランスドンは、出だしの1番から連続バーディを奪うと、6番からは3連続バーディで完全に流れを掌握。その後、ボギーを挟みながらも確実にバーディを積み重ね、ダボを叩いた直後の14番ではイーグルを奪取。15番からは連続バーディ。最後にボギーを叩いたが「63」とロケットスタートを決めた。2ラウンド目は3バーディ・1ボギー・1トリプルボギーの「72」とスコアを1つ落としたが、先行逃げ切りのゴルフで見事出場権を手にした。 「自分にとって初めてのメジャーなので信じられないくらい嬉しい!」と声を弾ませた44歳。「全米オープンのイメージ? ボールを真っ直ぐに打って、フェアウェイをキープしなければいけないと思う」と、初めて立つ舞台を思い描いた。 大舞台に向けて「ショートゲームをもう少し練習して備えたい」と話したブランスドン。「まずは予選を通過して少しでも上位に。日本の賞金ランキングにも加算されるので、いい位置に行きたいね」と笑...more
カテゴリー:

もっと見る

「ロケット」の画像

もっと見る

「ロケット」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる