「レフェリー」とは?

関連ニュース

【サッカー】VAR弾でオーストラリアは勝ち点1…デンマークは先制も2連勝ならず - 06月21日(木)22:51  mnewsplus

6/21(木) 22:50配信 VAR弾でオーストラリアは勝ち点1…デンマークは先制も2連勝ならず  2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が20日に行われ、デンマーク代表とオーストラリア代表が対戦した。  デンマークはこの日も司令塔のクリスティアン・エリクセン、パナマ戦で決勝ゴールを決めたユスフ・ポウルセンが先発出場。対するオーストラリアは、浦和レッズのアンドリュー・ナバウトを1トップに配置した4-2-3-1で試合に臨んだ。  試合は7分、ニコライ・ヨルゲンセンのポストプレーから、エリクセンが左足で...
»続きを読む
カテゴリー:

「テクノロジー」に注目するだけで、W杯はもっと面白くなる - 06月21日(木)19:00 

大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。格下と目されるオーストラリアが優勝候補を相手にジャイアントキリングを起こした、というわけではない。結果は2-1でフランスの勝利。極めて順当といえる。では、何が歴史的なのか?実はフランスに勝利をもたらした2つのゴールそれぞれに「テクノロジーの力」が関わっているのだ。フランスの1点目のシーンひとつ目のテクノロジーは、今大会から導入された「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)」。PKやレッドカードの対象となるような際どいプレーが発生した場合に、主審が映像を確認してジャッジを下すというものだ。フランスの先制点はこのVARによるもの。攻撃時にペナルティーエリア内でFWアントワーヌ・グリーズマンが倒されるも、ノーファールの判定で試合は続行された。しかし、プレーを止めて映像を確認した結果、オーストラリアDFにファールがあったとしてフランスがPKを獲得。これをきっちりとグリーズマンが決めるわけだが、このゴールは長いワールドカップの歴史の中で初めて、VARによってもたらされたものとなった。フランスの2点目のシーンそもそもサッカーでは、ボールが「完全に」ゴールラインを超えないかぎり得点が認められない。ネットを揺らすようなシュートであれば誰の目にも明らかだが、例えばライン上ギリギリでボールを掻き出したような場合、見極めるのは困難だ。そこで...more
カテゴリー:

【サッカー】スペイン、アジアの鉄壁に苦戦もD・コスタ弾で初白星…イランは不運な失点で惜敗★2 - 06月21日(木)05:50  mnewsplus

6/21(木) 4:53配信 スペイン、アジアの鉄壁に苦戦もD・コスタ弾で初白星…イランは不運な失点で惜敗  2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が20日に行われ、イラン代表とスペイン代表が対戦した。  イランはグループB第1戦で唯一白星を収め、首位スタート。今試合はエースのサルダル・アズムンらが先発出場で、エールディヴィジ得点王のアリレザ・ジャハンバフシュはベンチスタートとなった。対するスペインは、欧州王者ポルトガル代表と打ち合いを演じ3-3のドロー発進。今試合は第1戦2ゴールのジエゴ・コスタ...
»続きを読む
カテゴリー:

【コラム】“メンタルが弱い”からの脱却、自分と戦い続けた香川真司が“頼れる10番”に - 06月20日(水)20:01 

 ボールを脇に抱えて、決して放そうとしない。コロンビアの選手たちがレフェリーに抗議するのを尻目に、ゆっくりと呼吸を整えながら集中力を高める。「自分で取ったPKなので、蹴る気は満々でした」。香川真司は覚
カテゴリー:

新日本プロレス・本間朋晃が奇跡の復帰戦へ。三途の川から呼び戻してくれた妻の「声」とは - 06月20日(水)18:30 

2017年3月の新日本プロレス沖縄大会で中心性頚髄損傷の大ケガを負い、長期欠場していた本間朋晃が6月23日、地元である山形大会で477日ぶりにリングに復帰する。 黒光りする肉体でイカツイ風貌ながら、「こけし」と呼ばれる独特なフォームのダイビングヘッドバッドで観客を沸かせるだけでなく、ガサガサとしか聞こえないしゃがれ声でテレビなどでも活躍し、愛されキャラで一般人気も急上昇していた中での突然の事故。 懸命なリハビリを重ね四肢麻痺状態からの奇跡の復活となるが、その舞台裏には、昨年結婚した千恵さん、そしてタッグパートナーである真壁刀義の存在があった――。ファン待望の復帰を前に、頚椎を損傷した瞬間の生々しい状況から、“第二の人生”として再び歩み始めるプロレスへの思いを語ってくれた! *** -復帰おめでとうございます! まずは思い出したくもないことでしょうが、ケガした瞬間のことを教えてください…。 本間 ケガする前って前兆があると聞きますけど、僕の場合は何もなかったんですよね。控室で髭剃って歯を磨いてといういつも通りの流れで。沖縄のお客さんもいつも通り温かくて、試合もいつも通りと言ったら変ですが、ケガのきっかけになった技も何度も受けたことがある、マットに“刺さる”...more
カテゴリー:

【サッカー】<VAR導入の影響が早くも表われた?> 退場やオフサイドは減少、PKとセットプレー得点率はアップ【ロシアW杯】 - 06月21日(木)19:29  mnewsplus

ロシア・ワールドカップ(W杯)は6月19日(現地時間)、ポーランド対セネガルの一戦をもって、グループステージ第1節の全試合を終了した。    今大会から「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が導入され、W杯は新たな時代に突入した。歴史はすでに動き出している。16日のフランス対オーストラリア戦を皮切りに、何度かVARで判定が修正された。賛否両論あるものの、この流れは今後もおそらく変わらないだろう。    全てがVARの影響かどうかは分からない。だが、英紙『Telegraph』が19日、幾つか興味深い数字を紹介してい...
»続きを読む
カテゴリー:

ブラジル、スイス戦でVAR適用拒まれたと主張 - 06月21日(木)09:15 

 ブラジルサッカー連盟は20日、スイスとの1次リーグE組初戦で微妙な判定に対するビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の適用を要求したものの、拒否されたと明らかにした。  同連盟はスイスが同点ゴールを挙げる直前と、FWガブリエルジェ…
カテゴリー:

【サッカー】スペイン、アジアの鉄壁に苦戦もD・コスタ弾で初白星…イランは不運な失点で惜敗 - 06月21日(木)04:54  mnewsplus

6/21(木) 4:53配信 スペイン、アジアの鉄壁に苦戦もD・コスタ弾で初白星…イランは不運な失点で惜敗  2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が20日に行われ、イラン代表とスペイン代表が対戦した。  イランはグループB第1戦で唯一白星を収め、首位スタート。今試合はエースのサルダル・アズムンらが先発出場で、エールディヴィジ得点王のアリレザ・ジャハンバフシュはベンチスタートとなった。対するスペインは、欧州王者ポルトガル代表と打ち合いを演じ3-3のドロー発進。今試合は第1戦2ゴールのジエゴ・コスタ...
»続きを読む
カテゴリー:

W杯初戦を落とした韓国、対戦相手のスウェーデン企業「イケア」に八つ当たり 戦争すべしとの意見も - 06月20日(水)19:12  news

 サッカー・ワールドカップ(W杯)も、「恨(ハン)」の対象か-。 韓国大統領府(青瓦台)ホームページの「国民請願掲示板」に、韓国国民から、18日のW杯初戦で敗れたスウェーデンや、主審を標的にした異常な書き込みが1000件以上、殺到しているというのだ。  「スウェーデンとの戦争を望む」「サッカーでは負けたが、戦争では勝たなければならない」  朝鮮日報(日本語版)によると、掲示板には、こうした韓国国民の怒りが渦巻いている。  スウェーデンの家具メーカー「イケア」も、とばっちりを受け、「違法な資...
»続きを読む
カテゴリー:

JAPANサッカーカレッジにてVAR(ビデオアシスタントレフェリー)の講習会を開催しました! - 06月20日(水)17:00 

[NSGグループ] VARは現在のサッカー界においては、ドイツ・ブンデスリーガやイタリア・セリエAなどのリーグでは実際に採用されています。具体的には得点となったかどうか、退場に関わる反則、PKかどうか、また誰が警告や退場...
カテゴリー:

もっと見る

「レフェリー」の画像

もっと見る

「レフェリー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる