「レギュラー出演」とは?

関連ニュース

土屋太鳳のドラマ「チアダン」は映画版の9年後 見どころは? - 07月17日(火)11:00 

福井県立福井商業高校のチアリーダー部「JETS」が、全米チアダンス選手権で優勝した実話をもとにした映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』。その9年後を描いた新ドラマ『チアダン』は、「JETS」のある高校への受験に失敗した主人公・藤谷わかば(土屋太鳳)が、他校の弱小チア部で、仲間と共に全米制覇という夢を追いかける物語。今回は、わかばのチームメイトを演じるキャストのなかでも年少組の大友花恋さん(榎木妙子役)と箭内夢菜さん(橘穂香役)に、見どころや撮影秘話を伺いました。 ――今回のドラマは普通の演技に加え、ダンスレッスンからカラダ作りまで、課題が多くて大変そうですね。 箭内夢菜:私は中学生の時に器械体操をやっていたので柔軟性には自信があったんですけど、体幹を鍛えないとダンスを踊っている時に軸がブレてしまうので、筋トレも始めました。 大友花恋:夢菜ちゃんは他の共演者の中でも一番カラダが柔らかいんです! 箭内:花恋ちゃんも柔らかいよ。 大友:私も昔から自己流でストレッチをしていましたが、撮影や練習でとても体力を使うので、じっくり休ませるケアも大事だなって思うようになって。整体に行ったり、自分でマッサージをしたり、鍛える、休む、のメリハリを意識しています。 箭内:だんだんアスリートみたいになってくるよね(笑)。 大友:あと、福井弁も課題の一つです。アドリブも多...more
カテゴリー:

「ベター・コール・ソウル」に「ブレイキング・バッド」人気コンビが登場? - 07月17日(火)08:00 

 米ドラマ「ベター・コール・ソウル」に、「ブレイキング・バッド」の主人公2人が登場する公算が高くなった。  「ベター・コール・ソウル」は、2年連続でエミー賞作品賞を受賞した「ブレイキング・バッド」のスピンオフとして、2015年に全米放送を開始。「ブレイキング・バッド」に登場する辣腕の犯罪弁護士ソウル・グッドマン(ボブ・オデンカーク)の若き日を題材にした前日譚で、冴えない弁護士ジミー・マクギルが悪徳弁護士ソウル・グッドマンへと変ぼうしていくプロセスが描かれる。「ブレイキング・バッド」の前日譚にあたることから、過去3シーズンでは悪役グスタボ・“ガス”・フリングをはじめとするレギュラー出演者が複数登場しているが、主役であるウォルター・ホワイト(ブライアン・クランストン)とジェシー・ピンクマン(アーロン・ポール)は姿を現していない。  米エンターテインメント・ウィークリーはこのほど、放送開始10周年を記念し、「ブレイキング・バッド」特集を企画。再会を果たしたクランストンとポールは、そろって「ベター・コール・ソウル」への出演を熱望した。また、同作の生みの親で「ベター・コール・ソウル」の共同企画者であるビンス・ギリガンも、「『ベター・コール・ソウル』でぜひともふたりを見てみたい」と発言。ただし端役では視聴者を満足させることができないため、「彼らが登場するに値する理由を考えるだけだ」と発言し...more
カテゴリー:

クリスティナ・アップルゲイト、ダークコメディでテレビドラマに復帰 - 07月16日(月)18:00 

 映画『お!バカんす家族』などの女優クリスティナ・アップルゲイトが、Netflix製作のダークコメディ『Dead to Me(原題)』で主演と製作総指揮を務めるという。Deadlineが報じた。クリスティナは同作で、6年ぶりにテレビドラマシリーズにレギュラー出演する。【写真】「クリスティナ・アップルゲイト」フォトギャラリー シーズン1は10話構成になるという『Dead to Me(原題)』。海外ドラマ『NYボンビー・ガール』シリーズのリズ・フェルドマンが脚本を執筆。米HBO局のヒットドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』のコメディ版といった作風になるとのことだ。 クリスティナが演じるジルは、ダークなユーモア感覚の持ち主で、怒りを自制できない問題を抱えている。特に夫がひき逃げで死亡して以来、不安定な状況が続いているという。そんな彼女と、自由奔放に生きている人物が友情を育むことになるか、その人物は衝撃的な秘密を抱えているという。 製作総指揮にはコメディ俳優のウィル・フェレルや、映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の監督アダム・マッケイなどが名を連ねる。3人は映画『俺たちニュースキャスター』シリーズでタッグを組んだ仲だ。 1987~1997年に日本未上陸の海外ドラマ『Married with Children(原題)』に出演してブレイクしたクリスティナ。以後、活躍の場を映画に移したが、20...more
カテゴリー:

松井愛莉「腰の位置が高すぎ…!」パンツスタイルで際立つ脚の長さにファン騒然 - 07月15日(日)18:30 

福島県いわき市出身のモデル兼女優・松井愛莉が、7月14日に行われた福島競馬場でのトークショーに参加。同日夜、自身のInstagramにオフショットを投稿し、パンツスタイルの1枚が「脚長ーーーーッッッ!」「待って、腰の位置が高すぎ…!」と騒然となっている。 【写真を見る】体の半分が脚なのか…!? 松井愛莉の超絶スタイル/※画像は松井愛莉(airi1226_official)公式Instagramのスクリーンショットです 松井は1996年12月26日生まれの21歳で、身長170cm。“成長期限定!!”のアイドルグループ・さくら学院の元メンバーとして人気を博し、卒業後はモデル・女優の道に。 「Ray」の専属モデルを務めるかたわら、ロッテ「ガーナミルクチョコレート」のCMキャラクターを務めた。 女優としては2017年1月期に「ラブホの上野さん」(フジテレビ系)、4月期に「3人のパパ」(TBSほか)、そして10月期に「オトナ高校」(テレビ朝日系)に主要キャストの1人としてレギュラー出演するなど大活躍。 持ち前の愛らしいルックス&抜群のプロポーションを武器に注目の若手として、期待されている。 そんな中、14日に松井は元サッカー日本代表の永島昭浩と福島競馬場でトークショー及び、メインレースの「安達太良ステークス」のプレゼンターを担当。地元ファンから大きな歓声を浴びた。 その様子を自身のInsta...more
カテゴリー:

ピン芸人・ゆってぃ、AMEMIYAが元相方と一夜限りのコンビ再結成!? - 07月15日(日)12:00 

お笑いコンビのマンブルゴッチ、そしてノンストップバスの名を知っているだろうか。マンブルゴッチはヘアバンドをしたアイドル風の衣装でおなじみ、ピン芸人・ゆってぃの、かつてのコンビ名。ノンストップバスはギターをかき鳴らし“冷やし中華、はじめました~”と歌いあげるAMEMIYAの元コンビ名である。 【写真を見る】“お笑い王2018”の座を狙うAMEMIYAは「にちようチャップリン」(15日[日]夜10:00-10:48ほか、テレビ東京系ほか)にも登場 ゆってぃとAMEMIYAは、7月15日(日)放送の「EXD44」(夜1:00-1:30放送、テレビ朝日系)で、かつての相方を説得し、一度限りのコンビ再結成をしてネタが披露できるかという企画に挑戦する。 別れた相方とネタができれば、10万円の賞金が獲得できるという今企画。一度、解散を選んだお笑いコンビが再び組むというのは互いのプライドもあり、なかなか至難なことである。 ヘアバンドをしたアイドル風の衣装で、“ワカチコワカチコ”のフレーズで大ブレークしたゆってぃの元相方は、「ラッパーになりたい」という理由で違う道を選んだ。元相方に「出るメリットがない」とまで言われてしまったゆってぃは、どんな手を使って口説き落とすのか。 もう一人の挑戦者AMEMIYAは、15年前にノンストップバスを解散。理由はケンカ別れだったという。コンビだったころ、そして一人で活...more
カテゴリー:

武井壮、次世代ご意見番に王手? 強気発言でも炎上知らずなワケ - 07月17日(火)08:40 

 近年急増しているタレントコメンテーターの中でも、発言の注目度の高さで頭ひとつ抜きんでているのが武井壮だ。そのツイートが同日中にネットニュースに取り上げられることも珍しくない。メディアが注目するのは、武井の発言が多くの共感を呼ぶ点にある。最近では、日大アメフト問題に関する投稿が約7万「いいね!」2万リツイートの反響を呼び話題となった。時に過激ながらも、なぜ武井の言葉は炎上せずに視聴者の支持を得られるのだろうか? 【写真】体格の違う外国人選手と並んで…世界マスターズに出場した武井壮 ■スポーツだけでなく社会問題への鋭い提言も メディアも注目する発言力  5月6日に起きた日大アメフト問題では、専門家やスポーツコメンテーターからさまざまな意見が上がったが、ひと際視聴者の共感を呼んだのが武井のコメントだった。  日大加害選手の会見があった同月22日、「スポーツってよ、努力して夢叶えて幸せになるためのもんだろう?大人のくだらねえ権威争いとか保身の為に子供達を扱うもんじゃねえだろうよ」「反則したり若者苦しめたり彼らが人生投げ出してまでも『勝たなきゃ食って行けない』ような業界じゃ未来はねえよ」とツイートすると、「武井壮さんのこういうのホント好き。正しいことを正しいと言える人間にならんとな」、「もはや武井壮さんにスポーツ界の現在、そして未来を託したい」といった称賛の声が相次いだ。  また...more
カテゴリー:

池上彰、カトパンのアナウンサーランキングをいじる「トランプ大統領みたい」<会見全文> - 07月17日(火)06:00 

日本テレビ系で、8月9日(木)夜7:00-8:54に「池上彰が教えたい!『実は…のハナシ。』第2弾」(仮)が放送されることが分かった。MCの池上彰と加藤綾子からコメントが届いた。 【写真を見る】ロシアの海軍兵学校で銃を手にする池上彰/(C)NTV 本番組は2017年6月に放送された「池上彰が教えたい!―」の第2弾。世界のリーダー、アメリカのドナルド・トランプ大統領、中国の習近平国家主席、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領にスポットを当て、徹底分析する。 また、収録には日本、アメリカ、ロシア、中国の中高生が参加。池上ら出演者と意見を交換する。 さらに、池上は3国の特徴的な学校を紹介する企画の中で、ロシア・ウラジオストク海軍兵学校を訪問。プーチン大統領肝入りの学校の教育内容を取材し、そのVTRを公開する。 ゲストとして、鈴木梨央、つるの剛士、堀田茜、山里亮太もスタジオに登場した。 収録後、1年ぶり2度目のタッグを組んだMCの池上彰と加藤綾子が取材に応じた。2人の息ぴったりな一問一答をたっぷり全文紹介! ■ 1年ぶりのカトパンとの再会に、池上彰は… ――1年ぶりの共演となりました。第2弾が決まったお気持ちを教えてください。 池上:前にやって、「またご一緒できればいいな」とスタッフといろいろ話はしていたんですけど、企画がなかなか絞れなかったり、例えば「ロシアに行こう」となると取材のOKが...more
カテゴリー:

【芸能】 元SMAP3人が紅白出場!? ジャニーズ事務所不祥事続きで横ヤリの心配なし! - 07月16日(月)17:30  mnewsplus

 香取慎吾(41)、草なぎ剛(44)、稲垣吾郎(44)の元SMAP3人が、大みそかのNHK紅白歌合戦に出場する!? まさかの衝撃情報が飛び込んできた。NHKがこの3人を紅白に引っ張り出そうと、水面下で動き始めたというのだ。紅白といえば毎年、3人の古巣であるジャニーズ事務所が大きな影響力を持つ番組。本来なら元SMAP3人の出場など何があってもジャニーズ事務所が許しはしないはずだが、今年に限っては「横ヤリは入らないだろう」と関係者は話している。 「これはガチ情報です。NHKは、本気で元SMAPの3...
»続きを読む
カテゴリー:

『ハウス・オブ・カード』ロビン・ライト、ケヴィン・スペイシー降板劇について胸中を語る! - 07月15日(日)18:00 

昨年10月、政治サスペンスドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』で主人公フランク・アンダーウッドを演じたケヴィン・スペイシーがセクハラを告発され、シリーズを降板した件は当サイトでもお伝えしてきた。その降板劇について、フランクの妻クレアを演じるロビン・ライトが初めて胸中を明かした。米Varietyなどが報じている。【関連記事】ダイアン・レイン&グレッグ・キニア、『ハウス・オブ・カード』ファイナルシーズンに出演決定昨年、俳優アンソニー・ラップ(『スター・トレック:ディスカバリー』)が14歳当時に、ケヴィンにセクハラ行為を受けたと明かし、その後ケヴィンはシリーズを解雇された。7月9日(月)、米NBCのトーク番組『Today(原題)』にゲスト出演したロビンが本件について、「もちろん関係者全員が驚いたと思うし、最終的には悲しくなったわ」と口を開いた。仕事以外でケヴィンと交流がなかったというロビンは、「彼と連絡を取る方法が分からなかった。ケヴィンと私は"アクション"と"カット"の合間に笑い合う程度の仲で、彼のことを知らなかったの。最高の俳優であることは分かっていたけど」とコメント。そして、ハリウッドで大きく取り上げられているセクハラ問題については、「"誘惑"という、大きく幅広い問題だわ。相手の人間性を無視した"パワー"が争点になっていると思うの。誰かが相手より上に立ったら、下にいる人は立場...more
カテゴリー:

『笑点』仲間の死も笑いに昇華 不謹慎をはね退ける芸人の覚悟と絆 - 07月15日(日)08:40 

 7月2日、落語家の桂歌丸さんが亡くなった(享年81歳)。晩年、酸素吸入器を着けた姿も見受けられたが、ともに番組を盛り上げてきた『笑点』メンバーたちが、8日に放送された緊急追悼版『笑点』や12日の『ミスター笑点 桂歌丸師匠追悼特番』(ともに日本テレビ系)でも明るく笑いを誘っていたことで、賞賛の声が集まっている。もちろん、それは本当の不謹慎にならない話術とチームプレーがあってこそだろう。これまでも、落語家やお笑い芸人たちは、葛藤しながらも盟友や家族などの死を“笑い”に昇華してきた。“笑い”を生業としている芸人たちの、覚悟の弔いとは? 【写真】“不謹慎”とは一体!? 定番ネタ連発で笑って桂歌丸さんを追悼した笑点メンバー ■“真の芸人”集団で形成された『笑点』、“笑い”を冠する番組の使命  『笑点』は1966年の放送開始以来50年以上、常にお茶の間に“笑い”を届けてきたが、ときには“不謹慎”との境界線も模索してきた。大きな災害など国規模の不幸があり、何をしても不謹慎と謗られ、エンタメすべてが“自粛”ムード。その中においても、『笑点』はいつも通りに“笑い”を提供し、例えば後になって被災地からも「ありがたかった」との声もあがったのである。  林家木久扇が、歌丸さんが亡くなってから初の『笑点』の収録で「(亡くなったことと)笑いと結びつけて放送するのが大変なことだと思いました。悲しいのに...more
カテゴリー:

もっと見る

「レギュラー出演」の画像

もっと見る

「レギュラー出演」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる