「リンチ」とは?

関連ニュース

ピストルズやPiLのフロントマン、ジョニー・ロットンのドキュメンタリー映画が公開 - 06月21日(木)18:15 

セックス・ピストルズ後のジョニー・ロットンの人生を描いたドキュメンタリー映画、『Public Image is Rotten』が9月に海外で公開。そのトレーラー映像が公開された。40年前の1月、アメリカツアー終了直後、輝かしい栄光の中でセックス・ピストルズが解散した。そして、1978年が終わる少し前、フロントマンのジョニー・ロットンは再び立ち上がった。ジョニー・ロットンを捨て、本名のジョン・ライドンを名乗り、ポストパンクのパイオニア・バンド、パブリック・イメージ・リミテッド(以下、PiL)を立ち上げ、同年12月にイギリスでファーストアルバムをリリースしたのである。それ以来、何度か活動中断の憂き目にあうも、PiLはライドンが最も思いを注いでいる存在だ。このグループの歴史が新作ドキュメンタリー映画『The Public Image is Rotten』のテーマだ。Abramorama経由でこの秋公開予定で、9月14日のニューヨーク市のメトログラフシアターでの上映を皮切りに、北アメリカの映画館を順次まわる予定になっている。ここで初公開される映画のトレーラーでは、ライドンがセックス・ピストルズのメンバーだったことがどれだけ「楽しくなかった」のかを説明している。それというのも、彼らのマネージャーが望んだのは世間を驚かせることだけだったのだ。そのため、ライドンは「メディアを通した見せかけのごま...more
カテゴリー:

『劇場版 仮面ライダービルド』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』前売券が過去5年で最高の売上枚数記録 - 06月21日(木)09:54 

8月4日より公開となる『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)』の前売券の全国の劇場での売上枚数が、6月16日と17日の土日2日間で累計1万7900枚を記録したことがわかった。この数字は前作『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』(17年)対比191.2%という驚異的な数字となっている。 夏の定番映画として2001年にスタートした『仮面ライダー/スーパー戦隊シリーズ』18作目として公開を控える本作。発売開始2日間での1万7900枚という売上枚数は、2013年に公開され、興行収入12億円超えの大ヒットを記録した『劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land』『劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック』の1万7680枚を上回り、同シリーズの過去5年の中でも最高の記録となっている。 前売券には購入者特典として、スマホやタブレットを支えるアイテム【激熱(げきあつ)ライバル!ささえるヒーローズ!(全2種)】が付属。全国各4万個限定の本アイテムも普段の生活に使えると大好評だ。 本作は、平成仮面ライダーシリーズ第19作目で、シリーズ史上最高のIQ...more
カテゴリー:

デビッド・リンチ、米アマゾンでTシャツショップをローンチ - 06月20日(水)11:00 

 伝説のテレビシリーズの25年ぶりとなる続編「ツイン・ピークス The Return」で話題を集めた奇才デビッド・リンチ監督が、米アマゾンにTシャツストアを開業した。  オリジナルのコーヒーブランドをはじめ、「ツイン・ピークス」をモチーフにしたビールやスケートボードなど、すでに幅広い分野でマーチャンダイズ事業を展開しているリンチ監督だが、アパレル業界に本格的に進出するのは今回が初めてとなる。米Indiewireによれば、「スタジオ:デビッド・リンチ」と名づけられたストアでは、リンチ監督自らの手によるオリジナルデザインをフィーチャーしたTシャツ25種類を販売。全品26ドル(約2800円)というお手頃価格に加えて、サイズもSから3Lと豊富に取り揃えられているとのことだ。  「ブルーベルベッド」や「マルホランド・ドライブ」、「インランド・エンパイア」など、奇妙で幻想的な作品群で知られるリンチ監督が自らデザインしたものだけに、落書き調に描かれた恐竜やタコ、トンボなど実在の動物から、彼以外には思いつきそうもない奇抜なクリーチャーまで、アートワークもユニークなものばかり。「ツイン・ピークス The Return」の第2話「星々が巡り 時が正体を現す」を彷彿とさせる球状の物体描かれた、「ターキー・チーズ」「チキンヘッド・ブルー」といった変わり種も含め、リンチ監督ならではの美的センスが炸裂する...more
カテゴリー:

ジョージ・リンチ、ラットからツアー参加を誘われる - 06月18日(月)17:20 

ジョージ・リンチは、ウォーレン・デ・マルティーニ(G)が脱退したらしいラットからツアーに参加しないかと誘われたそうだ。◆ジョージ・リンチ画像先週、SiriusXMの番組で、その噂について問われたリンチはこう答えた。...
カテゴリー:

【サッカー】日本の要注意選手5人を挙げたコロンビアメディア、最初に本田を取り上げ、2人目は川島だ! - 06月17日(日)19:55  mnewsplus

 日本代表の西野朗監督は18日、都内で記者会見を行い、30日のキリンチャレンジ杯・ガーナ戦(日産ス)に向けた27人のメンバーを発表した。コロンビア版『アス』もこれを報じ、27人の中から警戒すべき5選手を紹介。全員が前回のブラジルW杯の対戦(1-4)でスタメン出場した選手となっている。  同メディアが最初に取り上げたのはMF本田圭佑(パチューカ)。「31歳の彼は日本で最も有名なプレーヤーだ。3度目のW杯を迎えるが、すでに2010年の南アフリカ大会と2014年のブラジル大会で合計3ゴールを記録している」とW杯での実績に触れ、「オラ...
»続きを読む
カテゴリー:

YOSHIKI、デヴィッド・リンチとの「Longing」撮影当時の映像を公開 - 06月21日(木)13:45 

デヴィッド・リンチの自叙伝『Room to Dream』の中で、YOSHIKIとの撮影秘話が語られている。『エレファント・マン』『マルホランド・ドライブ』や『ツイン・ピークス』で知られるデヴィッド・リンチが初めて出...
カテゴリー:

デビッド・リンチ、米アマゾンでTシャツショップをローンチ - 06月20日(水)11:00 

伝説のテレビシリーズの25年ぶりとなる続編「ツイン・ピークス The Return」で話題を集めた奇才デビッド・リンチ監督が、米アマゾンにTシャツストアを開業した。オリジナルのコーヒーブランドを...
カテゴリー:

ミューズ、ドローンを駆使したワールド・ツアーのライブ・フィルムが劇場で上映 - 06月20日(水)10:15 

ミューズのワールド・ツアーの模様を収めたライブ・フィルム『MUSE DRONES WORLD TOUR』が、7月12日より全国の劇場で公開されることが決定した。トム・カークとジャン・ウィレム・シュラムが共同監督を務めた本作は、ミューズが7thアルバム『ドローンズ』を引っさげて2015年から2016年にかけて行った「Drones World Tour」の様子を捉えたもの。全世界で成功を収めたこのツアーでは、アリーナ中央に舞台を据え360度楽しめるセットとなっており、カメラを付けた数台のドローンが空中から撮影した映像をスクリーンに映し出す演出が評判を呼んでいた。NYタイムズが「常に盛り上がりのピークが続くようなライブ。我々がライブに求めるもの全てが詰まっている」と絶賛したこのライブ・フィルムが、7月12日の世界同時上映に合わせて日本でも全国37の劇場にて公開。一部劇場では、特別に13日と二夜連続での上映も行われる。チケットは7月5日より各劇場のHPと窓口で販売される予定だ。ミューズのフロントマン、マシュー・ベラミーが『MUSE DRONES WORLD TOUR』に寄せたコメントは以下。「人とテクノロジーの共存は僕にとって常に興味を引くトピックだった。ドローンは、特に現代のテクノロジーを象徴する存在だと思う。日々発達していくテクノロジーが人にとってどのような利点があり同時に欠点となりう...more
カテゴリー:

YOSHIKI、デヴィッド・リンチと再会 X JAPAN時代にPV手掛ける - 06月18日(月)12:35 

ロックバンド「X JAPAN」リーダーのYOSHIKIさんがインスタグラムとツイッターを更新し、映画監督のデヴィッド・リンチさんとのツーショットを公開した。
カテゴリー:

相次ぐ出演作…ニコラス・ケイジが今、忙しいワケ - 06月16日(土)06:20 

 ニコラス・ケイジが、忙しい。今月、日本では『ダークサイド』(本日公開)と『マッド・ダディ』(6月23日公開)の2本が公開になるが、フィルモグラフィーによると、今年の彼の出演作は、すでに6本。昨年、一昨年はそれぞれ5本で、まさに働き通しである。だが、アメリカの観客は、その事実にほとんど気づいていない。業界人ですら「そんなのあった?」と言うような作品ばかりだからだ。中には、配給がつかず、アメリカでは劇場公開されずに終わったものも多い。【写真】ワイルド、FBI、囚人、天使、魔法使い…色々演じてきました「ニコラス・ケイジ」出演作品フォトギャラリー ケイジはかつて、アクションも、コメディも、シリアスな演技もこなせるマルチな実力派として尊敬を集めていた。1990年にはデビッド・リンチの『ワイルド・アット・ハート』に主演、5年後の『リービング・ラスベガス』でオスカーを受賞し、その後はジェリー・ブラッカイマー製作の娯楽大作を次々に当てて、1作品あたり2000万ドルのギャラを得られる、ごくひと握りのスターの仲間入りをする。 そのリズムが狂い始めたのは、やはりブラッカイマー製作の『魔法使いの弟子』(2010)がコケたあたりからだ。その半年後に公開された『ドライブ・アングリー3D』はさらにひどく、全米9位デビューという、当時の彼には考えられない、情けないオープニングだった。以後、2000スクリーン以上...more
カテゴリー:

もっと見る

「リンチ」の画像

もっと見る

「リンチ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる