「リッチ」とは?

関連ニュース

競争の少ない「ゆとり教育」の中で育った“20歳前後の若者”はメンタルが弱い?なぜ日本はこのような偏見が平気でまかり通るのか? - 07月22日(日)20:29  poverty

日本代表は172cm65kgのMVPモドリッチのプレースタイルに学ぶべし! <一部抜粋>  97年生まれ以降の東京五輪世代をつぶさに見ている森保監督であれば、 若手の誰が急成長しそうか、人間力を備えているのかがよく分かっているだろう。 実際、本田ら北京五輪世代を見ても、ユース時代から才能を高く評価されていた平山相太(元仙台)や 家長昭博(川崎)らが日本代表に定着できず、本田や長友佑都(ガラタサライ)、岡崎慎司(レスター)と いった雑草たちが這い上がった。「僕らは若い頃から叩かれ、批判されてきた分、メンタ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ロシアW杯】 「ロシアW杯ワースト11」を英データサイト選出 日本の長谷部も登場「MFとして…」 - 07月20日(金)17:41  mnewsplus

➖ 独自のデータを基に、最低4試合に出場したなかから期待外れの選手を選出  ロシア・ワールドカップ(W杯)はフランスが5大会ぶり2度目の優勝を果たした。MVPに選ばれたクロアチア代表MFルカ・モドリッチや19歳のフランス代表FWキリアン・ムバッペらが大会を彩ったスターとしてファンの記憶に残った一方で、なかには期待外れに終わった選手たちもいる。 英サッカーデータサイト「Whoscored.com」では独自のデータを基にし、最低4試合以上に出場した選手のなかからワーストイレブンを選出。ベスト16入りした日本からは主将MF...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】英ユーザー投票「ロシアW杯理想の11人」に吉田と長友選出 優勝国はまさかの“ゼロ” - 07月20日(金)13:37  mnewsplus

ロシア・ワールドカップ(W杯)はフランスの20年ぶりの優勝で幕を閉じた。数々の激闘を惜しむかのように、各国メディアは大会総括やベストイレブンなどの企画を実施しているが、英公共放送「BBC」はユーザー投票で「理想的な11人」を選出。日本からは3位に躍進したベルギーと並ぶ2選手が名を連ね、スペイン紙「マルカ」メキシコ版がその結果を報じている。 適用されたシステムは4-3-3で、守護神にはメキシコ代表GKギジェルモ・オチョアが入った。自身4度目のW杯出場となった33歳は、決勝トーナメント1回戦ブラジル戦(0-2)で好セーブ...
»続きを読む
カテゴリー:

“ふわとろ、リッチ”なチーズケーキ、リニューアル。創業から50周年を迎える洋菓子店「赤い風船」は、看板商品『フォンダンフロマージュ』をリニューアルいたします。 - 07月20日(金)11:00 

[株式会社九十九島グループ] [画像1: https://prtimes.jp/i/7503/202/resize/d7503-202-265507-1.jpg ] 発売日/ 2018年7月18日(水) 取り扱い店舗/ 赤い風船直営店3店にて先行販売 (マイング博多駅店、イオン大塔ショッピングセンタ...
カテゴリー:

【オシム】「ティキ・タカもロシアの超守備的戦術を破れなかった。もはや、美のために死を選ぶこと、が評価される時代は去った」 - 07月18日(水)18:36  mnewsplus

スーパースターが勝ち残れず、予想を裏切る「番狂わせのW杯」だった。これだからサッカーは面白い。 最大の事件はクロアチアの準優勝。注目したのは、ダリッチ監督のパーソナリティーだ。 造反を起こした選手は追放し、誰をも特別扱いしないことをはっきりさせた。選手も監督を信頼し、チームは結束した。 クロアチアを含む旧ユーゴスラビア諸国はこれまで、少し勝つと自分が空を飛べるかのように傲慢になる傾向があった。 今回のクロアチアは、監督の謙虚さがチームに平常心、落ち着きを与えたのではないか。 何より粘り強さが...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<W杯期間中に追放されたクロアチアFWカリニッチ>準優勝メダルの受け取りを辞退「もらう資格がない」 - 07月21日(土)08:44  mnewsplus

ロシア・ワールドカップ期間中にチームから追放されていたクロアチア代表FWニコラ・カリニッチは、 準優勝メダルの受け取りを辞退したことを『Sportske Novosti』に明かした。 カリニッチはグループステージ初戦ナイジェリア戦で途中出場の指示を受けたが、コンディション不良を理由に拒否。 一部報道によると本人は控えのポジションに納得していなかったとされ、この行為に激怒したズラトコ・ダリッチ監督によってチームから追放された。 その後、快進撃を見せたクロアチアは同国史上初となるW杯決勝進出を果たし、決勝ではフラン...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<英公共放送「BBC」がユーザー投票>「理想的な11人」を選出!日本からは最終ラインに吉田と長友が入る - 07月20日(金)14:25  mnewsplus

英公共放送「BBC」がユーザー投票実施、最終ラインに吉田と長友が入る   ロシア・ワールドカップ(W杯)はフランスの20年ぶりの優勝で幕を閉じた。数々の激闘を惜しむかのように、各国メディアは大会総括やベストイレブンなどの企画を実施しているが、 英公共放送「BBC」はユーザー投票で「理想的な11人」を選出。日本からは3位に躍進したベルギーと並ぶ2選手が名を連ね、スペイン紙「マルカ」メキシコ版がその結果を報じている。 適用されたシステムは4-3-3で、守護神にはメキシコ代表GKギジェルモ・オチョアが入った。 自身4度...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】メッシ、ネイマール選外…FIFAが『W杯ドリームチーム』発表! ブラジルから最多3名 - 07月20日(金)13:09  mnewsplus

 国際サッカー連盟(FIFA)がファン投票による『ロシアW杯ドリームチーム』の11人を発表した。  最多投票を獲得したのは、クロアチア代表を同国史上初の準優勝に導き、ゴールデンボール賞(MVP)も受賞したMFルカ・モドリッチ(6万5177票)。ブラジル代表からは2位にランクインしたMFコウチーニョをはじめ、7位のDFチアゴ・シウバ、11位のDFマルセロと最多3名が選出されたが、エースのFWネイマールは選外となった。  そのほか、優勝したフランス代表からはFWキリアン・ムバッペが3位、DFラファエル・バランが5位にランクイン。ゴールデ...
»続きを読む
カテゴリー:

最近、チラチラ記事で見る「新自由主義」ってのを分かりやすく教えてください - 07月19日(木)12:38  news

格差社会でいるくらいなら、日本は「階級社会」を目指した方がいい 1980年代終わりから2000年代、そして現在へ。この間に生じた日本社会の変化をひと言で表現するなら、それは「新自由主義化」であろう。 新自由主義は、企業間だけではなく、会社の内部の個人同士の自由競争がより良い社会を作りあげるという信念を広める。そして、 そこで生じた貧富の差は、スーパーリッチが生み出す富が貧者へとしたたりおちる(トリクル・ダウン)かぎりにおいて、正当なものであるとした。 またそれは、自由競争を阻害するもの──国による規...
»続きを読む
カテゴリー:

英紙がW杯で活躍のトップ50選手を発表…1位はMVPモドリッチ、乾貴士が23位にランクイン - 07月18日(水)17:12 

20年ぶりの優勝を飾ったフランス勢が上位を占めた。
カテゴリー:

もっと見る

「リッチ」の画像

もっと見る

「リッチ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる