「ライブ写真」とは?

関連ニュース

リトグリ、台湾&香港で初の海外単独公演 現地の楽曲カバーでも魅了 - 07月16日(月)14:38 

本格海外進出!アジアツアーで5人のハーモニーを世界に魅せた!  5人組ボーカルグループ・Little Glee Monsterが、14日に台湾・Legacy Taipei、15日に香港・Music Zone@E-Maxで自身初の海外単独公演『Little Glee Monster Asia Tour 2018 - juice!!!!! -』を開催し、現地のファンや日本からのファンも含め500人の観客を魅了した。 【ライブ写真】初の海外単独公演を敢行したLittle Glee Monster  リトグリのライブではおなじみのアカペラファンクメドレーをはじめ、人気のカバー曲「Jupiter」、現地の楽曲のカバー、2018年「コカ・コーラ」イメージソングに起用された新曲「世界はあなたに笑いかけている」(8月1日発売)など美しく力強いハーモニーを響かせた。  台湾公演では、夜市で現地の食べ物を堪能したエピソードを話したほか、現地スタッフに教わったという台湾の流行語も披露。さらに「一起唱!」(イーチンツァン=歌って!)と呼びかけ、観客を盛り上げた。  本格的な海外進出への第一歩を踏み出したリトグリは、日本では9月から自身最大規模の全国ツアー『Little Glee Monster Live Tour 2018~Calling!!!!!』(全23公演)がスタートする。 ■『Litt...more
カテゴリー:

「日本3大音楽フェス」関係者だけが知っている歴代ベストシーン:フジロック編 - 07月15日(日)09:00 

今やすっかり夏の風物詩となった、音楽フェスが日本に根付いてから20年が経つ。近年は子連れで参加するオーディエンスも増えており、ビギナー/リピーターを問わず音楽と戯れ合う光景は、カルチャーとしての成熟ぶりを感じさせる。そのなかで、「日本の3大音楽フェス」と呼ばれるFUJI ROCK FESTIVAL(フジロック)、SUMMER SONIC(サマソニ)、ROCK IN JAPAN FESTIVAL(RIJF)は、アーティストと観客の熱狂が生んだ無数のドラマに加えて、フードやファッションといった音楽のみにとどまらないエンターテイメントの多様性でも時代をリードしてきた。そこで今回RSでは、それぞれのフェスと縁の深い関係者にインタビューを実施。彼らが目撃したベストシーンとエピソードを振り返ってもらった。vol.01 FUJI ROCK FESTIVAL(フジロック)1997年に誕生した、日本を代表する野外ロックフェス。国内外から集うラインナップの多様性や、自然に恵まれた開放的なムード、十人十色のスタイルで楽しめる懐の広さで、多くのリピーターを生み出し続けている。このようにフジロックが愛される理由を今一度確かめるべく、公式ファンサイトのカメラマン総括にインタビューを行った。音楽を被写体にするきっかけをくれたのがフジロック公式ファンサイト「FUJIROCKERS.org」(以下org)は、「FU...more
カテゴリー:

YOSHIKI「紅」再ブームに「光栄です」 高畑充希の熱唱CMが話題に - 07月13日(金)15:17 

 ロックバンド・X JAPANのYOSHIKIが13日、都内で行われた『Y by Yoshiki』プレミアム新作ワイン発表会に出席。女優の高畑充希がテレビCMでX JAPANの代表曲「紅」を熱唱。テレビで聴かない日はないほどの反響となっており、YOSHIKIも「僕の耳にも入ってきました。一言でいえば光栄です」と白い歯をみせた。  「紅」はリリース当時から爆発的な人気を誇り、今では高校野球のブラスバンド曲としても親しまれている。「あの曲を書いたのは、10代後半から20代前半くらい」と感慨深げに振り返りながら「その時の僕の気持ちをいろんな方に共感してもらって、あの歌詞を歌ってもらえるのは、うれしい。いろんな表現があるんだなと興味深く、いい意味でびっくりしています」と上機嫌に話した。  近頃では、テレビCMの影響からか、SNS上などで「紅」を熱唱する姿を撮影した動画が数多く投稿されている。リポーターから「10歳くらいの子が歌ったりしているのですが…」と話題を振られると「10歳で!? ちょっと紅に染まるのが早くないですか?」と目を丸くし「まだ桃色くらいでいいんじゃないでしょうか」と笑っていた。  同ワインは、YOSHIKIがプロデューサーを務め、醸造家のロブ・モンダヴィJr.とのコラボレーションにより製造。17日より2種発売される。「長年温めてきたワインが公の場に出る。感慨深いですし...more
カテゴリー:

miwa、ヒカリエで「ヒカリへ」熱唱「やっとこの日が来た」 - 07月11日(水)20:03 

 シンガー・ソングライターのmiwaが11日、デビュー8年目で初のベストアルバム『miwa THE BEST』の発売記念ミニライブイベントを東京・渋谷ヒカリエのヒカリエホールAで開催し、代表曲「ヒカリへ」など4曲を熱唱した。  イベントの締めくくりでmiwaは「ここはヒカリエなので、ヒカリエで『ヒカリへ』を歌いましょう」と切り出し、「やはりね、『ヒカリへ』という曲をヒカリエで歌えるアーティストはmiwaしかいないからね。曲を書いてからやっとこの日が来たかという感じもありますよね」と感慨深げ。渋谷ヒカリエは2012年4月開業、「ヒカリへ」は2012年8月リリース。6年越しの夢をかなえることになり、「ヒカリエで『ヒカリへ』を歌うという記事がきっと出るでしょうから」といたずらっぽく笑った。  ギターをかき鳴らしながら「ヒカリへ」を歌い終えたmiwaは「本当にヒカリエで『ヒカリへ』を歌う日が来たんだ…。ベストアルバムって感じがしましたね」とご満悦だった。  この日会場に集まったファン1000人には、デビュー当時からのトレードマークでアルバムのジャケットを模した「前髪パッツン」お面を配布。即席のなりきりmiwa1000人に迎えられたmiwaは「似合ってる人も似合ってない人もいる」と笑顔をみせた。  事前に募集していた前髪パッツンにしたいファンの中から21歳の女性が選ばれ、miwaがザ...more
カテゴリー:

奥田民生・斉藤和義・トータス松本ら全員50代新バンド結成 9・23デビューライブ - 07月11日(水)09:00 

 寺岡呼人(50)、奥田民生(53)、斉藤和義(52)、浜崎貴司(53)、YO-KING(50)、トータス松本(51)の6人が、新バンド「カーリングシトーンズ」を結成することが明らかになった。全員50代の大物ミュージシャンからなるドリームバンドは、9月23日にZepp Tokyoでデビューライブを開催する。 【写真】ギターを手に白スーツもサマになる「カーリングシトーンズ」  JUN SKY WALKER(S)のベーシストで音楽プロデューサーとしても知られる寺岡のソロ活動25周年を記念し、レコード会社も所属事務所も異なるマルチプレイヤー6人が集結した。新バンドでは全員“シトーン”を名乗り、寺岡シトーン(Vo/G/B/Key)、奥田シトーン(Vo/G/B/Dr)、斉藤シトーン(Vo/G/B/Dr)、浜崎シトーン(Vo/G)、キングシトーン(Vo/G/B/Dr)、トータスシトーン(Vo/G)で構成。全員ボーカル&ギターでソングライティングもでき、ツインドラムや4人ベースも可能となる。  こうしたバンド形態は、ジョージ・ハリスンやボブ・ディラン、トム・ペティらが、所属レコード会社が異なる関係上全員が実名を伏せ、「ウィルベリー姓の兄弟」という設定で1988年に結成した伝説の覆面バンド「トラヴェリング・ウィルベリーズ」をほうふつとさせる。オールスターバンドという意味では、1971年にタイ...more
カテゴリー:

Perfume、新アルバムジャケ写公開 レギュラーラジオでリード曲初OA - 07月16日(月)12:00 

 人気テクノポップユニット・Perfumeが、2年4ヶ月ぶりとなる7枚目のオリジナルアルバム『Future Pop』(8月15日発売)のジャケット写真を公開した。 【写真】Perfumeの新ビジュアル別バージョン  きょう放送のレギュラーラジオ番組TOKYO FMほか『Perfume LOCKS!』(『SCHOOL OF LOCK!』番組内、毎週月曜 後11:05頃)では、リード曲「Let Me Know」を初オンエアする。 【関連記事】 【ライブ写真】圧巻のライブを披露したPerfumeソロショット 【写真】Perfumeのっち&かしゆか、セーラー服姿を披露 【写真】“裸足”で舞うPerfumeが新鮮と話題 【写真】Perfume×星野源が恋ダンス共演 【写真】Perfume、スレンダー体型披露 エヴァ作者デザインワンピ
カテゴリー:

YOSHIKI、頚椎手術から1年「まだ首に異物感ある」 再手術の可能性も示唆 - 07月13日(金)15:32 

 ロックバンド・X JAPANのYOSHIKIが13日、都内で行われた『Y by Yoshiki』プレミアム新作ワイン発表会に出席。昨年5月、頚椎(けいつい)人工椎間板置換手術を受けたYOSHIKIは、経過具合を問われると「まだ首に異物感はありますし、まぁまぁですね」と明かした。 【画像】YOSHIKIがインスタにアップした手術箇所  昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』で手術後初のドラム演奏を披露し、今年4月の東京・Zepp DiverCity公演でフルステージでの本格ドラム復帰を果たしている。「(復帰は)ちょっと早かったかなというのはありますが…」と本音を漏らしつつ「もう数ヶ月から1年くらいかかって回復するのかな」と話した。  また「頚椎の5と6の間に人工の椎間板を入れたけど、実は4と5の間も悪い。前回、両方手術するか悩んだくらい。まだ爆弾は抱えています」と告白する一幕も。報道陣から再手術の可能性を問われ「今度、ドラムを続けた場合はあり得ると言われています。医者からも『無理はしないように』と。“無理しない=ドラムを叩くな”ということだとは思います」と示唆していた。  同ワインは、YOSHIKIがプロデューサーを務め、醸造家のロブ・モンダヴィJr.とのコラボレーションにより製造。17日より2種発売される。発表会には、ワイン漫画『神の雫』の原作で知られる作家姉弟・亜樹直(樹林...more
カテゴリー:

YouTubeでより身近なアイドルに昇華、NMB48吉田朱里が語るアイドルのあり方 - 07月13日(金)08:40 

 昨今、現役アイドルが自分を表現する場としてYouTubeを利用することも珍しくなくなってきている。そのなかでも“アイドルによるヘアメイク紹介動画”の先駆者として59万人ものチャンネル登録者を獲得し、現在も地道な努力で高い人気を維持しているのが、今年の『第10回AKB48世界選抜総選挙』で14位に輝いたNMB48の吉田朱里。あるときは舞台でスポットライトを浴び、あるときは自分の部屋でコツコツと動画編集に勤しむ…。2年連続選抜入りを果たし、アイドルとしての知名度も確実に上昇しているのにもかかわらず、なぜ彼女は今もYouTuberを続けているのだろうか? その根底には「もっとかわいくなりたい」という21歳の女の子らしい純粋な気持ちと、アイドル時とは異なる、“吉田朱里を魅せる”ための戦略があった。 【写真】女子力全開!フォトブックで色気ある表情も見せた吉田朱里 ■自分が特別にかわいかったら、メイク術なんて逆に教えないと思う  累計再生数1億回を突破している吉田朱里のYouTubeチャンネル『アカリンの女子力動画』。同チャンネルは吉田自ら撮影と動画編集を行い、彼女のヘアメイク術を紹介するという、言わば“王道アイドルらしくない”試みだった。しかし、2016年の開設を機に吉田は多くの女性ファンを取り込むことに成功。2017年の『第9回AKB48 選抜総選挙』では、前年の77位から16位と...more
カテゴリー:

スズメバチの襲来に表彰式パニック、地元のおやじさんが退治!?【ツアーカメラマンの景色】 - 07月11日(水)13:20 

毎週、ゴルフツアー会場で選手たちを撮影し続けるプロカメラマン。インサイドロープでプロゴルファーの凄みや熱気を感じ、ときおり会話のやりとりを見聞きするなど、“試合中の選手たちに最も近いメディア”であるツアーカメラマンが見た印象的な景色を紹介する【ニッポンハムレディスクラシック編】。 【写真】地元・北海道で藤田光里がステップに参戦!とびっきりの笑顔を激写 ゴルフは自然との闘い。悪天候に見舞われた「ニッポンハムレディスクラシック」のコンディションには選手が苦しめられた。気象条件だけでなく、大量に発生したブヨに刺される選手も多く、クラブハウス前は虫よけスプレーのにおいが充満した。これからの時期は蜂にも要注意。特にスズメバチの被害が全国から聞こえてくる季節になってきた。 永久シードにあと4勝と迫るアン・ソンジュ(韓国)の優勝で幕を閉じた本大会だが、優勝者をたたえる表彰式も終わり、副賞のメルセデスベンツのレプリカキーがソンジュに贈られているところ。そこに、あのやばいやつが襲来した。 「写真撮影をしようと、メルセデスジャパンの社長とソンジュ選手が壇上に上がったときに、小指ほどの大きさのスズメバチが襲ってきたんです。最初はキーに向かって、その田尾は壇上のおふたりに向かって飛んでいきました。そのあとはわれわれカメラマンにも突進してきて…。写真では小さいですが、本当に大きかったんです」と恐怖体験...more
カテゴリー:

Nissy、初の映画主題歌「ドキドキするハッピーソングを!」 吉沢亮主演『あのコのトリコ』 - 07月11日(水)06:00 

 Nissyこと人気グループ・AAAの西島隆弘が、吉沢亮主演の映画『あのコのトリコ』(10月5日公開 宮脇亮監督)の主題歌「トリコ」(9月30日発売)を書き下ろしたことが10日、わかった。Nissy名義で映画主題歌を手がけるのは今回が初となる。 【動画】Nissyの主題歌を使用した『あのコの、トリコ。』予告映像  同映画は、『Sho-Comi』(小学館)にて連載され、既刊5巻コミックスで累計発行部数100万部を突破(電子ダウンロード含む)した白石ユキ氏の漫画を実写化。田舎から東京の芸能コースがある高校に転入した主人公・鈴木頼を吉沢が演じ、頼が一途に思いを寄せるヒロイン・立花雫を新木優子、頼のライバルとなる人気イケメン俳優・東條昴を杉野遥亮が演じる。地味で冴えないメガネ男子の頼が、雫のためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、昴の幼なじみ3人が恋と夢を追いかけるストーリー。  プロデューサー陣からの「映画館から明るい気持ちで帰れるような曲を」というリクエストを受けたNissyが、映画のエンドを飾るにふさわしい、ハッピーな楽曲「トリコ」を作詞・作曲した。作品の世界観やメッセージに沿って、歌詞には「雫」という言葉が印象的に散りばめられている。  楽曲を使用した予告映像も解禁され、頼が冴えない男子から覚醒してメガネを外す場面や、原作のなかでも人気を誇る頼と雫のランジェリー広告撮影の...more
カテゴリー:

もっと見る

「ライブ写真」の画像

もっと見る

「ライブ写真」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる