「ユーモラス」とは?

関連ニュース

菅田将暉×山崎貴監督初タッグ『アルキメデスの大戦』実写映画化 - 07月17日(火)16:45 

 俳優の菅田将暉が『永遠の0』の山崎貴監督と初タッグを組む映画『アルキメデスの大戦』が2019年夏に公開されることが発表された。主人公の天才数学者を演じる菅田は「今やらなければならない作品だと思いました。使命感を持って臨んでいきます」とコメントを寄せている。【写真】映画『アルキメデスの大戦』メイキングスチール&原作書影 本作は、三田紀房の同名コミックを実写映画化した歴史エンターテインメント超大作。日米開戦前夜の日本を舞台に、“世界最大級の戦艦”と呼ばれた「大和」の建造計画と、それを阻止するべく山本五十六に引き入れられた数学者・櫂直の活躍を描いていく。 第二次世界大戦開戦前の昭和8年。日本帝国海軍上層部は超大型戦艦「大和」の建造計画を進めていた。それに対し、海軍少将・山本五十六は、航空母艦の必要性を上層部に進言。しかし“世界に誇れる壮大さこそ必要”と上層部は戦艦「大和」の建造を支持する。危機を感じた山本は天才数学者・櫂直(菅田)を海軍へ招き入れる。櫂は自身の知能を駆使し、戦艦「大和」建設の裏に隠された不正を暴こうと動き出す。 本作で山崎監督と初タッグとなった菅田は「現場では山崎監督のニンマリ企み顔が毎日の癒しです」とユーモラスに語る一方、「誰もが知っている戦艦『大和』から見えてくる日本人の性と数学から浮き出てくる果てしない愚かさに、僕はロマンを感じました。そのスケールは非常に映画らし...more
カテゴリー:

プールやビーチで目立つこと間違いなし。ドラキュラ気分を味わえる棺モチーフのフロート - 07月15日(日)11:00 

「ピーチやプールでひときわ目立ちたい!」という方にぴったりな、面白いデザインのフロートをご紹介します。 ドラキュラ気分?棺の形をしたフロート ピンク色がかわいいフロート「Pom Pom Floats: Pink Coffin(ポムポムフロート:ピンク・コフィン)」。   Pom Pom Floatsさん(@pompomfloats)がシェアした投稿 - 2018年 7月月10日午前11時46分PDT 蓋がついたユニークなデザインは、ヴァンパイア映画に出てくる棺の形をしています。 Pom Pom Floats プールはもちろんのことビーチでも、ユーモラスなデザインは目立つこと間違いなし!   Pom Pom Floatsさん(@pompomfloats)がシェアした投稿 - 2018年 7月月8日午後2時06分PDT こんな風に蓋を開けて出てきたら、ビックリしてしまいますよね。 現在、Kickstarterで出資者を募集中 このユニークなフロートを作り出したのは、「Pom Pom(ポムポム)」のデザイナーAndrew GreenbaumさんとIan Feltonさん。   Pom Pom Floatsさん(@pompomfloats)がシェアした投稿 - 2018年 7月月8日午後4時09分PDT 現在、「ポムポム...more
カテゴリー:

大泉洋、日本版「グリンチ」に! イジワル演技収めた予告編も公開 - 07月13日(金)05:00 

 「怪盗グルー」シリーズや「ペット」「SING シング」などで知られる人気スタジオ、イルミネーション・エンタテインメントの新作「グリンチ」の日本公開日が、12月14日に決定。あわせて、主人公グリンチの日本語吹き替えを、大泉洋が担当することが分かった。 ・「グリンチ」大泉洋さん吹き替えシーン入り日本版予告はこちら!  人気作家ドクター・スースが1957年に発表した名作絵本が原作。愛犬マックスと洞くつに暮らす、いじわるで孤独なグリンチは、山のふもとに住む村人たちが大好きなクリスマスを“盗む”というとんでもない計画を立てる。オリジナル版では、「SHERLOCK シャーロック」「ドクター・ストレンジ」のベネディクト・カンバーバッチが、グリンチの声を担当している。  配給会社の担当者は、今回のオファーに至った経緯を「グリンチというキャラクターに出合った瞬間、真っ先に大泉洋さんを連想しました。大泉さんをもしアニメキャラ化したら、きっとこんな感じだろうな……と。いえ、決してひねくれている所が似ているという意味では無いです。違います」と明かしている。対する大泉は、本作でハリウッド映画の吹き替えに初挑戦。「今回僕が演じるグリンチは、人の幸せが大嫌いでいじわるばかりしている“超ひねくれ者”です。そんなグリンチのキャラクターにぴったりということでオファーを頂いたそうなのですが、“正直でピュアな大泉...more
カテゴリー:

デビッド・リンチ監督がドーナツをもぐもぐ?「ツイン・ピークス」ファン必見の特別映像入手 - 07月11日(水)17:30 

 1990年代に日本でも社会現象となった大ヒットドラマ「ツイン・ピークス」の25年後を描く「ツイン・ピークス リミテッド・イベント・シリーズ」(テレビ放送時の邦題は「ツイン・ピークス The Return」。ブルーレイ&DVD発売中)の、109シネマズとのタイアップCM映像が公開された。カイル・マクラクランがコーヒーを飲みまくり、チェリーパイを食べ続け、デビッド・リンチ監督がドーナツを頬張る姿をユーモラスに捉えている。 ・「ツイン・ピークス リミテッド・イベント・シリーズ」109シネマズ タイアップ映像こちら!  このほど公開されたCM映像は、7月4日から8月17日まで、全国の109シネマズの全スクリーン(一部を除く)で上映されるもの。109シネマズの開業20周年イベントの一環として、映画ファンに高い人気を誇るリンチ監督最新作とのコラボレーションが実現した。  「爽やかな苦み」「優しい甘み」「甘さと苦さが織り成す幸せの迷宮へようこそ……」と告げる謎めいた女性のナレーションに合わせて、コーヒーを飲みまくり、チェリーパイを味わい続けるクーパー捜査官役のマクラクランの姿が交互に映し出される。そして「それは甘み&苦みの無限〈ループ〉迷宮。」というコピーが挟み込まれると、全18エピソードの監督を務めたほか、俳優として出演もしているリンチ監督が、ドーナツをもぐもぐと頬張る。「ツイン・ピー...more
カテゴリー:

笑っちゃうけどめっちゃかわいいい!彼女の「変なクセ」9パターン - 07月11日(水)07:00 

仲のいい恋人同士になると相手の奇妙な「クセ」さえも可愛く感じられることがあるものです。そこで今回は、10代から30代の独身男性188名に聞いたアンケートを参考に、「彼氏が笑いつつも、『やばいめっちゃ可愛い!』と感じている彼女の奇妙なクセ9パターン」をご紹介します。 【1】今さっきまで笑いながら話していたのに、一瞬目を離すともう寝ている 「寝るの早すぎっ! どんだけリラックスしてるんだか」(20代男性)というように、あまりにも寝付きが良すぎる彼女に対して、ユーモラスな可愛らしさを感じている彼氏もいるようです。いつも穏やかな寝顔を見せてくれることに、不思議な安心感を覚えそうです。 【2】鉄道や岩石にやたら興味があるなど、渋いオタク話に妙にくいつく 「なんでそんなジャンル? と思いつつも、好奇心があるっていい」(20代男性)というように、女性としては珍しい分野に興味を持つ彼女を、温かい眼差しで見ている彼氏もいるようです。純粋な好奇心に突き動かされている姿が、なんとも可愛らしく見えるのでしょう。 【3】食事をするとき、必要以上に大きな口を開けて一生懸命食べる 「本人は自覚していないと思うけど、子供っぽくて可愛い」(20代男性)というように、「大口を開ける」のは女性にとってはしたないことですが、その様子を見るのが好きという彼氏も。「あーん」と嬉しそうに食べている顔を見ると、素朴な幸せを感...more
カテゴリー:

是枝監督新作は仏大女優カトリーヌ・ドヌーヴ主演 希望通りの配役に「さぁ、どうしよう」 - 07月16日(月)04:00 

 『第71回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門で最高賞のパルムドールを受賞し、興行収入が37億円を突破した映画『万引き家族』の是枝裕和監督(56)の長編15作目となる新作『La Verite(仮)』(※「e」にアクセントあり 邦題未定 2019年公開予定)の製作が決定し、フランスの至宝と呼ばれる世界的大女優、カトリーヌ・ドヌーヴ(74)が主演することが決まった。そのほか、ジュリエット・ビノシュ(54)、イーサン・ホーク(47)ら豪華な面々をキャストに迎え、現地スタッフたちとタッグを組んだ日仏合作となる。 【写真】フランスのマルヌにて ロケハン中の是枝裕和監督  フランス映画界のスター女優の母(ドヌーヴ)と、元女優志望だった脚本家の娘(ビノシュ)の物語。母の自伝出版を機に、娘がアメリカから夫(ホーク)と幼い子どもを連れて帰省する。母と娘の再会は、たちまち対立へ変容する。さまざまな真実が露わになり、愛と恨みが告白される…。母はSF映画に出演することになるが、自伝に自分の名前がないことに傷ついたパーソナルアシスタントが突然辞めてしまい、娘が代わりに撮影現場に付き添うことに…。その現場で出会った新進女優(リュディヴィーヌ・サニエ)の姿に、母はかつて親友でライバルだった、今は亡き女優の面影を重ねていくのだった。母と娘は長年に渡ってへだてられてしまった2人の関係を修復できるのだろうか…...more
カテゴリー:

はま寿司の微妙なタッチパネルの話しようぜww - 07月14日(土)19:50  news

ゼンショーグループの回転寿司チェーン「はま寿司」が21日、2018年6月14日(木)より実施している、 期間限定の注文タッチパネルの音声に有名声優を起用した「有名声優ナレーション第4弾」の正解を発表しました。 第1弾 中尾隆聖さん、第2弾 高山みなみさん、第3弾 TARAKOさんに続く、 第4弾は「ドラゴンボールシリーズ」の孫悟空役や、「ど根性ガエル」のひろし役など数多くのアニメで活躍している野沢雅子さん。 野沢さんの明るくユーモラスな声が注文商品の確認や、商品の到着をお知らせしてくれます。終了時期は未定です。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ピチピチのキャミソールで女装も披露!?シュワちゃんがはしゃぎ過ぎな殺し屋に! - 07月11日(水)18:03 

盟友シルヴェスター・スタローンの72歳のバースデーパーティに贈られたビデオメッセージで、自身の放ったジョークに爆笑しながらお祝いコメントを述べるユーモラスな姿が、アメリカのエンタメサイトで報じられたアーノルド・シュワルツェネッガー。数々の映画でもイメージそのままの快活な暴れっぷりでファンの心を掴んできた彼だが、最新作『キリング・ガンサー』(7月14日公開)では、いろんな意味でシュワちゃん史上最も“やり過ぎ”な姿を披露している!? 【写真を見る】シュワちゃんがカントリー歌手に転向?なんとも微妙な歌唱力を披露/[c] 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED [c] 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED 本作は“ガンサー”と呼ばれる世界最強の殺し屋と、彼の命を狙う暗殺者集団の壮絶な戦いをドキュメンタリータッチで描く異色のアクションコメディ。シュワちゃんは、手がかりを一切残さず、痕跡も目撃者もいない、正体不明かつ神出鬼没のガンサーを演じている。 “世界最強の殺し屋”と聞いて、『ジョン・ウィック』シリーズの主人公のようなハードボイルドな男を想像する人も多いことだろう。ところがこのガンサーは、ハードボイルドとは程遠く、むしろおちゃらけまくりな人物。 敵をライフルで始末して笑顔&カメラ目線で「大当たり!」...more
カテゴリー:

川平慈英、「クー!!」が言えなくなった!? WEB動画「使い果たした男」が公開 - 07月11日(水)14:49 

川平慈英が出演する、アイス「クーリッシュ」のWEBムービー「使い果たした男」が公開。川平が十八番である“クー!!”を言えなくなるというユーモラスな動画となっている。 【写真を見る】解決策が見つかった!? これは、7月2日より公開されている「クーリッシュ」の特設キャンペーンサイト”世界クゥーリッシュ選手権”の、オープニングムービーのメイキング動画という設定。 ”世界クゥーリッシュ選手権”のオープニングムービーの撮影現場にて、突然人が言える一生分の「クー!!」を使い果たし、「クー!!」と発声できなくなってしまった川平。どれだけ「クー」を消費してきたかを幼少期から現在に至るまでの写真を映しながら、どうにか撮影を成り立たせようと悪戦苦闘する川平と撮影スタッフの姿が描かれている。 「クーリッシュ」を「  リッシュ!」としか読めなくなり、初めは何が起きているのか理解できずにいた川平と撮影スタッフ陣。スタッフが用意した「クーラー」などの絵を声に出して読み上げていくうちに、「クー」が発声できなくなっていることが分かる。 しかしその後、「真空飛び膝蹴り」や「空芯菜」の絵は無事読み上げることができたことで、漢字・ひらがなの「くう」にはまだ余裕があることに気付いた川平と撮影スタッフ。カンペを「クーリッシュ」から「食うリッシュ」に変更することで見事乗り切るという、ツッコミどころ満載の動画に仕上がっている。...more
カテゴリー:

おもしろ外観の家シリーズ「知りたい!どうしてそうなった?」vol.2 - 07月08日(日)17:50 

家には住人の個性が表れるものです。住む人が違えば、家の形も千差万別。 「どうしてそうなったの?」と知りたくなる不思議な形の家や、思わずくすっと笑ってしまうユーモラスな家など、実にさまざま。 日刊Sumaiの過去記事から、まとめ第2弾!おもしろ外観の家を3つまとめてご紹介します! 「おもしろ外観の家シリーズ」記事一覧へ 「変形地」を個性に昇華!13枚の壁の家 こちらは13枚の真っ白な壁に、メキシコ原産の珍しい木が植えられた、個性的な建物。 壁の間の窓にカーテンはなく、中を覗き込む通行人もいるそう。たしかにギャラリーや美術館と間違えそうな壮観な作りですものね。 なぜこの扇状の変形地を購入したのでしょうか?それは、「四角い土地より変な形のほうがおもしろい家が建つと思い、購入したこと」がきっかけでした。 玄関側から見ると、まるで板だけが並んでいるように見えてユニークな家。 どうしてこんな変わったデザインの家になったのか?その理由を知ると、設計やデザインには無限の可能性があることを感じさせてくれる家なのです。 記事はこちら   家の中でキャンプができる?最高ののびのび空間 「子どもたちがのびのびと庭で遊べる家を作りたかった」そんな思いから誕生したのが、「巨大テント」のような家でした。 敷地全体に屋根をかけたこの家の1階には、LDKとほぼ同じ広さの庭「アウターリビング」がありま...more
カテゴリー:

もっと見る

「ユーモラス」の画像

もっと見る

「ユーモラス」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる