「ヤクルト」とは?

関連ニュース

メッセンジャーの好投で決断!金本阪神が「5人目の外国人選手」獲得へ - 05月23日(水)17:30 

22日のヤクルト戦、阪神の先発・メッセンジャー(36)がチームの危機を救った。6回3失点、初回一死から四球を与えたように、走者を背負う場面も続いたが、威力のある直球とスライダ...
カテゴリー:

復活の山田哲人 “前人未到”への挑戦 - 05月23日(水)11:45 

◆ 「40-40」も狙える好スタート  山田哲人(ヤクルト)が調子を上げてきた。  開幕当初は四球こそ多く選んでいたものの、安打がなかなか生まれず打率が低迷。それでも、そこから4月終了時点…
カテゴリー:

阪神、貧打のトンネル抜けた 13試合ぶり2桁安打 - 05月22日(火)22:31 

(22日・プロ野球 阪神8―3ヤクルト) 阪神打線の2桁安打は実に13試合ぶり。貧打のトンネルをやっと抜けた。 三回は敵失で2点を先取後、ロサリオと糸井の連続アーチが飛び出した。不振のロサリオは、11…
カテゴリー:

プロ野球:阪神が快勝 ヤクルト今季3度目の4連敗 - 05月22日(火)21:46 

 ○阪神8-3ヤクルト●(倉敷マスカット・22日)  阪神が13試合ぶりの2桁安打で快勝した。三回にロサリオ、糸井の連続本塁打などで5点を挙げ、四回以降もリードを広げた。メッセンジャーは6回3失点で粘り、リーグトップの7勝目。ヤクルトは序盤のミスが響き、今季3度目の4連敗。
カテゴリー:

増谷義昭氏が社長に 沖縄ヤクルト - 05月22日(火)11:08 

 沖縄ヤクルト(宜野湾市)は18日に開いた定時株主総会とその後の取締役会で、増谷義昭常務(48)が代表取締役社長に就く人事を承認した。入井将文氏は相談役に就いた。  新しい取締役には熊田隆氏(44)が就任した。
カテゴリー:

中止のプロ野球(23日) - 05月23日(水)15:52 

 ▽DeNA-中日(横浜)、▽阪神-ヤクルト(甲子園)。 [時事通信社]
カテゴリー:

プロ野球OBたちが語る「超プロ野球級」の選手たち - 05月23日(水)07:30 

 プロ野球が始まって80年以上、数多くの選手たちが華々しいプレーで我々を魅了してきた。一握りしか立てないプロの世界の中で、さらに頂点に立つ“超プロ野球級選手”とは、どれほどまでのレベルに達していたのだろうか――。  今年の1月8日に放送された『プロ野球総選挙』(テレビ朝日系)。野球ファン1万人が「本当にスゴい」と思う選手を投票し、順位を発表するというものだ。野手部門は、1位だったのがイチロー(マリナーズ)で、2位が“世界のホームラン王”王貞治(元巨人)、3位が“ミスター”長嶋茂雄(元巨人)というスーパースターが並び、4位大谷翔平(エンゼルス)、5位松井秀喜(元ヤンキースなど)、6位落合博満(元中日など)と、さまざまなタイプの野手がランクインした。投手部門では、大谷が1位、“メジャー挑戦のパイオニア”野茂英雄(元ドジャースなど)が2位、“神様仏様稲尾様”の稲尾和久(元西鉄)が3位、400勝投手の金田正一(元巨人など)が4位、田中将大(ヤンキース)が5位に入った。  錚々たる面々がズラリと並ぶこの結果を受け、本誌は「元プロ野球選手に聞いたら、どんな名前が挙がるのか」、OBたちに徹底取材。“超高校級”ならぬ“超プロ野球級”の選手は、いったい誰だ!? ■元中日ドラゴンズのレジェンドが激白  まずは、その中に十分入ってきそうな山本昌氏(元中日)。50歳まで現役を続けたレジェン...more
カテゴリー:

阪神が快勝=プロ野球結果・阪神-ヤクルト - 05月22日(火)21:49 

 阪神が13試合ぶりの2桁安打で8点を奪い快勝。三回にロサリオ、糸井の連続アーチなどで5点を先制。四回に1点、七回にも2点を加えた。メッセンジャーは6回3失点でしのぎ7勝目。ヤクルトは三回の山田が犯した2失策が響いた。 [時事通信社]
カテゴリー:

菊池、来週にも復帰=プロ野球・西武 - 05月22日(火)19:15 

 左肩の機能低下で出場選手登録を外れている西武の菊池雄星投手が、交流戦の本拠地初戦となる6月1日の阪神戦(メットライフドーム)で復帰する見込みとなった。菊池は22日、2軍施設でブルペン入りし、変化球を交えて36球。「肩に違和感なく投げられたので、そこが一番良かった。気持ちよく腕を振れることに喜びを感じた」と説明した。 今後は25日にイースタン・リーグのヤクルト戦(戸田)で2~3イニングをめどに登板予定。問題なければ、その1週間後に1軍登板となりそうだ。 [時事通信社]
カテゴリー:

ソフトバンク内川聖一、2000安打への修験道【二宮清純のスポーツ一刀両断】 - 05月22日(火)07:30 

 苦しみながらも2000安打を達成した福岡ソフトバンクの内川聖一が2008年に記録した3割7分8厘は、NPBにおける右打者の史上最高打率だ。両リーグで首位打者を獲得した選手も内川の他には江藤慎一しかいない。既にしてレジェンドの仲間入りを果たしているといっても過言ではあるまい。「アイツの打球は打ち取ったと思っても野手の間を抜けていく。要するに打球の球足が速いんです。トップスピンのかかったゴロを打てるのは、僕の知る限りではアイツと(東京ヤクルトの)青木宣親だけですよ」  こう語ったのは210勝投手の山本昌だ。「トップスピンのかかったゴロ」という表現が驚きだった。これは偶然の産物なのか、それとも意図的なのか。内川に聞くと、答えは後者だった。バットがまさにボールをとらえようとする瞬間のスイングスピードが最速になるよう意識しているというのである。 ■スイング音へのこだわり  本当にそんなことができるのか。内川が重視しているのが「音の鳴る位置」である。スイング音へのこだわりが尋常ではない。ビューンはNG、ブンかプンなら合格。これはよく聞く話だ。ビューンはスイングスピードが鈍く、バットが遠回りしている証拠だと見なされる。翻ってブンやプンはスイングスピードが速い上にバットが最短距離で出ている証拠だ。余談だが、長嶋茂雄は巨人時代の松井秀喜の好不調をスイング音だけで判断することができたとい...more
カテゴリー:

もっと見る

「ヤクルト」の画像

もっと見る

「ヤクルト」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる