「モーリー・ロバートソン」とは?

関連ニュース

韓国が「玉ねぎ男」チョ・グク氏を法相任命。決定強行に怒りの声 - 09月09日(月)13:15 

韓国の文在寅大統領は9日、側近のチョ・グク氏(54)を法相に任命したと、共同通信、日本経済新聞などが一斉に報じた。大統領府が明らかにしたという。 韓国大統領、側近のチョ国氏を法相任命決定https://t.co/cRVOariKeh — 共同通信公式 (@kyodo_official) September 9, 2019 韓国大統領、不正疑惑の側近を法相任命 https://t.co/jNY7aI94Ea — 日本経済新聞 電子版 (@nikkei) September 9, 2019 チョ氏は法相候補に指名された8月以降、娘の進学に関する不正疑惑が相次いで浮上していたが、強行した形だ。チョ氏は、次から次へと不正疑惑が出てきたことから、皮をむいてもむいても出てくる「たまねぎ」にかけて、韓国では「玉ねぎ男」などと呼ばれている。韓国内では不正入学のほか、息子の兵役逃れ、不動産の偽装売買、財産隠しなど複数の疑惑が報じられていた。 【参考記事】● 韓国は国内問題でも大揺れ。大臣候補のエリートが犯した「不正」 文在寅大統領は法相に指名していたチョ・グク前民情首席秘書官ら閣僚級6人を正式に任命。チョ氏をめぐっては娘の大学不正入学疑惑などが浮上、妻は私文書偽造の罪で在宅起訴されています。 韓国大統領、側近を法相に任命 妻や娘の疑惑くすぶるなかhttps://t.co/yy3aIIWZWy —...more
カテゴリー:

「オークランドは未来の東京の姿なのかも」モーリー・ロバートソンが語る映画『ブラインドスポッティング』 - 08月31日(土)22:30 

オークランドを舞台に、人種の違う者や貧富の差がある者同士が混在することによって起こる問題を描いた友情の物語『ブラインドスポッティング』が8月30日から日本公開を迎えた。今回は、新宿武蔵野館で行われた公開初日イベントより、ゲストとして登壇した・・・
カテゴリー:

きゃりーぱみゅぱみゅ、『ジョン・ウィック:パラベラム』の劇中曲に起用 - 09月07日(土)23:00 

キアヌ・リーブスが主演する大ヒット・シリーズの第3弾『ジョン・ウィック:パラベラム』の劇中曲として、きゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」が起用されていることが明らかになった。第1作目の『ジョン・ウィック』では愛犬を殺したロシアンマフィアを壊滅させ、前作『ジョン・ウィック チャプター2』では思い出の我が家を爆破したイタリアンマフィアをも壊滅させたジョン・ウィック。3作目となる本作では、世界各国の殺し屋を束ねる「主席連合」のメンバーを殺害したことで1,400万ドルの賞金首となったジョンが、次々と現れる刺客を相手に壮絶な死闘を繰り広げる。なかでも、本作最強の刺客として登場するのが暗殺者・ゼロ(マーク・ダカスコス)が率いるニンジャ軍団。今回解禁された本編映像は、主席連合から派遣された冷酷な裁定人(エイジア・ケイト・ディロン)が、ジョン・ウィックを確実に抹殺するべく最強のニンジャ軍団に暗殺を依頼するシーン。その舞台となるNYの片隅に佇む寿司屋「平家」の店内BGMとして流れているのが、きゃりーぱみゅぱみゅの大ヒット曲「にんじゃりばんばん」だ。同曲の個性的な歌詞とメロディが暗殺者であるニンジャたちを引き立てる同シーン。楽曲起用についてきゃりーぱみゅぱみゅ本人は『「にんじゃりばんばん」が、有名なハリウッド映画で流れていると知って本当にびっくりしました!私の中でも代表曲のひとつなので、素直に...more
カテゴリー:

「モーリー・ロバートソン」の画像

もっと見る

「モーリー・ロバートソン」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

こんなの見てる