「モバイルアプリ」とは?

関連ニュース

AI時代のカスタマージャーニー強化法 - 12月15日(土)12:00 

【編集部注】著者のAnirudh Panditは、 MuleSoftのCTOであり、ソリューションエンジニアリング部門の責任者である。 テクノロジーは何百年もの間、世界で経済成長の礎(いしずえ)の役割を果たしてきた。それは直近の3つの産業革命を支えており、いまや様々な分野に出現しつつあるテクノロジーによって示される、第4次産業革命の原動力になっている。 当然のことながら、人工知能はこの新しい革命を推進する重要な技術の1つだ。現代コンピューターサイエンスの父、アラン・チューリングが、1950年代に述べたように、「私たちが望むのは、経験から学ぶことができる機械である」。彼の論文”Computing Machinery and Intelligence”(計算する機械と知性について)は、ニューラルネットワークとコンピューター知性をいかに計測すべきかについての最も初期の記述である。AIのコンセプトは新しいものではないものの、私たちはAIが企業の中の実際のビジネス価値を、ようやく推進しようとしている局面に立ち会っているのだ。 今日の企業は、AIを活用して顧客、パートナー、従業員のエクスペリエンスを強化し改善しようとしている。しかし、多くの人がまだ認識していないことは、AIの良さはそれをサポートするAPIの良さに左右されるということだ。 たとえば、私たちは会話型コマー...more
カテゴリー:

インテック、スマートフォン・タブレット用アプリに特化した脆弱性診断サービスを提供開始 - 12月11日(火)11:00 

インテックは12月10日、スマートフォン・タブレット用アプリケーションに特化した脆弱性診断サービス「EINS/SVA+モバイルアプリケーション診断サービス」を12月から提供開始したことを発表した。
カテゴリー:

インテック、スマートフォン・タブレット向けのセキュリティ診断 - 12月10日(月)14:41 

インテックは、スマートフォン・タブレット用アプリケーションに特化した脆弱性診断サービス「EINS/SVA+モバイルアプリケーション診断サービス」を2018年12月より提供開始したことを発表した。
カテゴリー:

インテック、スマートフォン・タブレット用アプリに特化した脆弱性診断サービスを提供開始 - 12月10日(月)13:00 

[TISインテックグループ] ■「EINS/SVA+ モバイルアプリケーション診断サービス」の特長 インテックのセキュリティアナリストが、モバイルアプリケーションの脆弱性、通信先サーバのネットワークの脆弱性を診断 個人情報・機密情報の漏え...
カテゴリー:

Appleが目を光らせるサードパーティ製スクリーンタイムアプリ - 12月09日(日)12:00 

アプリの使用時間を追跡したり、ペアレンタルコントロール機能を実現しているいくつかのサードパーティアプリのデベロッパーは、Appleがこの数週間でアプリの審査を厳しくしているのは偶然ではないと危惧している。Appleは、iOS 12に独自のスクリーンタイムの追跡とペアレンタルコントロール機能を組み込んで発売した。それとほぼ時を同じくして、サードパーティ製のスクリーンタイムアプリに対するAppleの審査は厳しくなり、場合によっては不合格となったり、App Storeから削除されたりしている。 それに該当するデベロッパーは、スクリーンタイムを追跡するために、さまざまな方法を駆使してきた。というのも、そのデータを得るための公式な方法が用意されていないからだ。たとえば、バックグラウンドでの位置情報検出や、VPN、さらにはMDMベースのものがあり、複数の手法が組み合わせて使われることもある。 数人のデベロッパーが、ここ2、3ヶ月の間に集まって、自分たちが抱えている問題について話し合った。しかし、その内容を公表しようという人ばかりではない。結局のところ、Appleを公に批判することに抵抗を感じるデベロッパーは多い。特に彼らのビジネスが危険にさらされているときにはなおさらだ。 しかし、彼らの生きる道が閉ざされたと判断したときに、ブログでこの問題について報告した会社も何社かあった。 たとえば10月...more
カテゴリー:

BoltzEngine:即時配信やセグメント配信も可能なプッシュ通知配信エンジン - 12月13日(木)16:00 

プッシュ通知配信エンジン「BoltzEngine」は、iOSとAndroidのモバイルアプリに対応。時間や期間あたりの配信数に制限はなく、利用者が増えても安定してリアルタイムに情報を配信できるという。
カテゴリー:

インテック、スマホアプリに特化した脆弱性診断サービス | IT Leaders - 12月11日(火)10:00 

インテックは2018年12月10日、スマートフォン/タブレット用アプリケーションに特化した脆弱性診断サービス「EINS/SVA+ モバイルアプリケーション診断サービス」を発表した。2018年12月から提供している。価格(税別)は、対象となるアプリケーションあたり80万円から。
カテゴリー:

リリースからたった3日間で会員数1万人を突破したデーティングサービス!aocca(アオッカ)「はじめて」の方が「出会える」ために、とことん拘りました! - 12月10日(月)14:00 

2018年12月3日、モバイルアプリの企画・開発を手掛ける株式会社aoccaは「カジュアルデーティングサービス aocca(アオッカ)」を正式リリースしました。
カテゴリー:

音声インターフェイスについて思う7つのこと - 12月09日(日)12:00 

【編集部注】著者のTom Goodwinは、Zenith Mediaのイノベーション部門の責任者であり上級副社長。そして“Interesting People in Interesting Times”イベントならびに同ポッドキャストの共同設立者でもある。 今後数年間のうちに、私達は音声による自動化が生活の多くの側面を担うところを見るようになるだろう。音声が全てを変えてしまうわけではないが、私たちがデバイス、スクリーン、データ、そしてインタラクションに対する関係を考える際に、新しいやりかたを示唆するものの一部となるだろう。 私たちはアプリケーション指向から、タスク指向へと変わっていく。個々のアイテムを意識する程度は減り、デバイスエコシステムの集合的な体験の中に暮らすことになるだろう。私たちはデバイスたちが競う個別のスペックを気にするのではなく、それらが可能にする体験そのものを楽しむことになる。 その新しい世界では、個別のデバイスに対していちいち指示を出すような煩わしさから解放されていることを期待したい。 音声が何かを殺すことはない テクノロジーがやってくるとき、一般的には置き換えではなく拡大が行われる。テレビはラジオを殺さなかったし、VHSやストリーミング動画は映画館を殺さなかった。電子レンジは、コンロにとって変わることはなかった。 なによりまず音声は、人...more
カテゴリー:

共働型オフィススペース「WeWork」がオンデマンド型サラダ専門ファストフード店「sweetgreen」と提携 - 12月08日(土)09:30 

世界96都市に共働型オフィススペースを展開する「WeWork(ウィワーク)」は、オンデマンド型サラダ専門ファストフードチェーン「sweetgreen(スウィートグリーン)」と提携し、米国内の「WeWork」のオフィスで「sweetgreen」の商品を受け取ることのできる新たなサービスを開始した。 ・WeWorkのオフィスにサラダなどを無料で配達 この新サービスは、「WeWork」の会員が「sweetgreen」のウェブサイトもしくはモバイルアプリから商品を注文すると、「WeWork」のオフィス内に設置された「sweetgreen」の専用棚に無料で配達してもらえる仕組み。 「WeWork」は、サラダなどの「sweetgreen」のフードメニューを通じてヘルシーな食を会員に提供できる一方、「sweetgreen」にとっては利用者層の開拓にあたって「WeWork」の会員コミュニティにアクセスできるというメリットがある。 現在、この新サービスの対象エリアはニューヨークおよびロサンゼルスの「WeWork」のオフィス9カ所に限られているが、順次、これを拡大していく方針だ。 ・共働型オフィスを介してスタートアップ企業と利用者をつなぐ 「WeWork」では、2018年10月、米ファッションレンタルサービス「Rent The Runway」と提携し、米国内の「WeWork」の一部のオフィスに「Ren...more
カテゴリー:

もっと見る

「モバイルアプリ」の画像

もっと見る

「モバイルアプリ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる