「ミレニアル世代」とは?

関連ニュース

「ダメOL」が起業して3億円をゲット! 異色のビジネス書が脚光を浴びるわけ - 05月24日(木)07:00 

 資産もコネもないOLが度重なる苦難を乗り越え巨万の富を手に入れる-。ドラマのようなサクセスストーリーと侮ってかかると、このビジネス書の真価を見誤るだろう。働き方改革が叫ばれるなか、キャリア探しを模索するミレニアル世代の女性の支持を集め、「女性部下に読ませたい」という男性読者も増えているそうだ。新刊が話題を集める気鋭の女性起業家に話を聞いた。
カテゴリー:

アメリカで増加するシェアハウススタートアップーー住宅不足解消への一手となるか - 05月23日(水)08:00 

【編集部注】筆者のJoanna GlasnerはCrunchbaseのレポーター。 実家から巣立った若者の行動はある程度パターン化している。まずルームメートを見つけてどこかに一緒に住み、次は一人暮らしもしくはパートナーとの同居。その後、家族で住むための家を購入し、もしかしたら芝刈り機にも手を伸ばすかもしれない。 新設住宅市場の様子を見てみると、この常識が未だにしっかりと成り立っているとわかる。今年に入ってからアメリカで新たに建てられた住宅のうち、約3分の2がこぎれいな庭と大きな駐車スペースのある核家族向けのものだったのだ しかしスタートアップ界では、住宅の未来について少し違った意見を持つ人が多いようだ。というのも、現在ハウスシェアリングが徐々に盛り上がりを見せているほか、短期契約物件や人との触れ合いを重視したサービス、人気エリアにある小さな部屋などが人気を呼んでいるのだ。 ルームメートとベンチャーキャピタルを求めて 住宅に特化した不動産スタートアップに関するCrunchbase Newsの分析の結果、シェア物件や短期賃貸物件を運営し、ここ1年前後で資金調達を行った企業が多数存在することがわかった。 これはアメリカだけの現象ではない。中国やヨーロッパ、東南アジアなど、世界中でシェア・短期賃貸物件を扱い、資金調達に成功したスタートアップの数が増加している。しかし本稿ではアメリカのスター...more
カテゴリー:

デロイト:ミレニアル世代の意識に関する調査結果を発表 - 05月21日(月)10:24 

[デロイト トーマツ グループ] 今回、日本のミレニアル世代への調査結果から、勤務先への帰属意識が一層低下し、2年以内の短期での離職を考える割合が5年以上の長期勤続を見込む割合を上回る結果となりました。 勤務先の選択において重視するの...
カテゴリー:

モクシー東京錦糸町、「スタンドアップコメディショー」を5月25日開催 飲み放題で2,500円 - 05月20日(日)19:14 

モクシー東京錦糸町は、スタンドアップコメディーショーを5月25日に開催する。 東京都内で外国人向けにスタンドアップコメディを多数主催している「STAND UP TOKYO」との合同企画として開催するもの。宿泊客の6割から7割を占める外国人旅行者や、地元在住の外国人、英語に興味がある日本人を対象としている。 開催場所は1階のロビーラウンジ。開催時間は午後8時から午後10時まで、午後7時半から受付を開始する。参加費は一般2,500円、宿泊客2,000円。2時間の飲み放題付き。 モクシー東京錦糸町は、モクシー大阪本町とともに日本初のモクシーホテルとして、2017年11月1日に開業した。情報感度の高いミレニアル世代やグローバルトラベラーを主要ターゲットとしたブティックホテルで、24時間営業のカフェ&バーは宿泊客以外も利用できる。カフェメニューは380円から、ビールは500円からとリーズナブルな価格設定で、地元民と宿泊客の交流の場としても機能している。毎週末にはDJナイトも開催している。 ⇒詳細はこちら 投稿 モクシー東京錦糸町、「スタンドアップコメディショー」を5月25日開催 飲み放題で2,500円 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

日本コスメVS韓国コスメ、欧米で日本勢が巻き返しスタート! - 05月18日(金)08:45 

 昨年末頃からイギリスのメディアを中心に欧米での日本製化粧品「Jビューティ」の復活を期待する声が高まっています。 ◆アメリカのドラッグストアに日本製コスメはないって本当?  実は欧米では数年前から韓国製Kビューティの独壇場で、アメリカでも韓流スターを絡めたメディアの取り扱いもさることながら、スーパーマーケットやドラッグストアでも韓国の化粧品Kビューティは見るけど、Jビューティは見かけないという状況になっていました。  日本でも話題となった「カタツムリクリーム」や「クッション・ファンデーション」「発酵エッセンス」がヨーロッパやアメリカの女性たちの間でも人気となり、ロレアルやイヴ・サンローランなど名だたる有名ブランドが同様の商品を発売。  Kビューティは近年欧米に広がる“透明感のあるガラススキン・ブーム”の火付け役になっていました。  一方、以前から海外で人気のあった資生堂やSKII、シュウ ウエムラといったJビューティは欧米での存在感を薄めていました。  海外でも今やプチプラコスメの勢いは増すばかりで、デパートでしか売っておらず高価な日本ブランドは若年層にそっぽを向かれてしまったのかもしれません。  しかし、ここへ来て「JビューティがKビューティに取って代わる日も近い」と有名ファッション誌が次々紹介。韓国勢優勢の欧米で日本のコスメの反撃がいよいよ始まることを予測していま...more
カテゴリー:

この「ストリートアート」の場所は、ミーハーレベルじゃわからない…… - 05月23日(水)10:00 

日常生活にはあまり馴染みがないストリートアート。でも、旅先では、そのカラフルさや写真映えするビジュアルに惹かれて、ついつい撮影をしてネットでシェアする人も少なくないはず。となると、SNSを多用するミレニアル世代の人たちは、ある意味ストリートアートに目が肥えているとも言えるのでは?もし、あなたがこれを読んで「そうだね」と感じているならば、これから紹介するストリートアートも見て、どこの街か当ててみて!わかりましたか?答えは、ニュージーランドのクライストチャーチです。さて、続いてこちらは……。こちらは、同じくニュージーランドにあるダニーデンという街でした。ちなみに、冒頭で紹介したクライストチャーチのストリートアートの多くは、2011年に起きた地震の後に描かれていて、一部が倒壊し未だ立入禁止となっている大聖堂に変わり、街の住民や観光客を惹きつけています。まだ復興途中の街中を彩る役目も果たしています。どちらの街のストリートアートも直接見てきましたが、個人的には、ダニーデンの方が好きです。裏路地やふとした場所に描かれていることが多く、驚きとワクワク感があるから。みなさんも、旅先で見つけた忘れられないストリートアートがあれば、「#tabilabomural」でシェアしてみてください!Licensed material used with permission by ...more
カテゴリー:

【Perspectives】Theory (セオリー) 「New Heoine」vol.2 - 05月21日(月)21:00 

『The Fashion Post (ザ・ファッションポスト)』は東京を拠点に国内外のファッションシーンに関するコンテンツを発信するメディアプラットフォームです。「最上級」であること、「タイムレス」な価値を追求すること、そして「革新的」であることを信念に、ファッション・アート・カルチャー・ライフスタイルに関する最新ニュースやインタビューをデイリーで配信。デジタルネイティブだからこそできる豊かなビジュアル表現を追求すると同時に、ミレニアル世代に向けたラグジュアリーライフスタイルを提案します。
カテゴリー:

モクシー東京錦糸町、「スタンドアップコメディショー」を5月25日開催 飲み放題で2,500円 - 05月20日(日)19:14 

モクシー東京錦糸町は、スタンドアップコメディーショーを5月25日に開催する。 東京都内で外国人向けにスタンドアップコメディを多数主催している「STAND UP TOKYO」との合同企画として開催するもの。宿泊客の6割から7割を占める外国人旅行者や、地元在住の外国人、英語に興味がある日本人を対象としている。 開催場所は1階のロビーラウンジ。開催時間は午後8時から午後10時まで、午後7時半から受付を開始する。参加費は一般2,500円、宿泊客2,000円。2時間の飲み放題付き。 モクシー東京錦糸町は、モクシー大阪本町とともに日本初のモクシーホテルとして、2017年11月1日に開業した。情報感度の高いミレニアル世代やグローバルトラベラーを主要ターゲットとしたブティックホテルで、24時間営業のカフェ&バーは宿泊客以外も利用できる。カフェメニューは380円から、ビールは500円からとリーズナブルな価格設定で、地元民と宿泊客の交流の場としても機能している。毎週末にはDJナイトも開催している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ヨーロッパで絶対に使いたい「旅アプリ」 - 05月20日(日)19:00 

2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。すでに約5万種類のフライトプランが選べて、ヨーロッパのミレニアル世代がよく利用している。今までになかった方法で国境を越えられるのが、人気を集めている理由の1つらしい。プライベートジェット機をチャーターした気分に© Winglyサービスを利用するには、飛行計画をアップロードしているパイロットにユーザーが申し込みをするだけとなっている。飛行代はあとで自動決算される。ロンドンの上空を1時間飛び回るなどの観光用フライトもあり、旅先でのアクティビティーの幅が広がるだろう。だけど、本当に注目したいのはユニークな経験をしながら国境を越えられるというポイントだ。例えば、パリからニュルンベルクへ、チューリッヒからザルツブルグへというフライトプランが選べる。もしも目的地と時間さえマッチすれば、プライベートジェットを持っているセレブになった気分で移動できることになる。しかも、パイロットが所有している飛行機に乗り込むカタチなので、価格は割安だ。日本で流行る可能性は……?© Wingly「Wingly」のサービスは日本でも需要がありそうだけど、少し現実的ではないかもしれない。多くのヨーロッパの国々が検査の必要なく越境を許すシェンゲン協定に参加しているからこそ、ユーザ...more
カテゴリー:

SNS特化型スマホに商機 狙いはミレニアル世代 - 05月18日(金)00:48 

SNS特化型スマホに商機 狙いはミレニアル世代
カテゴリー:

もっと見る

「ミレニアル世代」の画像

もっと見る

「ミレニアル世代」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる