「ミャンマー」とは?

関連ニュース

ミャンマー:国連人権委が「ロヒンギャ迫害」非難決議採択 - 11月17日(土)08:39 

 国連総会第3委員会(人権)は16日、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害を強く非難する決議案を採択した。昨年の「深い懸念」を表明した決議から、ミャンマー政府への批判を大幅に強めた。ミャンマーを支援して自発的取り組みを促すべきだとする立場の日本は、昨年に続いて棄権した。
カテゴリー:

【外国人労働者受け入れ拡大】「特定技能1号」のうち、農業の資格取得試験、中国と東南ア6カ国で実施検討=新在留資格で政府 - 11月16日(金)18:36  newsplus

外国人労働者の受け入れ拡大のために新設する在留資格「特定技能1号」のうち、農業の資格取得試験について、政府がベトナムや中国など海外7カ国での実施を検討していることが分かった。政府関係者が15日明らかにした。いずれの国も外国人技能実習生の受け入れ人数が多く、新資格の需要が大きいと判断している。 7カ国は他にフィリピン、インドネシア、タイ、カンボジア、ミャンマー。昨年末時点の技能実習生27万人超のうち99%が7カ国のいずれかの出身だ。送り出し国との調整を経て、最終的に対象国を絞り込む可能性もあ...
»続きを読む
カテゴリー:

国際NGOジャパンハートと九州大学病院による来日ミャンマー人患児の小児生体肝移植成功 - 11月16日(金)15:01 

[認定NPO法人ジャパンハート] ■生体肝移植の技術移転プロジェクト実施の背景 現在、ミャンマー国内では子どもの肝移植手術は行われておらず、肝移植を必要とする子どもたち(年間推定患者数:約250人)は、治療を受けることなく最期を迎えてい...
カテゴリー:

【外国人材拡大】ベトナム人実習生「だまされたと思った」 過酷な長時間労働を強いられた揚げ句、日本人から学ぶことは何もなかった - 11月16日(金)12:08  seijinewsplus

■日本には来ないとベトナム人実習生、新在留制度で労働環境は変わるか  だまされたと思った-。ベトナム北部にあるニンビン県の小さな村出身の女性(36)は、最先端の縫製技術を学びながら報酬も得られると聞き、2年半前に技能実習生として来日した。ところが、受け入れ先の山形県の縫製工場では過酷な長時間労働を強いられた揚げ句、日本人から学ぶことは何もなかったと語る。  朝7時から夜10時まで休憩を除き1日14時間、洋服にミシンやアイロンをかけ続けた。土日も勤務し、年間の休みは7日しかなかったが、支給された給与は...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】「だまされたと思った」・・・日本には来ないとベトナム人実習生、新在留制度で労働環境は変わるか - 11月16日(金)08:37  newsplus

ブルームバーグ 2018年11月16日 5:00 JST だまされたと思った-。ベトナム北部にあるニンビン県の小さな村出身の女性(36)は、最先端の縫製技術を学びながら報酬も得られると聞き、2年半前に技能実習生として来日した。 ところが、受け入れ先の山形県の縫製工場では過酷な長時間労働を強いられた揚げ句、日本人から学ぶことは何もなかったと語る。 朝7時から夜10時まで休憩を除き1日14時間、洋服にミシンやアイロンをかけ続けた。土日も勤務し、年間の休みは7日しかなかったが、支給された給与は月13万-14万円。 長時間の低...
»続きを読む
カテゴリー:

「ロヒンギャ迫害」に非難決議 国連委、日本は今年も棄権 - 11月17日(土)06:57 

【ニューヨーク共同】国連総会第3委員会(人権)は16日、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害を強く非...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

家出の娘・病の父・引きこもりがちの母…難民家族、日本で苦悩の日々 - 11月16日(金)16:00 

フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)では、ミャンマーから逃れてきた難民家族に密着した『「それでも、日本で生きる」~あるミャンマー難民家族の苦悩~』を18日に放送する。
カテゴリー:

【こんな人だったなんて…】アウン・サン・スー・チー氏の人権賞撤回…「失望」とアムネスティ★3 - 11月16日(金)14:26  newsplus

 【ロンドン共同】国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は12日、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相に授与していた人権賞を撤回すると発表した。イスラム教徒少数民族ロヒンギャに対する迫害やメディア弾圧を阻止しなかったことに「大いに失望した」と批判した。  同氏を巡っては1991年に受賞したノーベル平和賞の剥奪を求める声も一部で上がっている。  アムネスティは、スー・チー氏が民主化運動指導者として軍事政権に軟禁されていた2009年、人権擁護で活躍した人に贈る「良心の大...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】「だまされたと思った」・・・日本には来ないとベトナム人実習生、新在留制度で労働環境は変わるか★2 - 11月16日(金)11:17  newsplus

ブルームバーグ 2018年11月16日 5:00 JST だまされたと思った-。ベトナム北部にあるニンビン県の小さな村出身の女性(36)は、最先端の縫製技術を学びながら報酬も得られると聞き、2年半前に技能実習生として来日した。 ところが、受け入れ先の山形県の縫製工場では過酷な長時間労働を強いられた揚げ句、日本人から学ぶことは何もなかったと語る。 朝7時から夜10時まで休憩を除き1日14時間、洋服にミシンやアイロンをかけ続けた。土日も勤務し、年間の休みは7日しかなかったが、支給された給与は月13万-14万円。 長時間の低...
»続きを読む
カテゴリー:

ミャンマー:難民帰還始まらず 「誰も帰って来なかった」 - 11月15日(木)23:21 

 【松井聡、バンコク西脇真一】ミャンマー西部ラカイン州の少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」が隣国バングラデシュで大量に難民化した問題で、ミャンマーのミントゥ外務次官が15日にネピドーで記者会見し、同日から始まる予定だった難民帰還について「誰も帰って来なかった」と述べた。バングラ側の準備の遅れが原因とみ
カテゴリー:

もっと見る

「ミャンマー」の画像

もっと見る

「ミャンマー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる