「ミャンマー」とは?

関連ニュース

【タイ洞窟】少年人4人「無国籍」に波紋 移動に制限、海外のサッカー観戦招待どうなる?政府の対応に注目が集まる - 07月18日(水)19:51  newsplus

タイ北部の洞窟から救出された少年ら13人のうち、4人が無国籍だと分かり、波紋を広げている。移動の自由が制限されているため、海外のプロサッカーチームから届いた試合観戦の招待を受けることができない可能性もあり、政府の対応に注目が集まっている。  地元メディアによると、無国籍は少年3人(13~16歳)と男性コーチ(25)。いずれも両親は山岳地帯の少数民族とみられ、タイで生まれた証拠が乏しいなどの理由から、国籍を取得できていないという。  洞窟内で英国人潜水士に発見された際、流ちょうな英語で会話を交わしたアド...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】タイ洞窟救出の4人は無国籍 移動の自由なく、海外からのサッカー観戦招待を受けることができない - 07月18日(水)19:19  mnewsplus

タイ洞窟救出の4人は無国籍 移動の自由なく、国内に同情論も 7/18(水) 10:46配信 西日本新聞 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/433613/ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010006-nishinpc-int タイ北部チェンライ県の洞窟から救出され、入院中の少年たちを写した映像(タイ当局提供・AP=共同) タイ北部の洞窟から救出された少年ら13人のうち、4人が無国籍だと分かり、波紋を広げている。移動の自由が制限されているため、海外のプロサッカーチームから届いた試合観戦の招待を受けることがで...
»続きを読む
カテゴリー:

パナソニック、無電化村に電気を届けるプロジェクト--今度はミャンマーに展開 - 07月15日(日)08:00 

パナソニックは、創業100周年を機に展開している「無電化ソリューションプロジェクト」を、ミャンマーでも展開することを発表した。太陽光独立電源パッケージの「パワーサプライステーション」と、LED照明付小型蓄電システム「エネループソーラーストレージ」で構成される「無電化ソリューション」などを寄贈した。
カテゴリー:

ヒスイ鉱山で地滑り、15人死亡=ミャンマー - 07月14日(土)23:17 

 【バンコク時事】ミャンマー北部カチン州パカンのヒスイ鉱山で14日、地滑りが発生し、赤十字によると15人が死亡、約40人が負傷した。救助当局が捜索を続けており、犠牲者が増える可能性もある。 赤十字関係者は「過去1週間降り続いた大雨で、地盤が緩んでいた」と語った。犠牲者の多くは廃石の中からヒスイを探していた住民だった。 【時事通信社】
カテゴリー:

パナソニックがミャンマーに電源装置贈る 「夜10時まで勉強できる」とナン・ヤ・モンさん歓喜 - 07月13日(金)20:31  news

【ヤンゴン(ミャンマー)=藤谷茂樹】パナソニックが創業100年にちなんだ社会貢献の一環として、無電化地域に太陽光発電と蓄電池を組み合わせた電源供給装置をミャンマーの村に寄贈し13日、最大都市ヤンゴンで記念式典を開いた。 村には5月下旬に設置。学校の照明用に使われ、生徒が夜間や雨期の薄暗い日に勉強に励んでいる。 同社は、企業の社会的責任(CSR)活動として「無電化ソリューション」事業に取り組み、1月から途上国へ電源供給装置を贈っている。 インドネシアの村に2台、ミャンマーにはヤンゴン中心部から...
»続きを読む
カテゴリー:

河野外相:8月上旬アジア歴訪へ 日朝外相会談の実現焦点 - 07月18日(水)19:35 

 河野太郎外相は、8月上旬にシンガポールとミャンマー、バングラデシュのアジア3カ国を歴訪する方針を固めた。日本政府関係者が18日、明らかにした。シンガポールでは東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の各種会合に出席する。一部会合には北朝鮮の李容浩外相の参加が見込まれることから、会合に合わせて日朝外相会
カテゴリー:

[Tech Fun]ミャンマーでのITスクール事業展開について - 07月18日(水)11:30 

[Tech Fun株式会社]  Tech Fun株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:笠井達也、以下Tech Fun)は、子会社であるTech Fun Myanmar Co., Ltd.(所在地:ヤンゴン、代表取締役:笠井達也、以下Tech Fun Myanmar)にて、ITスクール事...
カテゴリー:

ブログ:ロヒンギャ難民女性、守り続ける伝統の「タナカ」 - 07月15日(日)06:52 

[コックスバザール(バングラデシュ) 6日 ロイター] - ミャンマーでの暴力から逃れ、バングラデシュ南部の難民キャンプに滞在するイスラム系少数民族ロヒンギャの女性や少女の頬を、樹皮から作られた黄色いペーストで描かれた模様が飾っている。
カテゴリー:

栃木・益子町の郷土料理「ビルマ汁」ってどの辺がビルマなの? - 07月14日(土)09:59 

栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられる定番メニューがあります。その名も「ビルマ汁」。この不思議な名前のソウルフードには、果たしてどんな由来があるのでしょうか。本物のビルマ料理を栃木・益子町で再現この「ビルマ汁」が誕生したのは、1945年。太平洋戦争でビルマ(現在のミャンマー)に出征していた飯塚潤一さんがビルマで食べたスープの味が忘れられず、帰国後にその味を再現しようと、日本で手に入る食材を使って作りあげたオリジナル料理だと言われています。その味が近所の人たちに伝わって広がり、夏の家庭料理の定番として益子町で親しまれるようになりました。益子町では、長く地元で親しまれてきたこの「ビルマ汁」を飲食店などでいただくことができます。お店によって洋風ビルマ汁、冷製ビルマ汁、麺のつけ汁、パンやご飯のつけあわせのスープなどアレンジされているので、食べ比べても面白そうですね。ビルマ汁は夏の定番家庭料理だったビルマ汁は、赤く熟したトマト、ナス、インゲンといった夏野菜とジャガイモ、ニンジンを豪快にぶつ切りにして和風出汁で煮込んだもので、味付けはトウガラシとカレー粉。だしの効いた熱くて辛いスープは一度食べたら忘れられません。札幌のスープカレーにもどこか似ているかもしれませんね。だしのよく染みた野菜はおかずとしてとてもご飯に合いますが、白いご飯を豪快にお汁の中に入れておじやにして...more
カテゴリー:

パナソニック:創業100年でミャンマーに太陽光発電寄贈 - 07月13日(金)20:19 

 【ヤンゴン小坂剛志】パナソニックがアジアやアフリカの十分な電力供給がない「無電化」地域に、太陽光発電や蓄電システムを寄贈する社会貢献事業に力を入れている。13日にはミャンマーのヤンゴン市で、システム寄贈を記念した式典を開催した。同社は電力供給を充実させることで、教育環境の改善や地場産業の創出を支援
カテゴリー:

もっと見る

「ミャンマー」の画像

もっと見る

「ミャンマー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる