「ミシェル・ウィリアムズ」とは?

関連ニュース

世紀の誘拐事件を描いた『ゲティ家の身代金』史上最高の身代金50億円がどれくらいスゴいのか考えてみた - 05月25日(金)17:00 

フォーチュン誌によって、世界で初めての億万長者に認定された石油王ジャン・ポール・ゲティ。1973年ローマで彼の孫が誘拐され、当時史上最高額とも祝える身代金を要求されたものの、その支払いを拒否した世界一有名な誘拐事件が、巨匠リドリー・スコットの手によりついに映画化。『ゲティ家の身代金』が、本日5月25日より公開となりました。 1973年、日本をはじめ世界中を震撼させた誘拐事件。人質は【世界一の大富豪】であるアメリカ人石油王ジャン・ポール・ゲティの孫、ジョン・ポール・ゲティ三世。犯人はイタリア最大の犯罪組織。大富豪ゲティがその身代金の支払いを拒否したことでも有名で、日本の新聞、週刊誌でも大きく報道されました。この事件の裏側には、誘拐犯と身代金を拒むゲティの間で戦い続けた人質の母親がいました。アビゲイル・ハリスは愛する息子の誘拐事件に直面し、ゲティに身代金の支払いの協力を求めます。しかしそれを拒否された彼女は、息子の救出のため、誘拐犯に加えて、冷酷な大富豪に立ちはだかることに…。”一般家庭の母”はいかにこの2つの強敵に立ち向かったのか? 当時、世界中で話題となったこの衝撃の事件を現代のスクリーンに蘇らせたのは、『オデッセイ』、『アメリカン・ギャングスター』、『グラディエーター』、『エイリアン』など、数々の不朽の作品を世に放つ、巨匠リドリー・スコット監督。主人...more
カテゴリー:

急転の再撮影も動揺なし!「ゲティ家の身代金」主演ミシェル・ウィリアムズを支える“信念” - 05月24日(木)14:00 

1973年に発生した大富豪ポール・ゲティの孫の誘拐事件を題材にした「ゲティ家の身代金」の主演女優ミシェル・ウィリアムズが、公開を前に来日。いま、世界を揺るがしている#MeToo運動、ハリウッドに...
カテゴリー:

リドリー・スコット監督が語る「ゲティ家の身代金」再撮影で生きた哲学「くよくよ考えず、やる」 - 05月23日(水)19:00 

 「エイリアン」「アメリカン・ギャングスター」「悪の法則」の巨匠リドリー・スコット監督が、アメリカで実際に起きた誘拐事件を描いた「ゲティ家の身代金」の舞台裏について語った。  1973年に発生した、石油王ジャン・ポール・ゲティの孫ポールの誘拐事件を基にした本作。誘拐犯から連絡を受けたポールの母アビゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)が、息子の命を救うため、誘拐犯だけでなく身代金の支払いを拒否したゲティ(クリストファー・プラマー)とも対決することになる。完成間際の2017年11月、当初ゲティ役だったケビン・スペイシーがスキャンダルによって降板。急きょプラマーが同役に起用され、第90回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたことでも話題を集めた。  スコット監督は、スペイシーのスキャンダルを受け、すぐさま再撮影を決断。公開延期も止むなしといった状況にもかかわらず、10日に満たない時間で怒とうの撮影を行い、当初の予定通りの上映スケジュールに間に合わせた。スコット監督は「素晴らしい効率の良さと、たくさんの経験だよ。そこには何のマジックもない」とさらりと言ってのけ、「僕には豊富な経験があるから、(最終的に)やらないといけないことがわかっていた。それは、基本的にケビン・スペイシーを(別の俳優と)入れ替えることだった」としつつ、「さもなければこの映画は、公開日に行き着く前に死んでしまっただろう」...more
カテゴリー:

【独占】『グレイテスト・ショーマン』ゼンデイヤ&ザック・エフロンが空中ブランコを語る映像が解禁! - 05月22日(火)21:00 

10週連続トップ10入りのロングランヒットとなり、あの『ラ・ラ・ランド』を超えて興行収入50億円突破の大ヒット映画『グレイテスト・ショーマン』。同作より、ゼンデイヤとザック・エフロンの特別インタビュー映像が解禁となった。【関連動画】独占で解禁されたインタビュー映像はこちら!ヒュー・ジャックマンをはじめ、ザック、ゼンデイヤ、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソンといった豪華キャストが、迫力のダンス&シング・パフォーマンスを繰り広げる本作。"すべての人が輝く"をテーマに、ショービジネスの裏側で繰り広げられる「愛」「夢」「希望」のドラマを、躍動するスケール感で描き全世界を感動と熱狂の渦に巻き込んでいる。今回解禁された映像では、ゼンデイヤとザックが圧巻の空中ブランコシーンの舞台裏について語っている。ほぼスタントなしで挑んだという空中シーンでは、彼らが演じるアンとフィリップという身分の違う二人が、惹かれ合いながらも心なき差別の視線や言葉に苦しみ、葛藤と愛情をぶつけ合うラブソング楽曲「Rewrite the Stars」を優雅にそして切なくもしっとりと歌い上げている。この空中ブランコシーンでは難易度の高い技を披露しており、かなりの練習を積んだようだ。それまで全く空中ブランコの経験はなかった二人だが、ゼンデイヤは「練習し始めたら、見事にハマったわ。手にタコもできたの! 新しい技を勉強して...more
カテゴリー:

リドリー・スコット×ミシェル・ウィリアムズ「ゲティ家の身代金」キャラポスター公開! - 05月15日(火)09:30 

巨匠リドリー・スコット監督が、アメリカで実際に起きた誘拐事件を描いた「ゲティ家の身代金」のキャラクターポスター全4種が公開された。1973年に発生した、石油王ジャン・ポール・ゲティの孫ポールの誘...
カテゴリー:

急転の再撮影も動揺なし!「ゲティ家の身代金」主演ミシェル・ウィリアムズを支える信念 - 05月24日(木)14:00 

 1973年に発生した大富豪ポール・ゲティの孫の誘拐事件を題材にした「ゲティ家の身代金」の主演女優ミシェル・ウィリアムズが、公開を前に来日。いま、世界を揺るがしている#MeToo運動、ハリウッドにおける男女間の賃金格差問題など、思いもよらない数奇な運命を歩んだ本作について、赤裸々に語った。 ・「ゲティ家の身代金」ミシェル・ウィリアムズの別カットはこちら!  最初の“事件”は当初、物語の中心を担う世界一の大富豪・ゲティ役で参加していたケビン・スペイシーの降板。ハリウッドの大物プロデューサーや俳優による長年にわたるセクシャルハラスメントへの告発に端を発した「#MeToo」ムーブメントのさなか、スペイシーにも疑惑が持ち上がる。公開1カ月前の段階にもかかわらず、リドリー・スコット監督は再撮影を決断。オスカー俳優クリストファー・プラマーを代役に、約9日間の怒とうの撮影を敢行して映画を完成させた。  さらに、この追加撮影のギャラに関して、元CIAの人質交渉人を演じたマーク・ウォールバーグと、主演で人質の青年の母親を演じたウィリアムズの間で、大きな格差(一説ではウォールバーグのギャラはウィリアムズの1500倍)があることが明らかになり、男女間の賃金の不平等問題として大きく報じられた(ウォールバーグはその後、追加撮影のギャラを寄付することを表明した)。  もちろん、ウィリアムズはこのような...more
カテゴリー:

ケビン・スペイシーのセクハラ降板、ミシェル・ウィリアムズが語る秘話 - 05月24日(木)10:00 

リドリー・スコット監督の映画『ゲティ家の身代金』の公開を5月25日に控え、主演のミシェル・ウィリアムズが撮影秘話を明かした。
カテゴリー:

ミシェル・ウィリアムズが賃金格差や「#MeToo」運動を赤裸々に告白 - 05月23日(水)11:30 

1973年に石油王ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された事件を、巨匠リドリー・スコット監督が映画化した『ゲティ家の身代金』(5月25日公開)。犯罪史に残るこの事件で、人質にされた孫の母親役を演じたのが、『マリリン 7日間の恋』(11)のミシェル・ウィリアムズだ。ミシェルが来日し、ケヴィン・スペイシーのセクハラ問題による再撮影騒動から、賃金格差問題、「#MeToo」運動についての思いを赤裸々に語った。 【写真を見る】ミシェル・ウィリアムズが極限状態に追い込まれる母親ゲイル役を熱演/[c]2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 誘拐された大富豪ゲティの孫ポールに懸けられた身代金は、当時の史上最高額とされる1700万ドル(当時のレートで50億円相当)だった。冷徹な守銭奴であるゲティがこの支払いを拒否したため、離婚してシングルマザーであるポールの母ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)が、元CIAの人質交渉人(マーク・ウォールバーグ)と共に、誘拐犯と掛け合っていく。 ゲティ役を演じたケヴィン・スペイシーがセクハラ疑惑により降板し、急遽『人生はビギナーズ』(11)のオスカー俳優クリストファー・プラマーを代役に迎えての撮り直しが行われた本作。プラマーは88歳で第90回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、演技部門のノミネーションでは最高齢記...more
カテゴリー:

前代未聞の9日間で撮り直し、そのとき何が?「ゲティ家の身代金」裏側映像公開 - 05月18日(金)12:00 

 巨匠リドリー・スコット監督が、アメリカで実際に起きた誘拐事件を描いた「ゲティ家の身代金」の特別映像が、公開された。メイキング映像やインタビュー、本編映像で構成されている。 ・「ゲティ家の身代金」特別映像はこちら!  1973年に発生した、石油王ジャン・ポール・ゲティの孫ポールの誘拐事件を基にした本作。誘拐犯から連絡を受けたポールの母アビゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)が、息子の命を救うため、誘拐犯だけでなく身代金の支払いを拒否したゲティ(クリストファー・プラマー)とも対決することになる。完成間際の2017年11月、当初ゲティ役だったケビン・スペイシーがスキャンダルによって降板。急きょプラマーが同役に起用され、第90回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたことでも話題を集めた。  キャスト・スタッフ陣にとって突然の事態となったが、ウィリアムズは「再撮影に迷いはなかった。むしろ喜んで引き受けたわ。リドリー(・スコット)はリスクを恐れなかった」とスコット監督の決断を称える。人質交渉のプロ、チェイスを演じたウォールバーグも、「誰もがベストを尽くそうと集まったよ。公開まで、1カ月を切っているのに再撮影。でもすべてが終わったとき、ぱっと見何事もなかったかのように完成したよ。すさまじいレベルの完成度だと思った。監督は、とんでもないことができる才能の持ち主だ」と改めてスコット監督の手腕に...more
カテゴリー:

リドリー・スコット×ミシェル・ウィリアムズ「ゲティ家の身代金」キャラポスター公開! - 05月15日(火)09:30 

 巨匠リドリー・スコット監督が、アメリカで実際に起きた誘拐事件を描いた「ゲティ家の身代金」のキャラクターポスター全4種が公開された。 ・「ゲティ家の身代金」キャラクターポスターはこちら!  1973年に発生した、石油王ジャン・ポール・ゲティの孫ポールの誘拐事件を基にした本作。誘拐犯から連絡を受けたポールの母アビゲイルが、息子の命を救うため、誘拐犯だけでなく身代金の支払いを拒否したゲティとも対決することになる。完成間際の2017年11月、当初ゲティ役だったケビン・スペイシーがスキャンダルによって降板。急きょオスカー俳優クリストファー・プラマーが同役に起用され、第90回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたことでも話題を集めた。  映画では、プラマーに加え、「グレイテスト・ショーマン」のミシェル・ウィリアムズがアビゲイル、人気ドラマ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」の注目株チャーリー・プラマーがポール、「トランスフォーマー」シリーズのマーク・ウォールバーグが人質交渉のプロ、チェイスを演じる。今回公開されたポスターではゲティ、アビゲイル、ポール、チェイスの4人が描かれており、それぞれの“名言”が記載されている。  世界一の大富豪でありながら、身代金を絶対に支払おうとしない冷徹なゲティは「“提示された額から値引く”、これが鉄則だ」、誘拐犯とゲティの板ばさみになるシングルマザ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ミシェル・ウィリアムズ」の画像

もっと見る

「ミシェル・ウィリアムズ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる