「ミイラ」とは?

関連ニュース

〈荒蝦夷〉代表・土方正志が、25年ぶりに全国18体のミイラ仏を再訪。村上春樹、京極夏彦他多くの作家をインスパイアしてきた原著に 新原稿を加え、待望の復刊!『新編 日本のミイラ仏をたずねて』刊行 - 07月17日(火)10:00 

[株式会社インプレスホールディングス] [画像: https://prtimes.jp/i/5875/2263/resize/d5875-2263-113135-0.jpg ]  断食、木食、五穀断ちなどの過酷な修行を繰り返して痩せさらばえた行者が、自らの身を地面に沈め、「土中入定」を果たす。かつて、...
カテゴリー:

『笑点』仲間の死も笑いに昇華 不謹慎をはね退ける芸人の覚悟と絆 - 07月15日(日)08:40 

 7月2日、落語家の桂歌丸さんが亡くなった(享年81歳)。晩年、酸素吸入器を着けた姿も見受けられたが、ともに番組を盛り上げてきた『笑点』メンバーたちが、8日に放送された緊急追悼版『笑点』や12日の『ミスター笑点 桂歌丸師匠追悼特番』(ともに日本テレビ系)でも明るく笑いを誘っていたことで、賞賛の声が集まっている。もちろん、それは本当の不謹慎にならない話術とチームプレーがあってこそだろう。これまでも、落語家やお笑い芸人たちは、葛藤しながらも盟友や家族などの死を“笑い”に昇華してきた。“笑い”を生業としている芸人たちの、覚悟の弔いとは? 【写真】“不謹慎”とは一体!? 定番ネタ連発で笑って桂歌丸さんを追悼した笑点メンバー ■“真の芸人”集団で形成された『笑点』、“笑い”を冠する番組の使命  『笑点』は1966年の放送開始以来50年以上、常にお茶の間に“笑い”を届けてきたが、ときには“不謹慎”との境界線も模索してきた。大きな災害など国規模の不幸があり、何をしても不謹慎と謗られ、エンタメすべてが“自粛”ムード。その中においても、『笑点』はいつも通りに“笑い”を提供し、例えば後になって被災地からも「ありがたかった」との声もあがったのである。  林家木久扇が、歌丸さんが亡くなってから初の『笑点』の収録で「(亡くなったことと)笑いと結びつけて放送するのが大変なことだと思いました。悲しいのに...more
カテゴリー:

「アイスマン」の最後の食事、肉や穀物などバランス良く - 07月14日(土)16:47 

イタリアのミイラ研究所などは14日までに、イタリア北部のアルプス山脈の氷河で発見された「アイスマン」として知られる男性のミイラ「エッツィ」の最後の食事の内容が判明したとの研究報告書を公表した。 放射線機器などを用いて胃の内容物を分析したもので、死亡した際には満腹状態だったことが判明。最後の食事は炭水化物、タンパク質や脂質などの面で非常にバランスが取れたもので、高山地帯での徒歩旅行には最適の組み...
カテゴリー:

【東京・稲城】駐車場横の側溝から頭部白骨化遺体発見 腐敗してミイラ化進む - 07月13日(金)21:10  newsplus

2018.7.13 19:59 http://www.sankei.com/smp/affairs/news/180713/afr1807130036-s1.html  13日午後3時20分ごろ、東京都稲城市平尾の駐車場横の側溝で、男性から「毛布にくるまった人らしきものがある」と110番があった。警視庁多摩中央署によると、幅40~50センチ、深さ約20センチのコンクリート製の側溝から、頭部が白骨化した性別不明の遺体を発見。遺体は腐敗してミイラ化が進んでおり、毛布ではなく上着を身につけていた状態だったという。財布や携帯電話などは見つかっておらず、同署では遺体の身元の確認を急ぐ...
»続きを読む
カテゴリー:

キデイランド「原宿店」・「大阪梅田店」・「上小田井店」で「『ミイラの飼い方』フェア」開催!!2018年7月28日(土)~8月9日(木) - 07月13日(金)11:00 

[株式会社キデイランド]  株式会社キデイランド(代表取締役社長:間宵 薫、本部:東京都千代田区)が運営する東の旗艦店「キデイランド原宿店」と西の旗艦店「キデイランド大阪梅田店」、そして、「キデイランド上小田井店」(名古屋)...
カテゴリー:

アンデス文明5000年の歴史が明かされる!仙台市博物館で「古代アンデス文明展」 - 07月16日(月)11:00 

宮城県仙台市青葉区の仙台市博物館で7月27日(金)から9月30日(日)まで、「特別展『古代アンデス文明展』」が開催される。 【写真を見る】リャマが描かれた土器(ナスカ文化)/ディダクティコアントニーニ博物館所蔵 南米・アンデス地域では16世紀のインカ帝国滅亡まで、巨大な神殿やピラミッド、地上絵などをつくり上げた多様な文化が盛衰を繰り返した。インカ帝国を含むこれらの文化はアンデス文明と総称されている。 今展では、アンデス文明を代表する9つの文化から厳選された、優れた意匠の土器や織物、高い技術によって作られた黄金製品、人々の生死観を反映したミイラなど貴重な資料約200点を展示し、その全貌に迫る。 展示担当者は「ふだん、なかなかお目にかかれない貴重な展示作品はもちろん、たくさんの映像やマチュピチュ遺跡のVRイベントなどもご用意し、古代アンデス文明の魅力を様々な角度から感じとれるようにしています。 また、会期中の8月10日(金)には、セルコホーム ズーパラダイス八木山(八木山動物公園)で生まれたリャマ(ラマ)のオセロ君にまつわるクイズイベントも行われます。ぜひご来場ください」と来場を呼びかける。 貴重な資料が揃う「特別展『古代アンデス文明展』」で、古代アンデス文明の謎に迫ろう!(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部) 【関連記事】 ・初心者でも安心!仙台で朝ヨガイベント ・宮...more
カテゴリー:

【エジプト】古代のミイラ作業場発見 ミイラづくりの過程解明に期待 - 07月15日(日)06:51  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180715/k10011534071000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005 古代のミイラ作業場発見 ミイラづくりの過程解明に期待 2018年7月15日 6時49分 エジプトで、2400年以上前の古代エジプトの時代にミイラをつくっていた作業場とみられる遺跡が見つかり、出土した器の中に、防腐処理などに使われたとみられる物質が残っていたことから、ミイラづくりの過程が詳しく解明されるのではないかと期待されています。 エジプトの考古省は14日、首都カイロの南にある町サッカラで会見し、エジプ...
»続きを読む
カテゴリー:

【最期の晩餐】アイスマンの5300年前の最後の晩餐が明らかに ヤギの脂肪と野生のシカ肉、古代の穀物とシダ類 栄養満点だが味は? - 07月13日(金)21:33  newsplus

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44817247 アイスマンの最後の晩餐が明らかに 栄養満点だが味は? 2018/07/13 ヘレン・ブリッグス、BBCニュース ヤギの脂肪と野生のシカ肉、古代の穀物とシダ類。「マスターシェフ(BBCの料理番組)」に出てくるようなメニューではないが、我々の祖先にとっては栄養満点のごちそうだった。 科学者たちは「アイスマン」の最後の食事がバランスは取れているものの、とても脂質が高いものだったことを明らかにした。 アイスマンは5300年前、氷河の中で死亡してミイラとなっ...
»続きを読む
カテゴリー:

『モンスター・ホテル』2年ぶりの新作公開 舞台は豪華客船に - 07月13日(金)17:30 

 アニメ『モンスター・ホテル』シリーズの2年ぶりとなる最新作『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』が劇場公開決定。今回は豪華客船を舞台にドラキュラの恋が描かれる。【写真】『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』フォトギャラリー 本作は『ボス・ベイビー』などを手掛けた実力派スタッフによる、笑って泣けるモンスターと人間のファミリーエンターテインメント。吹き替えにはドラキュラ役を山寺宏一、ドラキュラの娘・メイヴィス役に川島海荷、人間の青年・ジョナサン役に藤森慎吾が前作に引き続きキャスティング。さらにフランケンシュタイン役でチョー、マーレイ(ミイラ)役で三ツ矢雄二、グリフィン(透明人間)役で若本規夫、デニス(メイヴィスとジョナサンの子供)役で大谷育江と豪華声優陣が集結した。 物語は、365日働きっぱなしのドラキュラを見かねたメイヴィスが家族旅行を提案。行き先はモンスターご用達の豪華客船クルーズだ。はじめは乗り気ではなかったドラキュラだが、ミステリアスな船長エリカに出会い、恋に落ちてしまう。彼女に不信感を抱くメイヴィスは父を止めようとするが…。 現在予告映像が公開中。豪華客船でのモンスターと人間、過去の因縁、波乱いっぱいのドラキュラの恋模様がコミカルに描かれている。ドラキュラが恋に落ちる“モンスター・クルーズ船”の船長・エリカ役の吹き替え声優は、近日発表...more
カテゴリー:

笑点メンバー生出演『ミスター笑点 桂歌丸師匠追悼特番』が放送 - 07月12日(木)05:00 

7月12日(木)19時から日本テレビ系にて、2日に81歳で亡くなった落語家・桂歌丸さんを偲んで『ミスター笑点 桂歌丸師匠追悼特番』が生放送されることがわかった。スタジオには、『笑点』レギュラーメンバーの林家木久扇、三遊亭好楽、三遊亭小遊三、三遊亭円楽、春風亭昇太、林家たい平、林家三平、山田隆夫が集結する。『笑点』の第1回から唯一50年間出演し続けた、まさにミスター笑点・歌丸師匠。『笑点』の大功労者は、波乱の人生をどう生きたのか? 番組の歴史と共に歌丸師匠の人生を紐解き、現メンバー全員で故人を偲ぶ。 関連リンク 桂歌丸、“引退”を語る…「声が出なけりゃミイラと同じ」 歌丸師匠の祖母、遊郭の女傑だった『ファミリーヒストリー』 ジェジュンの趣味が乙女すぎ!?『今夜くらべてみました』 吉沢亮、メガネ姿でクールに“復讐代行”『GIVER 復讐の贈与者』 世界屈指のエアレースパイロット室屋義秀の『アナザースカイ』は? 椎名桔平、たけし主催『アウト...more
カテゴリー:

もっと見る

「ミイラ」の画像

もっと見る

「ミイラ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる