「マレーシア航空」とは?

関連ニュース

マレーシア航空、東京/成田線へのエアバスA380型機投入期間を拡大 12月1日まで - 07月14日(土)18:35 

マレーシア航空は、東京/成田〜クアラルンプール線へのエアバスA380型機の投入を、12月1日まで拡大する。 当初は7月22日から9月1日までの一部日程を予定していたものの、これを拡大する。マレーシア航空ウェブサイトの予約画面やGDS上では、現在のところエアバスA350-900型機と記載されている。当初は9月1日までの予定だった。 マレーシア航空は現在、ボーイング737-800型機、エアバスA330-300型機、エアバスA350-900型機、エアバスA380型機を保有している。エアバスA380型機は6機を保有し、クアラルンプール〜ロンドン線に投入している。ファーストクラス8席、ビジネスクラス66席、エコノミークラス412席の計486席を設けている。 ■ダイヤ MH89 東京/成田(10:20)〜クアラルンプール(16:45)/7月22日・23日・27日・28日、8月7日〜10月28日 MH89 東京/成田(10:20)〜クアラルンプール(17:05)/10月29日〜12月1日 MH70 クアラルンプール(23:30)〜東京/成田(07:40+1)/7月21日・22日・26日・27日、8月6日〜10月27日 MH70 クアラルンプール(23:35)〜東京/成田(07:15+1)/10月28日〜11月30日 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

マレーシア航空、72時間限定セール バンコクへ燃油なし往復2万円台など - 07月14日(土)13:27 

マレーシア航空は、7月14日から16日まで、72時間限定セールを開催する。 東京/成田・大阪/関西発着のエコノミークラス往復運賃は、バンコクへ29,000円から、クアラルンプールへ30,000円から、ペナンへ32,000円から、プーケットへ35,000円からなどとなっている。いずれも燃油サーチャージなし、諸税別。 搭乗期間は7月14日から8月31日まで。30キロの受託手荷物が付帯している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

シンガポール・セレター空港、新旅客ターミナル運用を年末までに開始 ファイアフライ乗り入れ - 07月08日(日)16:42 

チャンギ・エアポート・グループ(CAG)は、シンガポールのセレター空港の新旅客ターミナルの運用を年末までに開始すると発表した。 延床面積は10,000平方メートルで、既存ターミナルの6倍以上に拡大した。年間70万人の利用に対応する。総工費は8,000万シンガポールドル。4つのチェックインカウンター、6つの出入国審査レーン、2つの保安検査場、3機の駐機場などを備える。ビジネスジェットの利用者にも対応する。 マレーシア航空子会社のファイアフライは、ターボプロップ機で運航しているチャンギ空港を発着するマレーシア3路線、1日20便をセレター空港発着に移管する。これによりチャンギ空港の発着枠に余裕が生まれ、多くの大型機の乗り入れが可能となる。
カテゴリー:

マレーシア航空、48時間限定セール開催 夏休みのバンコクへ往復2.9万円から - 07月06日(金)20:00 

マレーシア航空は、7月7日から8日まで、48時間限定セールを開催する。 東京/成田・大阪/関西発着のエコノミークラス往復運賃は、バンコクへ29,000円から、クアラルンプールへ30,000円から、ペナンへ32,000円から、プーケットへ35,000円からなどとなっている。いずれも燃油サーチャージなし、諸税別。 搭乗期間は7月9日から8月31日まで。30キロの受託手荷物が付帯している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エイビーロード エアライン調査2018、トップは11年ぶりにANA JALは2位 - 07月04日(水)11:25 

エイビーロード・リサーチ・センターは、2017年に渡航をした18歳以上の男女を対象に、国際線エアラインの満足度調査「エイビーロード エアライン満足度調査2018」を実施し、結果を公表した。 総合満足度トップは全日本空輸(ANA)が11年ぶりに輝いた。2位は前年トップの日本航空(JAL)、3位はエミレーツ航空だった。次いで4位はシンガポール、5位はカタール航空だった。6位のエバー航空は前年16位から大幅上昇、カンタス航空、ターキッシュ・エアラインズ、KLMオランダ航空が新たにトップ10入りした。ガルーダ・インドネシア航空、チェジュ航空、アメリカン航空は前年圏外からトップ20入りを果たした。 部門別満足度では、「航空機の機材、設備」と「空港内の航空会社職員の接客サービス」はJAL、「客室乗務員の接客サービス」はANA、「機内飲食サービス」と「機内エンターテインメント」はエミレーツ航空がトップだった。 最もコストパフォーマンスが良いと評価されたのはチェジュ航空で、2位はエミレーツ航空とカタール航空が並んだ。4位はピーチ、7位はスクート、9位はジェットスター・アジア航空で、トップ10のうち4社が格安航空会社(LCC)となった。日本のLCCでは、ジェットスター・ジャパン、春秋航空日本は調査対象に含まれていない。 調査は4月12日から16日にかけて、2017年に渡航経験のあ...more
カテゴリー:

マレーシア航空、東京/成田線へのエアバスA380型機投入期間を拡大 12月1日まで - 07月14日(土)18:35 

マレーシア航空は、東京/成田〜クアラルンプール線へのエアバスA380型機の投入を、12月1日まで拡大する。 当初は7月22日から9月1日までの一部日程を予定していたものの、これを拡大する。マレーシア航空ウェブサイトの予約画面やGDS上では、現在のところエアバスA350-900型機と記載されている。当初は9月1日までの予定だった。 マレーシア航空は現在、ボーイング737-800型機、エアバスA330-300型機、エアバスA350-900型機、エアバスA380型機を保有している。エアバスA380型機は6機を保有し、クアラルンプール〜ロンドン線に投入している。ファーストクラス8席、ビジネスクラス66席、エコノミークラス412席の計486席を設けている。 ■ダイヤ MH89 東京/成田(10:20)〜クアラルンプール(16:45)/7月22日・23日・27日・28日、8月7日〜10月28日 MH89 東京/成田(10:20)〜クアラルンプール(17:05)/10月29日〜12月1日 MH70 クアラルンプール(23:30)〜東京/成田(07:40+1)/7月21日・22日・26日・27日、8月6日〜10月27日 MH70 クアラルンプール(23:35)〜東京/成田(07:15+1)/10月28日〜11月30日 ⇒詳細はこちら 投稿 マレーシア航空、東京/成田線へのエアバスA380型機投入期...more
カテゴリー:

マレーシア航空、72時間限定セール バンコクへ燃油なし往復2万円台など - 07月14日(土)13:27 

マレーシア航空は、7月14日から16日まで、72時間限定セールを開催する。 東京/成田・大阪/関西発着のエコノミークラス往復運賃は、バンコクへ29,000円から、クアラルンプールへ30,000円から、ペナンへ32,000円から、プーケットへ35,000円からなどとなっている。いずれも燃油サーチャージなし、諸税別。 搭乗期間は7月14日から8月31日まで。30キロの受託手荷物が付帯している。 ⇒詳細はこちら 投稿 マレーシア航空、72時間限定セール バンコクへ燃油なし往復2万円台など は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

シンガポール・セレター空港、新旅客ターミナル運用を年末までに開始 ファイアフライ乗り入れ - 07月08日(日)16:42 

チャンギ・エアポート・グループ(CAG)は、シンガポールのセレター空港の新旅客ターミナルの運用を年末までに開始すると発表した。 延床面積は10,000平方メートルで、既存ターミナルの6倍以上に拡大した。年間70万人の利用に対応する。総工費は8,000万シンガポールドル。4つのチェックインカウンター、6つの出入国審査レーン、2つの保安検査場、3機の駐機場などを備える。ビジネスジェットの利用者にも対応する。 マレーシア航空子会社のファイアフライは、ターボプロップ機で運航しているチャンギ空港を発着するマレーシア3路線、1日20便をセレター空港発着に移管する。これによりチャンギ空港の発着枠に余裕が生まれ、多くの大型機の乗り入れが可能となる。 投稿 シンガポール・セレター空港、新旅客ターミナル運用を年末までに開始 ファイアフライ乗り入れ は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

マレーシア航空、48時間限定セール開催 夏休みのバンコクへ往復2.9万円から - 07月06日(金)20:00 

マレーシア航空は、7月7日から8日まで、48時間限定セールを開催する。 東京/成田・大阪/関西発着のエコノミークラス往復運賃は、バンコクへ29,000円から、クアラルンプールへ30,000円から、ペナンへ32,000円から、プーケットへ35,000円からなどとなっている。いずれも燃油サーチャージなし、諸税別。 搭乗期間は7月9日から8月31日まで。30キロの受託手荷物が付帯している。 ⇒詳細はこちら 投稿 マレーシア航空、48時間限定セール開催 夏休みのバンコクへ往復2.9万円から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

エイビーロード エアライン調査2018、トップは11年ぶりにANA JALは2位 - 07月04日(水)11:25 

エイビーロード・リサーチ・センターは、2017年に渡航をした18歳以上の男女を対象に、国際線エアラインの満足度調査「エイビーロード エアライン満足度調査2018」を実施し、結果を公表した。 総合満足度トップは全日本空輸(ANA)が11年ぶりに輝いた。2位は前年トップの日本航空(JAL)、3位はエミレーツ航空だった。次いで4位はシンガポール、5位はカタール航空だった。6位のエバー航空は前年16位から大幅上昇、カンタス航空、ターキッシュ・エアラインズ、KLMオランダ航空が新たにトップ10入りした。ガルーダ・インドネシア航空、チェジュ航空、アメリカン航空は前年圏外からトップ20入りを果たした。 部門別満足度では、「航空機の機材、設備」と「空港内の航空会社職員の接客サービス」はJAL、「客室乗務員の接客サービス」はANA、「機内飲食サービス」と「機内エンターテインメント」はエミレーツ航空がトップだった。 最もコストパフォーマンスが良いと評価されたのはチェジュ航空で、2位はエミレーツ航空とカタール航空が並んだ。4位はピーチ、7位はスクート、9位はジェットスター・アジア航空で、トップ10のうち4社が格安航空会社(LCC)となった。日本のLCCでは、ジェットスター・ジャパン、春秋航空日本は調査対象に含まれていない。 調査は4月12日から16日にかけて、2017年に渡航経験のある日本人13,21...more
カテゴリー:

もっと見る

「マレーシア航空」の画像

もっと見る

「マレーシア航空」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる