「マイレージプログラム」とは?

関連ニュース

スターフライヤー、マイレージプログラム制度・サービス改定へ 3段階のステイタスに - 05月19日(土)11:13 

スターフライヤーは9月をめどに、マイレージプログラム「STAR LINK(スターリンク)」の制度およびサービスを改定すると発表した。 新会員ステイタス制度では、毎年1月1日から12月31日までの搭乗回数が30回以上で「新ステイタス1」、10回以上29回以下で「新ステイタス2」、9回以下の場合は「スターリンク会員」となる。会員ステイタスに応じて、より多くの搭乗マイルが獲得できるようになるなど、サービスの拡大を予定しているという。詳細については7月頃に改めて発表するとしている。 なお、現行制度では、毎年1月1日から12月31日までの搭乗回数が48回以上で「スターリンク・ベガ」、47回以下では「スターリンク会員」となっている。「スターリンク・ベガ」では、前方座席事前指定、空席待ち・搭乗・手荷物受け取り時の優先サービスなどの特典が利用できる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

マイルの賢人 第3回 アライアンス内でマイルを貯める・使う--3大アライアンス活用術 - 05月16日(水)11:00 

マイレージの積算や特典利用において、提携航空会社の充実度もマイレージプログラムを選ぶ上では重要になる。特に国際線を利用するには重要である。現在、フルサービスキャリア(FSC)の多くがアライアンス(航空連合)に加盟しており、同じアライアンスに加盟している航空会社であれば、マイル積算や特典利用が可能となっている。
カテゴリー:

スターフライヤー、マイレージプログラム制度・サービス改定へ 3段階のステイタスに - 05月19日(土)11:13 

スターフライヤーは9月をめどに、マイレージプログラム「STAR LINK(スターリンク)」の制度およびサービスを改定すると発表した。 新会員ステイタス制度では、毎年1月1日から12月31日までの搭乗回数が30回以上で「新ステイタス1」、10回以上29回以下で「新ステイタス2」、9回以下の場合は「スターリンク会員」となる。会員ステイタスに応じて、より多くの搭乗マイルが獲得できるようになるなど、サービスの拡大を予定しているという。詳細については7月頃に改めて発表するとしている。 なお、現行制度では、毎年1月1日から12月31日までの搭乗回数が48回以上で「スターリンク・ベガ」、47回以下では「スターリンク会員」となっている。「スターリンク・ベガ」では、前方座席事前指定、空席待ち・搭乗・手荷物受け取り時の優先サービスなどの特典が利用できる。 ⇒詳細はこちら 投稿 スターフライヤー、マイレージプログラム制度・サービス改定へ 3段階のステイタスに は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

「マイレージプログラム」の画像

もっと見る

「マイレージプログラム」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる