「ボーイング」とは?

関連ニュース

チャイナエアライン、高雄〜香港〜ジャカルタ線開設 7月1日から - 06月24日(日)13:51 

チャイナエアラインは、高雄〜香港〜ジャカルタ線を7月1日より開設する。 機材はボーイング737-800型機を使用する。就航を記念したプロモーション運賃を、ビジネスクラスは往復21,000台湾ドル、エコノミークラスは同9,500台湾ドルで販売する。いずれも諸税は別途必要となる。 これにより、台湾とインドネシアの間はジャカルタ、スラバヤ、バリへ週28便体制で結ぶことになる。台北とジャカルタの間は、2017年12月よりエアバスA350-900型機を投入しているほか、ガルーダ・インドネシア航空との共同運航(コードシェア)により、インドネシア各地へのシームレスなアクセスを提供する。 https://www.china-airlines.com/jp/jp/discover/news/press-release/20180619
カテゴリー:

日本トランスオーシャン航空、沖縄/那覇〜宮古線を増便 7〜8月に - 06月23日(土)14:37 

日本トランスオーシャン航空(JTA)は7月から8月の一部期間で那覇〜宮古線を増便する。 定期便と合わせ、7〜8月のJTAと琉球エアコミューター(RAC)の那覇〜宮古線は1日あたり最大10往復となり、夏休み期間の利用客の増加に対応する。 機材は145席を配置したボーイング737-400型機と、50席を配置したボンバルディアDHC8-Q400型機カーゴコンビを使用する。 ■ダイヤ RAC805 那覇(12:15)〜宮古(13:10)/7月2日・3日・6日・7日・9日・13日 RAC806 宮古(13:40)〜那覇(14:30)/7月2日・3日・6日・7日・9日・13日 JTA2561 那覇(12:55)〜宮古(13:45)/7月14日〜8月21日 JTA2562 宮古(14:25)〜那覇(15:15)/7月14日〜8月21日 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

LOTポーランド航空、東京/成田〜ワルシャワ線を季節減便 冬スケジュール期間 - 06月23日(土)12:44 

LOTポーランド航空は、東京/成田〜ワルシャワ線を冬スケジュールの一部期間、減便する。 東京/成田発は、10月28日から11月12日までは月・火・木・土・日曜の週5便、11月13日から2019年1月5日までは月・木・土・日曜の週4便、1月6日から3月2日までは月・土・日曜の週3便、3月3日から30日までは月・木・土・日曜の週4便を運航する。 機材はLOTビジネスクラス18席、LOTプレミアム・エコノミークラス14席、LOTエコノミークラス220席の3クラスを配置したボーイング787-8型機を使用する。 LOTポーランド航空は1929年に設立され、スターアライアンスに属している。2016年1月に東京/成田〜ワルシャワ線を週3便で開設した。2017年7月には週4便、今年3月には週5便に増便している。日本と東欧を結ぶ唯一の直行便でもある。 ■ダイヤ LO80 東京/成田(10:55)〜ワルシャワ(14:25) LO79 ワルシャワ(14:40)〜東京/成田(09:15+1) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エミレーツ航空、ドバイ〜エディンバラ線就航 10月から - 06月23日(土)12:02 

エミレーツ航空は、10月1日より、ドバイ〜エディンバラ線に就航する。 スコットランドの就航都市は、グラスゴーに次いで2都市目となる。6月にはドバイ〜ロンドン/スタンステッド線を開設しており、イギリスの就航都市は8都市に拡大する。 機材はファーストクラスのプライベートスイート8席、フルフラットとなるビジネスクラス42席、エコノミークラス304席の計354席を配置した、ボーイング777-300ER型機を使用する。 コマーシャル・オペレーション部門の西部地域担当上級副社長のヒューバート・フロック氏は、「スコットランドへの高まる需要に応じて、運送能力を拡大しています。現在1日2便を運航中のドバイ〜グラスゴー線に加えて、今回エディンバラ線にデイリー運航を開始することで、更なるスコットランド路線の充実を図ります。エディンバラはビジネスとレジャー先として人気が高く、今回の新路線により、アジアとオーストラリアのマーケットを中心とした世界各地のお客様に、エミレーツ航空の拠点であるドバイから直接エディンバラへ向かう選択肢を提供します。また、エディンバラ中心街や、郊外のアバディーンやダンディーから海外旅行をするお客様は、エミレーツをご利用になることでドバイとそれ以遠の地域への接続が便利になります」とコメントしている。 ■ダイヤ EK023 ドバイ(09:55)〜エディンバラ(14:50)...more
カテゴリー:

消費税15%へ 「防衛予算を増やし日本を守るため」 - 06月23日(土)08:56  news

米朝首脳会談の裏で「消費税15%」へ、背信の日米合意 2018年6月22日 7:00 「防衛費倍増」の財源は消費税増税で賄うのか(左から小野寺五典防衛相、麻生太郎財務省、安倍晋三首相)  シンガポールでの“歴史的”な米朝首脳会談で、ドナルド・トランプ米大統領は「外交的名声」を、 金正恩・朝鮮労働党委員長はひとまず「独裁体制の保証」という安心を得た。 しかし、安倍晋三・首相は、拉致問題解決に確たる展望が拓けないまま、 トランプ氏から巨額の「拉致口利き料」の支払いを迫られている。 ツケを払わされるのは国民である...
»続きを読む
カテゴリー:

チャイナエアライン、高雄〜香港〜ジャカルタ線開設 7月1日から - 06月24日(日)13:51 

チャイナエアラインは、高雄〜香港〜ジャカルタ線を7月1日より開設する。 機材はボーイング737-800型機を使用する。就航を記念したプロモーション運賃を、ビジネスクラスは往復21,000台湾ドル、エコノミークラスは同9,500台湾ドルで販売する。いずれも諸税は別途必要となる。 これにより、台湾とインドネシアの間はジャカルタ、スラバヤ、バリへ週28便体制で結ぶことになる。台北とジャカルタの間は、2017年12月よりエアバスA350-900型機を投入しているほか、ガルーダ・インドネシア航空との共同運航(コードシェア)により、インドネシア各地へのシームレスなアクセスを提供する。 https://www.china-airlines.com/jp/jp/discover/news/press-release/20180619 投稿 チャイナエアライン、高雄〜香港〜ジャカルタ線開設 7月1日から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

日本トランスオーシャン航空、沖縄/那覇〜宮古線を増便 7〜8月に - 06月23日(土)14:37 

日本トランスオーシャン航空(JTA)は7月から8月の一部期間で那覇〜宮古線を増便する。 定期便と合わせ、7〜8月のJTAと琉球エアコミューター(RAC)の那覇〜宮古線は1日あたり最大10往復となり、夏休み期間の利用客の増加に対応する。 機材は145席を配置したボーイング737-400型機と、50席を配置したボンバルディアDHC8-Q400型機カーゴコンビを使用する。 ■ダイヤ RAC805 那覇(12:15)〜宮古(13:10)/7月2日・3日・6日・7日・9日・13日 RAC806 宮古(13:40)〜那覇(14:30)/7月2日・3日・6日・7日・9日・13日 JTA2561 那覇(12:55)〜宮古(13:45)/7月14日〜8月21日 JTA2562 宮古(14:25)〜那覇(15:15)/7月14日〜8月21日 ⇒詳細はこちら 投稿 日本トランスオーシャン航空、沖縄/那覇〜宮古線を増便 7〜8月に は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

LOTポーランド航空、東京/成田〜ワルシャワ線を季節減便 冬スケジュール期間 - 06月23日(土)12:44 

LOTポーランド航空は、東京/成田〜ワルシャワ線を冬スケジュールの一部期間、減便する。 東京/成田発は、10月28日から11月12日までは月・火・木・土・日曜の週5便、11月13日から2019年1月5日までは月・木・土・日曜の週4便、1月6日から3月2日までは月・土・日曜の週3便、3月3日から30日までは月・木・土・日曜の週4便を運航する。 機材はLOTビジネスクラス18席、LOTプレミアム・エコノミークラス14席、LOTエコノミークラス220席の3クラスを配置したボーイング787-8型機を使用する。 LOTポーランド航空は1929年に設立され、スターアライアンスに属している。2016年1月に東京/成田〜ワルシャワ線を週3便で開設した。2017年7月には週4便、今年3月には週5便に増便している。日本と東欧を結ぶ唯一の直行便でもある。 ■ダイヤ LO80 東京/成田(10:55)〜ワルシャワ(14:25) LO79 ワルシャワ(14:40)〜東京/成田(09:15+1) ⇒詳細はこちら 投稿 LOTポーランド航空、東京/成田〜ワルシャワ線を季節減便 冬スケジュール期間 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

エミレーツ航空、ドバイ〜エディンバラ線就航 10月から - 06月23日(土)12:02 

エミレーツ航空は、10月1日より、ドバイ〜エディンバラ線に就航する。 スコットランドの就航都市は、グラスゴーに次いで2都市目となる。6月にはドバイ〜ロンドン/スタンステッド線を開設しており、イギリスの就航都市は8都市に拡大する。 機材はファーストクラスのプライベートスイート8席、フルフラットとなるビジネスクラス42席、エコノミークラス304席の計354席を配置した、ボーイング777-300ER型機を使用する。 コマーシャル・オペレーション部門の西部地域担当上級副社長のヒューバート・フロック氏は、「スコットランドへの高まる需要に応じて、運送能力を拡大しています。現在1日2便を運航中のドバイ〜グラスゴー線に加えて、今回エディンバラ線にデイリー運航を開始することで、更なるスコットランド路線の充実を図ります。エディンバラはビジネスとレジャー先として人気が高く、今回の新路線により、アジアとオーストラリアのマーケットを中心とした世界各地のお客様に、エミレーツ航空の拠点であるドバイから直接エディンバラへ向かう選択肢を提供します。また、エディンバラ中心街や、郊外のアバディーンやダンディーから海外旅行をするお客様は、エミレーツをご利用になることでドバイとそれ以遠の地域への接続が便利になります」とコメントしている。 ■ダイヤ EK023 ドバイ(09:55)〜エディンバラ(14:50) EK024 エ...more
カテゴリー:

消費税15%へ - 06月22日(金)23:07  newsplus

米朝首脳会談の裏で「消費税15%」へ、背信の日米合意 2018年6月22日 7:00 「防衛費倍増」の財源は消費税増税で賄うのか(左から小野寺五典防衛相、麻生太郎財務省、安倍晋三首相)  シンガポールでの“歴史的”な米朝首脳会談で、ドナルド・トランプ米大統領は「外交的名声」を、金正恩・朝鮮労働党委員長はひとまず「独裁体制の保証」という安心を得た。しかし、安倍晋三・首相は、拉致問題解決に確たる展望が拓けないまま、トランプ氏から巨額の「拉致口利き料」の支払いを迫られている。ツケを払わされるのは国民である。  ト...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ボーイング」の画像

もっと見る

「ボーイング」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる