「ヘロイン」とは?

関連ニュース

米麻薬取締局による「隠語リスト」は、勉強になる!? - 07月13日(金)15:00 

知らないスラングを調べたら、すぐに意味や使い方まで分かるオンライン辞書「Urban Dictionary」。カジュアルな英語を話したい人は結構使っていると思います。僕もアメリカに住んでいた頃、よくお世話になってました。さて、もうちょっとディープな英語を学びたいなら、コレです。アメリカの麻薬取締局「DEA」が、毎年アップデートしている麻薬の隠語リスト。知ったからって特に使う機会もないけど、興味深くはあります。例えば、コカインは「Adidas」。ヘロインは「Mexican Food」。LSDは「Mother of God」。メスフェタミンは「L.A. Ice」。カナダが10月17日から合法化するのは「Shrimp」だそうですよ。トリビア的な好奇心を満たしたい人は、コチラから。Reference: Slang Terms and Code Words: A Reference for Law Enforcement Personnel / DEA Intelligence ReportTop image: © iStock.com/123ducu
カテゴリー:

生命を脅かす「鎮痛剤」ープリンスやトム・ペティの死亡原因となった合成ドラッグ「フェンタニル」とは? - 07月08日(日)17:00 

音楽業界に蔓延し、ヘロインの30倍も強力な影響力を及ぼす「オピオイド」。近年のドラッグの過剰摂取による死因ではヘロインを上回り、2016年米国におけるオピオイドの致命的な過剰摂取は約6万5000件と増加している。オピオイドの中でも最も危険とされている新種の合成ドラッグが「フェンタニル」だ。プリンス、トム・ペティやサウンドガーデンのクリス・コーネルなど、このフェンタニルによる死亡が増えてきている。その現状とは?「ツアーやスタジオが本当に落ち着ける唯一の場所なんだ」と2017年夏、トム・ペティはローリングストーン誌に語った。そして、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの40周年を記念したハードなツアーを始めた理由を説明した。ところがツアーは、彼にとって容易なものではなかった。53公演のツアー中、ペティは左腰の骨折による激しい痛みと戦っていた。バックステージでの移動にはゴルフカートを使い、鎮痛剤を服用しながら乗り切った。「トムは病んでいた」と、友人のスティーヴィー・ニックスは言う。「ツアーをなんとかこなそうとがんばっていたのね。彼はツアーをキャンセルして家へ帰り、病院へ行くべきだったわ。でもトムはそうしなかった。彼は三途の川を渡ろうとしていたのよ」2017年10月、ハリウッド・ボウルでツアーの最終公演を行ってから1週間後、ペティは66歳でこの世を去った。死因は、複数のドラッグを誤って過剰...more
カテゴリー:

英南部で男女2人重体、「未確認の物質」が原因か - 07月04日(水)16:33 

英南西部ソールズベリー近郊の町、エイムズベリーで先週、40代の男女2人が意識不明の状態で倒れているのが見つかり、当局が「重大事件」として調べている。正体不明の物質にさらされた可能性があるという。 地元警察によると、2人は30日に発見されて、現在も重体。当初はコカインかヘロインの中毒と思われたが、3日までに「未確認の物質」による症状の治療に切り替えられ、物質を特定するための検査が進められている。 ...
カテゴリー:

【イギリス】幼少期から性的虐待繰り返す継祖父をステーキナイフで120回以上メッタさしにして殺害した女、懲役13年の判決 - 06月22日(金)13:49  newsplus

2018.06.22 05:38 http://japan.techinsight.jp/2018/06/ellis06330619.html 血の繋がりのない祖父をメッタ刺しにした女 昨年12月25日に英サウス・ヨークシャー州で起こった殺人事件の裁判がこのほど行われた。39歳の女が72歳の継祖父を120回以上メッタ刺しにした事件で、4日間に及んだ裁判で女は幼少期から継祖父に性的虐待を受けていたことが明らかになったが、女には懲役13年という判決が下された。『BBC News』『Shropshire Star』『Metro』などが伝えている。 サウス・ヨークシャー州ドンカスターに住むリンゼイ・フレッチ...
»続きを読む
カテゴリー:

生命を脅かす「鎮痛剤」ープリンスやトム・ペティの死亡原因となった合成ドラッグ「フェンタニル」とは? - 07月08日(日)17:00 

音楽業界に蔓延し、ヘロインの30倍も強力な影響力を及ぼす「オピオイド」。近年のドラッグの過剰摂取による死因ではヘロインを上回り、2016年米国におけるオピオイドの致命的な過剰摂取は約6万5000件と増加している。オピオイドの中でも最も危険と・・・
カテゴリー:

「不明物質」で2人重体=元スパイ暗殺未遂現場近く-英 - 07月04日(水)22:39 

 【ロンドン時事】英南部ウィルトシャー州警察は3日夜、同州エイムズベリーで40代の男女2人が「正体不明の物質」にさらされ、重体に陥っていると発表した。「重大事案」として捜査中で、対テロ当局も加わっているという。 エイムズベリー南方11キロのソールズベリーでは3月、旧ソ連で開発された軍用神経剤「ノビチョク」による元ロシア情報員と娘の暗殺未遂事件が起きた。警察は4日の声明で「ソールズベリーの事件を鑑み、エイムズベリーの件で対テロ要員が協力している」と説明した。ただ、両事件が関連しているかどうかは分かっていない。警察は「偏見を持たずに」捜査を進めると強調した。 「物質」については政府の化学兵器研究所で分析が行われている。英国の報道では、ノビチョクを検出したのと同じ英軍化学兵器研究機関ポートンダウン研究所とみられる。 男女2人は6月30日、意識不明の状態で発見され、現在ソールズベリーの病院で治療中。大衆紙サンは、2人が神経剤の被害者と「非常に似た症状」を示していると伝えた。 警察は「当初、コカインかヘロインなど麻薬による中毒症状と考えられていた」と説明している。BBC放送によると、倒れた当日、2人は地元の集まりに参加していた。他の参加者にそうした症状は表れていない。 【時事通信社】
カテゴリー:

帰ってきた!濃すぎるフラワーズ一家 「他にないコメディ」と好評の『Flowers』シーズン2 - 07月03日(火)19:00 

英Channel 4で放送中の『Flowers(原題)』は、アクの強いフラワーズ家の人々の日常を描いたコメディ・ドラマ。2016年のシーズン1から数年後の世界が舞台になっている。双極性障害(躁うつ病)や人種への偏見を笑いに変える、悲哀をベースにしたスタイルが特徴的。日本人役として画面にも姿を見せる脚本・監督のウィル・シャープは、自身が実生活で精神疾患を患っている。【関連記事】デイヴィッド・テナント&オリヴィア・コールマン主演『ブロードチャーチ ~殺意の町~』疑い始めたら止まらない!ミステリーの本場イギリスが仕掛ける巧みな疑惑のワナ◆個性が咲き誇るシーズン2個性的なキャラクターをこれでもかと詰め込んだ本作。オープニングに登場するのは、2年前に雷に打たれるも生存しているという強運の持ち主、エイミー。バンド活動に明け暮れる彼女は、フラワーズ家の一番下の娘。元麻薬中毒でレズビアンで牧師という、強烈な個性を持った初老の女性ヒルダ(ハリエット・ウォルター)と交際している。「娘がヘロイン中毒者と付き合っているなんて素晴らしい」と笑顔で応える母デボラ(オリヴィア・コールマン)の本心は!?そんな母デボラは精神疾患に悩む夫モーリス(ジュリアン・バラット)の元を去るが、結婚生活の愚痴を綴った「悪魔との生活」という本を出版し、一山当てるしたたかさを見せる。ちなみに夫モーリスは妻をラザニアに例え、新鮮なサラ...more
カテゴリー:

【カナダ】「オピオイド危機」、オピオイド系鎮痛剤の乱用で17年死者4000人 公衆衛生当局 - 06月21日(木)03:12  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3179236 【6月20日 AFP】カナダでは、オピオイド系鎮痛剤の乱用による「オピオイド・クライシス(鎮痛剤危機)」で2017年に4000人近くの命が奪われた。同国の公衆衛生当局が19日、明らかにした。主な死因は強力な鎮痛薬フェンタニルの過剰摂取で、当局は事態がさらに悪化していると警告した。  オピオイド関連の死者数は前年比34%増で、過剰摂取による死亡事故で最も多かったのはフェンタニルを路上の麻薬密売人から違法に入手した30~39歳の男性が関与したケースだった。  2017年の死者3987人...
»続きを読む
カテゴリー:

「ヘロイン」の画像

もっと見る

「ヘロイン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる