「ヘレン」とは?

関連ニュース

【中国】2300年前の始皇帝の祖母の墓に謎のテナガザル - 06月23日(土)02:27  newsplus

http://www.bbc.com/japanese/44572149 2300年前の墓に謎のテナガザル 始皇帝の祖母埋葬か ヘレン・ブリッグス記者 BBCニュース 中国・陝西省にある約2300年前に秦の始皇帝の祖母、夏太后のために作られた可能性がある墓でこのほど、すでに絶滅したテナガザルの一種の頭蓋骨が見つかった。 英ロンドン動物学会が主導する研究チームによると、「ユンジ・インペリアリス」と名付けられた新たに見つかったテナガザルは、人間の活動が直接、種の絶滅につながった歴史上初めての例である可能性があるという。 今回の研究をまとめた...
»続きを読む
カテゴリー:

動物園でライオン脱走→麻酔作戦失敗x2→遠足の小学生が避難するバスに接近→警察が射殺→炎上 - 06月22日(金)10:51  news

【6月22日 AFP】ベルギーの動物園で21日、飼育場から逃げ出した若い雌ライオン1頭が警察に射殺される出来事があり、警察に非難が集まっている。 現場となったのは、ベルギーの首都ブリュッセルとアントワープ(Antwerp)の間、メッヘレン(Mechelen)にあるプランケンデール動物園(Planckendael Zoo)。 報道によれば、ライオンは21日午前、職員のミスが原因で飼育場を抜け出した。同園では射殺までの3時間、来園者の多くが職員の事務所に避難し、学校の遠足で訪れた子どもらは乗って来たバス内で待機した。 ライオンを麻酔で眠ら...
»続きを読む
カテゴリー:

「インクレディブル・ファミリー」がアニメ映画として全米史上No.1のオープニング成績 - 06月18日(月)18:00 

 ピクサー最新作「インクレディブル・ファミリー」(ブラッド・バード監督)がアニメ史上最高の興行成績で北米デビューを飾ったと、エンターテインメント・ウィークリー誌が報じた。  「Mr.インクレディブル」から14年ぶりの続編として6月15日(現地時間)、北米4410館で封切られた同作は、公開3日間で興行収入約1億8000万ドルを突破。アニメ映画としては、同じくピクサー作品「ファインディング・ドリー」が2016年に樹立した1億3510万ドルを突破し、歴代1位となった(実写映画を含めると第8位)。ちなみに前作「Mr.インクレディブル」のオープニング成績は、7050万ドルだった。  実際に映画館に足を運んだ観客の満足度を示すシネマスコアも最高ランクのA+を記録していることから、今後もヒットを続けていくことになりそうだ。なお、「インクレディブル・ファミリー」は、ヒーローとしての活動を禁じる法律を白紙に戻すために、母のヘレンが極秘のヒーロー活動、父のボブが家事と育児を担当するというストーリー。映画は、8月1日から全国で公開。 【作品情報】 ・インクレディブル・ファミリー 【関連記事】 ・【作品情報】「インクレディブル・ファミリー」 ・三浦友和&黒木瞳&綾瀬はるか、再びヒーロー一家に!「Mr.インクレディブル」続編 日本版声優決定 ・「インクレディブル・ファミリー」末子ジャック=ジャックの...more
カテゴリー:

オスカー女優ヘレン・ミレン「ウィンチェスターハウス」で気が重かったこととは? - 06月18日(月)17:00 

現存する幽霊屋敷の実話を映画化した「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」で、初の本格ホラー出演を果たしたアカデミー賞女優、ヘレン・ミレンのインタビュー映像が公開された。ミレンが演...
カテゴリー:

家系ホラー『ウィンチェスターハウス』が家系ラーメン店と衝撃コラボ 恐ろしい仕掛けのあるホラーメンとは?[ホラー通信] - 06月15日(金)21:00 

いつか誰かがやってくれると信じてた。“家系ホラー映画”と“家系ラーメン”が待望のコラボです。 死者の呪いを恐れて増改築され続けた実在の屋敷“ウィンチェスター・ミステリー・ハウス”を題材とする映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』が人気家系ラーメンチェーン『壱角家』『魂心家』とコラボ決定。2店それぞれで別メニューを開発し、そのお味を対決するというバトル形式でございます。 ヘレン・ミレン「中途半端なもの出したら許さないわよ」 ※言ってません さっそくメニューのご紹介に行きましょう。 まずは『壱角家』。その名も『ウィンチェスターラーメン ビルド』です。仮面ライダーじゃないよ。赤と黒の麺、スープに浮かぶ赤と黒のオイルが衝撃的。チャーシューに赤いオイルが滴る図、完全に“血”ですね。 ビルド(build)=建設の名の通り、ウィンチェスター・ミステリー・ハウスの“増改築が続けられた”という要素に着目したこのラーメン、器の真ん中に鎮座する真っ黒な球体のキムチを解体すると、ラーメンに新たな味が“増築”されていくんだそうです。すごい、味の増築ってなに。ラーメンの可能性って無限大ですね。 続いて『魂心家』。家系ラーメン店ですがメニューにつけ麺も用意している『魂心家』、今回は『ウィンチェスターつけ麺 ブラッディ』で勝負です。 “呪いによって血に染まる”ウィンチェスター・ミステリー...more
カテゴリー:

【ベルギー】動物園でライオン逃走、射殺の警察に批判 - 06月22日(金)20:16  newsplus

◆動物園でライオン逃走、射殺の警察に批判 ベルギー ベルギーの動物園で21日、飼育場から逃げ出した若い雌ライオン1頭が警察に射殺される出来事があり、警察に非難が集まっている。 現場となったのは、ベルギーの首都ブリュッセルとアントワープの間、メッヘレンにあるプランケンデール動物園。 報道によれば、ライオンは21日午前、職員のミスが原因で飼育場を抜け出した。 同園では射殺までの3時間、来園者の多くが職員の事務所に避難し、学校の遠足で訪れた子どもらは乗って来たバス内で待機した。 ライオンを麻酔で眠らせる試...
»続きを読む
カテゴリー:

【全米映画ランキング】「インクレディブル・ファミリー」がアニメ映画史上最高のOP興収でV - 06月19日(火)17:00 

 3本の新作がランクインした先週末の全米ボックスオフィスは、ディズニー/ピクサー最新作の「インクレディブル・ファミリー」がアニメ映画史上最高となる約1億8000万ドルのオープニング興収で首位デビューを飾った。  同作は、ピクサーの長編劇場用アニメの第20作で、04年に大ヒットを記録したヒーローもの「Mr. インクレディブル」の14年ぶりとなる待望の続編。前作で大活躍した父親ボブが家事や育児に専念し、ボブの妻ヘレン/イラスティガールが新たなミッションに挑む中、全世界を恐怖に陥れる陰謀が動き出す。批評家からは絶賛評が多く寄せられ、レビュー・興行ともに申し分のないスタートとなった。声の出演にクレイグ・T・ネルソン、ホリー・ハンター、キャサリン・キーナー、ボブ・オデンカーク、イザベラ・ロッセリーニ、サミュエル・L・ジャクソン。監督は前作の「Mr. インクレディブル」や「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」「トゥモローランド」といった実写作品でも知られるブラッド・バード。  興収約2000万ドルで2位となったのは前週首位の「オーシャンズ8」。10日間の累計は約7900万ドルで、最終興収は1億2000万ドル強といったところか。  約1500万ドルのOP興収で初登場3位となったのは実話ベースのコメディ「Tag」。30年以上も本気で「鬼ごっこ」を楽しむ、いい年をした男たちの滑稽...more
カテゴリー:

歴代記録を更新!『インクレディブル・ファミリー』が全米で大旋風 - 06月18日(月)17:31 

ピクサー・アニメーション・スタジオの記念すべき長編20作目となる『インクレディブル・ファミリー』が、8月1日(水)より日本公開される。このたび、6月15日に公開を迎えた全米で、『ファインディング・ドリー』が記録した約1億3600万(日本円にして約150億円)ドルを超えて全米歴代アニメーション史上1位のオープニング記録を塗り替えたことがわかった。 【写真を見る】14年ぶりに帰ってきた“インクレディブル”な彼らから目が離せない!/[c]2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 本作は、かつてスーパーヒーローとして活躍した夫・ボブが、ヒーローとしての威厳と家族との絆を取り戻していく様をユニークに描きだした前作の「その後」の物語。本作では“イラスティガール”として再び活躍するようになった妻・ヘレンに代わり、ボブは家事や育児に奮闘。そんななか、宿敵のアンダーマイナーを始め、新たな脅威が彼らを襲う。果たしてボブは、愛する家族を守れるのだろうか…。 米ウェブサイト「Box Office Mojo」が日本時間18日未明に発表した速報によると、6月15日から17日の3日間、4410劇場で約1億8000万ドル(日本円にして約198億円)を売り上げる、まさに歴史的大ヒットスタートを切っている。(※6月18日付けの為替レート:1ドル=110.55円で換算) また作品へ...more
カテゴリー:

オスカー女優ヘレン・ミレン「ウィンチェスターハウス」で気が重かったこととは? - 06月18日(月)17:00 

 現存する幽霊屋敷の実話を映画化した「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」で、初の本格ホラー出演を果たしたアカデミー賞女優、ヘレン・ミレンのインタビュー映像が公開された。 ・「ウィンチェスターハウス」ヘレン・ミレン インタビュー映像はこちら!  ミレンが演じるのは、娘、夫を突然の病気で失った未亡人サラ・ウィンチェスター。残された家族を亡霊たちから守るために、38年間もの間、1年365日・1日24時間休むことなく屋敷を増改築し続けたという史実を基に、サラの精神鑑定を請け負った医師エリック(ジェイソン・クラーク)とともに、恐るべき厄災に立ち向かうさまが描かれる。  インタビュー映像でミレンは、「サラ・ウィンチェスターには多くのうわさがある。彼女は生存中から伝説の存在だったのよ。彼女が建てている屋敷のせいでね」と、サラの人物像を解説。「サラのうわさは当時からすでにささやかれていて、屋敷が複雑に大きくなるにつれ、うわさも広がっていった」と続け、その伝説が「今も語り継がれているのよ」と語っている。  また、当時の状況をリアルに再現して注目を集めている衣装と屋敷のセットについても言及。「調査資料を基に当時の衣服を再現したの。サラの写真などを参考にしたわ」と明かし、「屋敷をできる限り忠実に再現した。ジグザグに造られた不思議な階段や他にもいろんなものをね」と、オーストラリア...more
カテゴリー:

実際にあった話ほど怖い!「ウィンチェスターハウス」監督兄弟が語る恐怖の本質 - 06月15日(金)18:00 

 現在も米カリフォルニア州サンノゼに存在する幽霊屋敷の実話を映画化したホラー「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」を手掛けたマイケル&ピーター・スピエリッグ兄弟監督が、ヘレン・ミレン出演の経緯とこだわった「恐怖」について明かした。  「西部を征服した銃」とまで呼ばれたウィンチェスター銃を開発し、莫大な富を築いた一族の未亡人サラ・ウィンチェスター。最愛の夫と娘を突然の病で失ったサラは、それがウィンチェスター銃で命を落とした者たちの呪いだと信じ、亡霊たちから身を守るために、38年間もの間、1年365日・1日24時間休むことなく屋敷を増改築し続けた。「これは、世にも恐ろしいお化け屋敷を舞台にした幽霊話さ。何が変わっているかと言えば、実在の人物をベースにしていること。屋敷も現存するし、状況も作り話ではない。内容的にも歴史的にも現代と通じるものがある」(ピーター)。  そのサラを演じたのが、「クィーン」のオスカー女優、ヘレン・ミレン。マイケルは「ホラー映画にこれまで出演したことはなかったからね。僕は最初に思ったよ、“ヘレン・ミレンがこの映画に出てくれたらすごいんだけどな”」と当初の想定を振り返るが、ミレンは出演を快諾。ミレンはスピエリッグ兄弟が手掛けたイーサン・ホーク主演作「プリデスティネーション」を鑑賞しており、兄弟たちの作品への出演を希望していたという。「出演を承諾し...more
カテゴリー:

もっと見る

「ヘレン」の画像

もっと見る

「ヘレン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる