「プロパガンダ」とは?

関連ニュース

【国際】〈動画ニュース〉ロシアプロパガンダ「6月22日、4時ちょうど...」 こうして大祖国戦争は始まった - 06月23日(土)12:42  newsplus

■動画(グロ注意) 22 июня ровно в 4 часа 1941 https://youtu.be/TMLacEM4Bfw 1941年6月22日はロシアの歴史の中では最も悲しい日に数えられる。 この日、ソ連はナチスドイツを相手に大祖国戦争(1941年-1945年)を開始した。 1939年から始まった第2次世界大戦の中でこのソ連の大祖国戦争は最も重要な部分を占めることになった。 1941年6月22日の未明、ナチスドイツは宣戦布告も行わずソ連に対して開戦。 独航空隊は軍の空港、鉄道の重要拠点、 陸海の軍事基地、軍が常時配置されている諸都市に向...
»続きを読む
カテゴリー:

【菅長官記者会見】東京新聞・望月衣塑子「森友ですが、昨日の加計理事長の会見ですけど…」 ネット「イミフ」「安定の不安定さ」 - 06月20日(水)17:38  seijinewsplus

http://anonymous-post.com/archives/25024 Mi2@YES777777777 【森友?】東京新聞・望月衣塑子「森友ですが、加計理事長の会見ですけど2時間前に突然告知し地元の記者クラブ以外、記者を参加させず短時間で終わってる」菅義偉官房長官「政府としてコメントすべきじゃない」 加計学園の質問してるのに最初に『森友ですが』とかイミフ。相変わらず安定の…以下略。 【森友?】東京新聞・望月衣塑子「森友ですが、加計理事長の会見ですけど2時間前に突然告知し地元の記者クラブ以外、記者を参加させず短時間で終わってる」菅義偉官...
»続きを読む
カテゴリー:

政府からの祝意を辞退した是枝裕和 「文化庁から助成金もらって祝意辞退は失礼」と議論呼ぶ ネット「助成金万引き家族」「ダサい」 - 06月15日(金)18:08  seijinewsplus

http://anonymous-post.com/archives/24838  第71回カンヌ国際映画祭で、日本映画としては21年ぶりに最高賞であるパルムドールを受賞した『万引き家族』(ギャガ)。 監督を務めた是枝裕和氏が政府からの祝意を辞退した一方で、文化庁からの助成金を受け取っていたことが波紋を呼んでいる。 その理由について、是枝監督は公式サイトにメッセージを掲載。 「映画がかつて、『国益』や『国策』と一体化し、大きな不幸を招いた過去の反省に立つならば、大げさなようですがこのような『平時』においても公権力(それが保守でもリベラ...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ氏、北朝鮮軍人に「敬礼」しちゃった 自らプロパガンダのネタ提供 - 06月15日(金)17:24 

北朝鮮国営の朝鮮中央テレビが米朝首脳会談の様子を収めたドキュメンタリー番組を放送し、生中継の映像からは分からなかったことも明らかになってきた。その中で波紋を広げているのが、ドナルド・トランプ大統領が北朝鮮の閣僚とあいさつする場面。軍服姿の男性に対してトランプ氏が「敬礼」したとして、「米国が北朝鮮の軍隊に従った『証拠』」になりうる、という指摘だが出ている。
カテゴリー:

【万引き家族】政府からの祝意を辞退した是枝監督 に「文化庁から助成金もらって祝意辞退は失礼」と議論呼ぶ★2 - 06月15日(金)14:06  mnewsplus

第71回カンヌ国際映画祭で、日本映画としては21年ぶりに最高賞であるパルムドールを受賞した『万引き家族』。 監督を務めた是枝裕和氏が政府からの祝意を辞退した一方で、文化庁からの助成金を受け取っていたことが波紋を呼んでいる。 その理由について、是枝監督は公式サイトにメッセージを掲載。 「映画がかつて、『国益』や『国策』と一体化し、大きな不幸を招いた過去の反省に立つならば、 大げさなようですがこのような『平時』においても公権力(それが保守でもリベラルでも)とは 潔く距離を保つというのが正しい振る舞いな...
»続きを読む
カテゴリー:

【政府が韓国に連日抗議】上念司「『慰安婦としてジープで連れて行かれた』と主張してるが日本陸軍にジープはない。韓国軍が朝鮮戦争…」 - 06月22日(金)21:31  seijinewsplus

https://snjpn.net/archives/56274 DAPPIさんのツイート 上念司 「『慰安婦としてジープで連れて行かれた』と主張してるが日本陸軍にジープはない。韓国軍が朝鮮戦争の時に行ってた慰安婦狩りがオーバーラップしたのでは?南京大虐殺もそうだが自分達がやってることを他人のせいにするのが多い。民間人の犠牲者は0じゃないが数を盛りプロパガンダ利用してる」 (略) ▼ネット上のコメント ・一部、韓国慰安婦のお婆さんは…ヘリに乗せられたとか…言ってったなぁ(-_-;)もうねぇ〜「あなた本当に慰安婦?」と聞きたく成る...
»続きを読む
カテゴリー:

【書評】予言しよう。日本はやがて必ず安倍ロス現象に悩まされる - 06月19日(火)03:47 

「リベラル」を自称する人たちが目につく昨今ですが、では「リベラル」の本当の意味とはなんでしょうか? 今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんが紹介しているのは、日本で声高に叫ばれている「リベラル」は笑止千万、もはや「偽リベラル」だとする元官僚の八幡和郎氏の著作を紹介しています。 『「立憲民主党」「朝日新聞」という名の“偽リベラル”』 八幡和郎・著 ワニブックス 八幡和郎『「立憲民主党」「朝日新聞」という名の“偽リベラル”』を読んだ。著者は元官僚、評論家、歴史作家、徳島文理大学教授。リベラルとはどういう意味か。かつては自民党の中における「全面的な戦前回帰に否定的で親欧米的な人たち」を指していた。中道左派もそれに近い。西欧的な自由を重んじ進歩的なイメージで受け止められてきた良い言葉だった。 ところが、いまは新旧「左翼」の人々が、「リベラル」という新しい看板を掲げるようになった。「政治用語として『共産主義や社会主義に共鳴する人々』を『リベラル』などと表現することは笑止千万で、欧米では絶対にあり得ません」「立憲民主党に結集する旧社会党系や外交問題で反米的な人たち、そしてそれを支援するマスコミや知識人が『リベラル』を名乗るのも驚天動地です」。 世界的基準からいって、なんともユニークで、お馬鹿な日本の左翼である。いま日本のマスコミで圧倒的に強い...more
カテゴリー:

【万引き家族】政府からの祝意を辞退した是枝監督 に「文化庁から助成金もらって祝意辞退は失礼」と議論呼ぶ★3 - 06月15日(金)17:38  mnewsplus

第71回カンヌ国際映画祭で、日本映画としては21年ぶりに最高賞であるパルムドールを受賞した『万引き家族』。 監督を務めた是枝裕和氏が政府からの祝意を辞退した一方で、文化庁からの助成金を受け取っていたことが波紋を呼んでいる。 その理由について、是枝監督は公式サイトにメッセージを掲載。 「映画がかつて、『国益』や『国策』と一体化し、大きな不幸を招いた過去の反省に立つならば、 大げさなようですがこのような『平時』においても公権力(それが保守でもリベラルでも)とは 潔く距離を保つというのが正しい振る舞いな...
»続きを読む
カテゴリー:

【税金】政府からの祝意を辞退した万引き家族・是枝監督 に「文化庁から助成金もらっておいて祝意辞退は失礼」と炎上★2 - 06月15日(金)15:44  newsplus

第71回カンヌ国際映画祭で、日本映画としては21年ぶりに最高賞であるパルムドールを受賞した『万引き家族』(ギャガ)。 監督を務めた是枝裕和氏が政府からの祝意を辞退した一方で、文化庁からの助成金を受け取っていたことが波紋を呼んでいる。 その理由について、是枝監督は公式サイトにメッセージを掲載。 「映画がかつて、『国益』や『国策』と一体化し、大きな不幸を招いた過去の反省に立つならば、 大げさなようですがこのような『平時』においても公権力(それが保守でもリベラルでも)とは 潔く距離を保つというのが正しい...
»続きを読む
カテゴリー:

ナチスナンバー2の秘書が69年の沈黙を破る「ゲッベルスと私」 製作陣が撮影の裏側を告白 - 06月15日(金)14:00 

 ナチス政権の国民啓蒙・宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書を務めたブルンヒルデ・ポムゼルが、終戦から69年の沈黙を破り、撮影当時103歳でインタビューに応じたドキュメンタリー「ゲッベルスと私」。6月16日の日本公開を前に、ウィーンを拠点にする国際ドキュメンタリープロダクション「ブラックボックス・フィルム&メディアプロダクション」のクリスティアン・クレーネス監督、フロリアン・バイゲンザマー監督が、30時間にも及んだ独白の裏側を明かした。(取材・文/編集部)  1942年から終戦までの3年間、ゲッベルスの秘書として誰よりも近くにいたポムゼル。本作に着手する前、ナチス関連のドキュメンタリーを製作していた「ブラックボックス・フィルム&メディアプロダクション」は、そのリサーチ過程で彼女の存在へと偶然たどり着いた。「20世紀をずっと経験している彼女を題材にできるということは、我々にとって物凄いチャンスだった。聡明でユーモアがあり、ストーリーテラーとしての素質を備えていた」(バイゲンサマー監督)という発言を補足するように、クレーネス監督は立ちはだかった“壁”に言及した。  クレーネス監督「かつて取材を受けたドイツの新聞社に、自らの話を歪曲して書かれてしまったため、彼女は『(取材は)2度と受けない』という態度だった。製作はノーチャンスに等しかったんです。インタビューに応じてもらうための交渉に要し...more
カテゴリー:

もっと見る

「プロパガンダ」の画像

もっと見る

「プロパガンダ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる