「プロトタイプ」とは?

関連ニュース

耳栓型の双方向翻訳機WT2が1月に発売、リアルタイム翻訳の実現も近い - 11月20日(火)19:11 

Timekettleは、昨年のTechCrunch Shenzhen(深圳)で披露した翻訳をするウェアラブルWT2のその後の進歩を、われわれにどうしても見せたいようだった。昨年の3Dプリントしたプロトタイプと違って、このクラウドファンディングされた耳あては、今や発売可能だ。 すでに初期支援者には現物を送り始めており、1月には予約購入者にも送り始める。そのハードウェアは、しっかり作られている。外見は大きすぎるAirPodケースのようで、二つを磁石で閉じる。使い方は、開いた状態で片方を話す相手に渡す〔下のビデオ参照〕。
カテゴリー:

「高齢者UIプロトタイプ検証の学び」についての重要ポイントと質問の回答|敷地 琢也/エンジニア Ubie|note - 11月19日(月)12:40 

「高齢者UIプロトタイプ検証の学び」についての重要ポイントと質問の回答|敷地 琢也/エンジニア Ubie|noteこんにちは。Ubieエンジニアの敷地(@shikichee)です。 11/16 (金)に、s-dev talks 〜サービス開発勉強会〜 #5 「プロトタイピング」が開催されたのですが、20分の枠で登壇してきました。 AI医療系スタートアップのUbieにて、目的なきプロトタイプの失敗事例と、課題発見のために何をしたか、高齢者向けデザインの知見に...
カテゴリー:

Official: 【ビデオ】アストンマーティン、同社初となる新型SUVの名前を「DBX」に決定! ダートを走るプロトタイプの画像と映像を公開 - 11月16日(金)11:00 

Filed under: ビデオ, SUV, クロスオーバー/ CUV, 工場/製造, アストンマーティン, パフォーマンス, オフロード【ギャラリー】Aston Martin DBX prototype13 アストンマーティン初となる新型SUVの名前が正式に「DBX」に決定し、その開発は順調に進んでいることが分かった。同社はこのクルマが本当にオフロードを走れると知らせたいらしい。今回初めて公開されたプロトタイプの写真は、全て舗装されていない場所を走行しているものばかりだ。アストンによれば、DBXは2019年の第4四半期に発表される予定で、英国空軍の基地を改装した南ウェールズのセント・アサン工場で生産される。この背の高いアストンマーティン車について、今のところ分かっている確かな情報はそれくらいだ。 Continue reading 【ビデオ】アストンマーティン、同社初となる新型SUVの名前を「DBX」に決定! ダートを走るプロトタイプの画像と映像を公開【ビデオ】アストンマーティン、同社初となる新型SUVの名前を「DBX」に決定! ダートを走るプロトタイプの画像と映像を公開 originally appeared on Autoblog Japan on Thu, 15 Nov 2018 21:00:00 EST. Plea...more
カテゴリー:

【大本営発表】防衛装備庁、戦闘機用プロトタイプエンジン「XF9-1」の技術は世界レベルに達したと発表★2 - 11月15日(木)10:06  newsplus

タービン入口温度1800度、最大推力15トンを達成  防衛装備庁は11月13日、今年7月に受領した戦闘機用プロトタイプエンジンXF9-1が、地上運転試験においてこれまでに、アフターバーナー使用の最大推力15トンを達成したことを明らかにした。さらに2017年には現用各戦闘機用エンジンを上回る摂氏1800度のタービン入口温度(燃焼器出口温度ともいう)を達成していることなどから、「日本の航空エンジン技術は世界レベルに達しつつある」(航空装備研究所エンジンシステム研究室・枝廣美佳技官)との見方を示した。同庁主催の「防衛技術シン...
»続きを読む
カテゴリー:

小型DOSゲーム機「PC Classic」正式発表 - 11月15日(木)06:53  poverty

クラシックミニの波がPCにも。小型DOSゲーム機「PC Classic」正式発表、30種類以上のレトロゲームを収録予定  Unit-e Technologiesは小型DOSゲームコンソール「PC Classic」を発表した。11月後半から12月のあいだにクラウドファンディングで支援者を募り、2019年の春から夏に発売予定。 価格は99ドル。本体色はオールドPC風の色と、少なくとももう一色が用意されるという。  プロトタイプはすでに完成しており、公開されたトレイラーではid Softwareの『Doom』や『Quake II』、Epic MegaGames(現Epic Games)の『Jill of the J...
»続きを読む
カテゴリー:

アストン・マーティン初のSUVの正式名称を「DBX」に決定|Aston Martin - 11月20日(火)02:04 

アストン・マーティンは11月15日、開発中であるブランド初のSUVモデルの正式名称を「DBX」に決定したと発表した。また、アストン・マーティン チーフエンジニアのマット・ベッカー氏が最初のプロトタイプを駆り、英国ウェールズの過酷なラリーコースでテスト走行する動画も公開された。続きを読む
カテゴリー:

高齢者UIプロトタイプ検証の学び - Speaker Deck - 11月16日(金)20:06 

高齢者UIプロトタイプ検証の学び - Speaker DeckAll slide content and descriptions are owned by their creators.
カテゴリー:

Facebook、Messengerに「送信取消」機能を追加。しくみはこうだ - 11月15日(木)12:43 

FacebookはCEO Mark Zuckerbergが送ったメッセージを密かに削除した、とTechCrunchが7ヶ月前に報じた。そして今、一般のFacebook Messengerユーザーも初めてunsend[送信取消]の能力を得て、送ったメッセージを相手の受信箱から消去できるようになる。送信取消できるのは配信後10分以内に限られるため、間違いを訂正したり誤って送ってしまったものを削除することはできるが、過去の履歴を操作することはできない。”Remove for Everyone” [全員から削除]という正式名称のこのボタンは、メッセージが取り消されたことを示す「墓石」マークも残す。また、この機能を使って証拠を消すいたずらを防ぐために、Facebookは取り消されたメッセージを短期間保管しておき、通報があった際にはポリシー違反がないかどうか確認できるようにする。 この取消機能は、ポーランド、ボリビア、コロンビア、およびリトアニアで本日(米国時間11/14)iOSとAndroidのMessengerアプリで公開される。Facebook広報担当者によると、出来るだけ早く世界中で配布する計画だが、App Storeのホリデー対応アップデートの影響を受けるかもしれない。その他の削除機能も開発中で、メッセージまたはスレッド全体について事前に有効期限を設定する機...more
カテゴリー:

Official: マクラーレンが「アルバート」と呼んでいる「スピードテール」の開発用プロトタイプを公開 - 11月15日(木)07:35 

Filed under: スーパーカー, クーペ, ハイブリッド, 工場/製造, 特別/限定車, パフォーマンス, マクラーレン, ニューモデル【ギャラリー】McLaren Speedtail Protoype Albert3 自動車メーカーでは、その製品や開発中のモデルを、退屈なアルファベットと数字を組み合わせたコードネームで呼ぶことが多い。特にこれを得意としているのがマクラーレンで、これまで市販モデルの正式名称にさえ「MP4-12C」や「650S」といった印象に残らない名前を付けていた。最近発表された3人乗りの"ハイパーGT"は「スピードテール」と名付けられたが、これも「MVY02」というつまらないコードネームが与えられている。しかし、実はその開発用に製作されたプロトタイプを、マクラーレンのエンジニア達は「アルバート(Albert)」と呼んでいたという。写真のクルマが、スピードテールの完成に貢献したそのアルバートだ。 Continue reading マクラーレンが「アルバート」と呼んでいる「スピードテール」の開発用プロトタイプを公開マクラーレンが「アルバート」と呼んでいる「スピードテール」の開発用プロトタイプを公開 originally appeared on Autoblog Japan on Wed, 14 Nov...more
カテゴリー:

AI自動運転マシンで争う「Roborace」初シーズンはドライバーが乗ることに - 11月14日(水)17:00 

Filed under: モータースポーツ, テクノロジー AI自動運転マシンによるモータースポーツ「Roborace(ロボレース)」は、現在2019年春からの開催を予定しています。しかしその第1、第2シーズンとなる"シーズン・アルファ"および"シーズン・ベータ" では、これまでテスト走行を重ねてきた無人・完全自動運転のAIロボットカーではなく、運転席をもつマシンに人が乗り、一部の操縦を分担する格好でレースをすると発表されました。Roborace開発車両として作られた最初のプロトタイプ車両「DevBot」は、LMPマシンのカウルを剥ぎ取って、EV化したようなマシンでした。これは運転席も備えており、ドライバーが乗って操縦することも可能でした。Continue reading AI自動運転マシンで争う「Roborace」初シーズンはドライバーが乗ることにAI自動運転マシンで争う「Roborace」初シーズンはドライバーが乗ることに originally appeared on Autoblog Japan on Wed, 14 Nov 2018 03:00:00 EST. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

もっと見る

「プロトタイプ」の画像

もっと見る

「プロトタイプ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる