「プロダクト」とは?

関連ニュース

インドネシアの電子商取引リーダーTokopediaが、AlibabaとSoftBankのVision Fundから11億ドルを調達 - 12月14日(金)12:00 

創立9年のC2Cマーケットプレイスの現在の評価額は70億ドル インドネシアを拠点とする電子商取引会社Tokopediaは、SoftBankメガファンドとAlibabaが主導した11億ドルのシリーズGラウンドでの調達を行ったあと、Vision Fundに参加した最新のスタートアップ企業だ。 SoftBankとAlibabaは既存の投資家である。Alibabaは昨年11億ドルのラウンドを主導したが、一方SoftBankは最近保有していたTokopediaの株式をVision Fundへ移管した。後者の内容は、基本的に10月に合意された内容に従ったものだと、TechCrunchは理解している。 Tokopediaは評価額につはコメントしていないが、TechCrunchはある筋から、今回の取引では評価額は70億ドルとされているという情報を得ている。SoftBank Ventures Koreaとその他の投資家たち、例えばSequoia Indiaもこの投資に参加した。現時点までに投資家たちから24億ドルが調達されている。 今回の取引が行われたのは、韓国の有力電子商取引企業であるCoupangに、SoftBankが20億ドルの投資を行った数週間後である。Tokopediaと同様にCoupangも、SoftBankが保有する株式がVision Fundに移管されるまでは、SoftBankには投...more
カテゴリー:

紛失防止IoTデバイス「MAMORIO」が3周年!インフォグラフィック・ビジュアライゼーションマップを公開 - 12月14日(金)11:04 

[MAMORIO株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/22173/101/resize/d22173-101-985459-0.png ] https://mamorio.jp/3rd/ ◼ 3周年記念 インフォグラフィック  MAMORIOはこの1年間で、新プロダクト・サービスのリリースを行い、...
カテゴリー:

【interview】表参道を巻き込むSansanのPR!ただの名刺管理ツールに終わらないコーポレート・ブランディング戦略とは - 12月14日(金)09:00 

クラウド名刺管理のSansanは、ビジネス現場での名刺管理を楽にするサービスだ。BtoB領域の管理ツールは業務効率化やコスト削減といったことにフォーカスしていて、広報戦略を立てづらいなか、Sansanは表参道という街を巻き込んだブランディングを展開している。今回は、Sansan株式会社ブランドコミュニケーション部 PRの長倉氏に、Sansanのブランドメッセージや今後の展望について伺った。 世界を変えるような「出会い」を支えていきたい Q1.sansanについて簡単に教えてください。 2007年の創業より法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を開発・提供しています。「Sansan」は「名刺を企業の資産に変える」をコンセプトに、社内に眠る名刺をデータ化し、人と人のつながりを情報として可視化・共有できるクラウド名刺管理サービスです。2012年より個人向け名刺アプリ「Eight」を提供開始。ソーシャルの仕組みを取り入れ名刺をビジネスのつながりに変える新たなビジネスネットワークとして、登録ユーザーは200万人を超えています。 Q2.クラウド名刺管理サービスを提供する御社が、表参道の街をターゲットにする理由を教えて下さい。 Sansanは、名刺を活用し、偶然の出会いが生み出すイノベーションを後押しするサービスを展開しており、これからも世界を変えるような「出会い」を支えていきたいとい...more
カテゴリー:

「GOD EATER OFFICIAL FANCLUB MEMBERS」サービス開始!オープンを記念して『GOD EATER 3』のプロダクトコードをプレゼント - 12月13日(木)16:30 

バンダイナムコエンターテインメントは、会員向けサービス「GOD EATER OFFICIAL FANCLUB MEMBERS」のサービスを本日2018年12月13日(木)より開始しました。
カテゴリー:

「GOD EATER OFFICIAL FANCLUB MEMBERS」のサービスが本日スタート。「GOD EATER 3」用着せ替え衣装やオリジナルテーマが手に入る - 12月13日(木)14:23 

 バンダイナムコエンターテインメントは本日,「GODEATER」シリーズのファンサイト「GODEATEROFFICIALFANCLUBMEMBERS」のサービスを開始した。サイトでは,本日発売の「GODEATER3」を記念して,主人公の着せ替え衣装とPS4用オリジナルテーマのプロダクトコードが配信されている。
カテゴリー:

「サブスクと広告、ふたつの部門間に対話が一切無い」:とあるパブリッシャーのプロダクト開発幹部の告白 - 12月14日(金)11:50 

業界関係者に匿名を条件に赤裸々に語ってもらう「告白」シリーズ。本稿では歴史あるニュースパブリッシャーで広告・プロダクト開発エグゼクティブをしている人物に社内における主導権争いについて語ってもらった。 The post 「サブスクと広告、ふたつの部門間に対話が一切無い」:とあるパブリッシャーのプロダクト開発幹部の告白 appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

BlueMemeが「agile SDK」を提供、アジャイル開発のサービスと製品を統合 | IT Leaders - 12月14日(金)10:00 

超高速開発基盤「OutSystems」の販売および導入支援を行うBlueMemeは2018年12月13日、アジャイル開発をスタートする企業を支援する目的で、OutSystemsをはじめとしたプロダクトとコンサルティング、トレーニング、受託開発などのサービスを体系化し、「agile SDK」として提供を開始したと発表した。アジャイル開発のスタートアップ時に直面する課題を包括的に解消する。
カテゴリー:

新米プロダクトマネージャとして学んだ3つの事 - Mobile Factory Tech Blog - 12月13日(木)20:16 

新米プロダクトマネージャとして学んだ3つの事 - Mobile Factory Tech Blogモバイルファクトリー Advent Calendar 2018、13日目担当のhtk291です。 昨日は @return520 さんの PerlでTwitterのPremium Search APIを叩く でした。 はじめに 2018年初あたりから社内のプロダクトには1byteもコードを書いていませんが、 コードを書く以外のエンジニアのキャリアとしてプロダクトマネージャに興味をも...
カテゴリー:

BlueMeme、アジャイル開発の導入を支援する「agile SDK」 - 12月13日(木)14:34 

BlueMemeは12月13日、アジャイル開発をスタートする企業の支援を目的に、「OutSystems」をはじめとしたプロダクトとコンサルティング、トレーニング、受託開発などのサービスを体系化した「agile SDK」(アジャイル・エスディーケー)の提供を開始したことを発表した。
カテゴリー:

クイズ買取サイト「AQUIZ」がDMMに1円で事業譲渡、代表の飯野氏が目指す“新しいバイアウト”とは - 12月13日(木)13:00 

DMM.comは12月13日、クイズ買い取りサイト「AQUIZ(アクイズ)」を運営するレイヴンから同サービスの事業譲渡を受けたと発表した。特徴的なのはその金額。DMM.comが支払ったのはたったの1円だ。 レイヴン代表取締役の飯野太治朗氏を含むメンバーである3人は今後DMM.comにジョイン。引き続きAQUIZの運営を続けるとともに、新サービスの創出に取り組む。TechCrunch Japanは飯野氏にインタビューを実施。「1円事業譲渡」の背景を聞いた。 事業の創出と売却を繰り返す 飯野氏はレイヴン創業以前から、新規事業の創出と売却を繰り返してきた。彼が最初に事業を立ち上げたのは19歳のときだ。 それは、業務スーパーで1つ30円のコーヒーを買い、それを喫煙所にいる人々に100円で売るというビジネス。当時大学生だった飯野氏は「バイトのような感覚」としてその事業を始め、1日1時間ほどの労働で月5万円の売上を立てていたという。 「いつか起業家になりたい、特に不動産をやりたい、とは思っていたが実際に行動してはいなかった。ミュージシャンを目指していた友人に『行動に移したら』と指摘したが、それがきっかけで自分の状況を見直し、その足で業務スーパーに行ってコーヒーを買いに行ったのが始まりだった」と飯野氏は語る。 その翌年の2011年、飯野氏は自費で移動販売車を買い、そこでタピオカドリンクを売ると...more
カテゴリー:

もっと見る

「プロダクト」の画像

もっと見る

「プロダクト」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる