「プレー目」とは?

関連ニュース

「“1プレー目でつぶせ”は異常なこと」関学大監督 - 05月26日(土)15:59 

記者会見で関西学院大学の鳥内秀晃監督は日大の井上前コーチが選手に使った「つぶせ」という言葉の意味について、「昔はホイッスルが鳴るまでハードにタックルをしなさいという意味だった。それでも1プレー目でつぶせというのはちょっと違う。異常なことではないか」と話しました。
カテゴリー:

【やはり宮川選手が悪かった?】 悪質タックル問題、関学大の会見「選手が思い込んでしまった」 - 05月26日(土)15:10  news

大学アメリカンフットボール定期戦で、日大選手に悪質な反則タックルを受けた関学大は26日、 西宮市内で3度目の会見を行った。関学大アメフット部の鳥内秀晃監督と小野宏ディレクターに加え、 反則を受けたQB選手の父である奥野康俊氏も出席。24日に提出された日大からの再回答書も公開した。  再回答書ではプレーの検証(10項目)と再発防止策について記された。「1プレー目で相手のQBをつぶしてこい」などとする発言の真意について、 改めて怪我をさせろという“指示”でなかったと主張。「弊部といたしましては弊部...
»続きを読む
カテゴリー:

【アメリカンフットボール】<前田陽次郎>日大アメフト部会見で見たマスコミ質問のレベルの低さ --- - 05月25日(金)22:21  mnewsplus

日大アメフトタックル問題、異常に盛り上がってます。 この内容を理解するには、アメフトのルールなどがどの程度わかっているかで、大きな差が出ると思いました。 ちなみに、私は国内で大学・社会人のアメフトを年10試合程度観るレベルのファンです。競技経験はありません。 という前提で成り行きを見ていますが、まあ記者の質問のレベルの低さが嫌になります。特に日大での会見。司会者が切れる気持ちがよくわかります。私も早く打ちきれ、と見ていて思いました。 “日大会見、司会と報道陣が応酬 “日大ブランド”落ちるに司会者...
»続きを読む
カテゴリー:

悪質タックル日大学長の会見でハプニング 謎の女性が紛れ込み「もの申しに来たのよ!」 - 05月25日(金)16:45 

日本大学のアメリカンフットボール選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、25日、日大の大塚吉兵衛学長が都内で緊急記者会見を実施。会見が始まろうとした時、記者エリア最前列にいた高齢の女性が学長に詰め寄り、周囲に制止される一幕があった。 女性が「そんなまどろっこしい事やってられないのよ!」「もの申しに来たのよ!」と学長に向けて叱責すると、司会者から「恐れ入ります。記者会見場でございますので、どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします」と呼びかけられた。大学のスタッフと見られる人物に誘導されながら退席する間も、「いいか、お前らがしっかりしないからだよ!」と怒りが収まる様子はなかった。 現在のところ女性の身元は判明していないが、ネット上では、「一般人のオバさんが紛れ込んでたの?どうなってんの?」「この大学の危機管理は一体どうなっているんだ?」「ババアが日大学長をワンプレー目から潰しに行ったのさすがに草生えるでしょ」などと、大塚学長の発言そっちのけで話題になっている模様だ。 大塚学長は会見の冒頭で、「関係者に謝っても謝りきれない事態。本当におわびしたい」と謝罪し、22日に実名会見を開いた日大選手に対して、「勉学はもとより、卒業進路まで力を注ぎたい」とサポートしていく意向を示した。 ※画像は『AbemaTV』(https://abema.tv/)より引用 ―― やわら...more
カテゴリー:

日大アメフト問題 大学でプレー目指す高校生にも影響 - 05月25日(金)06:15 

日本大学アメリカンフットボール部の選手が関西学院大学の選手に重大な反則行為を行った問題の影響は、将来、大学でのプレーを目指す高校生にも広がっています。
カテゴリー:

「”QBを潰せ”は負傷させる目的と考えるのが自然」関学大 - 05月26日(土)15:53 

関西学院大の小野宏ディレクターは、日大の再回答書で「”潰せ”や”壊せ”は日常的、慣例的にチーム内で使われ続けてきた」としている点について、「”相手を潰せ”や”関学を潰せ”は”勝て”と同義と理解し得るものの、”クオーターバックを潰せ”という表現には、結果として負傷させるという明確な目的が示されていると考えるのが自然だ。まして”1プレー目で”と条件を絞り込んでおり、選手が本当にやらなくてはいけないとまで思い詰められた理由を考えれば指導者の指示と選手の受け止め方は整合していたと考えるほうが合理的だ」と話しました。
カテゴリー:

<金口木舌>権力者を支える自発的隷従 - 05月26日(土)06:00 

 アメリカンフットボールの反則問題で当事者が会見した。関西学院大のクオーターバック(QB)を負傷させた日大の選手が内田正人前監督とコーチの指示があったと明言した ▼「相手のQBを1プレー目でつぶせば(試合に)出してやる」との指示に従い、卑劣な行為に走ってしまった。事実なら、監督は試合に出たいと切望...
カテゴリー:

【日大アメフト】内田正人前監督「彼が考えていた事を分からなかったことが原因。彼の不安定さを我々が見抜けなかった。そこは反省」 - 05月25日(金)20:40  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000588-sanspo-spo 日大アメリカンフットボール部の宮川泰介選手(20)が悪質な反則行為で関学大の選手を負傷させた問題で、 日大は23日、内田正人前監督(62)と井上奨コーチ(30)が東京都内で緊急記者会見を行った。 指導者からの「1プレー目で相手のクオーターバックをつぶせ」という発言の解釈を巡り、選手の受け止めと 大学側の主張は食い違っており、再回答でどう説明されるかが焦点となる中、内田前監督は 「私からの指示ではございませんが、試合が終わるまでは...
»続きを読む
カテゴリー:

アメフトプロリーグ・NFLでの「相手をケガをさせたら賞金」という不祥事はどんなものだったのか - 05月25日(金)08:30 

2018年5月6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボール部による定期戦で、日大の選手が関学大の選手に反則タックルを行い負傷させる事態が発生。日大選手が監督・コーチから「1プレー目からQBを潰してこい」と指示を受けていたとして、大きな騒動になっています。続きを読む...
カテゴリー:

【タックル提案おじさん】日大アメフト“反則行為” 「オレが追い込んだ」コーチ指示認める発言 - 05月24日(木)20:32  mnewsplus

日大アメフト“反則行為” 「オレが追い込んだ」コーチ指示認める発言  日本大学アメリカンフットボール部の選手による悪質な反則行為で新たな証言です。問題の試合のあとにコーチが反則行為の指示を認める発言をしていたという選手の証言が出てきました。  「お願いします。あけてください、あけてください」(井上奨コーチ 今月19日)  今月19日、日本大学の内田正人前監督が初めて公の場で取材に応じた際、井上奨コーチの姿がありました。内田前監督にぴったりとくっついて報道陣からガード、前監督が手ぶらで歩く横で、井...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「プレー目」の画像

もっと見る

「プレー目」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる