「プレゼンテーション」とは?

関連ニュース

ロジクールからシンプルなプレゼンテーション用ツール「R500」を発売 - 05月24日(木)15:00 

ロジクールは、2018年6月1日(金)にプレゼンテーションツール「R500」を発売する。価格は5,750円(税別)。カラーはブラック、ミッドグレイの2色。■プレゼンに必須のアイテムロジクールではこれまで「Spotlight」という、PCと接続し、PC画面を直接拡大したり注目点をフォーカスするプレゼンテーションツールを販売してきた。プレゼンテーション技術が高度化する中で、高機能なプレゼンテーションツールが求められる一方、従来通りのシンプルなプレゼンテーション・ツールも引き続き高い需要がある。ロジクールは今回、レーザーポインター機能とスライド送り・戻し機能の3種類を備えたシンプルなプレゼンテーションツールを発売した。■2種類の接続に対応USBレシーバーを使った接続と、Bluetoothの接続の2種類の接続があり、Windows、Mac OS、iOS、Androidなど多くのOSに対応している。■赤色レーザーポインターポイントしたいエリアを精確に示すパワフルな赤色レーザーポインター。資料のどの部分を指しているかが一目瞭然だ。■ロジクールプレゼンテーション・アプリ本製品はロジクールプレゼンテーション・アプリと連動することで、ボタンにスライド送り・戻し以外の機能を割り当てることができる。ボリュームコントロール機能やジェスチャー機能などを割り当てることで、より自由度の高いプレゼンテーションを行...more
カテゴリー:

PS4のライフサイクルは遂に「後半に入っていく」―SIE小寺氏が投資家向けに言及 - 05月23日(水)22:49 

ソニーは、投資家向けの「Sony IR Day 2018」ゲーム&ネットワークサービス分野におけるプレゼンテーションを通し、2018年度売上高・営業利益の4月見通しを発表しました。あわせて、PlayStation 4のライフサイクルや関連サービスの展開についても言及しています。
カテゴリー:

待機児童と介護人材不足の負のスパイラルを解決するには…「新生保育園」の挑戦【インタビュー後編】 - 05月23日(水)11:42 

待機児童全国最多の東京都世田谷区で7月にオープンする「そらとにじのいえ保育園」が注目を集めています。 保活を忘れママが働ける環境を!待機児童全国最多エリアではじまる「まごころ介護」の挑戦【インタビュー前編】 待機児童を減らし、高齢化に伴う介護危機を救い、地域と子どもたちに笑顔と優しさを育む取り組みについて、園を運営する「まごころ介護」代表・榎本吉宏さんに聞きました。 保育園を核家族+高齢者+要介護者の交流拠点に!2020年パラ大会へ向けた準備にも インタビュー【前編】では、東京都世田谷区全域で主に身障者の方への訪問介護事業を展開している「まごころ介護」が今年7月、同区内に「そらとにじのいえ保育園」を開設されるまでのいきさつについてお伺いしました。 ――待機児童問題と介護の人材難がいかに深刻か…。驚くことも少なくありませんでしたが、最終段で榎本さんから「地域の福祉を豊かにして、みんなが暮らしやすい、外に出ていきやすい環境をつくっていかなければ、結局のところは『負のスパイラル』から抜けられない」というお話がありましたね。「地域の福祉を豊かにする」というのは、具体的にはどのようなことを指すのでしょうか。 榎本:実は世田谷というのは、待機児童数もワーストワンなんて言われていますが、65歳以上の高齢者の一人暮らしも多いんです。少し前にも、ご近所で孤独死された方がいらっしゃいました...more
カテゴリー:

アルゴリズムは私たちの思考をハッキングしているのか? - 05月23日(水)08:00 

【編集部注】著者のAdriana Stanは、W magazineの広報担当ディレクターであり、メディア、文化、テクノロジーに関する著作も行っている。彼女はまた、Interesting People in Interesting Times(興味深い時代の興味深い人びと)イベントシリーズとポッドキャストの共同創業者だ。またもうひとりの著者Mihai Botarelは、RXM Creativeの共同創業者であり、社会とテクノロジーに関する著作を行っている。 Facebookは私たちの情報へのアクセス方法を決め、 Twitterは世論を左右し、Tinderはデートの意思決定に影響を与える。私たちの選択作業を助けるために、私たち自身が開発したアルゴリズムが、現在の私たちの生活のすべての側面を積極的に動かしているのだ。 しかし、ニュースを探す方法から、周囲の人びととつながる方法に至るまで、すべてのことに対してアルゴリズムへの依存を深めるようになるにつれて、私たちは自分自身の振る舞い方を自動化しているのではないだろうか?人間の思考はアルゴリズムのプロセスを模倣し始めているのだろうか?そして、ケンブリッジ・アナリティックによる大失敗は、アルゴリズムが私たちの集団的思考に入り込んできたときに、何がやって来るのか、そして何が起きるのかに関する警告なのだろうか? このようになることは想定されていなか...more
カテゴリー:

【EDIX2018】新学習指導要領はICT導入の「追い風」か…東北大学大学院・堀田龍也氏 - 05月22日(火)13:30 

 2018年5月18日に行われた「第9回教育ITソリューションEXPO(EDIX)」での特別講演には、東北大学大学院情報科学研究科・教授の堀田龍也氏が登壇した。「新学習指導要領に向けてどう動く? 教育情報化の最新動向と実践への期待」と題された講演では、全国でのICT環境の整備に関する自治体ごとのばらつきを前提としたうえで、2020年に控える新学習指導要領実施に向けた具体的な準備について語られた。産業界に向けて、教育現場のリアルを伝える 講演冒頭、堀田氏は、教育現場へのICT環境整備の遅れを指摘しながらも「教育現場にとって浮世離れしたものは採用されない。この講演で学校現場のリアルを少しでもお伝えし、示唆できたら」と、展示会場にてブースを構える出展社にも届くであろうメッセージを投げ掛けた。 現在教育現場に導入されているICT機器のおもな活用方法は「大きく写す」「映像を見せる」ということが主流だ。大きく投影し、ビジュアルのインパクトをもって伝えることで、低学齢、低学力、障害をもった子どもへの情報伝達を効率的に行うことができる。また、映像を見せることで説明やレクチャーにかかる時間を短縮し、その分の時間をディスカッションや考察といった授業のなかでもっとも重要なことにあてることができる。 すべての教育環境にICT環境を導入しようという動きは、世界各国で起こっている。1990年代の終盤、韓国・イ...more
カテゴリー:

【夏休み2018】中高生求む、デザイン思考で革新を…山形・東京で予選 - 05月24日(木)13:15 

 キュリオスクールが主催する「MONO-COTO INNOVATION(モノコト・イノベーション)」では、参加する中高生を募集している。予選大会は夏休み期間中に山形と東京で開催、決勝大会は2018年12月に東京で開かれる。 MONO-COTO INNOVATIONは、中高生の“創造力”を育む「デザイン思考」を軸としたプログラム。企業から出題されるテーマに対し、今までにない革新的なアイデアやプロトタイプを創りあげる。 2017年には全国から250名の中高生がエントリー。ファイナリストに選ばれた5チーム20名が4か月にわたり企業とともにアイデアを磨き、決勝大会に臨んだ。優勝チームには4泊6日のシリコンバレーツアーが贈られ、起業家を次々に生み出しているスタンフォード大学を舞台に、決勝大会のプレゼンを英語で行ったという。 予選大会は7月30日~8月1日に山形会場、8月10日~14日に東京会場で開催される。初日は企業からテーマオリエンテーションを受けたあと、チームの結束力を高めるチームビルディングワークを実施。2日目からは「デザイン思考」を学び、テーマの先にある課題を見つけ、解決策となるアイデアを考える。最終日にはプレゼンテーションを実施し、決勝大会に進むファイナリストを決定する。決勝大会は12月28日、東京大学伊藤謝恩ホールで予定されている。 2018年は主催するキュリオスクールのほか、テ...more
カテゴリー:

ロジクール、機能を絞ったシンプルなプレゼンテーションツール - 05月23日(水)20:45 

ロジクールは23日、機能を絞ったシンプルなプレゼンテーションツール「R500」を発表した。6月1日に発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は税別5,750円前後。カラーはブラック、ミッドグレイの2色。
カテゴリー:

【EDIX2018】96%が「楽しい」英語授業、AIロボットの可能性…同志社中学校・高等学校 反田任氏 - 05月23日(水)11:15 

 2018年5月18日、東京ビッグサイトで行われた「第9回 教育ITソリューションEXPO(EDIX2018)」において、同志社中学校・高等学校 英語科教諭/EdTech Promotions Managerの反田任(たんだ たかし)氏による「学びNEXT」専門セミナーが開催された。 セミナーのテーマは「AIロボット」。「英語4技能を楽しく習得!同志社中学校に学ぶ 先端テクノロジー×英語教育」と題したセミナーには多くの人が来場しており、中学校の英語学習における「英語4技能」と「AI」というテーマへの関心の高さがうかがえた。 2014年度から生徒ひとりに1台のiPadを導入し、ICT教育を推進してきた同志社中学校。ICT教育の推進を始めてから5年目にあたる現在は。中高あわせて1,600台のiPadを導入し、日々の学習に活用しているという。英語学習において、ICT活用はどのように進められているのだろうか。中学生の43%は英語嫌いの現実 反田氏はまず、文部科学省の平成27年度中学生英語力調査を引用し、「英語が嫌い」と答えた生徒は全体の43%、「授業でスピーチを行っている教員」は53%という結果を例にあげ、「同志社大学の学生の教育実習を担当しているが、一文一文読ませて確認をとる、という授業プランを書いてくる。(教育実習生は)自分に染み付いている授業を提案してくる。これを払拭することが難しい...more
カテゴリー:

保活を忘れママが働ける環境を!待機児童全国最多エリアではじまる「まごころ介護」の挑戦【インタビュー前編】 - 05月23日(水)06:30 

待機児童全国最多の東京都世田谷区で7月にオープンする「そらとにじのいえ保育園」が注目を集めています。待機児童を減らし、高齢化に伴う介護危機を救い、地域と子どもたちに笑顔と優しさを育む取り組みについて、園を運営する「まごころ介護」代表・榎本吉宏さんに聞きました。 保育園時代は働き、小学校入学で退職…なぜ?ママたちの深いワケ 東京・世田谷区の待機児童問題というのは現実として深刻 ――東京都世田谷区全域で、主に身障者の方への訪問介護事業を展開している「まごころ介護」。榎本さんが大学ご卒業後すぐ創業され、昨冬に10周年を迎えられたとのことですが、今年7月には同じく世田谷区内に「そらとにじのいえ保育園」を開設されるとのこと。どうしていま新たに、保育事業を始めようと考えられたのでしょうか。 榎本吉宏さん(以下、榎本):世田谷区の待機児童問題というのは現実として深刻で、一般的な家庭の方で2歳まではなかなか保育園に預けるのが難しい状況です。 僕は4人の子を持つ父ですが、実はいまから5年ほど前、一人目が生まれた時に保育園に入れませんでした。 その時、社内で僕は現場の責任者で、妻は会計や総務の最終責任者をしていましたから、仕事を休むわけにもいかず・・・当然「じゃあ仕事と子育てをどう両立するか」という話になりました。 幸い僕の両親が都内の江東区に住んでいたので、一家で世田谷区から江東区に引...more
カテゴリー:

仕事に役立つOfficeの使い方 第81回 [PowerPoint] Webブラウザ版の「PowerPoint Online」とは - 05月22日(火)09:51 

プレゼンテーションツール「PowerPoint」を外出先のPCで編集したい場合や、複数の人で共同作業を行いたい場合には、Webブラウザから起動できる「PowerPoint Online」が便利です。PowerPoint Onlineを利用するには、Office 365アカウントが必要です。
カテゴリー:

もっと見る

「プレゼンテーション」の画像

もっと見る

「プレゼンテーション」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる