「ブレイク・ライブリー」とは?

関連ニュース

アノ人が出てるから! 女性が見たい夏公開映画7選 - 07月12日(木)20:00 

大半の女性の映画選びの基準は、やっぱり、「好きなスターが出てるから」。演技力に定評のあるダコタ・ファニングや、母になって演技に幅が出たブレイク・ライブリー、オスカーに近いと噂のエミリー・ブラントの作品はマスト! どんな役も自分のものにするユアン・マクレガーやシャイア・ラブーフ、永遠のアクション俳優シュワちゃんと、イケメン俳優ジョシュ・ハートネットの体当たり演技も見逃せない。 『500ページの夢の束』 【無表情でも複雑な心情を体現するダコタが圧巻】 自閉症のウェンディは、『スター・トレック』の大ファン。コンテストに応募するため脚本持参でハリウッドに行く決意をする!? 今なお天才子役時代の輝きと巧みな演技力でファンを圧倒しているダコタ・ファニングが、感情表現に難がある女性を繊細に演じて、魅せる。 監督/ベン・リューイン 出演/ダコタ・ファニング、トニ・コレット、アリス・イブほか 9月7日より新宿ピカデリーほか全国公開。©2016 PSB Film LLC 『かごの中の瞳』 【見えない真実に観客を導くブレイクの大熱演!】 夫の支えで穏やかな生活を送っていた全盲のジーナは、角膜移植で片目の視力を取り戻す。さらに幸せになるはずが…。ファッショニスタとしても注目のブレイク・ライブリーが挑むのは、誰もが持つ秘密に迫る心理サスペンス。さまざまに変化するブレイクの表情に注目! 監督/マーク・フォ...more
カテゴリー:

エマ・トンプソン脚本のロマンス映画「ラスト・クリスマス」監督はポール・フェイグ - 07月08日(日)16:30 

 エマ・トンプソン&ブライオニー・キミングスが脚本を執筆した新作「ラスト・クリスマス(原題)」の映画化権を、米ユニバーサル・ピクチャーズが獲得した。「ゴーストバスターズ」「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のポール・フェイグ監督がメガホンをとる。  米Deadlineによれば、本作はクリスマスのロンドンを舞台にしたロマンス映画で、ストーリーの詳細は明かされていない。トンプソンは「いつか晴れた日に」(1995)でアカデミー賞脚色賞を受賞、「ハワーズ・エンド」(92)でアカデミー賞主演女優賞を受賞している。  フェイグ監督は、アナ・ケンドリック&ブレイク・ライブリー共演の新作スリラー「ア・シンプル・フェイバー(原題)」が、9月14日から全米公開される。 【作品情報】 ・ア・シンプル・フェイバー(原題) 【関連記事】 ・【人物情報】ポール・フェイグ ・注目のコメディエンヌ、エイミー・シューマーとポール・フェイグ監督がタッグ ・長寿トーク番組を描くミンディ・カリング脚本の新作、エマ・トンプソンが主演 Photo by Charley Gallay/Getty Images for George Cleverley、 Photo by David M. Benett/Dave Benett/WireImage/Getty Images
カテゴリー:

「ブレイク・ライブリー」の画像

もっと見る

「ブレイク・ライブリー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる