「ブリーフィング」とは?

関連ニュース

西日本豪雨、東京のメディアによる現実味のない災害報道に違和感 - 07月11日(水)04:45 

西日本地方に平成最悪の豪雨被害をもたらした「平成30年7月豪雨」。今なお懸命な捜索・救助活動が続いていますが、なぜここまでの事態となってしまったのでしょうか。被害の大きかった岡山県にかつて住まわれていたという在米作家の冷泉彰彦さんは、自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』の中で、同じ過ちを繰り返さないため「今後の対策へ向けての議論」の材料8つをあげ問題を提起しています。 西日本豪雨、反省点はどこか? 今回の中四国、九州、近畿における豪雨で被害に遭われた皆さまに、お見舞いを申し上げます。 私事に渡りますが、私は80年代から90年代にかけて岡山市と倉敷市の境界あたりに暮らしていたことがあり、今回の水害は全く他人ごとではありませんでした。清音村(きよねそん)とか真備町(まびちょう)といった、当時の同僚も住んでいた懐かしい地名が、大変な苦難に遭っていることには、心からの痛みを覚えます。 ちなみに、真備町(併合により倉敷市真備町)の災害については、地元の山陽新聞の記者さんが、ご自身の経験に基づいて書かれたレポート、「真備で豪雨災害直面した本紙記者 2階まで浸水『家族絶対守る』」が迫真の内容で、参考になります。本当に大変な災害であったことが良くわかります。 事態は現在進行形であるわけですが、今のうちに「今後の対策へ向けての議論」の材料は、皆さまと共有しておきたいと思います。是非、積極的な...more
カテゴリー:

韓国、8月の政府動員演習を中止 米韓合同軍事演習中止の一環で - 07月10日(火)13:07 

[ソウル 10日 ロイター] - 韓国国防相と行政安全相は10日の記者ブリーフィングで、米韓合同軍事演習中止の一環として、政府の動員演習を今年は行わないと発表した。ただ、今年予定している単独での演習は実施するとした。
カテゴリー:

ドラッグ&ドロップで簡単にAlexaのスキルを作れるStorylineが77万ドルを調達 - 07月07日(土)12:14 

Alexaに不満を感じたことは、ないですか? 冗談が通じないし、‘怖い話’をリクエストしても全然怖くない。そこで、会話のブロックをドラッグ&ドロップして積み上げ、誰もが簡単にAlexaのスキルを作れるサービスStorylineが、Boost VCがリードするラウンドで77万ドルを調達し、そのスキルビルダーのAPIをさらに充実させようとしている。 Alexaのような、複雑な音声認識ソフトウェアが動くスマートスピーカーとクリエイターの間には、“テクノロジー”という障壁がある。2017年にローンチしたStorylineが目指すのは、その障壁をなくすことだ。CEOで協同ファウンダーのVasili Shynkarenkaによると、チームとインタフェイスを拡充してGoogle HomeのようなAlexa以外のスマートスピーカーにも対応し、またそのインタフェイスには広告や他サービスへのリンクなど収益化の仕組みを導入したい、という。 Alexaとの対話をドラッグ&ドロップで組み立てられるStorylineのユーザーフレンドリーなインタフェイスは、「コマンド」と「応答」という対話的関係をまさに対話的に構築しカスタマイズできる。スキルやフラッシュブリーフィングを作るためのテンプレートも、いくつか用意されている。作ったスキルの音声認識やロジックを、ブラウザ...more
カテゴリー:

韓国、8月の政府動員演習を中止 米韓合同軍事演習中止の一環で - 07月10日(火)17:34 

[ソウル 10日 ロイター] - 韓国国防相と行政安全相は10日の記者ブリーフィングで、米韓合同軍事演習中止の一環として、政府の動員演習を今年は行わないと発表した。ただ、今年予定している単独での演習は実施するとした。 中止を決めたのは「乙支(ウルチ)」と呼ばれる演習で、通常は米韓合同演習の「フリーダムガーディアン」と並行して毎年8月に行われる。 トランプ米大統領がシンガポールでの米朝首脳会談後
カテゴリー:

エリザベス女王崩御の日に備え、閣僚たちがリハーサルを始動 - 07月08日(日)19:15 

先月28日、バッキンガム宮殿のスポークスマンから「エリザベス女王はご体調が思わしくないため、本日セント・ポール大聖堂で行われる『聖マイケル・聖ジョージ勲章200回記念行事』にはご出席されません」との通達があった。92歳のエリザベス女王は、この日の直前まで炎天下でのイベントや重要公務に連日出席していたこともあり、発表を受けた英国民の間には不安感が漂った。 【写真を見る】体調不良で公務を欠席!担当大臣がエリザベス女王崩御後のプランを検討?/写真:アフロ エリザベス女王の公務欠席が発表された6月最終週、英閣僚メンバーが「女王崩御後の数日間」の計画指揮を初めて執行し、10日間の“大葬”の準備を極秘で試演していたことがタイムズ紙で報じられている。28日には、テリーザ・メイ首相の右腕である内閣府担当大臣、デイヴィッド・リディントンが、女王崩御後のプランを検討する大規模会議を実施したという。 予行演習は「キャッスル・ドーヴ(お城の小鳩)という名で呼ばれ、メイ首相が女王崩御を公式発表するタイミングを決める日、すなわち崩御の翌日である「D(=Day)プラス1」に焦点を絞って行われた。官僚サイドの演習は以前から行われており、「ロンドン・ブリッジ」と呼ばれている予行プランは常にアップデートされているそうだが、閣僚サイドの予行演習はそれとは比べ物にならない「空前のスケール」だったという。 閣僚の話し合いは...more
カテゴリー:

「ブリーフィング」の画像

もっと見る

「ブリーフィング」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる