「ブリリアン」とは?

関連ニュース

日本の巨匠シリーズ「日本作曲界の父 池内友次郎とその門下を聴く」(10月11日豊洲にて) 西耕一の司会企画構成で聴く合唱コンサート、邦楽器、打楽器など様々なコラボレーションでお届けする。 - 09月17日(火)18:00 

スリーシェルズは、代表 西耕一が企画構成司会をつとめる室内合唱団「日唱」の特別演奏会「池内友次郎とその門下」のコンサート開催を9月17日に告知する。日本の巨匠シリーズ。合唱コンサート「日本作曲界の父 池内友次郎とその門下を聴く」2019年10月11日(金)19時開演(18時半開場)豊洲シビックセンター日唱特別演奏会「池内友次郎とその門下」について日本の作曲界は、池内友次郎(1906-1991)を抜きにして語れない。1927年、日本人として初めてパリ国立音楽院作曲科で学び、フォーレ、サン・サーンス以来の近代フランスの作曲書法を日本に根付かせた。その功績は計り知れないものであり、池内以前と池内以後とも言えるほどの違いが聴き取れる。門下の松村禎三は『池内先生と出会って、目からうろこが落ちるような感覚を持った』と述べており、同じく門下の三善晃は池内追悼コンサートに寄せて『先生は最も高度な音楽の書式を教えることのできた唯一の教育者だった』と書いている。その最高の教育を受けたのが、黛敏郎、矢代秋雄、別宮貞雄、松村禎三、間宮芳生、林光、三木稔、眞鍋理一郎、助川敏弥、三善晃、池辺晋一郎、北爪道夫、西村朗など・・・。ごく一部の紹介にとどまったが、我が国で活躍する作曲家の殆どは、直接もしくは間接的な池内門下と言えよう。その息吹は今も連綿と受け継がれている。池内門下のすぐれた創作をまとめて1969年には...more
カテゴリー:

甘城ブリリアントパークとかいうアニメ - 09月11日(水)19:10  news4vip

面白い? ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ブリリアン」の画像

もっと見る

「ブリリアン」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

こんなの見てる