「ブラックペアン」とは?

関連ニュース

【芸能】水着で一緒に海デートしたい芸能人No.1に竹内涼真&ガッキー - 07月19日(木)19:03  mnewsplus

https://www.cinematoday.jp/news/N0102322 2018年7月19日 ジュエリーブランド「THE KISS」が発表した「いまどき20代カップルの夏デートに関する調査2018」の水着で一緒に海デートしたい芸能人部門で、男性芸能人の第1位が竹内涼真、女性芸能人の第1位が新垣結衣となった。 若手イケメン俳優たちが、ランクインした男性芸能人部門。1位の竹内は、ドラマ「過保護のカホコ」「ブラックペアン」、映画『センセイ君主』(8月1日公開)など話題作への出演が続く人気若手俳優の1人。第2位は、第41回日本アカデミー賞授賞式の最優秀主演男...
»続きを読む
カテゴリー:

医療ロボットの役割【ASメディア視聴日記】 - 07月18日(水)11:57 

7/14(土)放送のTBSラジオ「渡邊剛の『週末ハートカルテ』」(16:50〜17:00)。今回のテーマは、医療界におけるロボットの役割についてです。 TBSドラマ「日曜劇場 ブラックペアン」に登場した手術支援ロボット「ダーウィン」のモデルとなった「ダビンチ」をはじめ、今日本の医療の現場ではロボットの普及が進んでいます。これからのロボットは、手術支援だけでなく、さまざまな役割を担っていく可能性に満ちています。 渡邊先生がまず挙げたのが介護支援。人間ひとりを持ち上げ、お風呂に入れたり歩かせたり、とにかく力が必要なのが介護の仕事です。そこで、介護者の体に補助的なロボットをつけることで、力の弱い人にも楽に介護ができるよう開発が進められているとのこと。 実際の現場以外の業務にもロボットは有効です。病院の受付に顔認証システムが導入されれば、今日の診察内容や手順をすぐに案内してくれますし、薬の処方もスムーズに、しかも正確に行われるようになるでしょう。渡邊先生によれば、こうした未来は5年以内には実現する可能性もあるそうで、データがどんどん蓄積されればされるほど、より正確さが増すに違いありません。 ただ、やはりロボットにお任せというのはちょっと抵抗があるのも事実。恐怖心も否めません。どこまでもロボットが介入してくると、それなしに生きられない社会になるのでは、という漠然とした不安もつきまといます。...more
カテゴリー:

池上彰、カトパンのアナウンサーランキングをいじる「トランプ大統領みたい」<会見全文> - 07月17日(火)06:00 

日本テレビ系で、8月9日(木)夜7:00-8:54に「池上彰が教えたい!『実は…のハナシ。』第2弾」(仮)が放送されることが分かった。MCの池上彰と加藤綾子からコメントが届いた。 【写真を見る】ロシアの海軍兵学校で銃を手にする池上彰/(C)NTV 本番組は2017年6月に放送された「池上彰が教えたい!―」の第2弾。世界のリーダー、アメリカのドナルド・トランプ大統領、中国の習近平国家主席、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領にスポットを当て、徹底分析する。 また、収録には日本、アメリカ、ロシア、中国の中高生が参加。池上ら出演者と意見を交換する。 さらに、池上は3国の特徴的な学校を紹介する企画の中で、ロシア・ウラジオストク海軍兵学校を訪問。プーチン大統領肝入りの学校の教育内容を取材し、そのVTRを公開する。 ゲストとして、鈴木梨央、つるの剛士、堀田茜、山里亮太もスタジオに登場した。 収録後、1年ぶり2度目のタッグを組んだMCの池上彰と加藤綾子が取材に応じた。2人の息ぴったりな一問一答をたっぷり全文紹介! ■ 1年ぶりのカトパンとの再会に、池上彰は… ――1年ぶりの共演となりました。第2弾が決まったお気持ちを教えてください。 池上:前にやって、「またご一緒できればいいな」とスタッフといろいろ話はしていたんですけど、企画がなかなか絞れなかったり、例えば「ロシアに行こう」となると取材のOKが...more
カテゴリー:

【テレビ】<愛され続けた好感度アナに異変>カトパンが嫌われるようになった理由 美人で仕事もできて高収入 - 07月15日(日)12:36  mnewsplus

元フジテレビ・加藤綾子アナの好感度が急落している。先日発売された週刊誌の「好きなアナウンサー・嫌いなアナウンサーランキング」で、 「嫌いなアナウンサー」の1位に4年連続で選ばれてしまったのだ。 「彼女は2016年4月にフリーに転向して以降、アナウンサーの枠を超えた活躍を見せるようになった。 美人で仕事もできて高収入、それが同性からのやっかみにつながっているのでしょう。 実際、前クールのドラマ『ブラックペアン』(TBS)で女優に初挑戦したときも、ネット上に『調子に乗っている』という声があふれて...
»続きを読む
カテゴリー:

葵わかな、有村架純、芳根京子…朝ドラ出身女優がこの夏の主役に! - 07月13日(金)08:00 

2013年から2017年にかけて講談社「別冊フレンド」で連載された、南波あつこの人気コミック「青夏 Ao-Natsu」が実写化。葵わかな&佐野勇斗がW主演を務め、映画「青夏 きみに恋した30日」として8月1日(水)に全国公開される。 【写真を見る】超接近でドキドキ! 葵わかな&佐野勇斗の至近距離ショット/(C)2018映画「青夏」製作委員会 本作は、夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高校生・理緒(葵)と、そこで出会う地元の男子高校生・吟蔵(佐野)との“期間限定の恋”を描くラブストーリー。 ヒロインを務める葵は、これまで有名女優を多数輩出したNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)出身だ。特に2018年は、例年以上に朝ドラ出身女優が活躍している印象を受ける。 そこでこの夏から秋にかけて幅広いジャンルの作品への出演が予定されている、葵と同世代の朝ドラ出身若手女優を紹介する。 ■ 葵わかな「わろてんか」(2017年‐18年、NHK総合ほか) 笑うことが大好きで、“笑い”をビジネスにしようと奮闘する女性の姿を描いた「わろてんか」で、ヒロイン・藤岡てんを演じ、一躍脚光を浴びた葵。19歳だった葵は、てんの少女時代だけでなく“壮年期”まで熱演した。 当時24歳だった成田凌扮(ふん)する“5歳年上の息子”隼也と並んだシーンでも自然な親子の雰囲気を演出し、実年齢差を一切感じさせなかった演技力に、視聴...more
カテゴリー:

「ブラックペアン」がタイムシフト視聴率トップ - 07月18日(水)18:07 

 嵐の二宮和也(35)が主演したTBS系連続ドラマ「ブラックペアン」(日曜午後9時)のタイムシフト視聴率が、4月クール(4月2日~7月1日)でトップの11・6%を記録したことが18日、分かった。  タイムシフト視聴率は7日以内に録画再生…
カテゴリー:

【悲報】 実写版「この世界の片隅に」 日9近年最低視聴率を記録してしまう - 07月17日(火)10:06  livejupiter

女優の松本穂香(21)が主演するTBS系連続ドラマ「この世界の片隅に」(日曜後9・00)が15日に25分拡大でスタートし、 初回平均視聴率が10・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが17日、分かった。 同局の看板枠「日曜劇場」の2桁スタートは 昨年10月期「陸王」(14・7%)、 今年1月期「99・9―刑事専門弁護士―SEASON2」(15・1%)、 4月期「ブラックペアン」(13・7%)に続き4作連続。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000089-spnannex-ent ...
»続きを読む
カテゴリー:

菅田将暉と山崎貴監督が初タッグ!『アルキメデスの大戦』映画化決定 - 07月16日(月)21:53 

2014年の年間邦画興行収入ランキングで1位に輝いた『永遠の0』(13)と、2位に輝いた『STAND BY ME ドラえもん』(14)の両作を手がけた日本映画界随一のヒットメーカー山崎貴監督が、「ドラゴン桜」で一世を風靡した三田紀房の人気漫画「アルキメデスの大戦」を実写映画化することが発表された。 【写真を見る】今度の菅田将暉は“天才数学者”!日本の命運を握る重要な役柄に/[c]2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 [c]三田紀房/講談社 本作の舞台は1930年代の日本。アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、世界最大級の戦艦“大和”を建造。日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。そんな中、その計画に反対を唱える海軍少将・山本五十六は“大和”建造を阻止するため、帝国大学100年に1人の逸材で“アルキメデスの再来”ともよばれる天才数学者・櫂直を引き入れることに。 日本の命運を握る主人公の天才数学者・櫂直を演じるのは『あゝ、荒野』(17)で第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞し、いまや日本映画界に欠かせない俳優へと成長を遂げた菅田将暉。若手トップクラスの演技力を持つ彼は、山崎監督とは初めてのタッグ。劇中で描かれる重要なシーンに向け、クランクイン前から“戦艦の製図”を練習するなど、準備に余念がないそうだ。 山崎監督にとっては『永遠の0』以来となる...more
カテゴリー:

愛され続けた好感度アナに異変。カトパンが嫌われるようになった理由 - 07月15日(日)06:20 

1985年4月23日生まれ、埼玉県出身。国立音楽大学音楽学部卒業後、2008年にフジテレビに入社。『めざましテレビ』などの人気番組を担当し、2016年4月にフリーに転身。現在はフジだけではなく、他局の番組にも精力的に出演中!元フジテレビ・加藤綾子アナの好感度が急落している。先日発売された週刊誌の「好きなアナウンサー・嫌いなアナウンサーランキング」で、「嫌いなアナウンサー」の1位に4年連続で選ばれてしまったのだ。「彼女は2016年4月にフリーに転向して以降、アナウンサーの枠を超えた活躍を見せるようになった。美人で仕事もできて高収入、それが同性からのやっかみにつながっているのでしょう。実際、前クールのドラマ『ブラックペアン』(TBS)で女優に初挑戦したときも、ネット上に『調子に乗っている』という声があふれていました。まぁ、賛否があるのは人気者の証拠でもあるのですが......」(女子アナウオッチャー)また、本業のアナウンサーの仕事に関しても、逆風が吹き始めている。『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)で共演中の明石家さんまが、別の特番で『カトパンと付き合いたいし、抱きたい』と発言したことで、うがちすぎた見方をされるようになってしまった。番組内で普通にふたりがトークしているだけなのに、『カトパンが媚(こ)びている』『ブリッコするな』なんてSNSに書き込まれたり......。番組スタッ...more
カテゴリー:

竹内涼真ギャランドゥ再来に25万いいね!「へそ下がヤバイ!!」 - 07月11日(水)12:21 

俳優の竹内涼真が7月6日オフィシャルInstagramに、自身の鍛え上げられた肉体の写真をアップ。話題となった竹内の“ギャランドゥ”も見えており「ヘソ下がやばい!」などの声が寄せられている。 【写真を見る】Instagramに投稿された竹内の筋肉美!つい“ギャランドゥ”に目が…!!/※竹内涼真Instagram(takeuchi_ryoma)のスクリーンショット 竹内は「オフショット #anan やっぱ身体は睡眠と食事が大切ね。」というコメントともに、トレーニング機器を握っている自身の姿を投稿。 力が入った上半身の筋肉は“スジ”が浮き出ており、男らしさがあふれ魅力的だ。 ファンからは「筋肉やばすぎる!」「触れてみたい」「ムキムキ♪」など、竹内の筋肉を褒める声や、「ギャランドゥ!」「へそ下がやばい!」など、以前話題となった竹内のギャランドゥが再び見えていることに歓喜するコメントが。 寄せられているコメント数は約1100件と多いのだが、いいね!の数はさらに多く、執筆時で約25万件を超えており膨大な数のファンが、この写真に反応したことが分かる。 竹内は7月12日発売予定の写真集「Ryoma Takeuchi」(マガジンハウス)でも鍛え上げられた肉体を披露しており、発売前から話題となっている。 さらに、同写真集の“未収録カット”で構成される写真展の開催も7月22日より東京のPARCO MU...more
カテゴリー:

もっと見る

「ブラックペアン」の画像

もっと見る

「ブラックペアン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる