「フラッグシップ」とは?

関連ニュース

【カメラ】デジタル一眼カメラの主流は今、一眼レフからミラーレスへと変わろうとしている - 05月24日(木)21:28  bizplus

デジタル一眼カメラは今、大きな転換期を迎えています。プロやハイアマチュア向けのデジタル一眼カメラと言えば、これまでは一眼レフが主流でしたが、ミラーレスの高性能化によって、最近では、ミラーレスを積極的に選ぶプロやハイアマチュアが増えてきています。 事実、日本一のカメラを選ぶ「カメラグランプリ2018」でソニーのフルサイズミラーレス「α9」が大賞を受賞しました。フルサイズミラーレスとしては、2016年に同社の「α7R II」が大賞を受賞していますが、今回の「α9」の受賞は、さらに大きな意味を持っていると思います。「...
»続きを読む
カテゴリー:

【車】マツダ、セダン「アテンザ」を大幅改良 エンジンや内外装まで全領域 6月21日発売 お値段282万円~ - 05月24日(木)15:41  newsplus

マツダは2018年5月24日、フラッグシップモデル「アテンザセダン」および「アテンザワゴン」の大幅改良を発表した。同日に予約受注を開始し、6月21日に発売する。 ■フロントとリアの形状変更で落ち着いた印象に 2012年にデビューした現行型アテンザは、今回で4回目の改良となる。マイナーチェンジとはいえ内容は盛りだくさんで、デザイン・機能を大幅に刷新した。販売面ではSUVの存在感が増してきているものの、マツダでは技術開発の中心にアテンザを据えて欧州のプレミアムブランドに対抗する方針を明確にしている。フラッグシップモ...
»続きを読む
カテゴリー:

大絶賛の嵐! イングリッシュ・ブルドッグ顔のXC40は本当にいいクルマなのか? - 05月24日(木)15:00 

ボルボに一体、何が起きたのか!と叫ばずにはいられないほど、強烈なインパクトを持っていたのが今年3月に日本登場となったXC40だ。このモデルのデキがむちゃくちゃ良かった。もっともボルボは少し前から、プロダクトの質がグングンと高くなり、商品性もガンガン上がってきているのは事実だ。 2016年に新世代モデルのフラッグシップSUVであるXC90が登場したが、このときは新世代のプラットフォームを用いたことで、それまでのモデルから一気に飛躍した感があった。その後、さらに同じプラットフォームを用いて造った1クラス下に位置するSUVであるXC60は、さらに優れた仕上がりの良さで、商品性もライバルを打ち負かす内容を備えていた。 それもあって、このXC60は世界中の賞を総ナメ! 昨年、日本カー・オブ・ザ・イヤーも輸入車ながら受賞して話題となった。ちなみに日本カー・オブ・ザ・イヤーの歴史のなかで、輸入車がトップに立ったのは、13年のVW(フォルクスワーゲン)ゴルフのみ。ボルボはそれに次ぐ快挙を達成した。 XC40のプラットフォームはXC90やXC60のSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)プラットフォームではなく、新たにコンパクトカー向けに開発したCMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)プラットフォーム...more
カテゴリー:

[Denon] 13.2ch フラッグシップAVアンプAVC-X8500H Auro-3D対応ファームウェア・アップデート開始 - 05月24日(木)11:00 

[株式会社ディーアンドエムホールディングス] [画像: https://prtimes.jp/i/3601/148/resize/d3601-148-480497-0.jpg ] Auro-3Dは、5.1ch+サラウンドバックの7.1chシステムにフロントハイト、センターハイト、サラウンドハイト、およびトップサラウンドスピ...
カテゴリー:

「HTC U12+」発表--前面にもデュアルカメラ搭載の最新フラッグシップ - 05月24日(木)10:32 

HTCが発表したばかりのフラッグシップ機「HTC U12+」の仕様や外観上の特徴を、写真でチェックする。
カテゴリー:

Official: マツダ、「アテンザ」を大幅改良 内外装からボディにシャシー、エンジンまでさらに進化! - 05月24日(木)17:30 

Filed under: 日本, セダン/サルーン, ワゴン, マツダ, ディーゼル, フェイスリフト【ギャラリー】Mazda Atenza56マツダは24日、フラッグシップ・モデル「アテンザ」の大幅改良を発表。同日より予約受注を開始した。発売は6月21日に予定されている。リフレッシュを受けたエクステリア・デザインは、既に昨年末のLAオートショーで発表された2018年モデルの「マツダ6」で目にした通りだが、米国仕様で採用されたターボチャージャー付き2.5リッター直列4気筒直噴ガソリン・エンジン「SKYACTIV-G2.5T」の日本導入は見送られたようだ。 Continue reading マツダ、「アテンザ」を大幅改良 内外装からボディにシャシー、エンジンまでさらに進化!マツダ、「アテンザ」を大幅改良 内外装からボディにシャシー、エンジンまでさらに進化! originally appeared on Autoblog Japan on Thu, 24 May 2018 04:30:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

【自動車】マツダ アテンザ 改良新型…セダンは前後のデザインを一新 - 05月24日(木)15:06  bizplus

マツダは、5月24日よりフラッグシップモデルである『アテンザ』セダンおよびワゴンの改良新型を発表し、同日より予約受注を開始すると発表した。発売は6月21日を予定している。 今回の改良では、フラッグシップモデルに相応しい最新かつ最良の「走る歓び」を具現化することに開発の志をおき、幅広い領域と性能や質感を大幅に向上させている。 まず、エクステリアでは、フロントグリルの意匠を変更。ヘッドランプは薄くワイドな造形となり、LEDを使用した線表現の発光でより精悍な表情を演出している。セダンでは、リアエンドとガー...
»続きを読む
カテゴリー:

和歌山市・ツタヤ図書館誘致で関係者に出回る怪文書の中身ーー談合疑惑はさらにブラック化? - 05月24日(木)11:00 

「これ、表に出ると、犯人捜しが始まるんと違いますか?」 「タレコミ」が世に出た時の組織の怒りを心配する関係者の話を聴きながら、筆者は1枚の「怪文書」に見入っていた。 「和歌山市図書館 指定管理者疑惑について」と題したその文書には、差出人名はない。特定の人物を非難したり、貶(おとし)めたりする言葉もない。その代わりに、淡々と“ある事実”だけが書かれている。 それは、昨年末に和歌山市が行なった市民図書館の指定管理者(運営者)選定に不正があったことを示唆したもので、その経緯が簡潔に書かれていた。 来年完成予定の駅ビルに移転する、その新しい市民図書館の指定管理者にはレンタル大手TSUTAYAを運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が選ばれた。館内にはスターバックスや蔦屋書店を併設、いわゆる「ツタヤ図書館」誘致が決まったのだが、その選定プロセスがいかに不透明であったか、「CCCありき」ともいえる疑惑について、その経緯をこれまでもリポートしてきた。 その一連の記事では、様々な側面から和歌山市当局とCCCに、日本一の図書館受託会社TRC(図書館流通センター)をも巻き込んだ官製談合の疑惑が浮かび上がっている。 筆者が「怪文書」の存...more
カテゴリー:

HTC、新旗艦スマホ「HTC U12+」発表、デュアルカメラとEdge Sense 2搭載 - 05月24日(木)10:36 

HTCは5月23日、スマートフォンの新フラッグシップ製品「HTC U12+」を発表した。画面サイズは6インチで、アスペクト比はU11+と同じ18:9。前後にデュアルカメラを搭載、"握る"ユーザーインターフェイスが「Edge Sense 2」に進化した。
カテゴリー:

原宿に期間限定「アベンジャーズ」ストア 新作映画公開記念、着用コスチュームも - 05月23日(水)19:52 

原宿にあるフィギュアメーカー「ホットトイズ」のフラッグシップストア「TOY SAPIENS(トイサピエンス)」(渋谷区神宮前3、TEL 03-5474-3466)に現在、映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のポップアップストアがオープンしている。
カテゴリー:

もっと見る

「フラッグシップ」の画像

もっと見る

「フラッグシップ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる